ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

北海道 に関する記事 北海道 に関する質問

「北海道」最新記事一覧

質問!北海道→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で北海道関連の質問をチェック

巨大なイカとタコの化石発見 史上最大級、北海道の白亜紀地層から
史上最大級となる新種のイカとタコの化石が北海道羽幌町の白亜紀後期の地層から見つかった。イカはダイオウイカより大きかった可能性があるという。(2015/3/6)

電力供給サービス:
電気料金が原油の価格安で4月に下がる、北海道と中部は上昇
2015年4月分の電気料金には、いくつかの変動要因がある。北海道では値上げの軽減措置が3月で終了して単価が上がる。そのほかの地域は原油の輸入価格が低下したことで燃料費調整単価が安くなるが、LNGの比率が大きい中部だけは3月よりも高くなる。関西の値上げは5月にずれ込む見込みだ。(2015/3/5)

自然エネルギー:
高速道路の脇にメガソーラー、10年前に廃止した検札所の跡地を生かす
北海道から関東までの高速道路を運営するNEXCO東日本が初めてのメガソーラーを3月27日に運転開始する。東北自動車道に面した宮城県内の所有地に建設した。もともと高速道路の「検札所」があった場所で、廃止から10年を経過してメガソーラーに生まれ変わる。(2015/3/3)

JR北海道、「トワイライトエクスプレス」記念入場券セットに長蛇の列 そして数十分で完売
北海道ファイナルラン記念で限定3000組があっという間に完売。(2015/2/28)

「LINE」でタクシー配車「LINE TAXI」、22都道府県に拡大
「LINE TAXI」のサービスエリアが22都道府県に拡大。北海道や東北、関東甲信越、東海、関西、九州などの一部地域で利用できるようになった。(2015/2/25)

キットカット専門店、北海道に進出 「バター」フレーバー発売
大丸札幌店に出店し、限定商品も販売する。(2015/2/24)

「ゲーム」は悪者なのか 傷害、強盗殺人……“弊害”めぐる議論相次ぐ
北海道でスタートした「ノーゲームデー」運動をはじめ、ゲームの弊害に関する議論が白熱している。「なんでゲームだけ悪者にされるんだ」「規制待ったなしだな」――さまざまな意見が出ている。(2015/2/17)

北海道の小学生はみんな知ってる「大根抜き」 実は地域限定のローカルゲームだった?
大根抜き、知らない人がほとんどなのか……。(2015/2/13)

いももちって北海道限定だったの? ネット民がざわつく 
いももちっていうけど、お餅は入ってないんだよぉー。(2015/2/12)

北海道新幹線の新函館北斗駅から函館間のアクセス列車の愛称が「はこだてライナー」に
来たぜ函館!(2015/2/12)

コンサドーレ札幌がチーム名を「北海道コンサドーレ札幌」に変更へ ファンからは「なんか語呂悪い」との声も
地名でサンドイッチされる道産子。(2015/2/12)

電力供給サービス:
北海道の電力需要が減り続ける、ピーク時で前年比6万kW減
12月〜1月の北海道の需給状況を見ると、平日の最大電力が前年と比べて平均6万kW減っている。気温の影響を考慮して比較した結果で、震災前の2010年度からは37万kWの減少である。特に家庭用と業務用の減少が目立ち、11月に実施した電気料金の再値上げによる影響が早くも表れている。(2015/2/12)

北海道限定グッズの「雪ミク切手」 今年からネットで購入できるぞ!
1万セット限定!(2015/2/10)

おまかせ「1万円選書」に注文殺到 北海道の小さな書店「雑誌や新刊でなく、本を売りたい」
北海道砂川市にある小さな書店が、1万円分のおすすめの本をおまかせで選んでくれる「1万円選書」を提供。人気を集めている。(2015/2/10)

9日 この冬最強クラスの寒気が入る
8日は、日本付近を気圧の谷が通過する見込み。そのうしろに控える寒気は今シーズン最強クラス。北海道から山陰にかけての日本海側は広く雪となり、北陸では雪の降る量が多くなりそうです。各地とも厳しい寒さに。(2015/2/7)

自然エネルギー:
風力発電の開発プロジェクトが拡大、東北・北海道を中心に500万kWを超える
風力発電は2011年から導入量が減少したが、再び増加に転じる見通しだ。全国で開発中のプロジェクトを合計すると発電規模が500万kWを超えて、既存の風力発電所の2倍に達する。陸上に加えて洋上の計画も広がり始めたが、送配電ネットワークの接続可能量の問題を解決する必要がある。(2015/2/6)

自然エネルギー:
北海道の飛行場跡地にメガソーラー、全国有数の日射量で8200世帯分の電力
日射量が豊富な北海道東部の太平洋側に、発電能力22MWのメガソーラーが運転を開始した。2年前まで民間の飛行場だった土地を利用して8万4000枚の太陽光パネルを設置した。ユーラスエナジーが北海道に建設した2カ所目のメガソーラーで、年間の発電量は一般家庭の8200世帯分になる。(2015/2/4)

