ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「選挙」最新記事一覧

韓国・朴槿恵大統領の罷免が決定 韓国史上初
新大統領選は60日以内に行われる見通し。(2017/3/10)

あなたの黒き一票を! 松崎しげる、「クロレッツ総選挙」で黒すぎる党首になる
松崎さんにしか目が行かないぞ!(2017/3/6)

やっぱりアイクとリンは強かった……! ファイアーエムブレム「英雄総選挙」の最終結果が発表 2位までが特別衣装に
総投票数が120万票以上と熱い総選挙結果となりました。(2017/2/9)

FacebookとGoogle、仏大統領選に向けて虚偽ニュース対策を立ち上げ
米大統領選の結果に影響を与えたと非難されているFacebookとGoogleが、フランス大統領選に向けてフランスでの虚偽ニュース対策を立ち上げた。GoogleとFirst Draft Newsによる「CrossCheck」にはFacebookも協力する。(2017/2/7)

客数も13カ月連続でプラス:
マクドナルド、1月売上高12.3%増 「総選挙」で好調
日本マクドナルドホールディングスは、1月の既存店売上高を発表した。(2017/2/6)

マック総選挙を勝ち抜いたダブルチーズ、てりやきの「公約実現メニュー」登場! 値段そのままでボリュームアップ
2月7日までの期間限定販売。(2017/2/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
選挙ハッキングをしているのは「秘密結社」か
米国の大統領選で「ロシア政府がからんでいた」といった指摘があるが、イタリアでも大規模なサイバー攻撃が発覚している。2017年1月に容疑者が逮捕されたが、その背景に“秘密結社”の存在がちらついている。どういうことかというと……。(2017/2/2)

公約通り“トリチ”発売:
マクドナルド総選挙、1位は「ダブルチーズバーガー」
「第1回マクドナルド総選挙」の1位は「ダブルチーズバーガー」だった。(2017/2/1)

ファイアーエムブレム「英雄総選挙」の中間結果が発表 男性編1位はアイク、女性編1位にリン 2作品ランクインするキャラも
まさかの「烈火の剣」のあの人もランクイン……!(2017/1/28)

ITはみ出しコラム:
批判から一転? トランプ大統領を祝福するAmazonのしたたかさ
選挙中はお互い批判し合っていたわけですが……。(2017/1/22)

ドワンゴが「ネットユーザーが本気で選んだ声優総選挙」発表 2位石田彰、3位沢城みゆき、1位はやっぱりあの人!
テレビ朝日の「人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!」と見比べても面白そうです。(2017/1/12)

ザッカーバーグ夫妻の財団、オバマ氏の元選挙参謀をUberから引き抜き
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが妻のプリシラ・チャン氏とともに運営する慈善団体Chan Zuckerberg Initiativeが、バラク・オバマ大統領の選挙参謀として名を馳せ、UberのCEO顧問を務めていたデビッド・プラフ氏をポリシー&アドボカシー担当プレジデントとして引き抜いた。(2017/1/11)

乃木坂46・生駒里奈、「声優総選挙」での発言を土下座写真とともに謝罪「本当に申し訳ありません」
土下座写真は3枚も。(2017/1/10)

ニューヨーク州、公立大学を無償化する方針を発表 実現すれば米国初の取り組みに
サンダース議員が大統領選で掲げた公約が実現か。(2017/1/5)

米連邦政府、ロシアが大統領選に介入したとして情報員追放などの制裁発表
米連邦政府のバラク・オバマ大統領が、ロシア政府が先の米大統領選にサイバー攻撃などで介入したとして制裁措置を発表した。情報員の国外退去や関連施設の閉鎖、ロシア情報機関の技術情報の開示などを実施する。(2016/12/30)

マクドナルド史上初! 投票で人気バーガーを決める「マクドナルド総選挙」開催へ
1位になるといったい何が……?(2016/12/26)

「gumiショック」の影響か:
株式市場の新規上場、7年ぶりに減少へ
2016年は、国内で新規上場する企業数が7年ぶりに減少した。イギリスのEU離脱や、米大統領選でのトランプ氏の逆転当選などによる相場の混乱、「gumiショック」による上場審査の厳格化の影響が考えられている。(2016/12/26)

Facebookとマーク・ザッカーバーグCEOの2016年を振り返る
人工知能(AI)の採用や米大統領選への影響などで何かと注目を集めた今年のFacebookを、海外速報部が振り返ります。(2016/12/26)

テレ朝、1月9日に3時間の声優特番 200人の声優が“すごい声優”を選ぶ「声優総選挙」
期待する声が多い一方で、「大御所が選ばれて声優ファンを怒らせるだけ」との指摘も。(2016/12/21)

民進党「ゆるキャラ」最終4候補を発表 Webサイトで“ゆるキャラ総選挙”スタート
民進党が、党公認ゆるキャラの最終候補4案を発表。2017年1月20日まで同党Webサイトで投票を受け付ける。(2016/12/21)

