ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「女子」最新記事一覧

関連キーワード

TOKIO山口達也メンバーが司会のNHK「Rの法則」放送中止に 女子高生わいせつ容疑を受けて
山口達也さんは女子高生への強制わいせつの疑いで警視庁に書類送検されたと報じられていました。(2018/4/25)

オタクな女子を振り向かせたい後輩男子がけなげ! 次元を超えてすれ違う恋心がたまらん漫画
いつか2人はくっつくのか……!?(2018/4/25)

石原さとみ、新CMで方言女子になる カメラ目線で「なあなあ、グミちゃんいるか?」
「おっと、ちょいちょい、それ私のですのっ!」も好き。(2018/4/23)

漫画とそっくりな風景を満喫:
アニメ「ゆるキャン△」人気 「聖地巡礼」で四尾連湖に訪問客急増 山梨
女子高校生が県内などでキャンプを楽しむ姿を描いた漫画とアニメ「ゆるキャン△」(原作者・あfろ)の人気で、舞台となった山梨県市川三郷町の四尾連湖を訪れるファンが増えている。湖畔にある2つのキャンプ場では、カメラを手に“聖地巡礼”を楽しむ日帰りの男性グループが特に目立つという。(2018/4/23)

ニュースの深層:
パワハラ規制できるの? 「大山鳴動、ネズミ一匹出ない」 法制化困難
パワーハラスメント(パワハラ)を防止するための報告書が3月末、厚生労働省の有識者検討会でまとめられた。最近では女子レスリング内で指導者のパワハラが明らかになったり、先輩から繰り返し叱責された女性社員が自殺したりするなど深刻な問題だ。(2018/4/19)

「感謝の気持ちしかない」 ダレノガレ明美、世界一髪の毛が長い女子高生のヘアドネーション参加決意に感激
ダレノガレさんは以前からヘアドネーションを呼びかけていました。(2018/4/18)

看板直撃で重傷の仮面女子・猪狩ともか、手術終了も「絶対安静」 メンバーがSNSで続々エール
神谷えりな「向日葵みたいなとびきりの笑顔で帰ってくるの待ってる」(2018/4/13)

キャリアニュース:
「エンジニア・プログラマー」が中学生男子の将来就きたい仕事5位に
アデコが「将来就きたい仕事」に関する調査結果を発表。「エンジニア・プログラマー」が、前回のランク外から全体の10位に、中学生(13歳〜15歳)男子の部門では5位に入った。全体の1位は男子が「サッカー選手」、女子は「パティシエ」だった。(2018/4/10)

現役ナースがセーラー服に着替えたら 桃月なしこ、『天空侵犯』コスプレで銃の似合う女子高生になる
『天空侵犯』最新16巻の電子限定版に付属する、32ページのコスプレフォトブックに掲載。(2018/4/9)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
女子レスリングのパワハラ問題、一体誰が得をしたのか
一応の決着を見た。女子レスリングで五輪4連覇中の伊調馨が、日本レスリング協会の栄和人氏にパワハラ行為を受けていたと認定されたわけだが、この問題の背景に何があったのか。激しい覇権争いが見え隠れしていて……。(2018/4/8)

「女子より女子」「完敗じゃ」 “ジェンダーレス男子”ゆうたろう、違和感ゼロな女装姿で性別の壁をぶち破る
違和感無い。(2018/4/5)

視力が落ちた時期は……:
大人の視力、平均値は「0.5」 「メガネ男子・女子」好きは3割超
大人の裸眼視力、平均は「0.5」──調査会社のマクロミルが20〜69歳の男女を対象にアンケート調査した結果、こんな結果が出た。(2018/4/5)

美咲が教える スマホ時代の歩き方:
フォロワーだけが知る、Instagram「ストーリー」の24時間で起きていること
イマドキ女子の「美咲」が上司の課長に分かりやすく解説する連載。前回はInstagramの実態をお伝えしましたが、このInstagramの「ストーリー」で、ちょっと過激なことが起きているようです。(2018/4/4)

予想以上のクオリティー フィギュア女子メドベージェワ選手、USJでのハーマイオニー姿が癒やししかない
癒えよ。(2018/4/2)

360°谷間カメラだと? 「仮面女子」神谷えりなの“神乳”が映し出す新世界にファン歓喜
過去最高の密着映像。(2018/3/31)

開幕戦こいほー! “カープ女子”菜乃花、2018シーズンも「勝利のグラビア」で球団の女神になる
カープ100勝頼んだ。(2018/3/31)

スゴい時代だな! 整形費用をクラウドファンディングで募集するアイドルが誕生してしまう
その名は「仮面女子」坂本舞菜。(2018/3/30)