ポップカルチャーに特化した札幌の観光ガイド「さっぽろオタマップ(強)」登場
「初音ミク」「フランチェスカ」など、北海道から誕生したキャラクターの特集ページも。(2015/2/2)

電力供給サービス:
営業赤字は北海道・関西・九州の3社、燃料費で分かれる電力会社の業績
2014年度の第3四半期(4〜12月)は電力会社10社の合計で売上高が15兆円に達して、前年比で5.2%の伸びになった。ただし販売電力量は全社で前年の実績を下回り、市場の縮小が続いている。営業利益では関西電力が666億円の赤字を出す一方で、東京電力は2991億円の黒字を計上した。(2015/2/2)

冷たい北風と北の大荒れ続く
北海道東部など北日本は大荒れの天気に警戒を続けて下さい。(2015/2/1)

北海道東部を中心に猛吹雪、大雪に警戒
車での猛吹雪への備えも。(2015/1/31)

大雪エリアは北へ 長引く冬の嵐に警戒
今後、低気圧は急速に発達しながら、北日本の東へ。東北の太平洋側は大雪に注意。北海道は大荒れの天気に。見通しのきかない猛吹雪に警戒を。低気圧の動きは遅くなり、冬の嵐が長引く恐れがあります。(2015/1/30)

北海道民のソウル飲料「ソフトカツゲン」に期間限定キウイ味が出るぞおおおお!
ソフトカツゲン? ハードカツゲンはないの?(ありません)(2015/1/26)

北海道教育委員会、毎月第1・第3日曜を「ノーゲームデー」に指定
ゲームから離れて、家族団らんや体験活動、読書などにいそしみましょう、という日だそうです。(2015/1/26)

法制度・規制:
再エネ発電設備の接続保留を解除、北海道・東北・四国・九州の4地域
約4カ月間にわたって続いた再生可能エネルギーの接続保留問題がようやく収束する。解決策として太陽光発電設備の出力を制御する新ルールが1月26日(月)から適用できるようになり、北海道・東北・四国・九州の4電力会社は事業者からの接続申込の受付と検討結果の回答を再開する。(2015/1/23)

杉山淳一の時事日想:
「寝台特急北斗星を残して」と第3セクターの叫び 気持ちは分かるが“筋違い”
2015年1月13日、北海道、青森県、岩手県の第3セクター鉄道担当者がJR北海道本社を訪れ、寝台特急「北斗星」「カシオペア」の運行継続を要望した。理由は道県内や沿線の利用客の不便ではなく、JRからの運行収入が減っては困るからだ。経営危機に瀕した行動だと理解できるが同情できない。むしろ並行在来線問題の本質的解決のために行動すべきだ。(2015/1/23)

北海道ローカル番組「ハナタレナックス」が初の全国放送決定 大泉洋さんらチームナックスが全員出演
2月15日午後1時55分からテレビ朝日系列で全国放送。(2015/1/22)

大寒の朝 気温差40度
今日20日は大寒で1年で最も寒い頃。今朝、最も気温が下がった北海道陸別は氷点下22度3分。最も気温が高かった小笠原諸島父島は17度9分。同じ朝でも約40度の差。(2015/1/20)

津軽弁から京ことばまで、あらゆる方言を使いこなすTwitterアプリ「ついーちゃ」をネイティブ道民が徹底検証してみた
なまらだけが北海道弁じゃないんだぜ。(2015/1/20)

私設図書館シャッツキステ85冊目:
意外と奥が深い、あのお土産の世界『北海道 木彫り熊の考察』
本大好き司書メイドの好感度を上げ、年に一度のデート権を得るべく繰り広げられるメイドたちのラブアタック。今日はミソノからの紹介です。(2015/1/16)

自然エネルギー:
日本最北のメガソーラー、雪に反射した太陽光で両面発電に挑む
北海道の稚内市で積雪や寒さに負けない再生可能エネルギーの実証試験が始まる。運転中のメガソーラーに両面発電が可能な太陽光パネルを設置して、雪の反射を利用した発電に取り組む。さらに蓄電池や融雪マットを組み合わせて寒冷地ならではの再生可能エネルギーの活用方法を検証する。(2015/1/14)

北海道でマイナス約10度の「氷のホテル」営業開始 極地用寝袋完備で少しも寒くないわ
「アナと雪の女王」のエルサの気分が味わえるかも。(2015/1/7)

北海道民のソウルフード「やきそば弁当」が関東に進出? 東洋水産に聞いてみた
ついに上陸なるか!?(2015/1/6)

札幌と函館を結ぶ特急列車「ヌプリ」「ワッカ」が2月上旬運行
冬の北海道を楽しむ1週間限定の往復特急。(2015/1/6)

北海道のご当地萌えキャラ「北乃カムイ」がCDリリース!
ラジオ番組のテーマ曲を日本コロムビアから発売する。(2015/1/4)

