ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「温室効果ガス」最新記事一覧

法制度・規制:
電力のCO2排出量を34%削減へ、閣議決定した「地球温暖化対策計画」
政府は国全体の温室効果ガス排出量を2030年度に26%削減するため「地球温暖化対策計画」を閣議決定した。産業から家庭まで含めて省エネルギー対策を推進していく。温室効果ガスの4割を排出する電力の分野では、再生可能エネルギーを中心に低炭素電源の拡大が最重要のテーマになる。(2016/5/17)

法制度・規制:
国が打ち出す2つのエネルギー戦略、2030年と2050年の長期目標実現へ
経済産業省と内閣府がエネルギー分野の長期戦略を相次いで発表した。経済産業省は省エネの推進と再エネの拡大を中心に2030年のエネルギーミックスを実現するための施策をまとめた。内閣府は2050年までに温室効果ガスを大幅に削減する革新的なエネルギー関連技術の研究開発を推進する。(2016/4/25)

省エネ機器:
原油100億リットル分の省エネを可能に、NEDOが描く技術ロードマップ
政府は2030年までに温室効果ガスを2013年比26%削減する目標を掲げている。これを達成するための省エネルギー化には、規制やガイドラインの策定に加え、技術革新も必須だ。国立研究開発法人であるNEDOは「技術開発で2030年に原油1000万キロリットル分の省エネに貢献」を目標に、次世代省エネ技術の開発を促進する。(2016/3/18)

法制度・規制:
「低炭素電源」を2050年に9割超へ、温暖化対策で地域経済を潤す
環境大臣の私的懇談会が国全体の温室効果ガス排出量を2050年までに80%削減するための長期戦略を提言した。地域の再生可能エネルギーを中心に排出量の少ない電源の比率を9割以上に高める一方、建物の低炭素化や都市のコンパクト化を推進してエネルギー消費量を40%削減する。(2016/3/2)

電力供給サービス:
宝塚歌劇をCO2ゼロで、「J−クレジット制度」を活用
阪急電鉄と大阪ガスは、政府が運用する温室効果ガス排出削減の認証制度「J−クレジット制度」を活用した、「宝塚大劇場カーボン・オフセット公演」を開催し、期間中に排出される全てのCO2をカーボン・オフセットする。両社でこのような取り組みを実施するのは、2014年度に続き2回目。(2016/1/20)

エネルギー供給:
天然ガスの普及を進める東京ガス、福島県に初の供給設備
LNGは石炭や石油と比べて燃焼時に発生する温暖化ガスの量が少なく、今後のエネルギー源としての利用拡大が期待されている。経営方針としてLNGの普及・拡大を掲げる東京ガスは、福島県いわき市に新たな天然ガス供給設備の建設した。(2016/1/12)

法制度・規制:
ニューヨークが再生エネで「電力の50%」、2030年に
米国の再生可能エネルギーでは、カリフォルニア州の動向が注目を集めている。だが、全米第一の都市を抱えるニューヨーク州も負けてはいない。電力の50%を再生可能エネルギー由来とする計画を進める他、地球温暖化ガス削減やゼロエネルギービル普及にも取り組む。(2015/12/9)

省エネ機器:
省エネなCO2分離技術を2017年に実用化、火力発電の温室ガス削減にも期待
水素製造や天然ガスの精製工程などで利用されるCO2分離技術。住友化学は同技術の1種で、エネルギー消費を大幅に抑えられる膜分離法を2017年をめどに実用化する。火力発電所が排出する温室効果ガス削減に向けたCO2の回収貯留技術への貢献も期待される技術だ。(2015/12/8)

法制度・規制:
日本の温室効果ガス排出量が3%減る、電力の削減効果が大きく
2014年度に国全体で排出した温室効果ガスは前年度と比べて3.0%少なくなった。特に電力消費量の減少と発電設備の改善によるCO2の削減効果が大きかった。原子力発電所が運転できない状態でも、石油火力の減少と再生可能エネルギーの増加でCO2排出量は減らせる。(2015/11/27)

法制度・規制:
地球の全大気にCO2が増え続けている、日本の衛星が6年間の観測で示す
日本が開発した温室効果ガス観測専用衛星「いぶき」が2009年から地球の大気全体における二酸化炭素(CO2)の濃度を測定している。最新の分析結果によると、CO2の平均濃度は月ごとに変動しながら上昇中だ。2009年に385ppm程度だった濃度が2015年には400ppmに近づいてきた。(2015/11/18)

自然エネルギー:
太陽光発電を加速させる米国政府、再生可能エネルギーの出遅れ挽回へ
米国のオバマ大統領が新たな再生可能エネルギーの拡大策を発表した。家庭と企業の双方に向けて融資制度を拡充するほか、太陽光発電のコストを低下させる技術開発プロジェクトを促進する。欧州の先進国と比べて出遅れている現状を改善して、温室効果ガスの削減につなげる狙いだ。(2015/8/27)