一人歩きする偽ニュース “米国版2ちゃんねる”「4chan」やSNSで拡散 翻弄される米国政治
米大統領選では、ヒラリー陣営に不利な偽ニュースが広がった。発信・拡散したのは、Twitterや4chan、保守系ニュースサイトだ。(2016/12/19)

IT大手の幹部らがトランプ氏と会談 関係修復なるか
選挙期間中、ヒラリー支持を打ち出していた企業トップに、「根に持つタイプ」のトランプ氏はどのような姿勢で臨むのか。(2016/12/15)

TwitterのドーシーCEOがトランプ氏懇談会に招待されなかった理由は?
米次期大統領のドナルド・トランプ氏が14日に開催したIT大手のトップとの懇談会にTwitterのジャック・ドーシーCEOが招かれなかったのは、Twitterがトランプ氏の選挙キャンペーンチームとの契約で要求されたヒラリー・クリントン氏を攻撃する絵文字の掲載を拒否したからだとPOLITICOが報じた。(2016/12/15)

マネーの達人:
これから起こる「トランプリスク」とは
ドナルド・トランプ氏が米国の第45代大統領に決まりました。選挙期間中の発言をもとに、トランプ氏が大統領に就任した際のリスクを考えてみましょう。(2016/12/12)

選挙予測に新しい手法の必要性
トランプ氏当選で露呈、“電話による世論調査はオワコン”か?
2016年米大統領選挙の予想外の結果は、携帯電話しか持たない世帯が主流になった時代における世論調査の在り方に多くの疑問を投げ掛けた。(2016/12/8)

原因分析で見えてきたこと
まさかの「トランプ氏当選」で面目丸つぶれのデータサイエンティスト、米大統領選の予想はなぜ外れた?
米大統領選挙では、ほぼ全ての予測モデリングアルゴリズムが勝者予想を外した。その原因にデータサイエンティストが注意を払わなければ、今後あらゆる予測分析プロジェクトを迷走させてしまう恐れがある。(2016/11/30)

Over the AI ――AIの向こう側に(5):
沈黙する人工知能 〜なぜAIは米大統領選の予測に使われなかったのか
世界中が固唾をのんで、その行方を見守った、2016年11月8日の米国大統領選挙。私は、大統領選の予測こそ、人工知能(AI)を使い倒し、その性能をアピールする絶好の機会だとみていたのですが、果たしてAIを手掛けるメーカーや研究所は沈黙を決め込んだままでした。なぜか――。クリントンvsトランプの大統領選の投票を1兆回、シミュレーションしてみた結果、その答えが見えてきました。(2016/11/29)

米大統領選挙の投票結果は不正操作? 専門家が再集計を提案
攻撃者が激戦州の投票マシンにマルウェアを感染させ、自分たちが当選させたい候補の票を水増しさせた可能性が指摘されている。(2016/11/24)

2016米大統領選を検証
「トランプ大統領誕生」をデータ分析の専門家はなぜ予測できなかったのか
米大統領選でのドナルド・トランプ氏の予想外の勝利を受け、メディアや世論調査会社はデータ分析に失敗した原因の検証を進めている。(2016/11/24)

ITはみ出しコラム:
ストレスを測れるウェアラブル機器が明らかにした「トランプショック」
呼吸をチェックして、集中力やストレス状態を把握できるウェアラブル機器「Spire」。米大統領選挙の開票中における3000人のストレス状態を調べてみたところ……。(2016/11/20)

Googleも米大統領選で誤報を拡散 アルゴリズムが原因
トランプ氏が「得票数でも勝利した」という誤報はなぜ起きたのか。(2016/11/16)

モノづくり最前線レポート:
トランプ政権誕生で製造業が考えるべきポイントは「米国生産」
2016年11月8日の米国大統領選挙の結果により、ドナルド・トランプ氏が次期米国大統領となることが決まった。過激な発言を繰り返してきたトランプ氏だが、製造業への影響には何があるだろうか。最大の焦点は「米国での生産」をどう考えるかに左右される。(2016/11/16)

Facebookの一部従業員が「虚偽のニュース」対策の秘密タスクフォース結成のうわさ
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは米大統領選の結果へのFacebook上の虚偽のニュースの影響についての批判を「クレイジーだ」と否定したが、「クレイジーなのはそれを否定する方だ」として一部の従業員が秘密の対策チームを結成したという。(2016/11/15)

先行きは不透明:
米大統領選でトランプ氏が勝利、技術市場は混沌へ
Donald J. Trump(ドナルド・トランプ)氏が米大統領選で勝利を収めた今、米国シリコンバレーから見た今後の展望は、不確実としか言いようがないようだ。(2016/11/15)

