ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「選挙」最新記事一覧

ポケモン公式が山の日に「やまおとこ総選挙」を開始 男主人公との仲が進展してしまった伝説のやまおとこ“ナツミ”が圧倒的強さを見せる
どういう企画だ。(2017/8/11)

すっぴん総選挙1位かな? 横山由依&北原里英、“完全素顔”で沖縄リベンジを果たす
総選挙のときは大変だったね……。(2017/8/8)

今は五輪に尽力していると認識:
小池都知事は手ごわい相手=安倍首相
安倍首相は内閣改造後に支持率が低迷した場合でも解散総選挙は現時点で全く考えておらず、まず改造内閣で結果を出してからとの考えを示した。(2017/8/4)

ロシアのプーチン大統領、VPN禁止とチャットサービスの携帯番号連係義務付け法案に署名
2018年3月にロシア大統領選を控え、プーチン大統領が国民の海外情報へのアクセスを規制し、匿名化を阻止する2つの法案に署名した。(2017/7/31)

トランプ米大統領、プーチン露大統領と合同サイバーセキュリティグループ結成で合意
ドナルド・トランプ米大統領は、7日のウラジーミル・プーチン露大統領との初会談で、選挙介入などに対処するための米露合同サイバーセキュリティ対策グループを結成することで合意したとツイートした。(2017/7/10)

AKB沖縄総選挙に「国費2800万円」 河野太郎議員がブログで問題視「戦略、目的などを詳しくチェックする」
「一発勝負でAKBの総選挙をやって、8000人を呼び込んで、それが次にどうつながるか、はっきりした見通しもない」など厳しく批判しました。(2017/7/8)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東急の“時差Biz特急” 多摩田園都市通過の本気度
東急電鉄が田園都市線の早朝に特急を新設・増発する。その名も「時差Bizライナー」。小池都知事が提唱する“時差Biz”に対応した列車だ。都議会選挙期間中の発表はあざといけれど、ダイヤを見ると神奈川県民向けサービスになっている点が面白い。(2017/6/30)

最大のセキュリティリスクはやはり「人間」?
ロシアが米大統領選で地方職員にサイバー攻撃、“人の脆弱性”を悪用か
米大統領選中に発生した地方自治体職員へのサイバー攻撃は、新たな流出文書でロシアの関与が明らかになった。投票改ざんの有無は不明だが、攻撃者は地方特有の“隙”を狙ったのではないか、という見方がある。(2017/6/21)

「AKBのために関わっていけたらいいな」 小嶋陽菜、初のLINE LIVEでAKB総選挙や後輩について語る
AKB48への変わらぬ気持ちも語りました。(2017/6/20)

「AKB48を見捨てないでください」指原莉乃、AKB48選抜総選挙で史上初の3連覇 渡辺麻友は年内での卒業発表
速報1位の荻野由佳さんは5位に。(2017/6/17)

AKB選抜総選挙開票イベントが荒天のため中止に まゆゆ「どうしてこの時期にやろうとしたんだろう」
運営を批判された指原さん「残念ながら、ずーーーーっとそうなの! でもメンバーの安全を考え、中止にしたのは英断」。(2017/6/16)

支配人のTwitterは炎上:
第9回AKB48選抜総選挙、中止 沖縄で雷雨の予報
AKB48が、AKB48 49thシングル選抜総選挙」「AKB48グループコンサート」を中止すると公式サイト上で発表。開催地の沖縄県で激しい雷雨が予想されるため。(2017/6/16)

誘致合戦も活発に?:
AKB48選抜総選挙、沖縄開催の“本当”の理由
今週末に沖縄で「AKB48選抜総選挙」が開催される。同イベントは毎年大きな経済効果を生み出していて、今や地方の企業や自治体にとっても喉から手が出るほどのものになった。これまでは姉妹グループがある都市で開かれていたが、現状その条件に該当しない沖縄は“異例”。その舞台裏に迫った。(2017/6/14)

浅川梨奈が「スパガ」渡邉幸愛を引き連れ「週プレ」ジャック! AKB総選挙で話題の荻野由佳もベールを脱ぐ
スパガ結成7周年!(2017/6/12)

分かりにくい! AKB48選抜総選挙サイトのビックリマン風イースターエッグが一生見つからないレベル
気付く人いないのでは?(2017/6/8)

【デレマス】「シンデレラガール総選挙」を数学的に分析して各アイドルの得票数を推定してみた
Pの本気をなめてはいけない。(2017/6/4)

