ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「Hulu」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Hulu」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Oculus Go! Go! Go!:
「電車でOculus GoT」が快適に
Oculus Go上でのAmazon Prime Video視聴が快適になった。(2018/5/21)

PR:エンタメ向けタブレットがさらに進化 「HUAWEI MediaPad M5/M5 Pro」徹底レビュー
ファーウェイに最新フラグシップタブレットが登場。高精度なペン入力に対応したモデルも登場し、エンタメ向けタブレットがさらに進化した(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2018/5/18)

新連載「Oculus Go! Go! Go!」:
電車で(Oculus)Goやってみた
見た人はぎょっとしたかもしれない。VR HMDを装着して電車に乗ってみた。(2018/5/14)

ソニーの4Kテレビ新製品、全て「Googleアシスタント built-in」対応へ
ソニーが薄型テレビの18年春モデル14機種を発表。全機種が「Googleアシスタントbuilt-in」対応を予定している他、リモコンには各種動画配信サービスの専用ボタンを並べるなど、スマートテレビとしての使い勝手を追求した。(2018/5/8)

Spotify、Huluバンドルで月額13ドルの音楽+動画プランを米国で開始
Spotifyの米国での新プラン「Premium and Hulu」は、Premium+3ドルでHuluのコンテンツも視聴できる。(2018/4/12)

“巨人戦対応”の野球中継が命綱:
DAZN参入で「解約者続出」のスカパー、どう生き残る?
スカパーJSATが、報道陣に「『スカパー!』のプロ野球中継が限定的であるとの報道は誤解だ」との文書を送付。同社はなぜ、マイナスイメージの定着に嫌悪感を示しているのか。スカパーJSATに文書送付の真意を聞いた。(2018/2/22)

物議醸した「あたしおかあさんだから」huluから削除 絵本作家「いつかおかあさんの気持ちをちゃんと書いてそれをお詫びにする」
番組側からの公式発表はありません。(2018/2/8)

作家のぶみさん作詞の「あたしおかあさんだから」は“呪いの歌”? Twitterで物議、作詞の意図は
母親の視点で「眠いまま朝5時に起きるの」「大好きなおかずあげるの」「いいおかあさんでいようって頑張るの」など、子育てに関する苦労を歌い上げる。(2018/2/5)

CES 2018レポート:
AIとIoTに5Gも加わった「CES 2018」、そして全てのモノがデジタル化される
情報通信総合研究所が「CES 2018」について報告。グーグルとアマゾンによる音声認識AIの激しいつばぜり合いや動画配信サービスによる業界再編などについて紹介した他、AIとIoTに5Gが融合しつつあることもポイントとして取り上げた。(2018/2/5)

「YouTube TV」が「Roku」で利用可能に 「Apple TV」より先に
Googleが米国で提供している有料のコンテンツサービス「YouTube TV」が、メディアストリーミング市場シェア1位の「Roku」で使えるようになった。「Apple TV」も“間もなく”サポートする見込み。【UPDATE】Apple TV向けアプリも公開された。(2018/2/2)

PR:クアッドコアCPUでモバイル戦闘力を強化 一新された「レッツノート CF-SV7」徹底分析
多くのビジネスユーザーに支持されてきた「SZ」シリーズの後継として、最新の第8世代Coreを採用しクアッドコアCPUの性能を手に入れた「レッツノート CF-SV7」が登場。その「モバイル戦闘力」はいかほどか。(2018/1/26)

4K60fps・HDR10対応のスティック型Android端末「Air Stick 4K」
CCC AIRは、4K・HDRの再生や出力に対応した、Android搭載のスティック型端末「Air Stick 4K」の販売を開始した。価格は9800円(税別)。(2018/1/18)

半径300メートルのIT:
もうBlu-rayの時代じゃない? 私がApple TVを選んだ理由
先日、とうとうApple TVを買いました。今回は購入に至るまでの紆余曲折を紹介しようと思います。とはいえ、Apple TVで満足しているわけではないのですが……。(2018/1/16)

Hulu、有料会員数が1700万人突破 総会員数は5400万人以上
動画配信サービスのHuluが、有料会員数やコンテンツ数について発表した。(2018/1/10)

“日本が知らない”海外のIT:
テレビと会話し、ストーリー分岐 “テレビ離れ”防ぐ番組作りの今
“テレビ離れ”の流れに対抗できるか。視聴者がストーリーの行方を選択できる「インタラクティブストーリー」とは何なのか?(2017/12/15)

