ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「女子」最新記事一覧

東大生が「女子高生の折り紙」を1枚の紙で折りあげる神業! どうやって作るのか製作者に聞いてみた
折り紙1枚とは信じられない……。(2017/8/16)

ツンデレかわいい“サメ女子”と恋するサメギャルゲー「Shark Dating Simulator XL」が人類には早すぎる
ポロリもあります。困ったことに。(2017/8/15)

「早生まれ」やはり不利! 運動能力「遅生まれ」が優れている 科学で裏付け
「早生まれ」は「遅生まれ」に比べ運動能力などで劣るとされてきたが、それは本当なのか……。奈良女子大の研究チームが研究成果をまとめた。(2017/8/15)

「この女子会やば」「豪華すぎる」 お寿司を囲む佐々木希&本田翼&大政絢の写真に大反響
はあ、好き……。(2017/8/14)

さまざまな愛の形がここに オタク女子のお金の使い方・ジャンル愛を綴った同人誌が「浪費図鑑」として書籍化
ソシャゲで浪費する女、東京ディズニーリゾートで浪費する女、V系バンドで浪費する女……などなど。(2017/8/10)

ほっぺにちゅー! 深田恭子×吉田沙保里のラブラブ2ショットがまるで女子中高生のノリ
なにこのかわいい2人。(2017/8/6)

「酔わせてどうするつもり」 城田優&志尊淳のイケメン宅飲みに女子の妄想が爆発
ごちそうさまです。(2017/8/4)

あのキャラに花束を:
無表情女子とゼロ距離会話 『阿波連さんははかれない』阿波連さんの顔が近すぎる件
女の子に密着されて理性が揺るがない少年側がすごい。(2017/8/4)

バーチャル女子アナ「沢村碧」、ソニーが提供開始 原稿を自動読み上げ
バーチャルアナウンサーが原稿を読み上げる「アバターエージェントサービス」を、ソニーが提供開始。入力した原稿を音声へ自動変換するCGキャラクターだ。【訂正】(2017/8/3)

10代女子の約半数「自分の通信キャリア分からない」――格安スマホに関する調査
10代女子への「格安SIM/格安スマホに関する調査」で、約半数が「自分の通信キャリアが分からない」と回答した。(2017/8/2)

10代女子の半数は格安SIM「よく分からない」、使い始めたきっかけは「親の意向」
GMOメディアは、10代女子を対象とした研究機関「プリキャンティーンズラボ」で「格安SIM/格安スマホに関する調査」を実施。10代女子の半数以上が格安スマホを「よくわからない」と回答し、使い始めたきっかけは「親の意向」が最多となった。(2017/8/2)

SILVER LINK.10周年アニメ「つうかあ」10月放送 サイドカーレースにかける女子高生たちの群像劇
2人1組で挑むモータースポーツを描く。(2017/7/29)

不正投票によるシステム障害で、日本女子プロ野球オールスター戦ファン投票が中止に
2016年開催時にも、ルールを守らない投票が相次いでいたもよう。(2017/7/27)

「無性にかわいく見える」 “チャラ男”藤森、女子力高めのりゅうちぇるに迫り熱視線
りゅうちぇるはほぼ女子力でできてた。(2017/7/27)

「不正投票によるシステム障害」でファン投票中止 女子プロ野球オールスター
女子プロ野球オールスターゲームのファン投票が「不正な投票によるアクセス集中」による障害で中止。オールスター選出選手は実績から判断して改めて発表する。(2017/7/27)

“BI女子”が明かす「現場主導によるデータ活用」の極意:
PR:Oracle Data Visualizationで自らも“セルフサービスBI”を実践 豊富なノウハウを基にしたデータ活用ソリューションを提供するNEC
「Oracle BI」や「Oracle Data Visualization」により、自らも現場主導の“セルフサービスBI”を推し進めるNEC。これらのソリューションの提供を主導する同社の“BI女子”に、成功の秘訣や顧客の活用事例などを聞いた。[ビッグデータ][Big Data](2017/7/26)