「AKB48総選挙」で重複投票? 管理会社は疑惑を否定、ファンによる検証動画も
投票されているように見えるだけ?(2017/6/1)

インタビュー:
小池都知事「都議選で改革加速に必要な議席欲しい」
小池都知事は、7月の都議会議員選では加速度的に改革を進めるために必要な議席数が欲しいと述べ、都民ファーストの会公認、推薦、選挙協力を行う候補を合わせ、過半数を獲得することに強い意欲を示した。(2017/5/30)

「RT」など政府系メディア:
マクロン氏、「スプートニク」など露メディア名指し非難 「偽ニュース拡散」
フランスのマクロン大統領はロシアの政府系メディア2社を名指しし、大統領選期間中に自身をめぐる偽ニュースを流し選挙に影響を及ぼそうとしたとして非難した。(2017/5/30)

「魔女狩りだ」:
トランプ大統領、FBIへの圧力やロシアとの共謀を全否定
トランプ米大統領は、大統領選キャンペーン中にロシアと共謀したとの疑惑やコミー前FBI長官に圧力をかけたとの報道について、全面的に否定。(2017/5/19)

トランプ政権、ロシアの大統領選介入捜査を推進するFBIのコミー長官を解任
米連邦政府が、ドナルド・トランプ大統領がFBIのジェームズ・コミー長官に解任を言い渡したと発表した。(2017/5/10)

少数与党:
韓国大統領に文在寅氏、北朝鮮問題など課題山積
韓国大統領選で、最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)候補(64)が当選した。(2017/5/10)

キャンペーン開始:
Facebook、「偽記事見分ける方法」掲載 英総選挙控え
Facebookは、英国の総選挙を前に、フェイクニュース(偽記事)の危険を読者に警告する広告キャンペーンを開始した。(2017/5/9)

仏史上最年少:
仏大統領選、親EUマクロン氏が勝利
仏大統領選は、超党派の市民運動「前進」を率いる親EUの中道系候補マクロン前経済相(39)が極右政党・国民戦線のルペン党首を破り勝利した。(2017/5/8)

Facebook、虚偽ニュース対策白書公開 「米大統領選への影響は小さかったけど」
米大統領選中にサービス上で拡散された虚偽ニュースの責任を問われているFacebookが、この問題についての13ページにわたる白書を公開した。特定団体による意図的な情報操作の手管とその対処について説明している。(2017/4/28)

マクロン氏勝利の予想:
仏大統領選、マクロン氏とルペン氏が決選投票へ
23日に実施されたフランス大統領選の第1回投票で中道系独立候補のエマニュエル・マクロン前経済相と極右政党・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン党首が5月7日の決選投票に進む見通しとなった。(2017/4/24)

虚偽ニュース対策で:
Facebook、スパムアカウント摘出システム強化で3万アカウントをパージ
米大統領選での虚偽ニュース拡散批判後、対策に取り組むFacebookが、アカウントの行動パターンから虚偽アカウントを検出できるようにしたと発表。大統領選を控えるフランスで3万件以上の虚偽アカウントに対処した。(2017/4/17)

「けもフレ」つよーい! ニコニコ「アニメ総選挙」、2017年冬春の“一番面白かったアニメ”を発表
半分近くがフレンズなんだね!(2017/4/5)

韓国・朴槿恵大統領の罷免が決定 韓国史上初
新大統領選は60日以内に行われる見通し。(2017/3/10)

あなたの黒き一票を! 松崎しげる、「クロレッツ総選挙」で黒すぎる党首になる
松崎さんにしか目が行かないぞ!(2017/3/6)

やっぱりアイクとリンは強かった……! ファイアーエムブレム「英雄総選挙」の最終結果が発表 2位までが特別衣装に
総投票数が120万票以上と熱い総選挙結果となりました。(2017/2/9)

FacebookとGoogle、仏大統領選に向けて虚偽ニュース対策を立ち上げ
米大統領選の結果に影響を与えたと非難されているFacebookとGoogleが、フランス大統領選に向けてフランスでの虚偽ニュース対策を立ち上げた。GoogleとFirst Draft Newsによる「CrossCheck」にはFacebookも協力する。(2017/2/7)

客数も13カ月連続でプラス:
マクドナルド、1月売上高12.3%増 「総選挙」で好調
日本マクドナルドホールディングスは、1月の既存店売上高を発表した。(2017/2/6)

