ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「花粉症」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「花粉症」に関する情報が集まったページです。

博報堂、湯船に浮かべるお風呂ロボット「fuuron」を開発 最適な湯温と入浴時間を光ってお知らせ
肌に良い美肌モードなど、いくつかの設定が用意されています。(2018/5/16)

風呂に浮かべて湯加減チェック、IoTデバイス「フーロン」 博報堂が開発
ユーザーの好みと体調に合わせ、風呂を出るタイミングを知らせるIoTデバイス「fuuron」(フーロン)を博報堂が開発した。2019年度中の発売を目指す。(2018/5/16)

100点満点の“布団が吹っ飛んだ”が撮影される 「実写版」「言わずにはいられない」
強風でしたね……。(2018/4/15)

なぜ花粉の飛散量は毎日こんなに変わるのか 「1週間で500倍」の地域も
スギやヒノキの本数自体は、そこまで増減しないはずなのに。(2018/4/6)

犬や猫って花粉症にかかるの? 動物病院「身体がかゆくなる症状も」
春がつらいのは、人間もペットも一緒。(2018/4/4)

市販マスクが花粉除去率99%になる方法を環境省が紹介 ガーゼとコットンで可能
ガーゼは洗濯して再利用できます。(2018/3/30)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
お花見は嫌だけど「インドア花見」なら行きたいというインサイト──スペースマーケット調査
桜シーズン到来で心躍る今日この頃ですが、「混雑する」「寒い」「花粉症」など、花見嫌いも少なくないようで……。(2018/3/26)

「花粉症を治すお米」どうなった? 「商品化まで3年」といわれてから既に10年超
ご飯を食べるだけでスギ花粉症を根本から治せる――「スギ花粉症緩和米」(花粉米)は「商品化まで3年」と言われてから10年以上が過ぎたのに、いまだに実現していない。商品化はいつなのだろうか。(2018/3/22)

0.5歩先の未来を作る医療IT
2018年度診療報酬改定における医療現場の「働き方変革」、医師の勤務体制が柔軟に
2018年度診療報酬改定では、医師の勤務体制を改善する取り組みが強化されます。「対面」を算定要件にしていた一部の診療報酬も要件が緩和され、IT活用の範囲が広がります。(2018/3/20)

俺たちの対策を超えてくる“ヤツら”の恐怖 今年の「花粉の破壊力」を描いた漫画に共感の声
人類に勝ち目はないのか……。(2018/3/18)

常見陽平のサラリーマン研究所:
人事異動は“深読み”しなければいけない、これだけの理由
人事異動の季節である。「自分の上司は誰だ?」「あの人が出世するのか」といった話題がつきないかもしれないが、楽しんでばかりいてはいけない。人事異動を深読みすることで、自分の未来が変わるかもしれないからだ。どういうことかというと……。(2018/3/9)

女性と子どもの不安解消が鍵:
花粉症商戦本格化 トレンドは“やさしさ”
今年も花粉症商戦が盛り上がってきた。年々拡大する花粉症マーケットを取り込むために各社は知恵を絞っている。(2018/2/17)

労働生産性との関連も分析:
生活習慣も原因? アプリで花粉症予防へ、その機能とは
花粉症の複合的要因を分析し、予防につなげるアプリ「アレルサーチ」が2月1日にリリースされた。大学と共同開発した企業に、開発の狙いや機能について聞いた。(2018/2/15)

「ドライフルーツみたいな岩下の新生姜」2月1日発売 ヘルシーなおやつ&おつまみに
ちょっと小腹がすいたら、パクッとドライな新生姜。(2018/1/31)

IT4コマ漫画:
冬にわかったiPhone Xの弱点
iPhone Xの顔認証は超便利! そう思って使っていたところ……? IT向上委員会の有江敬寛氏による漫画連載「IT4コマ漫画」の第104回目。(2018/1/12)

扇風機に挑む電動うちわ、防御力が高すぎる花粉症対策グッズ 斜め上の発想力でニッチを突き進むサンコーレアモノショップの世界
不思議な商品の数々について取材してきました。(2017/12/10)

「くしゅん!」「さては花粉症だな?」 希望の党の公約「花粉症ゼロ」→Twitterでディストピア大喜利が盛り上がる
花粉症の人間がゼロになる世界の到来(SF)。(2017/10/7)

よっしゃああああああああ!! 来春の花粉飛散量が平年の65%になる見込み 関東では約1/4まで少なくなる地域も
2017年に大量飛散 → その影響などで今年は少なめに。(2017/10/3)

