ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「情報処理」最新記事一覧

製造業IoT:
IoTの課題は「接続相手の信頼性が不明」なこと――IPA/SECが調査
情報処理推進機構 技術本部 ソフトウェア高信頼化センター(IPA/SEC)は、IoT(モノのインターネット)の課題を企業がどう捉えているかについての調査結果を明らかにした。(2016/9/16)

“経営者視点”のガイドラインだからこそ:
PR:「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」は現場が経営者を“口説き落とす”ためのツールになる
経済産業省と情報処理推進機構(IPA)は2015年12月、「サイバーセキュリティ経営ガイドライン Ver. 1.0」を公表した。企業などのセキュリティ担当者、IT担当者は、これをどう生かすべきなのだろうか? NEC サイバーセキュリティ戦略本部 セキュリティ技術センターの吉府研治氏にそのポイントを聞いた。(2016/9/12)

PC版LINE、自動アップデートで不正なファイルを実行される脆弱性 自動アップデートではなく再インストールを
IPA(独立行政法人情報処理推進機構)セキュリティセンターおよび JPCERT/CC(一般社団法人 JPCERTコーディネーションセンター)は8月25日、PC版LINEにダウンロードファイル検証不備の脆弱性が存在することを発表した。(2016/8/25)

情報セキュリティ対策の普及を後押しするには「事例」が鍵
なぜ中小企業の経営者は、情報セキュリティ対策を後回しにしてしまうのか?
情報処理推進機構(IPA)が実施した中小企業の情報セキュリティ実態調査から、小規模企業ほど対策が不十分である状況が見えてきた。これに対し、IPAはどのような支援策を提供しているのだろうか。(2016/4/28)

IPA、沖縄除く九州での情報処理技術者試験を中止に 熊本の地震を受け
九州地方(沖縄県除く)で「平成28年度春期 情報処理技術者試験」を中止に。(2016/4/16)

IPA、熊本県での情報処理技術者試験を中止
地震の影響を踏まえ、17日に予定していた「平成28年度春期 情報処理技術者試験」の熊本県での実施を中止する。(2016/4/15)

IPA:
業種業界を問わず参照できるIoT向け開発方針を公表
IPA(情報処理推進機構)は、IoT製品の安全性やセキュリティ確保を狙いとした「つながる世界の開発方針」とも呼べる指針を公表した。(2016/4/8)

「つながる世界の開発方針」IPAが公開、IoT推進コンソーシアムに採用働きかける
IPA(情報処理推進機構)が、IoT製品の安全性やセキュリティ確保を狙いとした「つながる世界の開発方針」ともよべる開発指針を公表した。「IoT推進コンソーシアム」に対して採用を働きかける。(2016/3/24)

企業内部からの情報漏えい、6割が“うっかり” データ持ち出しは「USBメモリ」が最多
企業内部からの情報漏えいの約6割が、故意ではなく「うっかり」――内部不正による情報セキュリティインシデントの実態調査結果を情報処理推進機構(IPA)が発表した。(2016/3/4)

製造ITニュース:
「コグニティブ」で国内が産学連携、「2019年度までに何らかの成果」
情報・システム研究機構 国立情報学研究所は、新たな研究部門「コグニティブ・イノベーションセンター」を設立した。人工知能にとどまらない幅広い要素技術を融合した知的情報処理によって技術革新を起こすことを目指す。日本IBMが研究を支援する他、一般企業も参画して2019年度までに何らかの成果を上げる。(2016/2/16)

ランサムウェアが「ランク外」から「第3位」に:
「情報セキュリティ10大脅威 2016」、IPAが発表
情報処理通信機構(IPA)は2016年2月15日、「情報セキュリティ10大脅威 2016」を発表した。オンラインバンキング攻撃や標的型攻撃、ランサムウェアなど、2015年に発生した大きな事件に関わるものが上位に順位付けされた。(2016/2/15)

”国の重要産業をサイバー攻撃から守る”:
IPAの「サイバー情報共有イニシアティブ」に自動車関連業界が参加
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、サイバー攻撃に対する情報共有の枠組み「サイバー情報共有イニシアティブ」に、自動車業界SIGが正式に参加、運用を開始したと発表した。(2016/1/28)

R25スマホ情報局:
10代「悪意の投稿経験」4割に理解の声
情報処理推進機構が行った調査で、10代の4割以上がスマホでSNSなどに悪意のある投稿をしたことがあると回答。この結果に対して、ツイッター上では一定の理解を示すユーザーが多いようです。(2016/1/5)

