ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「IT導入」最新記事一覧

電力自由化で勝者になるための条件(10):
電力小売の顧客管理は特殊ではない、システムの導入方法はコスト重視で選ぶ
顧客管理システムを構築するうえで検討すべきことは多い。自社の既存の顧客管理と統合することも選択肢の1つだが、開発・改修のコストと期間を十分に考慮する必要がある。広域機関のスイッチング支援システムを活用してコストを抑える方法もある。注意すべきは全面的に外部に任せないことだ。(2016/9/2)

製造ITニュース:
製造業における技術継承の支援システム開発で協業
FRONTEOとO2は、製造業の技術継承を支援するシステム開発で協業し、コンサルティングおよびシステム導入のサービスを提供開始する。両社の技能伝承ソリューションと人工知能を連携させ、企業ごとの専用ナレッジ検索システムを作る。(2016/9/1)

情シスが抱える情報共有とナレッジマネジメントの課題(2016年):後編
ITによる情報共有、システム導入後の「不満の声」から問題点と解決策を探る
キーマンズネットは、ITによる情報共有とナレッジマネジメントの課題に関するアンケート調査を実施。ITによる情報共有に対する満足度や、現在抱えている具体的な問題点が見えてきた。(2016/8/30)

省エネ機器:
直流給電で15%の電力削減、米国データセンターで実証
NEDOとNTTファシリティーズは、米国テキサス州のテキサス大学オースチン校と共同で、データセンターの省エネ化を実現するための高電圧直流(HVDC)給電システムを導入。実証試験を開始した。(2016/8/29)

電力供給サービス:
進むエネルギーの金融商品化、JERAが取引とリスクを管理するシステム導入
NTTデータ・フィナンシャル・ソリューションズは、Allegro Developmentと共同で、JERAにエネルギー取引・リスク管理統合パッケージ製品を導入する。(2016/8/25)

日本オラクル株式会社提供Webキャスト
DBシステムの導入や刷新の前に知っておきたい「ライセンス体系」の違い
データベースシステムの運用コストを最適化させるには、ライセンスごとのコストの違いを把握する必要がある。パフォーマンス向上を目指してデータベースの刷新を図る場合も、ライセンス体系をチェックすることが大切だ。(2016/8/9)

製造IT導入事例:
予測分析ストレージシステム導入でIOパフォーマンスが向上
伊藤忠テクノソリューションズは、同社のグループ会社シーティーシー・エスピーが、富士電機三重工場の情報システム基盤向けに、米Nimble Storageのストレージ製品を活用した仮想化共有ストレージシステムを構築したと発表した。(2016/7/26)

現役システムの5割以上にメインフレームが関与
レガシーなはずの「メインフレーム」がいまだに使われ続ける“納得の理由”
企業は最新技術や新しいシステムを導入する一方で、古くからあるメインフレームもいまだに現役だ。IT部門にとって、新旧のシステムを包括的に管理できる手法の必要性が高まっている。(2016/7/26)

エネルギー管理:
列車の運行状況や天候に合わせて電力を制御、駅のCO2を40%削減
JR東日本は省エネ機器や再生可能エネルギーを活用した「エコステ」の新しいモデルを埼玉県の駅に整備する計画だ。天気予報をもとに太陽光発電量を予測しながら、駅構内の照明・空調を最適に制御できるシステムを導入する。列車の接近に合わせてホームの照明を明るくする機能も取り入れる。(2016/7/22)

省エネビル:
ビル群に「仮想発電所」を構築、CO2排出量を40〜60%削減へ
竹中工務店は東京本店を含む既築ビル群を対象に、最新のエネルギー技術を駆使した「仮想発電所」を構築する。太陽光発電などによるエネルギーの創出に加えて、独自開発のシステムを導入してビル群を1つの発電所のように制御する試みだ。脱炭素社会に向けたモデルタウンづくりを目指す。(2016/7/22)

TOTO、ベトナムの工場でIoT活用の生産システムを構築
「TOTOベトナム」の製造現場に原料とひも付けて全工程の生産状況や品質情報を可視化するシステムを導入した。(2016/7/21)

CTCSPがシステムを構築:
富士電機、三重工場の基盤へNimbleの仮想化ストレージ導入──I/O性能を3倍に、データ格納効率も大幅改善
富士電機三重工場は、予測分析機能を備えたフラッシュストレージ製品「Nimble Storage」を活用した仮想化共有ストレージシステムを導入した。I/O性能を3倍に拡大した他、データの圧縮や消費電力の削減にも成功したという。(2016/7/12)