「EM菌でプール掃除」「花粉症が治った人も」山形県小学校ブログ、科学的根拠なく炎上 学校ではなく町単位での取り組み
小学校と町に聞きました。(2017/9/20)

現代の鳥獣戯画 Twitterで人気の「ゆるふわ昆虫図鑑」が書籍化
ゆる〜い虫たちの日常を堪能できます。(2017/9/11)

スピン経済の歩き方:
海のゴミ「アカモク」が、ヒット商品になろうとしている背景
「アカモク」という海藻をご存じだろうか。北海道東部を除いて日本全国に生息していて、これまでほとんどの漁業関係者から「ゴミ」扱いされてきた。しかし、ここにきて「多くの人々を救う“スーパー海藻”ではないか」と評価され始めているのだ。どういうことかというと……。(2017/6/20)

桜満開! ピカチュウとお花見チュウ【みんなのポケGO写真】
(2017/4/8)

箱ティッシュの中身を保存用バッグに収納、手軽にたくさん持ち運ぶアイデアが花粉症に悩む人の光明に
バッグに切れ目を入れて、ティッシュを入れるだけ。(2017/3/28)

PR:買ってからも“便利”が増え続けるロボット掃除機って?
発売から1年半が経過したダイソンのロボット掃除機「360 Eye」。その間、掃除のスピードアップや「静音モード」追加など機能が増えていることをご存じですか? 今回はその詳細に加え、自宅のWi-Fiに360 Eyeをつなぐ手順も詳しく解説していきます(提供:ダイソン株式会社)。(2017/3/17)

鼻炎薬に「乳房が大きくなる」副作用!? →調べたらやはり夢の薬ではなかった…… 製薬会社「用法用量を守ってお使いください」
鼻炎薬にそんな副作用が……!?(2017/3/14)

抽選で1名さまに:
ダイソン「羽根のない扇風機」(空気清浄機能付き)、ITmedia マーケティング無料メルマガ購読で当たる
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選で1名さまに、空気清浄機能も付いた「Dyson Pure Hot+Cool Link」をプレゼントします。(2017/4/1)

“片頭痛予報”も実現? 気象データの新しい使い方を考えてみた
気象データと自社のデータを組み合わせると、どんなビジネスが生まれるのか――。日本気象協会の講演後に行われたディスカッションでは、さまざまなアイデアが生まれた。(2017/3/9)

「JINS MEME」誕生秘話:
JINSが目指す、眼鏡で「認知症ゼロ社会」
「体の内側を知る」をコンセプトにジェイアイエヌが開発した眼鏡型ウェアラブル端末「JINS MEME」――。実はこのJINS MEMEが将来、認知症のない世界を実現するのかもしれないという。(2017/3/3)

PR:「僕と二人で逃げないか? 花粉のない国へ……」 声優のイケボで花粉の季節を乗り切る謎のサイトが爆誕
無限に押したくなりますが1日1回です!(2017/2/27)

猫にも花粉症の可能性!? 床ふきロボットを導入した猫カフェ
吉祥寺の猫カフェが床ふきロボット「ブラーバ380j」を導入。新しい下僕に興味津々の猫たち。そして獲物を狙う体勢に入った猫も……。(2017/2/22)

ダイソンが「猫の日」特別キャンペーン――「Dyson V6 Top Dog」が1日限りの値引き
製品名については深く考えないでください。(2017/2/22)

花粉症対策に! 花粉に詳しくなれる企画展「花粉と花粉症の科学」に行ってきた
花粉を知り、花粉症を知れば、100戦あやうからず。(2017/2/20)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
きっかけは奥さんの一言、クローゼット型のホームクリーニング機「LG styler」誕生秘話
服を入れておくだけで、蒸気がシワやニオイをとってくれる――世界初のクローゼット型ホームクリーニング機「LG styler」が日本に上陸した。その開発の経緯から使い方までを詳しく聞いた。(2017/1/30)

6万円を切ったカジュアルな「ブルーエア」が登場――スタンダードモデルはクラウド対応に
セールス・オンデマンドがスウェーデン“Blueair”(ブルーエア)の空気清浄機2シリーズを発表。キューブ型のカジュアルライン「ブルー」とIoT要素を盛り込んだ「クラシック」でユーザー拡大を目指す。(2016/9/27)

みんな大好き“花粉”がガチャになったよ! 「花粉マスコットストラップ」が新発売
ぶえーっくしょいっ!(追記)(2016/9/14)

