ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「本田技研工業」最新記事一覧

7月下旬に正式発表:
ホンダ、「TYPE R」など新型シビック情報を先行公開
ホンダが、日本向けの新型「シビック」シリーズに関する情報を先行公開した。(2017/6/24)

産業制御システムのセキュリティ:
ホンダの工場がランサムウェアの被害に、狙われたのは生産ライン制御のPC
ホンダの国内外の生産拠点が2017年6月18日、ランサムウェアによる攻撃を受けた。生産ラインを制御するシステムを扱うPCが被害に遭い、狭山工場(埼玉県狭山市)は6月19日に稼働を停止した。(2017/6/23)

生産終了:
ホンダ「モンキー」最終モデル、台数限定で発売
ホンダは、原付バイク「モンキー」の最終モデルとなる「モンキー・50周年スペシャル」を7月21日から500台限定で販売する。(2017/6/22)

ウイルス感染:
ホンダ、狭山工場の操業を一時停止 サイバー攻撃で
ホンダは、国内外のコンピューターネットワークがサイバー攻撃を受け、乗用車アコードなどを生産している狭山工場を一時停止したことを明らかにした。(2017/6/21)

日本人初のタイトル:
【写真特集】佐藤琢磨選手「インディ500」優勝会見
「No Attack, No Chance」――。座右の銘とも言えるこの言葉通り、プロドライバーの佐藤琢磨選手は日本人として前人未到の大記録を達成した。世界3大レースの1つ、「インディ500」の優勝である。その凱旋会見がホンダの青山本社で開催。写真で振り返る。(2017/6/19)

ホンダ、完全自動運転を2025年に実現へ
ドライバーがハンドルやブレーキの操作を全くしないレベル4(完全自動走行)を、2025年を目標に実現する。(2017/6/8)

ホンダセンシングを標準装備化:
ホンダ、25年めどに一般道の自動運転実現
ホンダは2025年をめどに、一般道でもドライバーが関与せず走行できる市販車での自動運転技術(レベル4)の実現を目指す。(2017/6/8)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
「かわいい」の名手? ホンダアクセス
「ほしい」という人が本当に買うかは分からないけれど。(2017/5/31)

トヨタ、日産、ホンダなど、水素ステーション整備で協業へ
2017年内の新会社設立を検討し、FCV普及のネックになっている水素ステーションの整備・運営を進める。(2017/5/19)

水素ステーション整備へ:
トヨタ、日産、ホンダなど燃料電池車普及で協業へ
トヨタ、日産、ホンダなど11社が燃料電池車の普及に向け、水素ステーションの本格整備で協業を検討。(2017/5/19)

ホンダ、燃料電池車をタクシーに 走行データを収集、新型車開発に生かす
ホンダが、燃料電池自動車「クラリティ・フューエル・セル」をタクシー会社に貸し出し。運用時の走行データを、新型FCVの開発に生かす。(2017/5/18)

ブラウンの特別色を設定:
ホンダ「S660」に“大人の”特別仕様車
ホンダが軽スポーツ「S660」の特別仕様車を発売する。(2017/5/18)

ホンダ子会社、米ボストン大と共同研究 AIの情報セキュリティ分野で
ユーザーが個人情報に基づくレコメンドサービスなどを使うときに、どの個人情報を提供するかをコントロールできる技術の開発を目指す。(2017/5/16)

「グレイス」も公開:
ホンダ、新「フィット」を先行公開
ホンダはコンパクトカー「フィット」マイナーチェンジモデルを先行公開した。(2017/5/11)

販売台数が過去最高:
ホンダ、17年3月期営業益67%増 今期は減益予想
ホンダの2017年3月期連結営業利益は、前期比67.0%増の8407億円。米国や中国を中心に、新型車や主力車種が好調だった。(2017/4/28)

自動運転技術:
人の感情を理解するAIをモビリティやロボットに、ホンダと京都大学が共同研究
ホンダの研究子会社であるホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパンは京都大学と人工知能(AI)技術の共同研究を開始した。(2017/4/28)

ホンダ新型二輪、3日で“年間計画超え” 20〜30代が支持
ホンダは4月25日、5月12日に発売するスーパースポーツ二輪車「CBR250RR」の受注が3714台に達したと発表した。(2017/4/26)

電気自動車:
ホンダ「クラリティ」のPHEVとEV、米国で世界初公開
ホンダは2017年4月14〜23日に開催されている「ニューヨークオートショー」で、クラリティ(CLARITY)のプラグインハイブリッド自動車(PHEV)と電気自動車(EV)を世界初公開した。(2017/4/19)

ニューヨークオートショー2017:
ホンダ「クラリティ」にEVとPHEVが加わる、トヨタと違うのは「乗車定員」
ホンダは「2017年ニューヨーク国際オートショー」において、「CLARITY PLUG-IN HYBRID(クラリティ プラグイン ハイブリッド)」と「CLARITY ELECTRIC(クラリティ エレクトリック)」を世界初公開した。(2017/4/14)