T-Mobile、TVサービスを2018年に立ち上げへ 「消費者に選択の自由を」とレジャーCEO
米通信事業者第4位のT-Mobileが、2018年中に有料放送テレビ市場に参入すると発表した。ジョン・レジャーCEOは「消費者の嫌われ者、CATV企業と衛星TV企業と戦う」と宣言した。(2017/12/14)

定額制の動画配信、利用率トップはAmazon、2位はHulu ICT総研調査
IT調査会社のICT総研が実施したアンケート調査によると、定額制動画配信サービスで最も利用率が高いのは「Amazonプライム・ビデオ」で、2位は「Hulu」だった。(2017/12/13)

「ビデオマーケット」と業務提携:
DMM、「国内最大のデジタルレンタル」 50万本超で攻勢
DMM.comが、ネット動画配信運営のビデオマーケットと動画配信で業務提携すると発表。動画配信プラットフォーム「ビデオマーケット」をDMMの動画配信サービス「DMM動画」に提供し、両社合わせて50万本超の作品を視聴可能にする。(2017/12/4)

PR:地デジに耐水! 進化したAVタブレット「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10 wp」徹底レビュー
コストパフォーマンスが高いエンターテインメント向けタブレットとして人気の「MediaPad M3 Lite 10」の兄弟モデルとして「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10 wp」が登場した。8コアCPUの搭載やワンセグ・フルセグチューナーの内蔵、待望の耐水機能など見どころは盛りだくさん。進化ポイントをチェックしていこう。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2017/12/1)

Twitterで10億人を襲ったサメ映画「シャークネード」を一挙に振り返る
今月はサメ強化月間。(2017/12/2)

ITはみ出しコラム:
「ネット中立性」が米国で廃止へ 日本のサービスにも影響はある?
米国で「ネット中立性」規則が撤廃される見込みです。これにより、通信インフラ企業やISPが自社コンテンツを優遇し、競合するサービスの品質低下や値上がりを引き起こすかもしれません。(2017/11/26)

Nintendo Switchで「Hulu」が視聴可能に(米国で)
米Huluが米国で、「Nindendo Switch」でHuluの動画を視聴するためのアプリをNintendo eShopで公開した。(2017/11/10)

月額1000円の「TSUTAYAプレミアム」:
TSUTAYA、DVD借り放題・ネットで動画見放題の新サービス
TSUTAYAが、旧作DVD・Blu-rayが借り放題、動画配信サービス「TSUTAYA TV」が見放題となる新サービス「TSUTAYAプレミアム」をスタート。レンタルDVD市場の縮小が続く現状を打破する狙い。(2017/10/2)

「ウォーキング・デッド」シーズン1、地上波で全話放送
「Hulu傑作シアター」枠(関東ローカル)で。(2017/9/29)

クマとハチミツで「くまのプーさん」、炎と親指で「ターミネーター2」 ハッシュタグ「好きな作品を絵文字だけで」が大盛況
ネズミとトラとボウズ頭で「ねとらぼ」は……苦しいな。(2017/9/28)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
考えて10分遅れるなら、考えずに1秒でも速い方がいい
ああしたい、こうしたいと思っていてもそれは脳の中で起こっていることであって、あなたが超能力者でない限り、実際には何も起こらない。全ては行動だ。(2017/9/28)

週刊「調査のチカラ」:
SNSを使いこなす人々の傾向
マーケ女子と広報女子と情シス女子。犬派に猫派。誰もがSNSを使う時代に知っておくべき調査データを厳選。(2017/9/10)

大手3キャリアの66.2%がデータ容量の節約経験あり、84.1%がWi-Fi環境下で動画を視聴
MMD研究所は、9月7日に大手3キャリアのスマホユーザーを対象としたデータ容量別利用実態調査の結果を発表した。約7割が速度制限予告メールを受信し、66.2%がデータ容量を節約しながら利用。84.1%がWi-Fi環境下で動画を視聴し、データ容量を節約している。(2017/9/7)

タツノコヒーロー共闘アニメ「Infini-T Force」、早くも映画化決定! 2018年2月公開予定
テレビアニメは2017年10月から放送。Huluでは先行配信も。(2017/8/25)

今後も強化・継続していく:
バンナム「アニメ海外配信から撤退しない」 報道を否定
バンダイナムコHDが、海外でのアニメ配信事業から撤退するとの報道を否定した。(2017/8/23)