法制度・規制:
火力発電の効率改善は待ったなし、電力会社はCO2排出量を3割低減へ
国が2030年の温室効果ガスの削減目標を決定したことを受けて、電力業界が火力発電の効率改善に取り組む姿勢を打ち出した。電力会社のCO2排出係数が0.50を超える現状に対して、2030年度に業界全体で0.37まで引き下げる。高効率化に加えて、老朽化した設備の廃止・更新が急務だ。(2015/7/22)

法制度・規制:
自然冷媒でも“冷えて省エネ”は可能か、環境省がコンビニで実証実験
環境省は2015年6月1日から、フロン類を使用せず自然冷媒を使った冷凍冷蔵機器を利用して、従来通りの“冷え”と温室効果ガスの削減を両立できるかどうかを試す、実証実験を行う。(2015/5/27)

法制度・規制:
日本の温室効果ガスの4割を生む電気事業者が排出を抑えるには
環境省は、日本において二酸化炭素の最大排出事業者である、電気事業における地球温暖化対策の枠組みについて、有識者に公開ヒアリングを行った。(2015/5/7)

法制度・規制:
エネルギーミックスの改善で温室効果ガスを削減、2030年までに26%
政府が2015年内に世界各国と合意する温室効果ガスの削減目標が固まった。CO2を主体にした温室効果ガスの排出量を2030年までに2013年比で26%削減して、欧米の先進国と同等の貢献を果たしていく。電力をはじめエネルギーの生産・利用に伴って排出するCO2の削減が中心になる。(2015/5/4)

法制度・規制:
温室効果ガス増加、火力発電と代替フロンが要因
環境省と国立環境研究所は、2013年度の日本の温室効果ガス排出量の確定値を発表した。総排出量は14億800万トン(二酸化炭素換算)で前年度比1.2%増加した。また2005年度と比較しても0.8%の増加となっている。(2015/4/22)

世界を「数字」で回してみよう(10) 環境問題:
“引きこもり”は環境に優しい?――CO2を数字で見てみる
地球温暖化をもたらす温室効果ガスの中で、最も“敵視”されているものが二酸化炭素(CO2)です。今回、CO2を数字で見てみたところ、意外な“モノ”がCO2を大量に排出していることが分かりました。(2014/12/9)

日本も技術協力:
NASAの炭素観測衛星「OCO-2」、植物の蛍光で二酸化炭素の量をマッピング
NASAの炭素観測衛星「OCO-2」は、2014年7月1日(米国時間)に打ち上げられる予定だ。OCO-2は、植物の光合成で放出されるクロロフィル蛍光を利用して大気中の二酸化炭素の量を計測する。日本では2009年にJAXA(宇宙航空研究開発機構)が、温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」を打ち上げていて、NASAはOCO-2の開発に当たり、日本にも協力を求めた。(2014/6/30)

エネルギー列島2013年版(34)広島:
石炭火力発電が瀬戸内海の工業地帯で進化、バイオマスと太陽光も後押し
瀬戸内海に面した広島県の工業地帯では、最先端の技術を駆使した石炭火力発電所の建設が2カ所で進行中だ。温室効果ガスの排出を抑える試みで、国内のエネルギー政策を転換する発電方法として期待がかかる。同じ沿岸地域ではバイオマスやメガソーラーの取り組みも広がってきた。(2013/11/19)

ウイークエンドQuiz:
実は必要な「温室効果」、どうして?
化石燃料の燃焼などによって発生する二酸化炭素。二酸化炭素は温室効果を生む。このままでは世界の平均気温が上昇し、気候が変わり、世界経済に巨大な打撃を与えると考えられている。温室効果にはそれほどの力があるのだろうか。もしも大気が温室効果ガスを全く含んでいなかったとしたら、地面はどの程度冷えるのか。なお、現在の地表全体の平均温度は約14度である。(2013/10/19)

製造ITニュース:
CO2排出の94%はサプライチェーンの過程から発生!? ――NECがScope3基準の排出量発表
NECはサプライチェーン全体の温室効果ガス排出量を報告する国際基準「Scope3 スタンダード」のもと、2013年3月期分のサプライチェーン全体のCO2排出量を発表した。(2013/7/4)

法制度・規制:
米政府がクリーンエネルギーに79億ドル、バイオ燃料や石炭火力、小型原子炉にも
米国のオバマ大統領が新たな地球温暖化対策を発表した。2020年までに温室効果ガスの排出量を2005年比で17%削減する目標の達成に向けて、特にエネルギー分野の対策を強化する。2014年の予算で79億ドルの巨費を投じてクリーンエネルギーの開発・導入を進める計画だ。(2013/6/27)

