ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「イラン」最新記事一覧

産業制御システムのセキュリティ:
工場の稼働をサイバー攻撃から守る! 制御システムセキュリティに新規参入
情報セキュリティベンダーであるカスペルスキーは新たに産業用制御システム向けのサイバーセキュリティサービスに参入することを発表した。(2016/5/26)

電力供給サービス:
サイバー攻撃に狙われる電力網、求められるセキュリティ
スマートグリッドやスマートメーターの設置など、電力網がサイバー攻撃に狙われる可能性が生まれてきている。その中でカスペルスキーは電力網など重要インフラを対象としたサイバーセキュリティサービスを発表した。(2016/5/26)

発電所や工場にもサイバーセキュリティ対策を、カスペルスキーが参入
産業用制御システム向けのセキュリティサービスを新たに提供し、通信事業者やSIerとのパートナーシップ展開にも乗り出す。(2016/5/25)

世界を読み解くニュース・サロン:
結局のところ、オバマは「ヒロシマ」を訪問できるのか
「オバマ大統領が広島を訪問するかもしれない」――。関係者の間でこのような声があるが、本当に実現するのだろうか。現実味が高まっている一方で、実現するのにはいくつかの壁が立ちはだかっている。(2016/4/14)

ますます重要になる制御システムセキュリティ:
産業制御システム向けセキュリティ評価、米ファイア・アイがサービス開始
米ファイア・アイは、産業制御システム(ICS)向けのサイバーセキュリティ評価サービス「Mandiant ICS HealthCheck」の提供を開始する。(2016/4/12)

米司法省、大手銀行やダムへのサイバー攻撃でイラン人7人を訴追
ニューヨーク州にあるダムの制御システムが不正アクセスされた事件では、通常であればダムの水門を遠隔操作されていた恐れもあった。(2016/3/25)

意外とアナログ?:
乗馬からドローン体験まで! 臨場感たっぷりの“VR遊園地”に行ってきた
3月17日からテーマパーク型のVR体験イベントが東京タワーメディアセンター内で開催される。(2016/3/17)

仏女優ソフィー・マルソー、最高勲章を拒否 サウジアラビア皇太子への授与を批判して
歴史あるレジオンドヌール勲章にノー。(2016/3/16)

NTT DATA Innovation Conference 2016リポート:
自由な着想と先端テクノロジーの融合によるイノベーションが、デジタル時代に打ち勝つカギ
ITの発展によってこれまでの制約が無意味になり、異業種でも新たなビジネスに参入することが可能な時代が到来した。従来のビジネスモデルも通じなくなる時代だからこそ、イノベーションをいかに生み出すかが重要である。(2016/2/29)

これはすごい! ファンが作った「バック・トゥ・ザ・フューチャー」続編の予告動画が素晴らしい
もはや本編並みの編集力。(2016/2/25)

NTT DATA Innovation Conference 2016リポート:
虫の目、鳥の目、歴史の目で見る世界情勢――5年後だけでなく30年後も見据える
海外で活躍するためには何が必要か、何を見習うべきなのか。ジャーナリストの嶌信彦氏が、これまでの取材で得た知識や経験を「鳥、虫、歴史の目」を通して話した(2016/2/25)

幻の読み切りが電子書籍で復活 「エルトゥールル号遭難事件」描く石川雅之さんの漫画で国境を超えた絆に涙する
「テシェキュルエデリム〜ありがとう」はエルトゥールル号遭難事件とその後を描いた物語。(2016/2/6)

江戸時代に「びよ」「びょう」と表現された犬の鳴き声!? 国によってまったく違う様々な動物の鳴き声とは
海外と日本で異なる動物の擬声語について調べてみました。(2016/2/1)

イスラエル電力公社、大規模なサイバー攻撃で「マヒ状態」に
イスラエル電力公社が「これまで経験した中で最大級のサイバー攻撃」を受け、コンピュータの多くが「マヒ状態」に陥っているという。(2016/1/28)

「世界終末時計」針は進まず、人類滅亡まで“あと3分”のまま
イランと諸大国の協定、パリ協定というプラス要素はあったものの、ネガティブな要素で相殺。(2016/1/27)

世界を読み解くニュース・サロン:
ハーバード大から学ぶ、15歳になったWikipediaとの付き合い方
2016年1月15日、「Wikipedia」が“誕生日”を迎えた。情報の正確性がずっと議論されているが、同サイトを世界はどう見ているのか。(2016/1/21)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー レポート:
企業・組織で高まる標的型攻撃の脅威、対策の再点検を考える
2015年は国内企業・組織を狙う標的型攻撃の脅威が改めて注目された。情報資産やシステムを守る方法をどう見直すべきか――ITmedia エンタープライズ主催セミナーでは専門家らが標的型攻撃対策のポイントを解説してくれた。(2016/1/19)

WikiLeaks、CIA長官の私用メール情報を掲載
米中央情報局(CIA)長官の私用メールアカウントから流出したとされる情報が、告発サイトのWikiLeaksに掲載された。(2015/10/22)

