ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「昆虫」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「昆虫」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

特別展「昆虫」に新種の昆虫が登場 あなたの名前が昆虫の名前に採用されるかも
昆虫好きは上野に集合。(2018/6/6)

でけえ! 全長140ミリの巨大「ダンゴムシ」カプセルトイ登場 昆虫嫌いな担当者が2年かけて開発
カプセルトイでカプセルレス販売。(2018/6/4)

Twitterの人気アカウントが念願の図鑑に! ゆるふわ漫画満載の「じゅえき太郎のゆるふわ昆虫大百科 」発売 
身近な昆虫約70種類を中心に「カブトムシは飛ぶのが苦手」「クワガタのボディ」などの漫画を収録。(2018/5/13)

「ソフトバンクは昆虫でやっていく」 異種交配で繁栄、孫社長が描く300年構想
ソフトバンクグループは近年、携帯電話事業者よりも投資会社としての側面が突出している。孫正義会長兼社長が表明している「300年続く企業」構想の行方は。(2018/5/7)

検証エコノミー:
ソフトバンク 目指すは「昆虫の群れ」!? 300年企業へ依然残る後継者問題
医療、不動産、半導体−。ソフトバンクグループが近年投資した企業はあまりにも多種多様で、携帯電話事業者よりも投資会社としての側面が突出している。(2018/4/26)

持続可能なタンパク源:
昆虫農場に熱視線 世界の「タンパク質危機」救うか
1ポンドの鶏肉を生産するために飼料は約2ポンドが必要だ。1人あたりの肉消費量は過去40年間で50%増大し、タンパク質危機の懸念が増大している。そこで注目されているのが「昆虫農場」だ。(2018/4/25)

昆虫や藻が原料のファストフード IKEAのラボが提案する食の未来がイノベーティブすぎる
未来志向のファストフード。(2018/3/28)

演出担当は「ボブネミミッミ」のAC部 ベッキーらが“昆虫食マニア”の実態に迫るNHK番組「神々のスマホ」がやばい予感しかしない
NHK総合で3月20日22時50分に放送。(2018/3/19)

特別展「昆虫」オフィシャルサポーターに“カマキリ先生”香川照之さん
肩書きは「昆活マイスター」。(2018/3/13)

現代の鳥獣戯画“ゆるふわ昆虫図鑑”が今度は塗り絵に! 大人もガチで楽しめるイラストが満載
2月17日にB5判52ページで税別1000円で。(2018/2/15)

ニコール・キッドマンが雑誌の企画で隠れた才能を披露 「生きた昆虫を食べる程度の能力」にファンざわつく
「とてもしっとり……ジューシーで……この香りは表現できないわ」(2018/2/2)

元日朝からカマキリ先生! 「香川照之の昆虫すごいぜ!」第5弾はマレーシアへ行く放送枠拡大のスペシャル版
カマキリの頭を14時間かぶりっぱなしのカマキリ先生。(2017/11/22)

東京モーターショー 2017:
生き物に見られる「群知能」を宅配に応用、いすゞが提案する未来の配送
いすゞ自動車は「第45回東京モーターショー 2017」において、昆虫などの群知能に着目したデザインコンセプトや、6輪駆動車両などを出展する。(2017/9/26)

Eテレ「香川照之の昆虫すごいぜ!」、新作「オニヤンマ」回が放送決定 カマキリ先生が網を携え躍動
今回も神回の予感。(2017/9/20)

「メスがペニス持つ昆虫」日本人らの研究にイグ・ノーベル賞
「イグ・ノーベル賞」の2017年の受賞者が発表され、生殖器の形が雌雄逆転した昆虫を明らかにした、日本人らの研究が生物学賞を受賞した。(2017/9/15)

イグ・ノーベル賞、日本人が11年連続で受賞 「交尾の仕方があべこべで、メスにペニスがある洞窟の昆虫」で生物学賞
2014年に論文が発表された「トリカヘチャタテ」の研究。(2017/9/15)

現代の鳥獣戯画 Twitterで人気の「ゆるふわ昆虫図鑑」が書籍化
ゆる〜い虫たちの日常を堪能できます。(2017/9/11)