名古屋医療センター、DB統合機能を持つWeb型電子カルテシステムを導入
名古屋医療センターは、富士通のWeb型電子カルテシステム「HOPE LifeMark-HX」を導入、約1300人の職員が利用を始めた。(2016/7/11)

レオパレス21がハイテクに! 外出先から家電がスマホ操作できるシステム導入、10月の完成物件より
ハイテクなマンスリーマンションへ……!(2016/7/5)

蓄電・発電機器:
太陽光発電の導入コストは10年で57%下がる、2025年に10万円/kWへ
再生可能エネルギーの中で今後のコストダウンが最も期待できるのは太陽光発電だ。国際機関が各国のデータをもとに予測した結果、太陽光発電システムの導入コストは2025年までに全世界平均で57%も下がる。1kWあたりのコストは2015年の20万円強から10万円弱へ低下する。(2016/6/27)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:ブロックチェーンのススメ
ブロックチェーンに今すぐ着手すべき理由とは? 他に、PowerShellの悪用増加、検知困難なマルウェアが活動を活発化させている現状、実績だけで判断しないハイパーコンバージド製品の選び方、ロールス・ロイスが46カ国で同日に実施した大胆なシステム導入事例などをお届けする。(2016/6/20)

世界規模プロジェクトの全貌
46カ国同時! ロールス・ロイスのクラウド人事システム導入記
ロールス・ロイスは、46カ国で4万人以上の従業員を管理する人事システムの入れ替えを行った。2012年に始まったプロジェクトのクライマックスは、46カ国で同日に実施するという驚くべきものだった。(2016/6/16)

スマートファクトリー:
人工知能でタイヤ成型工程の生産性を2倍に、ブリヂストンが進めるICT工場
タイヤ大手のブリヂストンはタイヤの生産性の向上に向け、ICT(情報通信技術)や人工知能技術を搭載した新たな生産システムを導入した。タイヤ成型工程において15〜20%の生産性向上を実現できたという。(2016/6/8)

目指せ! 混雑解消 米運輸保安庁がアトランタ空港に新レーン試験導入
保安検査に新システム導入へ。(2016/5/31)

クラウドベースのUCサービスを巡る戦い
価格の「Office 365」 vs. 電話連携の「Cisco Spark」、一長一短ある両雄をどう選ぶ?
Cisco SystemsとMicrosoftのクラウドコミュニケーションサービス、それぞれの長所と短所とは何か。料金面ではMicrosoftの勝ちだが、既に複雑な電話システムを導入している企業はCiscoにメリットを見いだすだろう。(2016/5/25)

トップ営業の視点:
IT苦手な営業女子が「2つの巨大案件」で学んだこと――明石沙弓さん
企業の情報システムを手掛けるIT部門にとって、ITベンダーの営業はどのように映るだろうか。今回はいつもと逆の視点から、企業のIT導入について見ていこう。(2016/5/13)

導入阻む「4つのハードル」を超えるには
社内申請電子化の裏技 “非ワークフロー”な選択肢に注目する
申請手続きは業務管理に欠かせないが、現場スタッフに多大な負担を強いる。その効率化を図るワークフローシステムだが、その方法を誤ると負荷を増やしかねない。適切なシステムを導入するポイントを紹介する。(2016/5/9)

スマートシティ:
電力と水を自立供給、都心の防災拠点を担う新型ビル
東京都千代田区大手町に完成した地上31階建ビル「大手町フィナンシャルシティ グランキューブ」。災害時には電力と水を自立供給できるシステムを導入し、1000人の帰宅困難者を収容できるなど、都心の防災拠点としての機能も備えている。(2016/5/11)

ホワイトペーパー:
別冊Computer Weekly 従業員を失望させる企業の特徴
もはやIT化は常識ともいえる時代だが、実は企業のIT導入はそれほど成功していない。残念企業には、従業員を失望させ、誤ったIT導入により生産性は向上していないという共通点がある。(2016/5/2)

当時のプロデューサーから詳細判明 ジャンク基板から発見された謎のゲームの正体「DarkSeed」
ゲーム中の時候の変化がキャラクター性能に影響する、意欲的なシステムを導入していた。(2016/4/28)

Computer Weekly製品ガイド
セルフサービスでIT部門&スタッフを解放する方法
セルフサービスITの導入により、IT部門は効率を向上し、管理を従業員に委ねることができる。ただしそれは適切にやった場合に限られる。(2016/4/14)