法制度・規制:
火力発電でCO2排出量が増加、最大の問題は石油
環境省が発表した2011年度における国全体の温室効果ガス排出量は、CO2(二酸化炭素)に換算して前年度から4.0%増加した。火力発電の拡大によって化石燃料の消費量が増えたことを最大の要因に挙げている。電源別に見るとエネルギー効率の悪い石油火力の増加が問題だ。(2013/4/17)

日本列島エネルギー改造計画(26)京都:
温暖化防止のシンボル都市が挑む、温室効果ガス8割削減
世界の地球温暖化防止の象徴になっている京都だが、地理的な条件もあって再生可能エネルギーの導入は遅れている。省エネの取り組みが「けいはんなエコシティ」を中心に先行していて、地域単位のエネルギー管理システムと再生可能エネルギーを組み合わせて温室効果ガスを削減していく。(2013/1/10)

NECが環境指標管理システムを自社導入、CO2排出量の毎年1%削減を推進へ
エネルギー使用量や温暖化ガス排出量などの管理を行う仕組みをクラウドで構築し、NECグループ内と外部の企業に提供する。(2012/3/28)

「海面上昇でツバルが沈む!」の誤解――センセーショナルな報道の罪
リサイクルされたPETレジンを製造過程で用いると、使用エネルギー量と温暖化ガス排出量の大幅削減につながるとの調査結果が発表された。一方、海面上昇の影響で沈みゆく国とされていたツバルの面積が増えているという情報も入ってきた。その2つのニュースから、私たちがどのような態度で環境経営やエコに取り組むべきか考えてみた。(2010/6/18)

企業は温室効果ガス削減の取り組みを開示すべし――SAPジャパンが提起
SAPジャパンは、温室効果ガス削減に向けた企業の取り組みを社会に公表していくべきだと提起している。(2010/6/1)

温室効果ガスの排出権管理サイトを狙う攻撃、国家テロの可能性も
排出権管理サイトのシャットダウンを狙う攻撃が欧州で相次いでいる。(2010/4/20)

京セラミタのエコシスプリンタ:
PR:18年目の「エコシスコンセプト」――今だから知りたいエコとコストに効く理由
「温室効果ガスを25%削減する」と鳩山首相が国連で宣言したのは2009年9月のこと。今から18年前からエコに取り組んできた京セラミタの「エコシスプリンタ」は、エコはもちろん、コストにも効くのである。(2010/3/8)

国立環境研究所、観測衛星「いぶき」で観測した地球全域のCO2・メタン濃度データを提供開始
環境省、国立環境研究所および宇宙航空研究開発機構は2月16日、温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」が観測した大気中のCO2とメタンの濃度データや雲被覆情報などを2月18日から一般提供開始すると発表した。(2010/2/22)

ヒートポンプに切り替えれば総CO2排出量は1割減る――環境エグゼクティブセミナー東京電力セッションリポート
日本の2008年度の温室効果ガス排出量はCO2換算で13億トン。だがこのうち、100度未満の熱利用のすべてをヒートポンプに切り替えれば、1割に相当する1.3億トンのCO2を削減できるという。このようなCO2削減ポテンシャルを秘めたヒートポンプとは――。(2010/1/12)

2020年に90年比25%の削減:
PR:IT機器の電源管理で達成する電力コストとCO2の削減
東京都の改正環境確保条例や民主党新政権の方針から、企業などに温室効果ガスの削減が求められている。違反企業の公表や罰金が科せられる可能性もあり、要求を達成するには、消費電力の多くを占めるIT機器の省エネが近道だ。身近なところから、今すぐできるCO2削減や電力コスト削減を実現する方法を考えてみよう。(2009/12/15)

25%削減目標が意味する日本の将来――富士通 環境経営トップセミナー基調講演
鳩山内閣が発表した、2020年までに温室効果ガスを1990年比で25%削減するという中期目標。この数字が意味するものは何か。その背景や達成するための道筋を示した国立環境研究所特別客員研究員 西岡秀三氏の講演をリポートする。(2009/11/30)

環境省、2008年度温室効果ガス排出量の速報値を発表――京都議定書基準年比で1.9%増に
環境省は11月11日、京都議定書第一約束期間の初年に当たる2008年度の温室効果ガス排出量の速報値を発表した。京都議定書規定の基準年の総排出量に比べて1.9%増加した。2007年度比では6.2%減少した。(2009/11/17)

日産とさいたま市、電気自動車普及プロジェクトの推進で合意
日産自動車とさいたま市は11月5日、電気自動車普及プロジェクト「E-KIZUNA Project」を共同で推進することに合意したと発表した。電気自動車普及を進めることで温室効果ガスの排出削減を目指す。(2009/11/9)