Meet Recruit:
情報処理力から情報編集力へ 「東京都で義務教育初の民間校長」を務めた藤原和博が語る、教育環境のパラダイムシフト
18年間勤務したリクルートを退社し、義務教育初となる民間人の中学校校長になった経歴を持つ藤原和博氏。現在は教育改革実践家として、自らが提唱する正解がない答えに向き合うための教育を軸とした「よのなか科」を、講義、著書、『受験サプリ』などで発信。リアルな教育現場を知る藤原さんに、日本の教育環境の変化や今後求められる教育の在り方について伺った。(2015/12/25)

IPAが注意喚起、1月12日までに:
IEのサポートポリシー変更を前に、最新版への更新と既存システムの動作確認を
情報処理推進機構(IPA)は2015年12月15日、Internet Explorer(IE)のサポートポリシー変更を前に、Windows Updateを利用してIEを最新バージョンにアップデートしておくよう呼び掛けた。(2015/12/16)

特集:セキュリティリポート裏話(2):
過去10年の「10大脅威」、決して変わらないセキュリティ対策とは
情報処理推進機構(IPA)が約10年にわたってまとめ、公表してきた「10大脅威」を参考に、セキュリティ脅威を取り巻く状況において何が変わり、何が変わらないのかを確認してみた。(2015/12/9)

車載半導体:
ルネサスの第3世代「R-Car」が半自動運転を可能にする
ルネサス エレクトロニクスは、車載情報機器向けSoCの第3世代「R-Car H3」のサンプル出荷を開始した。半自動運転に相当するレベル3の自動運転システム向けに、HMIの描画性能と情報処理性能を進化させた。(2015/12/3)

5分でわかる最新キーワード解説:
「粘菌型コンピュータ」って何だ?
粘菌の生態を情報処理に応用する研究が、ナノ世界の「見えない光(近接場光)」研究と合体することで、自律的に環境に適合するハードウェアの実現までも見えてきた。(2015/10/22)

ユーザー企業の現場担当者向けに:
IPAが新たな資格試験開始、セキュリティの世界における「火元責任者」育成を
情報処理推進機構(IPA)は2015年10月16日、国家試験「情報処理技術者試験」の新たな試験区分として、ユーザー企業の現場担当者のセキュリティ知識向上を目指した「情報セキュリティマネジメント試験」を創設することを発表した。(2015/10/16)

情報処理学会、「コンピュータ将棋プロジェクト」終了宣言 「事実上目的を達成した」
情報処理学会は、トップのプロ棋士に勝つコンピュータソフトの開発を進める「コンピュータ将棋プロジェクト」を終了すると宣言した。(2015/10/13)

情報処理学会「コンピュータ将棋プロジェクト」の終了を宣言 「目的を達成した」
トッププロ棋士への勝利を目指した「コンピュータ将棋プロジェクト」が、「事実上目的を達成した」として終了を宣言した。(2015/10/11)

日本TI InfoADASソフトウェア開発キット:
IVIと運転支援情報処理機能を統合するInfoADASソフトウェア開発キット
日本テキサス・インスツルメンツは、高度情報先進運転支援システム(InfoADAS)ソフトウェア開発キット(SDK)を発表した。インフォテインメントシステムの性能を低下させずに、運転支援情報処理機能を統合できる。(2015/6/18)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
IoT標準化にみるビッグデータ連携と階層型のセキュリティとは?
2015年1月に日本情報処理学会がビッグデータとIoT(モノのインターネット)の標準化活動を開始した。一方、米国ではどのような動きが進んでいるのだろうか。(2015/6/10)

スマートフォンでのワンクリック請求の新たな手口 情報処理推進機構が注意呼びかけ
「請求画面の表示と同時に写真を撮られてしまったようだ」という相談が増加したため。(2015/4/9)

ビジネスニュース 企業動向:
自動車や次世代医療分野で新ビジネス創出へ、富士通研が応用研究に注力
富士通研究所は、研究開発戦略説明会を開催した。「ハイパーコネクテッドクラウド」を支えるコア技術の開発を加速するため、新たに「システム技術研究所」や「知識情報処理研究所」、「応用研究センター」を設置した。(2015/4/3)