ビジネスの「安定飛行」課題:
ホンダジェットに黒字化の試練、景気変動の横風も
ホンダが2015年末に納入を始めた「ホンダジェット」の売り込みを世界規模に広げている。(2017/3/31)

Logitech、F1チームのマクラーレン・ホンダのスポンサーに
Logitech(日本ではロジクール)がF1チームMcLaren-Hondaとスポンサー契約を結んだ。マシンのコックピットにロゴが表示されている。両社はファン向けのコラボを計画しているという。(2017/3/27)

電気自動車:
ホンダと日本郵便が電動二輪で配達、郵便局に充電ステーションも整備
日本郵便とホンダは、郵便配達での電動二輪車の活用に向けた協業の検討を開始する。地球環境に配慮した郵便配達業務を行うため、現行の二輪車に代わる電動車両の導入や、郵便局での充電の実証実験に取り組む。効率的な車両運行に向けてテレマティクスサービスの活用も進める。(2017/3/24)

郵便局の充電拠点化も:
「郵政カブ」も電動に ホンダと日本郵便が検討へ
日本郵便とホンダは、現行の二輪車に替わる電動車両による配達などに向け協業を検討する。(2017/3/23)

実写版「攻殻機動隊」、少佐が乗るバイクは“ホンダ製”
漫画「攻殻機動隊」のハリウッド実写版「GHOST IN THE SHELL」で、少佐が乗り込むバイクはホンダの大型二輪車「NM4」がベースだという。(2017/3/17)

クラス最軽量:
ホンダ、スーパースポーツ「CBR1000RR」全面改良
ホンダが「CBR1000RR」をフルモデルチェンジした。(2017/3/16)

ニューヨークオートショー2017:
ホンダ「クラリティ」がシリーズ化、電気自動車とプラグインハイブリッド車を追加
ホンダは2017年3月9日、「2017年 ニューヨークオートショー」において、電気自動車とプラグインハイブリッド車の新型車を世界初公開すると発表した。(2017/3/10)

なつかしのホンダ「スーパーカブ」がカプセルトイに 消防・警察・出前用など全6種
なじみ深い旧式モデルを再現しています。(2017/3/8)

製造マネジメントニュース:
ホンダとGMの燃料電池合弁会社、GMから初代社長
ホンダとGeneral Motors、燃料電池システムを生産する合弁会社「Fuel Cell System Manufacturing(FCSM)」の経営体制を発表した。初代社長にはGeneral MotorsでOperational Exellenceのディレクターを務めたソーヘイブ・ハック氏が就任する。(2017/3/8)

出力320PS:
ホンダ、新型「シビック TYPE R」市販型を世界初公開
ホンダが新型「シビック TYPE R」市販型を公開した。(2017/3/7)

軽自動車が存在感示す:
「N-BOX」3カ月連続トップ 2月新車販売
2月の国内新車販売は、ホンダ「N-BOX」が3カ月連続のトップ。(2017/3/6)

自動運転技術:
本田技術研究所の新拠点、目指すのは創業時のような「柔軟で機敏な組織」
本田技術研究所はロボティクス分野を担当する研究開発組織として「R&DセンターX」を新設した。赤坂に設けた新拠点「HondaイノベーションラボTokyo」を活動の場とし、社外と連携しながら人工知能技術を始めとする研究開発に取り組む。(2017/3/1)

材料技術:
ロードノイズが10dB減少、タイヤのホイールに樹脂部品を足すだけ
ホンダが開発したホイールでロードノイズを低減する技術「タイヤ気柱共鳴音低減デバイス」が「第14回新機械振興賞」の「機械振興協会会長賞」を受賞した。高級車種から搭載がスタートした技術を、普及価格帯までコスト低減を図った点が評価された。(2017/2/22)

ホンダ、ダイハツ、スズキ:
軽自動車市場「三国志」、勝敗の行方は?
軽自動車市場がさながら「三国志」の様相だ。絶対王者“魏”のホンダ「N−BOX」に対し、トヨタ子会社の“呉”ダイハツ工業「タント」、トヨタと提携を検討する“蜀”スズキ「ワゴンR」がともに猛然と戦いを挑む。(2017/2/14)

新技術への迅速な対応を可能にする計測システム:
PR:ホンダの燃料電池車開発にも使われた、NI計測システムの特筆すべき「柔軟性」とは
ホンダのFCV開発に利用された日本ナショナルインスツルメンツ(NI)の計測プラットフォームは、従来10分を要した計測を3.1秒に短縮し、加えてその高い柔軟性は燃料電池という最先端技術の実用化に高く貢献している。この柔軟性はさまざまな業種・製品の開発に貢献するものだ。(2017/2/10)

