ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

北海道 に関する記事 北海道 に関する質問

「北海道」最新記事一覧

質問!北海道→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で北海道関連の質問をチェック

ポテトチップスを支える戦略:
カルビー、じゃがいもの安定調達の陰にデータあり
ポテトチップスなどの原料となるじゃがいもの年間収穫量の約4分の3をここ北海道で調達するカルビー。予測できない気候の変化や疫病などで不作のリスクが常につきまとう中、同社グループのカルビーポテトでは多様なデータを収集、分析して、そうしたリスクを未然に解消しようとしている。(2014/7/22)

PR:手軽に使えるクラウド型ナビアプリ「NAVITIMEドライブサポーター」で北海道を行く
夏休みともなると、遠出してレンタカーなどを借り、道の場所へと旅してみたくなる。そんなときぜひ使ってほしいのがカーナビアプリ「NAVITIMEドライブサポーター」だ。レンタカーのナビより断然使い勝手がいいこのアプリの魅力を、実際に北海道で体験してみた。(2014/7/17)

米国で穀物の山に落ちたiPhone、北海道で見つかり持ち主の元に 「世界はなんて小さいんだ」
米国で大量の穀物の中に落としてしまったiPhoneが日本の北海道で見つかり、持ち主の男性の元に返るというちょっとした奇跡が米国で話題になっている。(2014/7/9)

蓄電・発電機器:
北海道と山口で4種類の太陽電池を試す、湿地帯や沿岸部の対策も
専門商社のユアサ商事が太陽光発電事業の拡大に向けて、山口県に続いて北海道にメガソーラー級のテストプラントを稼働させた。2カ所で合計4種類の太陽電池モジュールを採用して性能評価を実施するほか、湿地帯に建設するための地盤対策や海に近い場所の塩害対策の効果も検証する。(2014/7/8)

自然エネルギー:
北海道の風車落下事故で原因判明、落雷による電流がブレードを破損
2013年12月に発生した「オロロン風力発電所」の風車落下事故で最終報告がまとまった。事故当時から落雷の影響が有力視されていたが、実際に国際規格を超えるレベルのエネルギーをもつ落雷を受けていた。その結果、風車の中心部の内部圧力が上昇して破損につながったことが判明した。(2014/7/7)

電力供給サービス:
水の隠れた流れを探せ、大雪山に発する2本の川で発電
北海道電力は水力発電所に水を引くために使われてきた導水管を再利用し、新たに出力690kWのユコマンベツ発電所を立ち上げた。投資効率が高く、安定した発電が可能だ。(2014/6/25)

住民が作家に――町おこしを目的とした北海道蘭越町プロジェクト第2弾がスタート
第1弾では、小説や自分史、写真集など38冊の本を電子書籍として公開。3万人以上が閲覧した。(2014/6/24)

29(肉)の日にリッチなバーガー ロッテリア「北海道和牛ハンバーグステーキバーガー」発売
毎月29日に日本各地のブランド和牛を使用したバーガーを発売する・(2014/6/24)

杉山淳一の時事日想:
覚えにくい? 「新函館北斗」という駅名が残念な理由
JR北海道は11日、北海道新幹線の駅名を「新函館北斗」「奥津軽いまべつ」と発表した。そこに違和感を抱く理由は、地元のエゴ丸出しで、利用者のメリットを考慮しないから。決まったことに異議を唱えても仕方ないから、今回は「覚えやすい駅名」と日本語のリズムを考察してみよう。(2014/6/20)

西鉄旅行から全国一周バスツアー登場 22泊23日で全都道府県、約6000キロの旅
電車や飛行機もちょこっと駆使しながら、北海道にも沖縄にもいくよ!(2014/6/18)

北海道新幹線の新駅名決定 「奥津軽いまべつ」と「新函館北斗」
2カ所。(2014/6/12)

電子ブックレット/スマートシティ:
エネルギー列島2014年版 −北海道・東北編 Part2−
再生可能エネルギーの固定価格買取制度が3年目を迎えて、全国各地で導入プロジェクトが広がっている。地域の特性に合わせて太陽光・風力・小水力・地熱・バイオマスの中から最適なエネルギーを開発する動きが活発になってきた。2014年の最新の状況を都道府県別にまとめた。(2014/6/11)