人工知能を活用:
インテージテクノスフィア、人工知能情報処理技術を活かしたデータ解析サービスを3月より提供開始
市場調査/マーケティングリサーチ業を営むインテージグループであるインテージテクノスフィアは1月27日、クロスコンパスと業務提携し、今年3月より人工知能情報処理技術を活用した企業向けのサービスを提供することを発表した。(2015/1/27)

情報処理学会、IT実務者向け論文誌「デジタルプラクティス」をNewsstandで無料配信
情報処理学会は、IT実務者向け論文誌「デジタルプラクティス」をiOSのNewsstand向けに配信する。(2014/10/24)

IT用語解説系マンガ:食べ超(58):
情報処理技術者試験に処理されよう!
「試験に合格すれば一発で一人前」という言葉を信じるお客さま専用のベルトコンベアーでございます。(2014/10/1)

深刻さを認識し、対策に踏み出すための情報を提供:
標的型攻撃の連鎖を絶つ――IPAが「サイバーレスキュー隊」発足
情報処理推進機構(IPA)は2014年7月16日付で、標的型攻撃を受けた組織や企業の被害把握や対応を支援するサイバーレスキュー隊、「J-CRAT」を発足させた。(2014/7/17)

IPAがガイドラインを示し、対策の見直し呼び掛け:
内部関係者による情報漏えいを繰り返さないためにできること
ベネッセコーポレーションでの顧客情報漏えい事件を受け、情報処理推進機構(IPA)は2014年7月10日、内部関係者の不正による情報漏えいを防止するため、あらためてセキュリティ対策を見直すよう呼び掛けた。(2014/7/11)

応募用紙を解析しないと応募できないクラスも:
「セキュリティ・キャンプ全国大会2014」、参加者募集を開始
情報処理推進機構(IPA)は2014年5月16日、22歳以下の学生・生徒を対象とする「セキュリティ・キャンプ全国大会2014」の参加者募集を開始した。応募締め切りは2014年6月16日17時だ。(2014/5/19)

リモートからの情報窃取やファイル操作の恐れ:
Apache Struts 2の早急なアップデートを、攻撃コード公開を踏まえIPAが呼び掛け
情報処理推進機構セキュリティセンターは、「Apache Struts 2」に存在する脆弱性を狙う攻撃コードが公開されていることを踏まえ、脆弱性を修正したバージョン2.3.16.1への早急なアップデートを呼び掛けている。(2014/4/17)

徹底入門:モノのインターネット(IoT)で変わるICTの世界観【第3回】
IoTを支える技術と業界構造を整理する
センサー技術や通信技術、情報処理システムなど、モノのインターネット(IoT)を支える技術は多岐にわたる。今回はIoTに関連する技術や業界がどのような構造になっているかを考察する。(2014/3/31)

14年版「情報セキュリティ10大脅威」 標的型攻撃や身代金型ウイルス、「SNSへの軽率な情報公開」も
情報処理推進機構(IPA)は「2014年版 情報セキュリティ10大脅威」として、ネット利用時にトラブルにつながりやすく、理解や対策が必要な10項目を発表した。(2014/3/18)

意図せぬオフィス機器が見えていないかをチェック:
「SHODAN」を正しく使おう――IPAがレポート公開
情報処理推進機構は2014年2月27日、「増加するインターネット接続機器の不適切な情報公開とその対策」と題するレポートを公開した。(2014/2/27)

新技術:
量子情報処理の実用化に道筋、東大が室温で単一光子発生に成功
東京大学 ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構の荒川泰彦教授らは、位置制御されたGaN(窒化ガリウム)系ナノワイヤ量子ドットを用いて、300K(27℃)の室温で単一光子の発生に成功した。今回の開発成果は、量子暗号通信や量子コンピュータなど、量子情報処理システムの実用化に向けた研究に弾みをつける可能性が高い。(2014/2/13)

データを「価値ある情報」に変えるデータ活用基盤、構築のポイント
データはデータのままでは意味がない。必要なデータを掛け合わせ、意思決定者のニーズに応じて求める「情報」に加工する、一連の情報処理プロセスを考えることがデータ活用のポイントとなる。(2014/1/22)

悪用した攻撃も2013年12月に観測:
増幅攻撃はDNSだけではない――NTPサーバーの脆弱性に注意喚起
システムの内部時計を正しい時間に同期させるNTPサーバープログラム「ntpd」の一部のバージョンにDDoS攻撃につながる脆弱性が存在するとし、情報処理推進機構(IPA)やJPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)が注意を呼び掛けている。(2014/1/15)