「セクハラでなく合意」 研究室で「不適切な行為」……懲戒解雇された大学を訴えた元准教授の“言い分”
ある大学の男性准教授が、妻子がいることを隠して教え子の女子学生と交際。裸の写真を要求したり、研究室でも行為に及んだり――その結果、懲戒解雇になったが、男性は解雇の無効を主張して訴訟を起こした。(2017/7/24)

新連載・東京五輪へ連れてって:
ロボット、AIに活路 世界に後れを取った日本女子バレーが「IT強者」になれた理由
第1回は、IT活用が進む日本女子バレー代表チームを10年以上支えてきた日本スポーツアナリスト協会の渡辺啓太氏に最新のデータ活用事情を聞いた。(2017/7/20)

あれから10年、「ケータイ小説」が急速に廃れた理由とは? 現役女子高生に『恋空』を読んでもらった
何がケータイ小説を“終わらせた”のか。(2017/7/18)

モテクリエイター菅本裕子、C CHANNEL発表会で「モテるためのサマンサタバサ」実演
安定の女子力。(2017/7/14)

「F1優勝」目指す11歳女子レーサー 「怖いと言っていたらなれない」
「夢は日本人初の女性F1レーサーになって、優勝すること」――元F1ドライバーの野田英樹さんの11歳の次女・樹潤さんが歩みを進めている。(2017/7/14)

おふざけ動画の「生主」:
少女買春容疑の千葉県市川市議に「やんちゃ」過去
中学1年の女子生徒に現金を渡してわいせつな行為をしたとして警視庁に児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで摘発された千葉県市川市の三浦一成市議。知人らを取材すると、過去の「やんちゃ」の数々が聞こえてきた。(2017/7/13)

「やばい」「まって、可愛すぎ」 フィギュア女子、本田真凜&メドベージェワの浴衣姿にファン興奮
語彙力の低下も致し方なし。(2017/7/11)

すき家、女子大生との共同研究で「フォトジェニックな牛丼」開発 丼も箸もいらない「牛丼クレープ」など
オシャレすぎて、牛丼に見えない。(2017/7/11)

知的障害がある人をスポーツで支援:
Infineonが5000ユーロを寄付した団体とは
Infineon Technologiesの日本法人、インフィニオン テクノロジーズ ジャパンは、CSR活動の一環として「スペシャルオリンピックス日本」という団体に5000ユーロ(約62万円)を寄付した。同団体の理事長を務めているのは、オリンピック陸上女子マラソンでメダルを2度獲得した有森裕子さんだ。スペシャルオリンピックス日本とは、どのような団体で、どのような活動をしているのか。寄付金の贈呈式で有森さんが語った。(2017/7/5)

「放射能検査」偽り女児の身体触る 妻子ある男が……漫画模倣? 警察の対応めぐり“場外戦”も
放射能の検査を装って女子小学生の家に侵入し、体を触るなどの犯行を繰り返していた男が、成人向け漫画同人誌を読み模倣したと供述していたことから、埼玉県警が漫画の作者に配慮を求め、波紋を呼んでいる。(2017/6/29)

約8割が中学生までに初スマホ、LINE使用率はほぼ100% 10代女子のスマホ事情
GMOメディアは、10代女子を対象とした研究機関「プリキャンティーンズラボ」で「10代女子のスマホ事情に関する調査」を実施。約8割が中学生までにスマートフォンを所有しており、「LINEを使っている」と答えたのは99.6%となった。(2017/6/28)

あのキャラに花束を:
人としてそれはどうなのか 小学生女子のお金でガチャを回す『今日から俺はロリのヒモ!』という脳みそハッピーライトノベル
大富豪・二条藤花とクズ男・天堂ハルの華麗なる生活。(2017/7/1)

Exciteの女性向けインスタンス「julika」(ユーリカ)始まる 10代からママまでカバーする「キラキラ女子」マストドンを作った理由
女性向けメディア、サービスを抱えるExciteがマストドンインスタンスに乗り出した。(2017/6/27)

日清食品のCM「もし『魔女の宅急便』のキキが17歳の女子高生だったら」の続編はあるの? 企画意図から今後について聞いてみた
青春でした。(2017/6/25)

女子力も金メダル級! 吉田沙保里、マツエク&ネイル新調に同性から支持の声
女子は気高く美しく。(2017/6/24)