電子ブックレット/スマートシティ:
エネルギー列島2014年版 −北海道・東北編 Part1−
再生可能エネルギーの固定価格買取制度が3年目を迎えて、全国各地で導入プロジェクトが広がっている。地域の特性に合わせて太陽光・風力・小水力・地熱・バイオマスの中から最適なエネルギーを開発する動きが活発になってきた。2014年の最新の状況を都道府県別にまとめた。(2014/6/10)

【暑い】北海道で37.8度を観測 12地点で観測史上最高
体調を崩さないようご注意ください。(2014/6/3)

『鬼灯の冷徹』×登別温泉の地獄コラボ全貌が判明――作者の初サイン会も実施
『モーニング』と「週刊Dモーニング」で連載中の『鬼灯の冷徹』と北海道・登別温泉による「地獄」コラボレーションの全貌が判明。作者・江口夏実氏の初サイン会のほか、オリジナルグッズの販売や複製原画展などが行われる。(2014/5/30)

北海道産の希少じゃがいもを使用――ローソン「ゲンコツコロッケ」を発売
ローソンは6月3日に、北海道産のじゃがいも“キタアカリ”を使用したコロッケ「ゲンコツコロッケ」を発売する。価格は135円(税込)。(2014/5/29)

浜松市立三ケ日西小学校の「ピッケのつくるプレゼンテーション」活用授業
小学生がプレゼンで学校間交流 “絵本作り”から生まれたアプリを生かす
IT製品を活用した学校間交流の実践が、小学校や幼稚園にまで広がりつつある。プレゼンを生かして北海道の小学校と交流する浜松市立三ケ日西小学校の取り組みと、同校が使うプレゼンツールを紹介する。(2014/5/29)

スマートシティ:
11万頭の牛がいる北海道の町に、排せつ物を利用したバイオガス発電
北海道の東部にある酪農の盛んな町で大規模なバイオガス発電事業が始まる。地元で飼育する牛の排せつ物を発酵させて、バイオガスを燃料にして発電する。2015年7月に運転を開始する予定で、一般家庭2700世帯分の電力を供給することができる。年間の売電収入は3億7000万円になる。(2014/5/21)

自然エネルギー:
地熱資源開発に28億円の補助金、全国28カ所の対象地域を選定
経済産業省が地熱資源の開発を促進するために実施する補助金の対象地域が28カ所に決まった。最も多いのは北海道の11地域で、すでに地域内で開発プロジェクトが始まっている自治体などが選ばれた。補助金の総額は28億円を予定していて、1件あたり最大で1億8000万円を交付する。(2014/5/19)

スマートシティ:
北海道で人口最大の村に2つ目のメガソーラー、養鶏場の跡地に建設
北海道の太平洋側は日射量が豊富なことから、メガソーラーの建設計画が相次いでいる。人口4000人の中札内村では2つ目のメガソーラーの建設が始まった。地元の農業協同組合が所有する養鶏場の跡地を利用して、720世帯分の電力を供給する。(2014/5/16)

多っ!:
日本気象協会が新たに142個もTwitterアカウント開設 日本の142都市ごとに天気予報つぶやきます
北海道だけで15個もアカウントあるぞ!(2014/5/9)

雪ミク2015年モデルのデザイン募集スタート テーマは「北海道の冬をイメージした植物」
すでにいくつもの作品が投稿されていて、どれもかわいらしい衣装となっています。(2014/4/21)

教育ITニュースフラッシュ
公立高校が“プロ仕様”の液晶ペンタブを導入、その使い道とは?
北海道の公立高等学校が高性能の液晶ペンタブレットを導入した事例から、ついに本格始動した「国産MOOC」の動きまで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2014/4/18)

新函館−東京、最短4時間10分 北海道新幹線、車両は「はやぶさ」型
16年春に開業予定の北海道新幹線は、新函館(仮称)−東京間を最短4時間10分程度で結ぶことを目指す。車両のデザインは東北新幹線「はやぶさ」がベースに。(2014/4/17)

車体中央の帯が紫色:
新函館−東京は最短4時間10分、北海道新幹線の車両は「はやぶさ」型
JR北海道は16日、2016年春に開業予定の北海道新幹線について、新函館(仮称)−東京間を最短4時間10分程度で結ぶことを目指すと明らかにした。(2014/4/17)