約3カ月半ぶりの円安ドル高水準:
次期大統領の「保護主義」でどうなるニッポン
8日の米大統領選で勝利したドナルド・トランプ氏が掲げるのは、自国産業への過激な「保護主義」だ。金融市場では、トランプ氏の政策手腕への期待から円安株高が進むなど予想外の事態も起き始めており、先行きを断言するのは難しい状況だ。(2016/11/14)

ザッカーバーグCEO、Facebookと大統領選について語る──「“真実”を見極めるのは困難だ」
共産党のドナルド・トランプ氏が次期大統領に決まった今回の選挙に与えたFacebookの影響について、マーク・ザッカーバーグCEOが自身の考えを語った(全文訳)。(2016/11/14)

週刊「調査のチカラ」:
2016米大統領選を振り返る「ドナルド・トランプ」関連調査まとめ
世界が注目した米国の大統領選挙。投票結果分析が連日メディアを賑わす中、少し違う角度から見た「ドナルド・トランプ関連調査」をまとめてみました。(2016/11/12)

ヒラリー勝利と予想していたアニメ「サウスパーク」 大統領選翌日放送のエピソードを急きょ作り変える超対応
通常の制作期間は1週間程度。(2016/11/11)

ザッカーバーグCEO、「大統領選の結果はFacebookのせい」に反論
米大統領選の結果が大方の予想を裏切り、ドナルド・トランプ氏が当選したことの一因は、Facebook上の虚偽の情報のせいだとする一部の批判に対し、マーク・ザッカーバーグCEOが反論した。(2016/11/11)

ピーター・ティール氏、トランプ氏の政権移行チームに参加とのうわさ
米大統領選で、シリコンバレーの著名人としてはほぼ唯一トランプ氏支持を表明してきた億万長者のピーター・ティール氏が、次期大統領の政権移行チームに参加すると報じられた。(2016/11/11)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
“トランプショック”で大リーグが氷河期を迎える危険性
ドナルド・トランプが大統領選を制したことで、思わぬところにも影響が及ぶかもしれない。米メジャーリーグ(MLB)だ。どういうことかというと……。(2016/11/11)

「共に歩むしかない」:
Apple、Microsoft、Facebook、TwitterのCEO、それぞれの“トランプ当選後”コメント
ドナルド・トランプ氏が米次期大統領に決定したことを受け、IT大手のCEOらがそれぞれ関連するコメントをさまざまな形で出した。トランプ氏は選挙運動中、Apple製品のボイコットを呼び掛けるなど、IT業界に批判的な姿勢を見せていた。(2016/11/11)

「私たちの大統領じゃない」ツイート多数 トランプ氏の大統領選勝利を受け全米で抗議デモ
Twitterでは#NotMyPresidentのハッシュタグが50万回近く使われている。(2016/11/10)

マリファナの副流煙でハイになりながらヒューマンガスに取材 ニコ生の米国大統領選開票実況がカオス
キャラが濃すぎる。(2016/11/10)

トランプ次期米大統領にロシアのプーチン大統領が祝電
ドナルド・トランプ次期米大統領が選挙中の討論会で「クリントン氏よりあらゆる面で優れている」と評価したロシアのウラジーミル・プーチン大統領が、トランプ氏に祝電を送った。(2016/11/10)

日本のあり方が問われる 米大統領にトランプ
米国大統領選挙で共和党のドナルド・トランプ候補が大方の予想を裏切って勝利を飾った。の意外な勝利は……。(2016/11/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
驚異の的中率! 「次の大統領」を当て続けてきた大学教授がいた
米国の大統領選が終わった。多くの米メディアは「クリントン有利」を伝えていたが、トランプの勝利を予測していた大学教授がいる。「そんなのたまたまでしょ」と思われたかもしれないが、過去の大統領選でも当ててきたのだ。その教授はどんな手法を使って……。(2016/11/10)

トランプ氏勝利で日本の通商戦略は崖っぷち TPP漂流視野
TPP離脱を宣言したトランプ氏が米大統領選に勝利し、日本の通商戦略は崖っぷちに追い込まれた。(2016/11/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
夫の不貞に耐えたのに、ヒラリーの悲しき末路
2016年の米大統領選が終わった。1年半にわたって繰り広げられた大統領選は、大方の予想に反して、不動産王のドナルド・トランプが大統領に選ばれた。トンデモ大統領が誕生するわけだが、ひとつ気になることがある。それは敗北したヒラリー・クリントンと夫であるビル・クリントン元大統領との関係だ。(2016/11/10)

アンチ・トランプ氏公開書簡に署名したIT著名人の大統領選後のツイート集
7月にドナルド・トランプ氏の大統領選立候補に反対する公開書簡に署名したIT著名人らが、トランプ氏当選決定後にどんなツイートをしたかチェックしてみた。(2016/11/9)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。