ワンコインでここまで食べられる! 学食研究家・唐沢明が選ぶ東京のおいしい学食4選
ほとんどの大学の学食は誰でも利用できるのです!(女子大と一部の国立大学は不可)(2018/3/29)

非日常の美しさにハマる:
「刀剣女子」が武士の魂・日本刀に心酔する理由
 名刀を擬人化したオンラインゲーム「刀剣乱舞」をきっかけに、約3年前に火が付いた刀剣ブームがさらに広がりを見せている。(2018/3/28)

化粧品メーカー5社がランクイン:
女子就活生の人気企業ランキング、1位は……
楽天みん就が女子就活生の人気企業ランキングを発表。トップ20に化粧品メーカー5社がランクイン。1位となったのは……。(2018/3/20)

PR:女子野球部育成ゲーム「ハチナイ」を柳沢慎吾が独り芝居で応援 監督オレ投手オレ代打オレ実況オレとにかく「全部オレ」
ほぼ無音の球場に、柳沢さんの叫びがこだまする。(2018/3/20)

肉すし、丼、パフェなど続々:
競争激化の回転すし市場、生き残るカギは「テスト期間中の女子高生」?
回転すし市場では、各企業が肉すし、丼、パフェなどを相次いで投入している。背景には、背景には、米・魚などの原価や人件費の高騰があるようだ。今後はどのような商品が世に出てくるのだろうか。(2018/3/19)

女子高生が通行人に胸触らせ撮影……過激投稿、YouTuberに潜む罠と危険
自分の胸を触らせる動画を撮影していた“女子高生YouTuber”らが今月12日、警視庁に書類送検された。女子生徒らがセンセーショナルな行動に至った背景には、“一獲千金”として過熱する動画投稿サイト人気があるとされる。(2018/3/19)

中学時代「僕は頭がおかしい」と考えたことある人手ぇあげて 桜井のりお新作『僕の心のヤバイやつ』
陰キャ男子は陽キャ女子に勝てない。(2018/3/18)

「ミシンのあるカフェ」人気 なぜ? 「オタク女子」ターゲットの店、大阪・日本橋に続々
関西有数のオタク街で知られる大阪・日本橋で、コスプレ衣装を製作するためのミシンを設置したサロンや居間風のカフェなど女性をターゲットにした店舗が増えている。(2018/3/16)

東京海上日動にある「若者しかいない」開発部門――メンバーは全員20代、入社5年目未満
管理職を除く全員が20代で、入社5年目未満だけ――東京海上日動システムズのアプリケーション開発部門は一風変わった組織だ。理系男子から文系女子まで、その出自やスキルもさまざま。これで本当に仕事は回るの……?(2018/3/14)

シンプルな原理?:
なぜ「もぐもぐシーン」にひかれるのか カー娘、「ちゅ〜る、ちゅ〜る」の猫CM……
人はなぜ、おやつを食べているシーンにひかれるのだろうか。先日閉幕した平昌五輪では、カーリング女子日本代表チームの「もぐもぐタイム」が注目され、栄養補給に使われた地元銘菓が品切れになる人気だ(2018/3/13)

「メンバー神すぎ」「やばああああ」 有村、桐谷、高畑ら映画「女子ーズ」の美女5ショットが豪華すぎ
いま思うととんでもないメンツだ。(2018/3/12)

「もぐもぐシーン」 カー娘、「ちゅ〜る、ちゅ〜る」の猫CM……食べる姿に萌える人々
人はなぜ、おやつを食べているシーンにひかれるのだろうか。平昌五輪では、カーリング女子日本代表チームの「もぐもぐタイム」が注目された。一方、猫がおやつに食いつくキャットフードの一般投稿動画CMも評判を集めている。(2018/3/12)

「私とキスする?」って女子中学生に言われたらどうする? 「からかい上手の高木さん」第10話の“からかいポイント”
【ネタバレあり】相手の口から言わせたい、乙女心。(2018/3/12)

「それラスボスじゃねええええ」 ゲーマー女子がクラスメイトにツッコむ漫画「隠せないオタク」が本当に隠せてない
ラスボスは意外なところに隠れてる……?(2018/3/12)

女子同士のよくある会話から一転……「写真写りの悪い友人」の漫画に恐怖する人続出
きれいなお姉さんが……。(2018/3/12)

女子高校生の約7割がSNSの“裏アカウント”を所持 理由は「誰にも知られたくない感情がいえるから」など
裏では一体どんな会話が行われているのか。(2018/3/8)

女子高生の裏アカウント所有率は68.9% デジタルアーツの未成年スマホ実態調査
デジタルアーツは、未成年者の携帯電話・スマートフォン利用実態調査の結果を発表。女子高校生の68.9%が裏アカウントを所有し、67.6%がネット上の友達とのリアル化を希望している。インターネットに関する事件については、半数以上が人ごととして捉えていることが分かった。(2018/3/7)