家電は“電気の通った家具”――10年先も愛される製品を目指す「GLAPS」
エアクリーナーの分野に新規参入を果たしたREVSONIC(レブソニック)の新しい家電ブランド“GLAPS”(グラップス)。クリエイティブディレクターを務める坂口信貴氏に詳しい話を聞いた。(2016/8/22)

花粉を一年中無害化――パナソニックが「ナノイーX」搭載の加湿空気清浄機
パナソニックは、「ナノイー」の10倍のOHラジカルを生成する「ナノイーX」を新搭載した加湿空気清浄機「F-VXM90」を発表した。一年を通じ、日本全国で飛散する主な花粉11種に有効であると確認したという。(2016/8/2)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(6):
空気清浄機が蚊を取る? シャープが狙う新市場
シャープが2016年4月に発売した「蚊取空清」は、蚊取り機能を持つ「世界初」の空気清浄機である。なぜ空気清浄機に蚊取り機能を持たせたのか、開発にはどのような苦労があったのか。小寺信良氏が探る。(2016/7/12)

梅雨時のイヤな臭いに効く空気清浄機とは? ブルーエア「ニオイフィルター」の謎に迫る
ジメジメと蒸し暑いこの季節。生ゴミのニオイや部屋干しした洗濯物の生乾き臭、そして浴室のカビ臭など、さまざまなニオイがきになってくるものだ。こうしたニオイにも効く空気清浄機の条件とは“物量”だった。(2016/7/6)

PR:空気のヨゴレがまるわかり! スマホにつながるダイソンの空気清浄機能付きファン「ピュア クール リンク」はここがスゴイ
ニュースでは連日のように大気汚染や地球温暖化に関連する話題が取り上げられているが、自分を取り巻く環境について知る機会は少ない。しかし、それを“見える化”できて、同時に対策にもなる家電があったらどうだろう。「Dyson Pure Cool Link」を使ってみた。(提供:ダイソン株式会社)(2016/6/20)

寝ている間のマスク、意外な効果
寝るときにマスクを着ける美容法が女性たちの間で広がっていますが、実は美容以外の効果もあるのです。(2016/6/8)

シャープの「蚊取空清」、予約1000件を突破
「2000年にプラズマクラスター空気清浄機を発売して以来、このようなご予約をいただくのは初めてのこと」らしい。(2016/4/15)

技術革新の現場に潜入:
世界初公開! ダイソンの空調製品研究施設を見てきた
ダイソンの空調家電に関する研究開発を行っている、シンガポールのDyson Operations Pte.Ltd,(DOPL)研究施設を訪ねた。この施設の奥にまで報道関係者が立ち入るのは初だ。(2016/4/13)

片付ける必要がないコードレスクリーナー、三菱「iNSTICK」が進化!――ふとん掃除機にも早変わり
三菱電機は、空気清浄機能を搭載したコードレススティッククリーナー“iNSTICK”の新製品「HC-VXF30」を発表した。新たにふとん掃除用のアタッチメントを付属。ふとん乾燥機「AD-X80」との組み合わせによる“ダニ対策”を提案する。(2016/4/12)

シャープ公式Twitterが“女子高生AI”に MS「りんな」が1日インターンで暴走
マイクロソフトの女子高生AI「りんな」がシャープ公式Twitterの“中の人”に。セガ公式アカウントやワーナーブラザースジャパン公式アカウントに、自由気ままな返事をしている。(2016/4/7)

ヒノキ花粉、これからピークに 有効策はワセリン塗布?
ヒノキ花粉の飛散数が、西日本や東日本でこれからピークに。ワセリンを使った効果的な対策をご紹介します。(2016/3/31)

米MSの人工知能「Tay」が人種差別発言で暴走していたころ、日本MSの人工知能「りんな」は……
同じマイクロソフト製なのにどうしてこんなに違うのか。(2016/3/27)

シャープ、世界初の「蚊取空清」を発売
シャープは、蚊取り機能付きの空気清浄機「蚊取空清」を発表した。蚊の習性と空気清浄機の吸引力を利用し、薬剤を使わずに蚊取りシートで捕獲するというものだ。(2016/3/17)

花粉飛散ようやく半分 今週が峠
今週後半は春本番の陽気で、花粉が大量に飛ぶ見込み。(2016/3/15)

明日も底冷え、真冬の寒さ ひな祭りから春本番
3月に入っても寒さが続いています。春の暖かさは3日頃からになりそうです。(2016/3/1)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。