ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「池上彰」最新記事一覧

「パパと私、すごく似てるって思った」 父と娘の“答え合わせ”の結末は?
(2016/7/24)

政治家の人間らしい一面を伝えたい―― 池上彰の選挙特番で注目を集めた“当確テロップ”はなぜ生まれたか
「“他局でやらないことをやる”ことがテレビ東京らしさの1つ」。(2016/7/13)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
40歳を超えて不安な健康 でも、時間がない、酒も飲みたい人の抜け道
毎日運動をして食事に気をつけて十分な睡眠をとりましょう。そんなことができれば苦労はない、と思っている忙しい人にこそ知ってほしい抜け道がある。(2015/10/8)

出版業界ニュースフラッシュ 2015年7月第4週
『日めくり まいにち、修造!』が発売から10カ月でミリオンとなったほか、2015年上半期の出版物推定販売金額が発表されています。(2015/7/27)

フジテレビ「池上彰 緊急スペシャル!」韓国人の発言、翻訳誤ってテロップ 「編集ミス」
フジテレビが6月5日に放送した「金曜プレミアム『池上彰 緊急スペシャル!』」で、韓国人のインタビュー映像に合わせて表示した翻訳のテロップが誤っていたとして謝罪。(2015/6/29)

フジテレビ、「池上彰緊急スペシャル!」について謝罪 韓国人インタビューに異なる字幕と吹き替え
ネットで発言と字幕が異なると指摘され、批判の声が上がっていた。(2015/6/29)

「ペットボトルのフタが開けられない」と死亡率が上がる?
(2015/6/27)

出版業界ニュースフラッシュ 2015年6月第2週
元少年A『絶歌』に関する話題が数多く見られた週となりました。(2015/6/15)

不況にあえぐ出版業界を変えるか 「時限再販」を追う
(2015/6/13)

出版業界ニュースフラッシュ 2015年6月第1週
日販と同じく、トーハンも減収減益決算となりました。両社からは2015年上半期ベストセラーも発表されています。(2015/6/8)

理想の男性上司「松岡修造さん」が初のトップ
あなたにとって理想の上司は誰ですか? この春就職した新入社員に聞いたところ、男性上司1位はスポーツキャスターの「松岡修造さん」が昨年の6位から上昇していることが、産業能率大学の調査で分かった。(2015/4/21)

元「週刊こどもニュース」ディレクターが教えるニュースの楽しみ方
(2015/4/16)

第7回「伊丹十三賞」に、スイッチ・パブリッシング代表の新井敏記
10代から自主制作で雑誌を作り始め、出版社を設立し、その後30年にわたって雑誌や書籍の販売を維持発展させてきた経営、編集手腕が選出理由として挙げられている。(2015/3/25)

山寺宏一が『セロひきのゴーシュ』を朗読、hontoがオーディオブックを配信開始
落語や名作文学、ビジネス、英会話などのジャンルから53タイトルを用意している。(2015/2/17)

格差社会に警鐘を鳴らす話題の経済書がランクイン――hontoの1月月間ランキング
ランキングは紙の書籍と電子書籍の販売データを基に作成したもの。(2015/2/9)

「イスラム国」の謎の指導者 バグダーディーとは何者なのか?
「イスラム国」の実像が分かる書籍3冊を紹介します。(2015/1/27)

世界を「数字」で回してみよう(11) 環境問題:
地球温暖化の根拠に迫る
今回は、二酸化炭素(CO2)がどのように地球を暖めるのか、そして、「2100年には、最悪で平均気温が4.8℃上昇する」という説に根拠があるのかを検証したいと思います。地球温暖化の仕組みは、太陽と地球をそれぞれ「ラジオ放送局」と「ラジオ受信機」と考えると分かりやすくなります。(2015/1/21)

「このミス2015」受賞作もランクイン――hontoの2014年12月月間ランキング
ランキングは紙の書籍と電子書籍の販売データを基に作成したもの。(2015/1/13)

池上彰さん、朝日新聞の連載コラムを再開
朝日新聞の「信頼回復と再生のための行動計画」を受けての決定。(2015/1/6)

ナレッジワーキング!!:
ニュースな数字も「見える化」すれば怖くない
「国の借金1000兆円」「2050年には65歳以上が4割」。数字で語られるニュースは分かったような気にになりがちですが、具体的なイメージはしにくいもの。図にまとめ直すことで分かりやすくなります。(2014/10/22)