電力供給サービス:
可能性が広がるメタンハイドレート、新たに5カ所で調査開始
国産の天然ガスとして大きな期待がかかるメタンハイドレートの資源量を把握する調査が日本近海の5カ所で始まる。2013年度にも実施した新潟県の上越沖に加えて、秋田県から島根県までの日本海側のほか、北海道の太平洋側でも海底の地質調査を実施する予定だ。(2014/4/17)

JR北海道、北海道新幹線の車両を発表 E5系ベースの「H5系」
基本仕様はJR東日本のE5系と同じで、帯の色をパープルに。(2014/4/16)

北海道・登別温泉と『鬼灯の冷徹』が地獄コラボを開催
『モーニング』で好評連載中の『鬼灯の冷徹』と、地獄谷や鬼で知られる北海道・登別温泉との「地獄」コラボレーションが決定。(2014/4/15)

エネルギー列島2014年版(1)北海道:
太陽光発電で全国1位に躍進、日射量が豊富な地域に日本最大のメガソーラー
固定価格買取制度が始まって以来、北海道には他県を圧倒する規模の発電プロジェクトが集まっている。広大な土地を利用したメガソーラーの開発計画が相次ぎ、発電能力は2000MW(メガワット)を超えた。2015年には日本で最大のメガソーラーが太平洋岸に近い安平町で稼働する。(2014/4/15)

キーワード解説:
日本でも商業生産が始まる「シェールオイル」
石油を燃料に使う火力発電は現在でも日本全体の発電量の1割以上を占める。ほぼ100%を輸入に頼る石油だが、北海道や東北、新潟県などには油田がある。これまで石油を産出してきた地層とは別の層に含まれているのが「シェールオイル」である。いよいよ商業生産が秋田県内で始まる。(2014/4/11)

北海道北斗市のキモキャラ「ずーしーほっきー」がお菓子になって安定のキモさ
ホキホキー!!!(2014/4/5)

スマートシティ:
北海道の工業地帯に巨大メガソーラー、6600世帯分の電力を供給開始
広大な工業用地が数多く残る北海道で新しいメガソーラーが運転を開始した。南部の苫小牧港に面して隣接する2社の遊休地を合わせて、37万平方メートルの敷地に23MW(メガワット)の発電設備を建設したものだ。三井不動産が20年間にわたって土地を賃借して発電事業を運営する。(2014/4/4)

自然エネルギー:
風力発電で380MWを作り出すJ-POWER、全国で19カ所目が北海道に完成
電力会社に匹敵する規模の発電事業を展開するJ-POWER(電源開発)が国内で19カ所目の風力発電所を運転開始した。北海道の南部に28MW(メガワット)の発電設備を新たに建設して、19カ所の合計で380MWの電力を供給できる体制になった。(2014/4/2)

電力供給サービス:
節電よりも景気が上回る?、10年後の需要増加を見込む電力会社
電力会社10社の2014年度の供給計画がまとまった。2013年度よりも需要が増えると予想するのは北海道・東北・東京の3社だけで、7社は年間の販売量も夏の最大電力も減少を見込む。にもかかわらず10年後の2023年度には10社すべてが需要の増加を予測して火力発電の拡大を進める。(2014/4/1)

全国初!? 「NAVERまとめ」で町おこし 北海道・ニセコ住民有志が「まとめ」公開
北海道ニセコエリアで、住民有志が「NAVERまとめ」を使った地域活性化に取り組んでいる。(2014/3/27)

エネルギー管理:
オランダ型システムとガスエンジン、農業に必要な3つの要素を満たす
北海道に「スマートアグリ生産プラント」が立ち上がる。ハウス農業に必要な熱と電力の他、二酸化炭素を供給することで、生産能力を高める方式だ。JFEエンジニアリングとアド・ワン・ファームが取り組み、トマトや葉野菜を生産する。(2014/3/25)

電力供給サービス:
6%の節電目標を上回った北海道、3年連続で最大電力が減少
電力会社の予想を超える節電効果が各地で上がっている。北海道では目標の6%を上回る6.7%の節電率を達成して、今冬も電力が不足する事態を回避できた。12月〜2月の平均気温はマイナス2.2度で、節電目標の基準になる震災前の2010年度よりも0.8度低い状況だった。(2014/3/11)

自然エネルギー:
北海道に30MWのメガソーラー、道東の太平洋岸は雪も少ない
ユーラスエナジーホールディングスは、北海道の道東、白糠(しらぬか)町に、交流出力30MWの太陽光発電所を完成させた。道内では最も日照条件がよく、効率良く発電できるという。(2014/3/6)