L'Arc‐en‐Cielのフェイスマスク発売 メンバー4人になりきれるか否かはヘブンズドライブだこれ
着けてみたところ今田耕司さんと勘違いされてしまう人も発生。(2015/9/26)

水曜インタビュー劇場(LGBT公演):
「LGBTの問題」はたくさんあるのに、なぜ対応が進まないのか
LGBTを取り巻く環境をみると、さまざまな問題がある。課題を解決しなければいけないのに、なぜ取り組みがなかなか進まないのか。LGBT問題に詳しいNPO法人「虹色ダイバーシティ」の村木真紀さんに話を聞いた。(2015/9/23)

野生のサルやトラが森の中で“自撮り”? WWF、自動撮影カメラの写真を公開
興味津々でカメラをのぞき込むサルはまるで“自撮り”のよう――WWFジャパンが自動撮影カメラで捉えた野生動物の写真を公開した。(2015/8/26)

最大で2万ドルの報奨金:
LINE、脆弱性の公募プログラム実施を発表
LINEは2015年8月5日、ユーザーが発見した脆弱性の公募プログラム「LINE Bug Bounty」の実施を発表した。脆弱性の報告者には、最大で2万ドルの報奨金が支払われるという。(2015/8/5)

新型マルウェア「Duqu 2.0」出現、Kaspersky社内で見つかる
国家の関与が疑われるマルウェア「Duqu 2.0」は、Kasperskyのセキュリティ技術やイランの核開発協議に対するスパイ活動に使われていたことが分かった(2015/6/11)

覚えておきたいアロマオイルの選び方と使い方
アロマオイルにはさまざまな使い方があり、心も体もキレイにしてくれる働きがあります。(2015/6/10)

Shodanで調べよう、PLCを狙う不審なアクセスへの備え
産業制御システムを標的にした不審な通信への注意喚起が相次いでいます。インターネットに公開された機器を検索できるサービスの悪用が懸念され、自社システムが公開されているかどうかをぜひ確認してください。(2015/6/9)

IoTで通信業界が注目する新たなセキュリティのしくみ
「モノのインターネット」(IoT)ではデータを利用した様々なサービスが期待されるものの、セキュリティリスクも懸念される。データを流通を支える通信業界ではどんなセキュリティ対策が注目されているのか。(2015/6/4)

会社をクビに――ランサムウェア被害者の辛い実態
大切な書類や子どもの写真を人質に取られた被害者は、犯罪集団と接触し、窮状を訴えたり身代金を減額するよう懇願したりしていた。(2015/5/19)

専門家が語る「対イスラム国」本当の戦況
イスラム国については、その戦況や今後についてなど、報道だけでは分らない部分が多い。現代イスラム研究センター理事長の宮田律さんにイスラム国や「テロ」にまつわる疑問や不安をぶつけてみた。(2015/4/2)

米オバマ大統領、サイバー攻撃制裁の大統領令に署名
米連邦政府大統領のバラク・オバマ氏が、サイバー攻撃で米国の安全を脅かした組織と個人への制裁を可能にする大統領令を出した。攻撃者の米国内の資産凍結や取引禁止が可能になる。(2015/4/2)

起源は小石:
意外と知らない? 計算機の歴史を神楽坂でたどってみた
東京都新宿区の神楽坂に、東京理科大学近代科学資料館がある。この資料館、実は、小石や算木から日本初の大型商用コンピュータまで、さまざまな年代の計算機を数多く所蔵しているのだ。意外と知らない計算機の歴史を、同資料館の展示品とともにたどっていこう。(2015/3/23)

Microsoft、14件の月例セキュリティ情報公開 FREAKの脆弱性も修正
セキュリティ情報14件の内訳は「緊急」が5件、「重要」が9件。WindowsやInternet Explorer(IE)などの深刻な脆弱性に対処した。(2015/3/11)

人類滅亡まで残り3分 「終末時計」が31年ぶりの危険水準に
3年前より2分進んだ。(2015/1/23)

新連載『幻庵』開始に合わせ、『百田尚樹読本』が発売
25日発売の週刊文春2015年1月1・8日号で最新作『幻庵』の連載を開始する百田尚樹さんの魅力を存分に伝える「読本」。連載開始と同時に、試し読み版付きの電子書籍を刊行するのは週刊文春初の試み。(2014/12/24)

世界16カ国の重要インフラにサイバー攻撃、航空保安情報など盗む
16カ国で主に航空・運輸、エネルギー、石油、ガス、通信などのインフラ企業や政府機関が狙われていた。(2014/12/3)

「Stuxnet」マルウェアの最初の侵入先は5つ、感染手法に新たな疑問
2010年に見つかった高度なマルウェアの「Stuxnet」が、どのような手口でどこに侵入しようとしたのか――Kasperskyが4年以上の調査で特定したという。(2014/11/28)

より官能的に……セックスのマンネリを解決するための“香り”とは?
セックスレスの解消に役立つ「アロマ・セックス」を紹介。(2014/11/18)

