ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「IBM iDataPlex」最新記事一覧

開発を手掛けたのは社員約20人のベンチャー企業:
省エネのスパコン世界ランク、日本がTOP3を独占
スーパーコンピュータの消費電力性能を競う世界ランキング「The Green 500」が2015年8月に発表され、日本のベンチャー企業が開発する計3システムのスパコンがTOP3を独占した。(2015/8/4)

DMS2015リポート【CAD/CAE編】:
CAEは高度化と簡易化に分かれる、生産技術CAEも充実
「第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)」では、VDI環境でのCAE実施や、高度な解析が社内でも使えるようになるなど、一層CAEの利用範囲の拡大が感じられた。(2015/7/21)

TOTO、製品設計支援システムを刷新 VDI化で開発期間の短縮目指す
TOTOが製品の開発、設計支援システムを刷新。事業部ごとに導入していたインフラを統合し、データセンターへと集約した。サーバにはレノボのx86サーバ「Lenovo System x iDataPlex」を採用している。(2015/5/14)

CAEニュース:
「CAE on VDI」環境がTOTOの商品開発の効率化を実現
レノボ・ジャパンは、TOTOのCAE基盤にデータセンター向けx86サーバ「Lenovo System x iDataPlex」が採用されたことを発表した。(2015/5/14)

汎用x86サーバーはレノボ、POWERサーバーアプライアンスはIBM:
レノボとIBM、サーバー事業展開の発表まとめ
2014年10月1日、レノボ・エンタープライズ・ソリューションズが始動。翌日には日本製をアピールする「MADE IN YONEZAWA」プロジェクトを開始した。さらに翌日には、米IBMが「x86サーバーを凌駕する」とうたうPOWERサーバー製品ラインアップを発表した。(2014/10/6)

IBMロゴ、ブランドは継続:
LenovoはなぜIBMのサーバ事業を買ったのか
IBMのx86サーバ事業買収が完了し、10月1日、レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社が発足した。なぜx86サーバ事業を買ったのか、単純な買収ではなく新会社を設立した理由、そしてIBMブランドのx86サーバはこれからどうなるのか?(2014/10/2)

IBMとLenovo、10月からx86サーバ事業の新体制に移行
LenovoによるIBMのx86サーバ事業の買収が10月1日に完了することになり、同日から新体制に移行する。(2014/9/29)

製造ITニュース:
3次元CADで仮想デスクトップ環境を導入検討できる検証センターを設立――日本IBM
新設する「IBM System x CAD on VDI検証センター」を利用することで、最新のハードウェア環境を用いて短時間でPOC(Proof Of Concept:概念実証)を実施できるという。(2014/4/24)

Lenovoへのx86サーバ事業売却でどうなる?:
「売却後も顧客のx86サーバはIBMがサポートする」 日本IBM・イェッター社長
今年1月にx86サーバ事業の売却を発表したIBM。Lenovoに事業を譲渡した後も、引き続きシステムのサポート業務を行うようだ。(2014/3/6)

プロセッサ/マイコン:
スパコン性能1位は中国の「天河2号」、日本の「京」は4位
スーパーコンピュータ(スパコン)処理能力ランキング「TOP500」の2013年6月版が発表された。1位を獲得したのは中国の「天河2号」。旧機種「天河1号」は2010年11月版で1位になっているので、中国は2年半ぶりに首位を奪還したことになる。(2013/6/20)

日本IBM、ストレージやシステム製品群も大幅拡充
プライベートクラウド環境におけるストレージを始め、システムリソースの活用や管理の効率化を支援する製品群を提供する。(2013/2/6)

ビッグデータいろはの「い」:
経験や勘では勝てない、「マネーボール」が物語る洞察のチカラ
かつてオークランドアスレチックスは膨大な過去のデータを活用して文字通り戦い方を変えて成功した。今やビッグデータがエネルギー、医療、証券など、さまざまなビジネスやサービスを変革しようとしている。(2012/6/27)

日本IBMが買収企業のソフトウェア群を発売:
ビッグデータやHPCを一般企業でも活用できるように
(2012/6/12)

日本IBMがテクニカル・コンピューティング製品を発売、HPCを一般企業にも
2011年に買収したPlatform Computingのソフトウェア技術を組み込んだ高性能コンピュータ製品を発売する。(2012/6/12)

イベントレポート:
「ポスト震災」時代をスマートなものにするために
震災を機にグローバル化への対応を急ぐ日本の製造業各社。次世代に向けて各社はどのような構想を持っているのだろうか。その中でIT技術はどう活用されるだろうか。「IBM インダストリアル・フォーラム京都2011」で聴講した内容からそのヒントを探る。(2011/11/7)

アイティークルー、IBM製高性能計算機を東北大学に納入
アイティークルーと日本IBMは、IBM製の高性能計算機を東北大学に納入したと発表した。東北大学が5月から開始する宇宙科学実験をシステム面でサポートする。(2011/5/24)

“Smarter”な世界を目指し:
企業システムはエンタープライズクラウドの構築へ向かう――日本IBM諸富氏
IA製品市場における仮想化技術の一般化、クラウド型サービスの浸透などにより、大規模なITリソースをプールし得る高集積型ハードウェアへの需要は高まる。企業システムが目指すべき方向について、日本IBM 理事 諸富健二 システムx事業部長に話を聞いた。(2009/6/5)

仮想化検証センターも開設:
IBMのXeon 5500サーバ、キーワードは仮想化と管理
(2009/3/31)

新興国開拓を狙う:
IBMが海外のクラウドコンピューティングセンターを拡張
IBMでは新タイプのクラウドコンピューティングインフラとデータセンターを構築する計画を拡大する方針であり、ブラジル、韓国、インド、ベトナムに4つの新しい施設を開設する。(2008/9/29)

海外ダイジェスト(9月25日)
Xbox 360の販売台数が欧州で600万台に到達、NASAがIBMのスーパーコンピュータiDataPlexを採用、など。(2008/9/25)

IBMのNehalem搭載スーパーコンピュータをトロント大学が購入
IntelのNehalemプロセッサを搭載するIBM初のスーパーコンピュータとなる予定で、性能は360テラFLOPSを目指す。(2008/8/19)

スペースと電力も大幅に節約:
「ホワイトボックスに勝てる」大規模データセンターサーバ、IBM
(2008/8/5)

新しいx86サーバブランド登場:
日本IBM、超高集積サーバ「iDataPlex」を提供開始
日本IBMは従来のラック型x86サーバと比較し約2.5倍の価格性能比となる「iDataPlex」を提供開始。System x、Blade Centerに次ぐ同社の新しいサーバブランドとなる。(2008/8/5)

HPが「POD Data Center」でモバイルデータセンター分野に進出
HPの「Performance Optimized Data Center」(POD)は、Web 2.0アプリケーションやクラウドコンピューティング用の高密度コンピューティングインフラを構築する企業を支援するとともに、ディザスタリカバリやハイパフォーマンスコンピューティングのための追加キャパシティを提供することを狙った同社の新たな取り組みだ。(2008/7/18)

省エネを推進:
IBM、ポータブルデータセンター製品群を発表
Sun Microsystemsの「Project Blackbox」やMicrosoftおよびRackableのポータブルマシン構想に対抗すべく、IBMが省エネを推進するプロジェクトを打ち出している。(2008/6/18)

IBM、低消費電力のデータセンター向けサーバ「iDataPlex」発表
IBMが、ビデオやゲームサービス、クラウドコンピューティングサービスなどを運営する企業向けに、低消費電力の液冷式サーバを開発した。(2008/4/24)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。