電力供給サービス:
北海道の電力需要が1月に3.6%減少、値上げした東北と四国も前年割れ
2014年1月の電力会社10社の販売電力量がまとまり、北海道・東北・四国の3社だけが前年を下回った。いずれも2013年9月に電気料金を値上げしたばかりで、企業や家庭が節電によるコスト削減に取り組んだ結果とみられる。特に業務用の販売量は沖縄以外の9地域すべてで減少した。(2014/3/3)

冬の北海道が「みっくみく」に! 日本最大の「冬の初音ミク」イベント「SNOW MIKU 2014」を紹介!
初音ミクのファンにとって最高の冬のカーニバル「SNOW MIKU 2014」の様子をお伝えする。(2014/3/1)

全国でんき予報2013冬:
2月27日(木)−中部と中国で午前中に90%を突破
全国的に雨の降る範囲が広がり、気温は高めながらも電力の需要は増加する見込みだ。中部で午前10時台に、中国では午前9時台に、需給率が90%を超える。一方で昼間に晴れる予想の北海道は夜のピークでも80%を下回る。(2014/2/26)

電力供給サービス:
先行きが見えない北海道電力の経営、再値上げでも利益は出ない
電気料金を値上げしたばかりの北海道電力が早くも再値上げの検討に入った。燃料費の増加を理由に挙げているが、再値上げを実施しても利益が出る可能性は小さい。効率の悪い石油火力と維持コストが高い原子力に依存している限り、競争力を発揮できる事業体に転換することは難しい。(2014/2/19)

全国でんき予報2013冬:
2月10日(月)−東京と関西で18時台に91%超へ
週末に東日本に大雪を降らせた寒波も弱まって、10日(月)の気温はさほど低くならない。電力の需給率は東京と関西で18時台に91%を超えるほかは、各地ともに80%台の後半にとどまる。特に北海道は86%と最も低い水準だ。(2014/2/10)

北海道のカラオケチェーンが雪ミクコラボ 豪華な雪ミクルームも
ちょっと北の大地行ってくる!(2014/1/26)

ニコニコ町会議が北海道・新千歳空港で 雪ミクイベントと併催
「踊ってみたオフ」「ニコニコのど自慢」や大スクリーンを使ったゲーム実況も。(2014/1/23)

目つきがヤバいご当地キャラ「ずーしーほっきー」の素材登場 やっぱりキモかった!
ドドドドド! 北海道北斗市のご当地キャラ「ずーしーほっきー」がはいよる素材集をご覧ください。(2014/1/22)

ファミリーマート、“雪ミク”コラボシュークリーム発売 北海道限定商品も
寒くなってまいりました。(2014/1/10)

全国でんき予報2014冬:
1月9日(木)−需給率90%超は北海道と中部
電力の供給は比較的安定している。最大需要電力に対する供給力は十分であり、需給率が90%を超える地域は北海道と中部だけだ。(2014/1/9)

全国でんき予報2014冬:
1月8日(水)−北海道、東京、四国の需給率が90%以上
電力需給率の傾向は1月7日と変わらない。ただし、来週は東日本を中心にひっ迫する可能性がある。(2014/1/8)

全国でんき予報2014冬:
1月7日(火)−需給率が90%以上となるのは北海道、東京、四国
需給率は比較的安定している。90%を超える地域があるものの、昨年末と比較すると低い水準だ。(2014/1/7)



バーチャルリアリティを楽しむためのヘッドマウントディスプレイ。初音ミクとの対面用と思われている節もあるが、それも含めて日本市場は重要視されている。Facebookが買収をしており、今後どのような用途が実現するのか楽しみにしたい。

LTE対応の端末でも音声通話については実は3Gが利用されていたが、それもいよいよLTEに切り替えられようとしている。ユーザーにはなにが違うのか伝わりにくいが、通信キャリアにとっては通信がIP化され、電波利用効率の高いLTE網を利用できるようになるなど、大きな変更になる。

タブレットといえばiPadかAndroidと思われていたが、ここに来てWindowsタブレットも存在感を見せている。艦これが動くから、という理由で売れているという話もあるが、MicrosoftがSurfaceブランドでより小型な端末を計画しているという噂が出るなど、8型前後のWindowsタブレットがひとつの製品分野として今後も注目を集めそうだ。