ビル管理室からサイバー攻撃も セキュリティ対策が急がれるインフラシステム
セキュリティ対策はオフィスのコンピュータでは普及しているものの、ビルや工場などの管理システムでは遅れがちだといわれる。対策の手薄なシステムが乗っ取られ、サイバー攻撃の踏み台にされる事態が起き始めているようだ。(2014/11/15)

産業制御システムのセキュリティ:
工場の安定稼働が人質に! なぜ今制御システムセキュリティを考えるべきなのか
工場や発電所などで使われる制御システムのセキュリティが今脅かされていることをご存じだろうか。イランの核施設を襲った「Stuxnet」以来、各国の政府が対策を本格化させているが、日本における制御システムセキュリティ対策で重要な役割を担うのが制御システムセキュリティセンター(CSSC)だ。本稿ではCSSCの取り組みとその基幹施設であるテストベッド「CSS-Base6」の概要について紹介する。(2014/9/29)

潜入ルポ:
防衛隊も納得? 日本のインフラを守るセキュリティ技術の現場に行ってみた(前編)
ウイルス感染でオフィスビルや発電所が大惨事に!? まるでSF映画のようなシーンが現実に起こり得る状況になってきた。社会インフラシステムを守るサイバーセキュリティ技術の最前線ではどんなことが行われているのだろうか。(2014/9/22)

産業制御システムのセキュリティ:
制御システム破りの“定石”、「Operation Dragonfly」がもたらす“真の脅威”
2014年6月に、欧州の電力会社に向けたサイバー攻撃が明らかになった。「Operation Dragonfly(オペレーションドラゴンフライ)」と名付けられた同攻撃は、イランの核施設のPLCを狙ったマルウェア「Stuxnet(スタックスネット)」以来となる制御システムを標的にした大規模攻撃だと注目を集めている。「Operation Dragonfly」の特徴とその“真の脅威”についてお伝えする。(2014/9/17)

セキュリティ・キャンプ 全国大会 2014レポート:
成長し、超えてゆけ――若者たちと過ごしたセキュリティの熱い夏
セキュリティ人材をどう育てるべきか、その一つの解が「セキュリティ・キャンプ」だ。彼ら、彼女らと過ごした4泊5日をレポートしよう。(2014/9/12)

伊吹太歩の時事日想:
イスラム過激派組織「イスラム国」の拡大に頭を悩ませる、意外な「あの人」
イラクとシリアで拡大を続けるイスラム過激派組織「イスラム国」。先日行われたNATOの首脳会議では、イスラム国との戦闘に前向きな“有志連合”10カ国が固まった。しかし、イスラム国の拡大に頭を悩ませるのは、実は西欧諸国だけではないのだ。(2014/9/11)

津田建二の技術解説コラム【海外編】:
PR:知ってるつもりの外国事情(4)――業界用語の常識を海外と比較する
日本の常識は世界の非常識といわれることがよくあります。日本では当たり前のことが海外では全然違うことを指しています。ここでは、いくつかの言葉について、日本と海外との違いを考えてみたいと思います。オープンイノベーション、標準化(standardization)、グローバル化を採り上げてみます。(2014/9/8)

世界を「数字」で回してみよう(5):
“電力大余剰時代”は来るのか(後編) 〜原発再稼働に走る真の意図〜
前編で、「日本では、あと十数年もすれば“電力が余る時代”が到来する」という結論に至りました。ではなぜ、政府はあれほどまでに原子力発電所を再稼働させたがっているのでしょうか。その真の意図を読み解くキーワードは「オイルショック」であると、考えられます。(2014/9/5)

現場革新 次の一手:
ウェアラブル端末とモノのインターネットは「現場」の救世主となるか?【後編】
製造現場や保守現場、建築現場など、多くの「現場」の救世主として注目を集めるウェアラブル端末とIoT(モノのインターネット)。前編では、ウェアラブル端末とIoTの現場活用における期待と、それを集めるようになった背景を解説した。今回の後編はこれらを活用した現場における先進事例と将来像について紹介する。(2014/9/1)

仕事をクビになるかもしれない10の行為
職場で何気なくやっている行為がセキュリティの危機を招き、最悪の事態になれば解雇される恐れも。セキュリティ企業がそうした恐れのある10種類の行為に警鐘を鳴らしている。(2014/8/22)

初心者でも気軽に入れる、都内の“水タバコ屋”5選
水タバコでゆったり、ひと息いれませんか。(2014/8/21)

藤田正美の時事日想:
ロシアへの経済制裁は“誰得”なのか
ウクライナ東部で発生している内乱が長く続いているが、事態収拾の道筋は見えない。欧州もロシアも互いに経済制裁を続けているが、両者の経済にじわじわとダメージを与えており、“我慢くらべ”のような状況に陥っている。(2014/8/20)

IPA、標的型サイバー攻撃対策の新部隊を正式発足 国家防衛の一翼に
標的型サイバー攻撃に狙われた官民の組織に対する早期支援にあたり、連鎖型攻撃の遮断に注力する。(2014/7/16)

「ムラムラ」の香りってどんな香りだよ! → 実際に嗅いでみたら……
AGF、大切な人へ「香り」を届ける「100 KAORI LETTER」サービスを開始。(2014/7/2)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。