どう見てもカールお姉さんです ブルゾンちえみ、都会的なキャリアウーマンからおしゃれ農業系女子に
何があった。(2017/6/21)

入部届殺到! 福原遥の女子マネージャー姿が部員のモチベーションを爆上げしそう
青春はいいぞ。(2017/6/21)

江梨佳、28歳の場合:
PR:仕事だってプライベートだって楽しみたい――現代型キャリア女子の華麗なる溜池ライフ!
やりがいのある仕事に充実した研修制度、長期休暇を利用して海外旅行――仕事もプライベートも100%満喫する、そんなエンジニアライフなんて夢物語でしょ?(2017/6/20)

「国宝クラスの女子会」 吉田沙保里、浅田真央、福原愛の“最強女子”3ショットで超仲良し!
プライベートかわいいのズルい。(2017/6/19)

「もし、魔女のキキが17才の女子高校生だったら」カップヌードルの新CM公開 キキととんぼの恋模様を描く
映像がキレイ。(2017/6/19)

「世の中の女子の皆さんごめんね」 織田信成&羽生結弦の添い寝ショットがもはや恋人
うらやまけしからん。(2017/6/12)

ワンちゃん「あ゛あ゛ぁ!?」 仲良くない人から“頭ぽんぽん”されたときの女子のような犬の表情はこちらです
ものすごい嫌なのが伝わりすぎる。(2017/6/7)

水川あさみ、「人は見た目が100%」撮影現場におにぎりの差し入れ 桐谷「ステキ女子すぎるやろ」
ただのおにぎりじゃなくて、ひじき入りなところが高ポイント。(2017/6/5)

ロッテ恒例の交流戦「挑発ポスター」、2017年は4コマ漫画 阪神は「33−4」を青春ヤンキー風にあおる
広島には「にわかカープ女子」を少女漫画風でいじる。今年もロッテの挑発芸は切れ味バツグン!(2017/5/30)

デザインフェスタvol.45:
出展者のこだわりは乳首の硬さ! マッチョイケメンのファスナーを下ろすティッシュケースが女子たちに大人気
何この発想……ステキ!(2017/5/28)

「セーラーちびムーン」のオトナ女子向け変身スティックが登場 「ルナPボール」な台座でインテリアにも
コスプレにも良いかも。(2017/5/22)

山田孝之の”ダメな顔”に母性をくすぐられる女子が大量発生 「ダメな顔でもダメじゃない」
今ならどんな女子も落ちそう。(2017/5/22)

グラビア界がまた荒れる! 馬場ふみか、「non-no」モデルを引き連れビキニ無双
ゾクゾクとモグラ女子の刺客が。(2017/5/22)

やだやだやだ! 金欠女子の超等身大ドラマ「NYボンビー・ガール」がシーズン6で終了
等身大だけど共感はできない不思議な魅力のシットコム。(2017/5/18)

ブルマー「恥辱の歴史」 “大人の事情”で女子は恥ずかしい思い……
密着型ブルマーは、なぜ学校で採用され、約30年間も継続されてきたのか。(2017/5/15)

神乳が咲きほこる! 仮面女子・神谷えりな、 “カラフルグラビア”で紳士の視界を鮮やかに彩る
“色”というものに感謝が芽生えた。(2017/5/14)

NG集という名のご褒美! 仮面女子・神谷えりな、世界がうなる“早脱ぎチャレンジ”はG難度のもよう
早脱ぎは山越えに気をつけて。(2017/5/13)

あのキャラに花束を:
手品は見せられないけどぱんつは丸見え 「手品先輩」を慈しみたい
絶対失敗をする女子高生手品師、むしろ見たい。(2017/5/13)

「研究室が沸き立った」――AIが作詞、アイドル新曲ができるまで 電通大教授に聞く
アイドルグループ「仮面女子」の新曲「電☆アドベンチャー」は、人工知能(AI)が作詞。「にこにこうぱうぱブルーベリー」という不思議な歌詞も飛び出し、出来栄えに「開発した研究室が沸き立った」。制作の裏側を、電気通信大学の坂本教授に聞いた。(2017/5/12)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。