バンダイナムコ、「アニメ海外配信から撤退」報道にコメント
バンダイナムコは、同社が海外のアニメ配信事業から撤退するとした同日付の日本経済新聞の報道についてコメントを出した。(2017/8/23)

「銀魂」伝説のレンホウ回に再び注目が集まる 規制はDVD発売時のもの
キメラアント編並みの修正。(2017/8/22)

佐々木希、白エプロンで夫を待つ姿にファンの嫉妬が止まらない 「うらやましい」「渡部ええええええ!」
どこに行けばこの光景が見られますか。(2017/7/26)

マストドンつまみ食い日記:
ゲーム・オブ・スローンズ、少年とマストドン、映画公開 SNSと関係のないマストドンのニュース
SNSのマストドンとは無関係ですが、マストドンネタを3連発。(2017/7/21)

「すごい挑戦」 佐々木希、“セックス依存症”の新妻役で新たな扉を開く
ちょっとHulu加入してくる。(2017/7/20)

ソニー、4K有機ELテレビ「A1シリーズ」の77V型は250万円で8月発売
(2017/7/11)

マストドンつまみ食い日記:
マストドンと脱中央集権とシリコンバレー
反シリコンバレー的なマストドンすらネタに消費されてしまうのか。(2017/7/9)

THE MUSIC DAYで「ぼくらの勇気 未満都市2017」映像初出し! 堂本光一×相葉×松潤で「愛されるより 愛したい」披露も
懐かしの“サバ缶”画像にファン歓喜。(2017/7/1)

またジャパリパークに行けるぞおおお Hulu、けもフレの見放題配信スタートなのだ!
わーい!(2017/6/28)

Hulu、不具合で1000円分の「お詫び」 7月中旬から受け付け
「Hulu」日本版リニューアルで不具合が続出した問題で、運営元は、不自由を感じたユーザーにお詫びとして1000円分のチケット送付する。(2017/6/5)

Hulu、リニューアルに伴う不具合でユーザーに1000円分のチケット配布へ
Amazonギフト券やiTunesコードも選択可能です。(2017/6/4)

App Store、開発者の収益が累計700億ドルを突破
App Storeで、アプリ開発者が稼いだ累計金額が700億ドルを突破。世界全体のアプリダウンロード数は、直近12カ月で70%以上伸びたという。(2017/6/2)

サプスクリプションモデルも好調:
App Store、開発デベロッパーの収益が累計700億ドル突破
米Appleが「App Store」を通じた開発デベロッパーの2008年以降の収益が累計700億ドルを突破したと発表。ゲームやエンタメのほかにも、ヘルスケアや写真カテゴリなどが成長中。サプスクリプションモデルも好調だ。(2017/6/2)

新しい「Hulu」の再生に関する問題 注意すべき2つのポイント
新プラットフォームに移行した日本版「Hulu」に再生関連のトラブルが頻発している。再生できない場合にチェックすべきポイントは大きく2つある。(2017/5/25)

なぜ今更? Hulu日本版、リニューアルで「Silverlight」導入のワケ
日本版Huluがリニューアルで新たにSilverlightを導入。“終わりつつある”プラグインをなぜ今更、導入したのか。理由を聞いた。(2017/5/24)

「Huluの利用にSilverlightが必要」ネット上で批判集中 → Hulu「Win7でIE使用している場合だけです」
「happyon」へのアドレス変更でも批判されていましたが……。(2017/5/23)

TBS・テレ東・電通など、有料動画配信で新会社 来年4月サービス開始へ 「テレビ離れ層」狙う
その名も「株式会社プレミアム・プラットフォーム・ジャパン」(仮称)。(2017/5/23)

Hulu日本版、リニューアルで不具合続出 運営元が謝罪
リニューアルした「Hulu」日本版で、動画が再生できないなどの不具合が続出しており、運営元が謝罪した。(2017/5/23)

Hulu、HDMI接続しないと外付けディスプレイで見られない仕様変更 → 告知の遅れでユーザーから苦情が続出
リニューアルにより、VGA端子、DVI端子などでは再生できなくなったと告知しています。(2017/5/22)

Amazon、4Kテレビ「Fire TV Edition」発売 Fire TVとAlexa搭載
43、50、55、65インチの4種類のサイズを用意する。(2017/5/17)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。