「影響力がまだ残っているうちは続けるよ」 GACKT、初の女子校で卒業式シークレットライブ
そこにシビれる憧れるゥ!(2018/3/7)

「美女軍団!」「四姉妹みたい」 夏菜、佐々木希、中川翔子、徳永えりの“同級生”女子会が輝きしかない
ドラマ楽しみ。(2018/3/6)

中学一年生女子、思春期と言うにはまだ早い 「からかい上手の高木さん」 スピンオフ3人組のポンコツな日々
友達二人をカップリングしてときめいたことある?(2018/3/6)

「ブランドのコラボは何をもたらすか」:
「“表面的な女子っぽさ”の女子向け商品」からの脱却 午後の紅茶×ポッキーの4年間
「女性向けの商品やサービスをヒットさせたい」――そんな担当者必読の本が「ブランドのコラボは何をもたらすか 午後の紅茶×ポッキーが4年続く理由」。キリンとグリコのコラボプロジェクトから、女子向け商品のマーケティングについて学ぶ。(2018/3/5)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(34):
北海道編:ポロクルでラクラク移動――実は進んでいる札幌のAI、IoT事情
そだねージャパン(五輪カーリング女子)の出身地北海道は、AI、IoT先進地でもありました――ご当地ライターが、リアルな情報をつづる「UIターンの理想」。北海道編パート3は、北海道への移住支援や就職、官民一体で取り組んでいる注目IT事業などをお伝えします。(2018/3/5)

「日傘さす女子になりやした」 元祖ヤマンバギャルのあぢゃ、肌色逆転のビフォーアフターが完全別人!
肌色ってここまで変わるんだ。(2018/3/3)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
カーリング女子はどうなる? このままでは行く末が心配
カーリング女子が脚光を浴びている。平昌五輪で銅メダルを獲得したこともあって、ちょっとしたフィーバーになっているが、心配もある。熱が冷めた際に、彼女たちの立場がどうなっているかということである。関係者がしなければいけないことは……。(2018/3/2)

面接官「ビートくれDJ」 内定ゼロの女子大学生が面接バトルに挑む漫画「就活フリースタイル」がハイセンス
面接官のスキルに嫉妬。(2018/3/2)

ぽっちゃり女子最高だな! “90キロのカトパン”餅田コシヒカリ、22キロ減で初グラビア挑戦
お笑い要素一切なし。(2018/2/28)

好きな人と話せた女子に「ねえ、もしかして好きなの?」と詰め寄る他の女子  よくある少女漫画のシーンかと思いきや……
ああ、そうか、そっちだったのか。(2018/2/28)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
30代女子の4割がYouTubeで商品・サービスを検索――サイバー・バズ調査
ITmedia マーケティングの姉妹サイト「調査のチカラ」より、マーケターが押さえておきたい調査レポートを1日1題、厳選してお届けします。本日のお題は、「30代女性のYouTube利用」です。(2018/2/27)

中学生女子に「私のわき腹つついてみてよ」と言われたら、どうすればいいんだ 「からかい上手の高木さん」第8話の“からかいポイント”
【ネタバレあり】じゃれつけない、って気づいてからが思春期。(2018/2/26)

Microsoft Focus:
音声会話を手に入れた女子高校生AI「りんな」は、私たちをどう楽しませてくれるのか
女子高校生AI「りんな」が電話機能「りんなのテレフォンハッキング」を開始。新たなコミュニケーション手法を手に入れたりんなはどのように進化するのか? 「人の仕事を助けるAI」だけでなく、「人の感情に寄り添うAI」の開発に取り組むMicrosoftが目指す未来のAIとは?(2018/2/24)

カーリング女子の吉田知那美選手が「にっこにっこにー」を披露してトレンド入り 「めっちゃ嬉しい」「かわいい」
にっこにっこにー!(2018/2/23)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
韓国のライバルにも、KYな質問にも。小平奈緒の“神対応”に、称賛の声
平昌冬期五輪のスピードスケート女子500メートルで日本女子初となった金メダリスト、小平奈緒選手。彼女は類まれなスケーティング能力もさることながら、1人の人間としてもキラリと光り輝いていた。(2018/2/23)

平昌五輪:
女子選手メダルラッシュも苦しい台所事情 冬季スポーツ経費は男子の2倍 競技が続けられない
平昌五輪で女子選手たちが大活躍している。小平奈緒、高木美帆、高梨沙羅がメダルを獲得。「史上最強」の呼び声もある今回の日本選手団だが、夏季に比べると認知度が低い競技が多いのも事実。選手らを取り巻く環境を調べた。(2018/2/20)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。