「対昆虫用決戦兵器です。間違いありません」 花王「キュキュット」Amazonレビューに1400人が“役に立った”
リセッ◯ュと合わせればコバエも倒せる。(2017/8/27)

Eテレ「香川照之の昆虫すごいぜ!」特別編放送決定 「出動!タガメ捜査一課」が始動!?
カマキリ先生念願のタガメ捜査。(2017/6/25)

TechFactory通信 編集後記:
「哺乳類」「昆虫」「菌」――自然界の仕組みを製品開発へ
飛び立つ瞬間、じっくり観察してみたい。(2017/5/27)

なぜか“昆虫好き”まで魅了したCanCamの付録「自撮りライト」がまた登場! 男性にも使いやすいスタイリッシュな星型
ツノゼミも盛れる。(2017/5/23)

カマキリ先生再び! 「香川照之の昆虫すごいぜ!」第2弾が5月5日に放送決定 次はモンシロチョウがすごいぜ
人間よ、昆虫から学べ。(2017/4/19)

カブトムシやクワガタが大きなガチャに 「昆虫の森G 暗黒の大軍団」登場
クロオオアリを集めて群れを作ることもできるぞ。(2017/4/24)

現代の鳥獣戯画 ゆる〜いイラストで癒される「ゆるふわ昆虫図鑑」 作者に聞いてみた
人間味あふれるカエルやカブトムシのイラストなどが話題になっています。(2017/3/7)

透き通った黄褐色が美しい 「ジュラシック・パーク」の虫が閉じ込められた琥珀をモチーフにした昆虫スイーツが誕生
イナゴを使った調味料とクリシギゾウムシの幼虫を使用。(2016/11/17)

昆虫マニアの香川照之がカマキリの着ぐるみでクレーンに吊られ炎天下トノサマバッタを探す
香川照之の香川照之による香川照之のための昆虫すごいぜ!(2016/10/6)

【閲覧注意】ビジュアルがアカン 居酒屋「米とサーカス」で昆虫食フェア「未来の食卓、昆虫料理」を開催
虫が苦手な方は閲覧注意です!(2016/7/12)

昆虫が集まるコンビニを調べた中学生の自由研究 ネットの反響受け三重県総合博物館での再展示が決定
コンビニによってどうして昆虫の集まる量が違うのか――中学1年生の研究がTwitterで話題に。(2016/3/9)

昆虫発酵調味料「イナゴソース」が販売開始! 醤油麹と米麹の2種類セット
どんな食材に合うのでしょうか。(2015/11/11)

水曜インタビュー劇場(学習帳公演):
ジャポニカ学習帳の表紙から「昆虫」が消えた、本当の理由
ジャポニカ学習帳の表紙といえば、「昆虫」の写真を思い浮かべる人も多いだろうが、数年前に昆虫が消えた。教師や保護者から「昆虫が気持ち悪いから変えてほしい」といった要望があって、発売元のショウワノートが削除したというが、本当にそうなのか?(2015/10/21)

あと少しで昆虫みたいな脚がついたヘリコプターが登場するかも! 着陸地点の条件緩和に期待が高まる
傾斜のついた山岳地帯、がれきの上など、これまで着陸地点としては不向きだった場所でも着陸が可能になるかも。(2015/9/22)

【昆虫苦手の人は閲覧注意】:
はちのこ、芋虫、カブトムシ、ホンモノそっくりな昆虫和菓子がグロいしうまい
グロいけど、味はめちゃくちゃおいしい。(2015/9/20)

これなら虫嫌いでも大丈夫? “昆虫成分大幅減量”テラフォーマーズ第1巻無料配信
コミックス最新14巻の発売に合わせ、さまざまな企画が展開中。(2015/8/19)

次世代ロボット研究開発:
昆虫の嗅覚を災害救助ロボに、NEDOが次世代ロボット開発を加速
NEDOが「革新的ロボット要素技術」と「次世代人工知能」を中核とする、次世代ロボットの研究開発に着手した。昆虫の嗅覚を災害救助に活用するセンサーや化学繊維を用いた人工筋肉など18のテーマで“次世代ロボット”の開発を加速させる。(2015/7/23)