格安SIM定点観測:
北海道と京都のサンクスで買える観光客向けSIMが登場――2014年12月プリペイドSIM編
2020年の東京五輪を意識してか、新しく発売されるプリペイドSIMは訪日外国人向けのものが多い。(2014/12/26)

電力供給サービス:
関西電力の値上げ率は10%超、全国で最高水準の料金に
関西電力が2015年4月から適用する電気料金の新単価を公表した。家庭向けが10.23%、企業向けは13.93%の値上げ率になる。これにより関西電力の単価は再値上げを実施した北海道電力と並んで全国で最も高い水準になる見通しだ。顧客離れが加速して販売量が減るのは確実である。(2014/12/25)

補助金:
全国23カ所で地熱発電の調査、65億円の国家予算を投入
日本の再生可能エネルギーの中で開発が最も遅れている地熱発電の拡大に向けて、政府は総額65億円にのぼる2014年度の助成金の交付対象を確定した。北海道から宮崎県まで23件のプロジェクトに対して、地熱発電を開始するために必要な地表調査や掘削調査の費用を助成する。(2014/12/26)

また日本海側は大雪 北海道は吹雪か
注意。(2014/12/20)

寝台特急「北斗星」、来年3月のダイヤ改正で定期運行取りやめ 8月下旬までは臨時列車として継続
北海道新幹線開業に向けた施策と車両の老朽化などが理由。(2014/12/19)

冬将軍襲来 北海道は外出危険な猛吹雪
北海道では数年に一度の猛吹雪のおそれ。(2014/12/17)

気象庁、不要不急な外出は控えてと警戒呼びかける 北海道で猛吹雪
急速に発達する低気圧。(2014/12/16)

北海道では絶対的エース ペヤングが品薄なら「やきそば弁当」を食べればいいじゃない
え、みんな「やき弁」知らないの!?(2014/12/16)

エックスモバイル、観光客利用を見込んで北海道&京都のサークルKサンクスで「プリペイドSIM」などを販売
エックスモバイルは、もしもシークスのデータ通信専用「プリペイドSIM」と「SIMアダプターキット」を北海道と京都府のサークルKサンクス主要20店舗で発売した。(2014/12/15)

「SNOW MIKU東京展」開催 東京でも雪ミクが見られる
これまで北海道の「SNOW MIKU」フェスティバルでしか見られなかった雪ミクの展示が見られる。(2014/12/14)

自然エネルギー:
地熱資源が洞爺湖温泉の「宝の山」に、99.8度の高温水でバイナリー発電
2013年度から地熱資源の開発を進めてきた北海道の洞爺湖町がバイナリー発電の導入プロジェクトを開始する。国の助成金を使って掘削した調査井から99.8度の高温水が大量に湧き出ることを確認した。発電能力が50kWの設備を導入して自家消費と電気自動車の充電源に利用する。(2014/12/11)

4.0牛乳:
「ハーゲンダッツのふるさと」が練る酪農戦略
高級アイスクリーム・ハーゲンダッツの“ふるさと”として知られる北海道浜中町は、実は別の製品でも今、全国から注目を集めているという。(2014/12/8)

電子ブックレット/電力供給サービス:
2014年度の電気料金、家庭用から業務用まで全国の最新動向
震災後に相次いだ電気料金の値上げによって、地域間の格差が大きく開いた。特に2度目の値上げを実施した北海道の電気料金が高い。家庭向けの標準モデルで比較すると、最も安い北陸電力の料金を3割以上も上回る。オフィスや工場で使う業務用や産業用の電力でも地域による単価の差が目立つ。(2014/12/8)

たびのたね、コラボ企画でクーポン誌『たびクーポン』のオリジナル版を無料配信
オリジナル版では北海道と沖縄の魅力を写真付きで特集。(2014/11/28)

自然エネルギー:
電力自給率100%以上は全国89市町村に、トップは地熱が豊富な大分県の九重町
再生可能エネルギーだけで地域の電力需要をまかなえる自給率100%以上の市町村が2014年3月末時点で全国89カ所に増えた。最も多く集まっているのは長野県で16カ所、次いで北海道に14カ所ある。自給率の最高は大規模な地熱発電所がある大分県の九重町で2000%を超えている。(2014/11/27)



オープンソースのコンテナー(アプリケーション実行環境)管理ソフトウェア。Linuxをベースに、ハイパーバイザー型よりも軽量な仮想化を実現する。クラウド、DevOpsなど今風のITシステムの管理に親和性が高く、注目が高まっている。

日本通信をパートナーとして、VAIO株式会社がスマートフォン製品を投入する。3月12日発表予定。

KDDIが12月25日に先行発売を開始した、Firefox OS搭載スマホ。製造はLG。Firefox OSの元々のコンセプトでもある踏み込んだカスタマイズ性、外装の3Dモデルデータの提供、部品が見える半透明ボディなど、「ギークのためのスマホ」としてアピールしている。