窪田順生の時事日想:
『朝日新聞』をマトモにする、ただ1つの方法
誤報や情報操作、言論封殺を行おうとした『朝日新聞』。行き過ぎた制裁は避けるべきだが、相応の“罰”は必要だ。われわれにできることは少ないが、『朝日新聞』をマトモな報道機関へと生まれ変わらせる方法が1つだけある。(2014/9/30)

誠 Weekly Access Top10(2014年9月8日〜9月14日):
日本人の葬儀スタイルは、どのように変化していくのか
日本人の年間死亡者数をみると、1998年には94万人だったが、2040年ごろには166万人になると予測されている。葬儀件数は、今後30年間増加が見込まれているが、お葬式のスタイルはどのように変化していくのだろうか。(2014/9/19)

出版業界ニュースフラッシュ 2014年9月第2週
出版業界で先週起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。9月第2週は、新たな出版事業としての洋書復元、七つ森書館と読売新聞社の裁判の行方などが話題になりました。(2014/9/16)

窪田順生の時事日想:
それでも私たちは『朝日新聞』を許さなくてはいけない
『朝日新聞』が相次ぐ誤報で揺れている。ネット上では大騒ぎになり、安倍政権では「(朝日新聞を)国会招致すべきだ」という批判も出始めた。しかし、筆者の窪田氏は「非寛容な対応」を続けると、新たな問題が生まれるという。それは……。(2014/9/16)

窪田順生の時事日想:
なぜ『朝日新聞』は池上彰さんの連載原稿を掲載しないと言ったのか
『朝日新聞』が大変なことになっている。ジャーナリスト・池上彰さんの原稿を、『朝日』の報道局が掲載できないと突っぱねたことが明るみに出たからだ。こうした不可解な言動が続く背景には、何があるのだろうか。(2014/9/9)

朝日新聞、掲載断った池上彰さんのコラムを掲載へ ※追記あり
掲載拒否には朝日新聞記者からも批判の声があがっていた。(2014/9/3)

ビジネス書・実用書100作品が日替わりで半額に、BookLive!で期間限定キャンペーン
『99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ』や『50歳からは炭水化物をやめなさい』など700作品が半額となる。(2014/8/13)

“集団的自衛権”について学べる恋愛小説
最近注目を集める“集団的自衛権”にまつわる問題。日本の未来に関わるこの問題をきちんと理解できていますか? 今回は、その集団的自衛権について学べる小説を紹介します。(2014/6/3)

パックンが語る、ハーバード流“頭の使い方”
ハーバード大学出身で、日本でお笑い芸人として活躍する「パックンマックン」のパックン。彼の巧みな話術の秘密を教えてくれる書籍『ツカむ!話術』を基にお話を伺いました。(2014/5/22)

ナレッジワーキング!!:
アウトプットを意識すれば頭は良くなる
見たり、聞いたりしたことを記憶するだけでは、ビジネスパーソンとしての成果は成し得ません。インプットの段階で「どのようにアウトプットするのか」を意識しておきましょう。(2014/5/7)

新入社員に聞く、理想の上司はどんな人?
理想の上司はどんな人ですか? この春就職した新入社員に、理想の男性上司を聞いた。産業能率大学調べ。(2014/4/23)

パックンが絶賛するトークが上手すぎる経営者とは?
「パックン」としてバラエティー番組などで人気のパトリック・ハーランさん。彼が圧倒されるほどのトークスキルを持つ経営者とは。書籍『ツカむ!話術』から紹介します。(2014/4/15)

「絵心がない」は言い訳! 誰でも絵がうまくなる方法があった
絵を描くときのコツは、考えること? だれでも絵が上手くなる方法を教えてくれる書籍『読むだけで絵がうまくなる本』から、その方法の幾つかを紹介します。(2014/3/18)

「格安SIMカード」は仕事に使えるか? 第12回:
格安SIMで電子書籍を買っても大丈夫? Kindleと楽天Koboで試してみた
スマホやタブレットの普及で電子書籍の利用者は増えている。フィーチャーフォンの時代はコミックが多かったが、最近はビジネス書のラインアップも充実している。しかし、データサイズが大きそうな書籍を、格安SIMでダウンロードしても大丈夫なのだろうか。(2014/2/26)

「yomel.jp」が講談社の人気作品約3000点配信開始
スマートフォン/タブレット向け電子書籍読み放題サービス「yomel.jp」に、講談社の人気の作品、約3000点が追加された。(2014/2/10)

視聴率が上がる? ○○が燃えるシーン
昨年テレビ番組内で放送され、話題となった「薪が燃えているだけの映像」。不思議と癒やされてしまうその映像がDVDブックとして発売されました。(2013/12/25)