クワガタやカブトムシの死骸がびっしり! 「昆虫観音巡礼ツアー」で昆虫千手観音像を拝んできた
本物の昆虫の死骸が約2万匹使われています。(2015/7/12)

ジャポニカ学習帳から消えた「昆虫」、人気投票で復刻 “本格復帰”の可能性を聞いてみた
「ジャポニカ学習帳」表紙の人気投票で昆虫のデザインが上位を独占。復刻が決まった。一般販売されているジャポニカ学習帳からは12年以降、昆虫の表紙が消えているが、復活の可能性はあるだろうか。(2015/7/7)

昆虫類の圧倒的勝利 Amazonが「歴代ジャポニカ学習帳人気投票」の結果を発表
Amazonが、歴代ジャポニカ学習帳の人気投票結果を発表した。昆虫が表紙になったノートが各年代のトップを飾った。(2015/7/7)

あれ、カミキリムシの背中にパンダがいる……! 昆虫「ラミーカミキリ」の模様がユニーク
「礼服を着たガチャピン」など、模様の例えも豊富。(2015/6/12)

なつかしの「ジャポニカ学習帳」復刻 Amazonで人気投票 昆虫も復活!?
「歴代ジャポニカ学習帳人気投票」がAmazon.co.jpで行われている。人気デザインを復刻し、5冊セットで限定販売する予定だ。現代のジャポニカ学習帳から消えた「昆虫」も復活するかも!?(2015/4/28)

カラフルで美しい……! 古くなったゲームとPCの部品で作った昆虫アートがステキ
バグはバグでもオシャレなバグ。(2015/4/20)

羽の動きがたまらない 昆虫をモチーフにしたランプ「Insecta Lamp」が心浮き立つカッコよさ
ずっと眺めていられるかも。(2015/4/18)

図鑑はスマホで持ち歩く! 日本の動物・植物・昆虫が分かるアプリ「PetitPedia」登場
書籍と連動したり、名前が分からなくても見た目(色や形など)で調べられる機能も搭載。(2015/4/15)

無線通信技術:
昆虫が人命救助!? ハナムグリの飛行を無線でコントロール
災害発生時などの人命救助の場において、昆虫をラジコンのように遠隔操作して生存者を捜索する、という時代が来るかもしれない。米国とシンガポールの研究チームが、ハナムグリという昆虫の飛翔筋を無線でコントロールし、飛行を自在に操る技術を開発した。(2015/3/20)

ヘラクレスオオカブトがもらえるぞー! 東かがわ市の「ふるさと納税」がなんかおかしい
昆虫クラスタに朗報!(2015/2/18)

Biz.ID Weekly Top10:
見習える? 昆虫の生態から社会性を考えてみた
男女問わず好みの分かれる小さな生き物「昆虫」。カジュアルにいろいろな角度から学べるイベントがある、ということで行ってみました。(2014/11/8)

今日から始めるデジカメ撮影術:
第180回 昆虫とマクロとピントの山の関係
夏の盛りから少し時間が空いてしまって、ちょっと季節はずれになりかけているが、今回は虫を撮る話。マクロでぐぐっと寄るとなかなかキュートで面白い写真が撮れる。(2014/10/27)

昆虫を発酵させた調味料「イナゴソース」が和歌山で誕生! キミはイケる派? イケない派?
この味、世界へ羽ばたくか!?(2014/10/2)

めっちゃかわいい! 伊丹市昆虫館にカブトムシ・クワガタ擬人化キャラ「カブクワこれくしょん」が誕生した理由
「虫って生理的に無理……」なんてイメージをくつがえします。(2014/8/6)

メスがオスに挿入 不思議な“交尾器逆転”昆虫「トリカヘチャタテ」が発見される
非常に珍しい例なのだそうです。(2014/4/18)

メスがペニスを持つ昆虫が見つかる 雌雄逆転
メスがペニスのような交尾器を持ち、オスに乗りかかって交尾する昆虫が発見された。オスとメスで交尾に対する積極性が逆転しているという。(2014/4/18)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。