電子ブックレット/スマートシティ:
エネルギー列島2015年版 −九州編 Part2−
再生可能エネルギーが豊富な九州では太陽光からバイオマス、水素の製造まで含めて先進的な取り組みが進んでいる。大分県と鹿児島県では地熱発電が活発だ。宮崎県ではバイオマス発電が広がってきた。小さな離島が多い沖縄県では風力発電を中心に蓄電池を組み合わせたシステムの導入が進む。(2016/3/29)

情シス“ニュータイプ“の時代:
草食系情シスが、肉食系マーケと上手くやるには アビームの本間さんに聞いてみた
情シス不要論が叫ばれる中、業務現場と接点を持ち、一緒にシステム導入を考えていこうというニュータイプの情シスが増えているという。こうした情シスたちを、現場はどう見ており、どんな期待を抱いているのか。(2016/3/16)

自然エネルギー:
省エネに効く地中熱、課題のコストを2018年度までに20%削減
都市部でも郊外でも地域を選ばず利用できる「地中熱」は、うまく活用すれば空調エネルギーなどを大幅に削減できる。その一方で普及に向けた障壁となっているのが、利用するためのシステムの導入コストが高いことだ。NEDOでは都市部における地中熱の利用システム普及に向け、システムの低コスト化と普及促進を後押しする6つの研究開発テーマに着手する。(2016/3/10)

「iTeachers TV」最新番組紹介
子ども向け英語教室の“IT導入熱”に火を付けたネット動画の内容とは?
タブレットをはじめとするIT製品を生かす英語教室「キッズイングリッシュ」。本格的なIT活用に至ったいきさつとは? 代表を務める金谷尚美氏が明かします。(2016/3/9)

蓄電・発電機器:
再生可能エネルギーの電力を大容量の蓄電池に、火力発電所で3万世帯分を調整
九州電力は福岡県で運転中の火力発電所の構内に世界最大級の蓄電システムを導入した。太陽光発電など再生可能エネルギーの電力が増加した時に需給バランスを調整する目的だ。1日あたり3万世帯分の電力を蓄えることができる。2016年度末まで実証試験を続けて利用効果を検証する。(2016/3/7)

調査で見えてきたIT投資
53カ国で調査を実施、企業が今後導入する技術・停止する技術
53カ国のIT担当者1267人を対象に、IT導入意向を調査。その結果、今後導入が進む技術が判明した。既に導入が進み、さらに導入されるものは? 仮想化市場に変化は訪れるのか。(2016/3/4)

教育機関のIT導入に関する調査レポート
「アクティブラーニング」に6割以上が投資意欲 タブレットの学校利用にも関心
TechTargetジャパン会員を対象に、「教育機関のIT導入に関する読者調査」を実施した。本レポートでは、その概要をまとめた。(2016/3/1)

“非エンジニアの女性”が1カ月半で基幹アプリを構築するまで
ExcelとGoogleドキュメントの顧客管理はもう限界、でも基幹システム導入の手間もコストもかけられない――。そんな課題を抱えたスタートアップは、なぜ、1カ月半で“脱Excel”の基幹アプリを開発できたのか。(2016/2/23)

話題のITベンダーに学ぶIT製品選定のポイント【サイボウズ編】
どこからでも会議に参加、オフィス移転でサイボウズが全面採用したUCシステムとは
サイボウズは、2015年7月の東京オフィス移転に合わせてUCシステムを刷新した。どのようなシステムを導入し、働き方はどのように変わったのだろうか。(2016/2/22)

Oracle Planning and Budgeting Cloud Service:
最短1カ月で経営管理システムの導入が可能に
日本オラクルは、国内のパートナー企業10社が提供する、クラウド型経営管理ソリューション「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」向けの業界・業務別/全業種共通テンプレートおよびソリューション15種類を発表した。(2016/2/19)

自然エネルギー:
生協が太陽光発電で自家消費、購入電力も再生可能エネルギーに
パルシステム神奈川ゆめコープは配送拠点の麻生センターと藤沢センターに、自家消費用の太陽光発電システムを導入する。再生可能エネルギーを電源とする電力の購入と太陽光発電を活用を進め、再生可能エネルギーの使用比率を高めていく。(2016/2/18)