問われるコーチング力:
鳩山首相の表明から考えるビジョンの大切さ
日本の温室効果ガス削減に関して、鳩山首相は明確な数字でビジョンを示した。これはリーダーにとって実に重要な行動だと考えている。(2009/10/20)

日曜日の歴史探検:
エネファームは鳩山首相の秘蔵っ子になるか?
鳩山首相が気候変動サミットで、2020年までに1990年比で25%削減という日本の温暖化ガス削減目標を表明し、世界の注目を集めましたが、果たして本当に実現可能なのでしょうか? 家庭部門ではエネファームが鍵を握りますが、産業界との調整難航は必至です。(2009/9/27)

LED室内灯の開発に役立つ熱流体シミュレーション
全世界的な温室効果ガスの低減に向けた動きに対応して、さまざまな工業分野で環境負荷を低減する製品の開発が進められている。自動車照明の分野でその中心となっているのがLEDである。ハロゲン電球やHID(高輝度放電ランプ)をLEDに置き換えることにより、消費電力の低減や、照明部品の長寿命化による廃棄物量の削減などが期待できる。本稿では、そうしたLED室内灯の開発における熱流体シミュレーションの有用性について解説する。(2009/7/1)

SAP、Ciscoが参加:
IBM、グリーンIT推進団体「Green Sigma Coalition」設立
「Green Sigma」は、企業運営を通じてエネルギーと水の消費量や温室効果ガス排出量の削減を実践するためのIBMのソリューションだ。(2009/6/24)

温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」/H-IIAロケット15号機打上げをFOMAで映像配信
ドコモ九州は、温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」/H-IIAロケット15号機の打ち上げをFOMAのテレビ電話でライブ中継すると発表した。(2009/1/21)

環境ビジネス基礎講座:
温室効果ガスの削減目標に中期的視点を
2050年までに温室効果ガスを半減させる、という長期目標が共通認識となりつつある。しかし、より重要なことは、現在の指導者たちが責任を持って実行できるような中期目標を設定することではないだろうか。(2008/10/8)

シカゴ市、包括的な環境保護政策を発表
シカゴ市が温室効果ガスの排出量削減を目指す、環境保護計画を打ち出した。(2008/9/20)

温室効果ガス観測衛星の愛称を募集中
酸化炭素など温室効果ガスの地球上での濃度分布や、地域ごとの吸収排出状況の把握などを目的とした温室効果ガス観測技術衛星「GOSAT」の愛称を募集している。(2008/7/11)

カーボンオフセットのカラクリ:
疑問4 ほかの温暖化ガスはどこへ? CO2を削減する3つの理由
有力仮説、地球温暖化の元凶として、いつも矢面に立たされるのがCO2だ。でも確か、温暖化ガスはほかにもあったはず……。「CO2主犯説」はどこから来たのだろう。(2008/7/9)

ウェザーニューズ、超小型衛星打ち上げ目指す 観測サポーター募る
超小型衛星を2010年に打ち上げ、温室効果ガスや北極海の氷などを観測するプロジェクトをウェザーニューズが始める。一般家庭などにも“サポーター”として地上機器の設置に協力してもらう。(2008/7/3)

高齢社会の交通問題も予測可能に:
京大とIBMが共同研究、未来の都市交通をシミュレーション
都市圏の渋滞を解消したり、自動車が出す温室効果ガスの排出量を算出したりできる模擬実験の成果を京大と日本IBMが発表。数百万台規模の車両が行き交う都市交通のシミュレーションができるという。(2008/6/10)

Dell、温暖化対策NPOに参加
植樹計画の立ち上げや、事業運営から排出する温室効果ガスの相殺などを進めているDellが、PCメーカーとして初めてClimate Groupに参加した。(2008/2/28)

Weekly Access Top10:
グリーンITに乗る前に考えておくべきこと
温室効果ガスの削減を目指す「グリーンIT」を受け、ベンダーがこぞって新製品を投入している。環境問題は重要なトピックだし、この動きに乗って製品を導入しようと考えるのは早計だ。今一度自分たちの置かれている状況を見直してみる必要があるのではないか。(2007/11/17)

データセンターの温室効果ガス排出量、情報技術業界の23%
データセンターの温室効果ガス排出量は増加傾向にあり、企業はその削減を目指してもっと努力すべきとGartnerは指摘している。(2007/10/13)

「自動車1100万台分の年間排出量を減らす」――インテル、CSCIの進展を説明
インテルは、エンタープライズ市場での取り組みを説明する会見を開き、6月から活動を始めた温室効果ガス削減団体の進展を説明した。(2007/9/28)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。