ブックオフ、2013年「年間ランキング」発表――堺雅人出演作など変わり種も
中古通販・買取サイト「ブックオフオンライン」における2013年の売上ランキングが発表に。カテゴリ別のほか、ドラマ「半沢直樹」の主演俳優・堺雅人出演作品やキーワード検索の多いDVD作品ランキングも紹介。(2013/12/16)

あの作品も配信対象に:
「ブックパス1周年記念キャンペーン」がスタート――期間限定配信やポイントプレゼントなどを実施
KDDIの電子書籍ストア「ブックパス」1周年を記念したキャンペーンがスタート。読み放題プランへの期間限定配信や最大1500ポイントのプレゼント、講談社とのコラボなどを実施する。(2013/12/2)

新聞を毎日読む30代男性は3人に1人
毎日、新聞を読んでいる人はどのくらいいるのだろうか。毎日読んでいる人が約4割だったのに対して、新聞を読まない人も約3割存在した。リサーチバンク調べ。(2013/10/16)

9月16日〜30日:
今売れている電子書籍は? ベストセラーランキング
電子書店「BookLive!」のランキングデータから今売れ筋の電子書籍を紹介します。(2013/10/1)

これからの働き方、新時代のリーダー:
仕事で他の人に差を付けるには? 池上流「選挙特番の作り方」――池上彰×吉岡綾乃(後編)
7月に参議院選挙が行われた夜、民放各局が選挙特番を放送する中で圧勝したのは池上彰さんが司会をしたテレビ東京でした。あの番組はどのように作られたのか? 池上×吉岡対談後編は、不利な条件下でも他の人に差を付ける仕事をするための考え方、池上さんの読書法に迫ります。(2013/9/9)

リニューアル記念企画「これからの働き方、新時代のリーダー」:
「キュレーションで効率的に情報収集」の落とし穴――池上彰×吉岡綾乃(前編)
9月2日にリニューアルしたBusiness Media 誠。記念企画として、スペシャルインタビューを掲載していきます。最初に登場していただくのは、ジャーナリストの池上彰さん。編集長の吉岡綾乃と、ビジネスパーソンはどのように情報収集すべきかについて話し合いました。(2013/9/2)

総RT数1位は三宅氏、特番ピークは池上さんと公明党──Yahoo!リアルタイム検索から見る参院選
Yahoo!リアルタイム検索から見える、ソーシャルメディア上の参院選は。(2013/7/22)

創立90周年と創刊45周年:
BookLive!で「文藝春秋フェア」と「週刊少年ジャンプ」キャンペーン開催
BookLiveが、文藝春秋創立90周年を記念した「創立90周年 文藝春秋フェア」、集英社『週刊少年ジャンプ』創刊45周年を記念したキャンペーンを実施する。(2013/7/12)

1位は『うさぎドロップ』:
約5000冊のブックパス「読み放題作品」から2013年上半期ランキングが決定
KDDIが運営する電子書店「ブックパス」で提供している「読み放題作品」の2013年上半期ランキングが決定。約5000冊の中でもっとも読まれた作品は、アラカルト販売でも人気のコミック『うさぎドロップ』だ。(2013/7/12)

『はたらく魔王さま!』と『進撃の巨人』が首位:
2013年上半期BookLive!電子書籍ランキング発表
BookLiveが「2013年上半期BookLive!電子書籍ランキング」を発表。書籍は『はたらく魔王さま!』(和ヶ原聡司/アスキー・メディアワークス)が、マンガでは『進撃の巨人』(諫山創/講談社)がトップとなった。(2013/7/8)

「ネット選挙解禁」で選挙はどう変わる?
今夏の参院選から解禁される「ネット選挙」。具体的にどのようなものなのか、書籍『人は誰でも候補者になれる!』から紹介します。(2013/6/3)

BookLive!、初のタイムセールを開催
BookLive!が対象作品を1冊100円で販売する初のタイムセールを開催する。(2013/5/20)

池上彰さん、パトリック・ハーランさんが登場 情報発信の極意を語る
東京工業大学リベラルアーツセンターで教べんをとっている池上彰さんとパトリック・ハーランさんが「情報発信のテクニックとは」というテーマで対談。その模様をライブ配信する。学生とのディスカッションも。配信は4月15日17時30分〜。(2013/4/12)

「江南スタイル」のパロディ「東工大スタイル」登場 池上彰さんもチラッと出演
「江南スタイル」ブームはまだ続く……?(2013/2/12)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。