エコカー技術:
モーター自社開発のホンダが日立オートモティブと合弁、日米中で電動車向けに生産
ホンダと日立オートモティブシステムズは、電動車向けモーターを開発、生産、販売する合弁会社を設立する。生産開始時期など詳細は協議中だが、開発は日本で、生産と販売は日米中の3カ所で行う。ホンダは自社のモーター生産ラインは維持する。「ホンダ以外でも、関心のある納入先なら積極的に外販したい」(ホンダ)と述べた。(2017/2/8)

EV・HVの基幹部品を共同開発:
ホンダと日立オートモティブ、EV用モーターで新会社
ホンダと日立オートモティブシステムズは、電気自動車(EV)などの電動車両用モーターを開発・製造する合弁会社を設立すると発表。(2017/2/7)

ホンダと日立が新会社 電気自動車用モーターを共同開発へ
ホンダと日立オートモティブシステムズが、電気自動車(EV)向けモーター生産の合弁会社を設立する。(2017/2/7)

ホンダ、二輪車販売網を再編 2チャネル体制に
ホンダが二輪車の販売体制を刷新し、5チャネル体制を2チャネル体制に。(2017/2/6)

日産の新型車も躍進:
「N-BOX」が2カ月連続トップ 1月新車販売
1月の国内新車販売は、ホンダの軽自動車「N-BOX」が2カ月連続の首位。軽を除く登録車では、日産車が躍進した。(2017/2/6)

新型車も好調:
ホンダ、業績予想を上方修正 コスト低減効果 17年3月期
ホンダは、2017年3月期の連結営業利益が前期比55.9%増の7850億円になる見通しだと発表。業績予想を上方修正した。(2017/2/3)

燃料電池車:
ホンダとGM、次世代燃料電池システムを合弁会社で生産
ホンダとGeneral Motors、車載用の燃料電池システムを量産する合弁会社を設立した。総投資額は8500万ドルで、新会社はミシガン州デトロイトにあるGMの既存のバッテリーパック工場に置く。(2017/2/1)

低コストFCV目指す:
ホンダ、GMと新会社 燃料電池共同生産へ
ホンダは、米ゼネラル・モーターズ(GM)と、燃料電池システムを生産する合弁会社を設立。(2017/1/31)

自然エネルギー:
地球規模で水素エネルギーに挑む、巨大企業13社が掲げる長期ビジョン
世界の製造業とエネルギー産業をけん引する13社がCO2(二酸化炭素)の削減に向けて、水素エネルギーを推進する「水素協議会」を設立した。日本からトヨタ自動車、本田技研工業、川崎重工業の3社が参画。水素を活用した余剰電力の貯蔵・利用や燃料電池自動車の普及を世界各国で推進する。(2017/1/20)

燃料電池車の新団体を設立:
トヨタ、なぜライバルと手を組む?
トヨタ自動車は18日、水素で走る燃料電池車の普及を目指す新団体をホンダ、独ダイムラーなど世界の自動車メーカーや、欧州エネルギー大手などと共同で設立したと発表した。(2017/1/20)

製造マネジメントニュース:
売上高は合計130兆円、トヨタやホンダなど13社が参画する水素協議会が発足
エネルギーや運輸、製造業の世界的な大企業13社が参加する、新エネルギーとしての水素の利用促進を目的とした団体「水素協議会(Hydrogen Council)」が発足した。国内企業からはトヨタ自動車やホンダ、川崎重工業が参加する。13社の売上高の合計額は1兆700万ユーロ(約129兆円)、従業員数の合計は約172万人になる。(2017/1/19)

ミニバン初の10速AT:
ホンダ、北米向け新型オデッセイを初披露
ホンダは、北米向けミニバンの新型「オデッセイ」を北米国際自動車ショーで初披露した。(2017/1/10)

CES 2017:
“ホンダの倒れないバイク” あまりの大反響に中の人が「びっくり」 開発の狙いは(動画あり)
ホンダがCES 2017で展示した「Honda Riding Assist」に大きな注目が集まっている。担当者に来場者の反響や開発の理由を聞いた。(2017/1/10)

放っておいても倒れない!? 自らバランスを取って立つバイクをホンダが開発
スタンドが自動で出るとかでなく、バランスだけで立つようです。(2017/1/6)

CES 2017:
ホンダが倒れない二輪車を開発中、可変のキャスター角とステアリング制御で自立
ホンダは、民生機器テクノロジーの展示会「CES 2017」において、二輪車を転倒させないアシスト技術「Honda Riding Assist」の実験車両を世界初公開した。(2017/1/6)

人が乗っていてもいなくても:
ホンダ、倒れない「自立バイク」世界初公開
人が乗っていてもいなくても倒れない自立バイクをホンダが初公開。(2017/1/6)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。