2014年 新春インタビュー特集:
元外交官が見通すグローバル化の本質、「スピード」と「多様性」で大競争時代を勝ち抜け
今、日本の企業が直面しようとしているグローバル化では、新興国の台頭による経済圏の拡大、資本取引の極大化、そして情報処理コストの極小化が同時に進行している。このかつて経験したことのないグローバル競争時代を日本企業は勝ち抜くことができるのか。その舵取りについて、元外交官の岡本行夫氏に話を聞いた。(2014/1/15)

アップデート、もしくは標準以外のWebブラウザ利用を推奨:
Android OSに深刻な脆弱性、任意のコード実行やパスワード読み取りの恐れも
情報処理推進機構(IPA)とJPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は2013年12月17日、「Android OS」に、細工を施したWebページを閲覧するだけで任意のコードを実行される深刻な脆弱性が存在することを明らかにした。(2013/12/18)

Webアプリの脆弱性検査にお金を掛けられない中小企業や組織に:
IPA、OSSの脆弱性検査ツールの使い方をまとめたレポート公開
情報処理推進機構は2013年12月12日、オープンソースのWebアプリ脆弱性検査ツールの特徴をまとめた「ウェブサイトにおける脆弱性検査の紹介(ウェブアプリケーション編)」を公表した。(2013/12/12)

Mahoutによる機械学習の実際:
Apache Mahoutの使い方:テキスト分類のアルゴリズムを活用する
機械学習は古くからある情報処理のアルゴリズムの総称です。これをApache Hadoop上で実施する際のフレームワークの1つがApache Mahoutです。本稿ではApache Mahoutを使った機械学習の初歩を学んでいきます。(2013/12/4)

「Fix it」など回避策の適用を推奨:
Officeなどのゼロデイ脆弱性を狙う標的型攻撃、国内でも確認
情報処理推進機構は2013年11月20日、Microsoft Officeなどに存在するゼロデイ脆弱性(CVE-2013-3906)を悪用した標的型攻撃が、国内の組織に対しても実行されたことを確認した。(2013/11/20)

ロボットデザイナー園山隆輔氏が語る:
ロボットが人型である必要性とは――人間にとって最適なロボットデザインを考える
情報処理推進機構(IPA)は2013年11月13日、産学連携を推進するアキバテクノクラブとともに、「未踏交流会」の拡大版「ロボット特集 〜ロボットデザイン〜」を開催。本稿では、T-D-F代表の園山隆輔氏の講演「ヒト型×ロボット×デザイン」の内容を紹介する。(2013/11/15)

情報家電や自動車などの脆弱性低減を支援:
IPA、ファジングツールが送り出すデータの特徴を解説する資料公開
情報処理推進機構は2013年11月7日、情報家電や自動車などに存在するソフトウェアの脆弱性を検出するテストに使われるデータについて解説した「ファジング実践資料(テストデータ編)」を公開した。(2013/11/8)

Facebookの友達申請、承認は慎重に なりすまし横行にIPAが注意呼び掛け、アカウント乗っ取りのおそれも
情報処理推進機構(IPA)は、偽アカウントによる友人申請を安易に承諾することで、Facebookアカウントが乗っ取られる可能性があるとして注意を呼びかけた。(2013/11/6)

ITパスポート試験が出題構成を見直しへ
情報処理推進機構(IPA)は、「ITパスポート試験」をはじめとする情報処理技術者試験の出題構成を見直し、セキュリティ関連の出題を強化する。(2013/10/31)

最も深刻な脆弱性が6割以上に:
産業用制御システムの“深刻な脆弱性”が増加、IPA
情報処理推進機構(IPA)が脆弱性対策情報データベース「JVN iPedia」の2013年7〜9月期の登録状況を発表。産業系や組み込み系などに深刻な脆弱性が波及していると警告している。(2013/10/18)

導入事例:
南日本情報処理センター、データセンターにSDNを導入
データセンターのネットワーク基盤に、NEC製のOpenFlow対応ネットワークコントローラとスイッチを導入した。(2013/10/7)

「非公開」のつもりが誰でも見られる状態に?:
SNSにおける情報公開範囲の設定確認を――IPAが呼び掛け
SNSやWebサービスの情報公開範囲の設定に起因する情報漏洩やトラブルが後を絶たない。情報処理推進機構(IPA)は2013年10月1日、インターネットサービスの利用時には、情報公開範囲の設定に注意すべきとする「今月の呼び掛け」を公表した。(2013/10/2)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。