マック総選挙を勝ち抜いたダブルチーズ、てりやきの「公約実現メニュー」登場! 値段そのままでボリュームアップ
2月7日までの期間限定販売。(2017/2/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
選挙ハッキングをしているのは「秘密結社」か
米国の大統領選で「ロシア政府がからんでいた」といった指摘があるが、イタリアでも大規模なサイバー攻撃が発覚している。2017年1月に容疑者が逮捕されたが、その背景に“秘密結社”の存在がちらついている。どういうことかというと……。(2017/2/2)

公約通り“トリチ”発売:
マクドナルド総選挙、1位は「ダブルチーズバーガー」
「第1回マクドナルド総選挙」の1位は「ダブルチーズバーガー」だった。(2017/2/1)

ファイアーエムブレム「英雄総選挙」の中間結果が発表 男性編1位はアイク、女性編1位にリン 2作品ランクインするキャラも
まさかの「烈火の剣」のあの人もランクイン……!(2017/1/28)

ITはみ出しコラム:
批判から一転? トランプ大統領を祝福するAmazonのしたたかさ
選挙中はお互い批判し合っていたわけですが……。(2017/1/22)

ドワンゴが「ネットユーザーが本気で選んだ声優総選挙」発表 2位石田彰、3位沢城みゆき、1位はやっぱりあの人!
テレビ朝日の「人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!」と見比べても面白そうです。(2017/1/12)

ザッカーバーグ夫妻の財団、オバマ氏の元選挙参謀をUberから引き抜き
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが妻のプリシラ・チャン氏とともに運営する慈善団体Chan Zuckerberg Initiativeが、バラク・オバマ大統領の選挙参謀として名を馳せ、UberのCEO顧問を務めていたデビッド・プラフ氏をポリシー&アドボカシー担当プレジデントとして引き抜いた。(2017/1/11)

乃木坂46・生駒里奈、「声優総選挙」での発言を土下座写真とともに謝罪「本当に申し訳ありません」
土下座写真は3枚も。(2017/1/10)

ニューヨーク州、公立大学を無償化する方針を発表 実現すれば米国初の取り組みに
サンダース議員が大統領選で掲げた公約が実現か。(2017/1/5)

米連邦政府、ロシアが大統領選に介入したとして情報員追放などの制裁発表
米連邦政府のバラク・オバマ大統領が、ロシア政府が先の米大統領選にサイバー攻撃などで介入したとして制裁措置を発表した。情報員の国外退去や関連施設の閉鎖、ロシア情報機関の技術情報の開示などを実施する。(2016/12/30)

マクドナルド史上初! 投票で人気バーガーを決める「マクドナルド総選挙」開催へ
1位になるといったい何が……?(2016/12/26)

Facebookとマーク・ザッカーバーグCEOの2016年を振り返る
人工知能(AI)の採用や米大統領選への影響などで何かと注目を集めた今年のFacebookを、海外速報部が振り返ります。(2016/12/26)

テレ朝、1月9日に3時間の声優特番 200人の声優が“すごい声優”を選ぶ「声優総選挙」
期待する声が多い一方で、「大御所が選ばれて声優ファンを怒らせるだけ」との指摘も。(2016/12/21)

民進党「ゆるキャラ」最終4候補を発表 Webサイトで“ゆるキャラ総選挙”スタート
民進党が、党公認ゆるキャラの最終候補4案を発表。2017年1月20日まで同党Webサイトで投票を受け付ける。(2016/12/21)

IT大手の幹部らがトランプ氏と会談 関係修復なるか
選挙期間中、ヒラリー支持を打ち出していた企業トップに、「根に持つタイプ」のトランプ氏はどのような姿勢で臨むのか。(2016/12/15)

TwitterのドーシーCEOがトランプ氏懇談会に招待されなかった理由は?
米次期大統領のドナルド・トランプ氏が14日に開催したIT大手のトップとの懇談会にTwitterのジャック・ドーシーCEOが招かれなかったのは、Twitterがトランプ氏の選挙キャンペーンチームとの契約で要求されたヒラリー・クリントン氏を攻撃する絵文字の掲載を拒否したからだとPOLITICOが報じた。(2016/12/15)

マネーの達人:
これから起こる「トランプリスク」とは
ドナルド・トランプ氏が米国の第45代大統領に決まりました。選挙期間中の発言をもとに、トランプ氏が大統領に就任した際のリスクを考えてみましょう。(2016/12/12)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。