IT4コマ漫画:
IT担当者にありがちな「ダメ会議」
新システムの導入に向けた社内プレゼンのシーン。本人は分かりやすく説明しているつもりでも……? IT向上委員会の有江敬寛氏による漫画連載「IT4コマ漫画」の第82回目。(2016/2/12)

製造IT導入事例:
製薬企業向けの透明性ガイドライン対応システムを導入
田辺三菱製薬は、NTTデータ イントラマートのシステム共通基盤「intra-mart」を活用した、JSOLの「医療関係者支払集約システム」を導入した。2015年4月に本番稼働を開始している。(2016/2/11)

製造IT導入事例:
分析・計測機器メーカーが業務基幹システムを13カ国で稼働
日本IBMは、堀場製作所に対し、業務基幹システム導入のコンサルティングの提供とシステム構築を支援したと発表した。同システムが日本で稼働開始したことで、13カ国20社への展開が完了した。(2016/2/10)

スマートシティ:
浄水場の水素を燃料電池車に、東京の水道システムがオリンピックで進化
東京都は2020年に開催するオリンピックに向けて「東京水道イノベーションプロジェクト」を開始した。世界一の水道システムを目指して、スマートメーターによる電力・ガス・水道の共同検針システムを導入するほか、浄水場で発生する水素を回収して燃料電池車に供給する実証研究にも着手する。(2016/2/8)

自然エネルギー:
ローソンが“揚げもの廃油”でバイオマス発電、店舗の調達電力を7割削減
コンビニ大手のローソンが兵庫県姫路市の店舗にバイオマス発電システムを導入した。揚げもの商品の調理で発生する廃油を活用して発電し、店舗の電力として使うことで省エネ化を図る。発電量は既存店舗の消費電力の約20%に相当する年間3万6000kWhを見込んでいる。こうした創エネに加え、徹底した省エネ施策も導入して調達電力を7割削減する。(2016/2/4)

電子ブックレット/自然エネルギー:
廃棄物から電力を作るバイオガス発電 −Part2−
生物由来の廃棄物を発酵させて作るバイオガスを利用した発電設備が全国各地で増えてきた。岩手・茨城・沖縄の3県では下水処理場で発生する汚泥からバイオガスを生成して発電に利用する。秋田県では食品廃棄物を高速に発酵させるシステムを導入してバイオガス発電を実施する計画だ。(2016/2/4)

医療機関のIT導入に関する調査レポート
最も関心があるのは「医療クラウド」、読者調査が示す医療IT最新トレンド
病院・診療所に勤務するTechTargetジャパン会員を対象に「医療機関のIT導入に関する調査」を実施。本レポートではその概要をまとめた。(2016/2/1)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
ITを導入しても生産性が上がらないわけ(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2016/1/31)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
ITを導入しても生産性が上がらないわけ(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2016/1/24)

今から始める 中小企業のための「マイナンバー制度」対策:収集・保管編
マイナンバーの収集・保管は既存の帳票と“分離する”が正解
マイナンバー制度がいよいよ開始する。準備を進めている大企業と異なり、中小規模の企業では準備が遅れがち。かといって大規模システムの導入による対応は現実的ではない。中小企業に向けた“現実的”な対策を紹介しよう。(2016/1/14)

Excelとの親和性が高く、現場業務改善に効果:
PR:Oracle Application Express(Oracle APEX)とは何か。何ができるのか
「業務改善のためにデータを容易に活用できる環境が欲しいが、専用のシステムを導入するのは手間や予算の面でハードルが高い」と悩む組織は少なくない。「Oracle Database Cloud Service」に用意された「Oracle APEX」を使えば、さまざまな業務で組織的なデータ活用が容易となり、業務改善のハードルを大きく下げることができる。[パブリッククラウド][Oracle Cloud](2016/1/12)

「iTeachers TV」最新番組紹介
「アナログだけでは限界」――国際医療福祉専門学校が救急救命士育成にITを生かす訳
救命救急士の育成にITを生かす、国際医療福祉専門学校の救急救命学科。IT導入に至ったいきさつとは? 同学科でIT活用を推進する学科主任の小澤貴裕氏が明かします。(2016/1/8)

社員は時間の40〜80%を無駄な業務に「浪費」
生産性が向上せず効率化もしない、企業の間違ったIT導入の実態
企業はITを導入し、業務のデジタル化を進めてきた。しかし、40年前は5%だった経済成長率は1%に低下している。これは、IT化、デジタル化を間違ったやり方で行ったからだ。(2016/1/8)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。