ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ヤマト運輸」最新記事一覧

週刊「調査のチカラ」:
Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端末の成長予測まで。現在過去未来を結ぶ調査ウォッチの旅へようこそ。(2016/9/24)

東京メトロ、銀座駅で手荷物を預けられる実証実験スタート
9月21日〜30日の期間限定で、東京メトロ銀座駅でクロークサービスの実証実験を行う。(2016/9/21)

銀座駅で初のクロークサービス 東京メトロが期間限定で実証実験
コインロッカーに預けることができない大きな荷物も大丈夫。(2016/9/20)

猫っぽい振り付けがかわいい! ヤマト運輸が「ネコふんじゃった」をダンスミュージックにリメイク
MVには本物の黒猫さんも登場。(2016/9/15)

空港から荷物をホテルに直送、手ぶらで観光 訪日外国人向けに実証実験 JTBなど
訪日外国人客が手荷物を空港から宿泊先に送れるサービスの実証実験をJTB、パナソニック、ヤマトが共同で始める。(2016/8/31)

「荷物、旅客電車で運びます」――有楽町線と東武東上線で実証実験
従来のトラック輸送から、旅客鉄道を活用した貨物輸送への転換を想定する実証実験。大手運送会社と鉄道各社が共同実施する。(2016/8/29)

おつかいを頼まれたのかな? コンビニのレジに並ぶ子猫がかわいすぎると話題に
クロネコヤマトの社員説も。(2016/8/26)

スマートシティ:
藤沢市の「100年続く街」、健康福祉新施設オープンで開発率50%へ
神奈川県藤沢市のスマートシティ「Fujisawa サスティナブル・スマートタウン」は、新たな施設として、健康・福祉・教育に関する多機能複合型拠点「Wellness SQUARE」を2016年9月にオープンする。これによりFujisawa サスティナブル・スマートタウンの開発率は当初計画に対し約50%に達し、計画通りの「街づくり」が進んでいるという。(2016/8/26)

ネット通販の不在配達が解消? ヤマト運輸、受け取りやすい日時を事前登録できる「Myカレンダーサービス」開始
登録内容に合わせて、配達日時を調整してくれます。(2016/8/22)

荷物を受け取れる時間帯、曜日ごとに設定可能に ヤマトが新サービス
ヤマト運輸は、利用者が荷物を受け取りやすい日時を登録できる「Myカレンダーサービス」を開始した。(2016/8/22)

宅配便受け取れる時間帯、曜日ごとに事前に指定 ヤマトが会員向け新サービス
クロネコヤマトは、荷物を受け取りやすい時間帯を曜日ごとに指定できる「Myカレンダーサービス」を始めた。(2016/8/22)

これからも続く脅威:
ランサムウェアが日本でブレークした理由と感染対策をふりかえる
最近のマルウェア動向で注目を集めた「ランサムウェア」ですが、感染攻撃の手口などからは日本で流行した理由の背景が見え隠れします。今後も続くと予想される脅威への対策について改めて確認してみましょう。(2016/8/12)

犬のイラスト入りハンコ「いぬずかん」 犬好きさんのリクエストに応えて全92種類に!
101匹になる日も近いワン。(2016/8/2)

1818件の攻撃メールの中に35件の標的型――2016年4〜6月期の動向
企業が受信した攻撃メールの大半は無差別に狙うばらまき型だったものの、35件の標的型が確認された。セキュリティシステムの検知を逃れる細工も確認されている。(2016/7/29)

関西の駅に宅配ロッカー、京阪電鉄が推進 再配達を削減へ
宅配の荷物を駅構内で受け取れる「オープン型宅配ロッカー」を、京阪電気鉄道が8月1日から順次設置する。(2016/7/28)

ハムスターやハリネズミなど、ちっちゃかわいい動物のイラスト入りハンコ「小動物ずかん」が誕生!
プレーリードッグやフェレットも仲間入り。(2016/7/21)

自動運転を活用した「ロボネコヤマト」プロジェクト始動 DeNAとヤマト運輸が次世代物流サービスの開発
2017年3月から実用実験を開始。(2016/7/21)

自動運転技術:
自動運転宅配サービス「ロボネコヤマト」はなぜ“実用実験”なのか
ディー・エヌ・エー(DeNA)とヤマト運輸は、自動運転技術を活用した次世代物流サービスの開発を目的とする実用実験プロジェクト「ロボネコヤマト」を発表した。2017年3月から1年間、政府が指定する国家戦略特区で実施する。(2016/7/21)

自動運転で宅配「ロボネコヤマト」、ヤマト運輸とDeNAが共同実験 「次世代の物流サービス」実現へ
ヤマト運輸とDeNAが、自動運転車で荷物を配送する実験プロジェクト「ロボネコヤマト」を来年3月に始める。(2016/7/20)

「ロボネコヤマト」始動 ヤマト運輸とDeNA、自動運転活用の新サービス開発へ
DeNAとヤマト運輸が自動運転を活用した次世代物流サービスの開発を目指す「ロボネコヤマト」プロジェクトを始める。(2016/7/20)

ヤマト運輸を装った不審メール出回る 添付ファイルを開かないよう注意
「お届け予定eメール」だと思っていたら……。(2016/6/30)

ヤマトの荷物、どこまで来た? Yahoo!地図で分かる「宅配便検索」
配送中のヤマトの荷物がどの事業所やセンターまで到着しているかを地図上で確認できる「宅配便検索」機能が「Yahoo!地図」に加わった。(2016/6/28)

ヤマト運輸、荷物問い合わせをLINEトークで 人工知能が会話形式で案内
ヤマト運輸の公式LINEアカウントに人工知能が会話形式で案内する機能を追加。荷物の問い合わせがLINEトーク内で完結する。(2016/6/27)

送り状不要、匿名配送OK「らくらくメルカリ便」が集荷対応
出品者向け定額配送サービス「らくらくメルカリ便」が集荷に対応。持ち込みにくい大きな荷物や、家を離れにくい子育て家庭の利用を見込む。(2016/6/20)

インコやペンギンなどのイラスト入りハンコ「とりずかん」 鳥クラスタの熱い声に応えて登場!
ピヨピヨのヒヨコちゃんから猛禽類まで17種類。(2016/6/14)

路線バスで宅配便を運ぶ「客貨混載」 ヤマト運輸、宮崎県でサービス拡大
ヤマト運輸と宮崎交通が連携し、路線バスが宅配便を運ぶサービスの路線が拡大。過疎地で、バス路線の維持と物流の効率化を目指す。(2016/6/1)

世界に誇れる日本企業ランキング、1位は?
世界に誇れる日本企業といえば? 20〜60代の男女に聞いたところ、4年連続で1位だったのは……。リスクモンスター調べ。(2016/5/27)

イヌのハンコ「いぬずかん」に秋田犬やお尻を向けたコーギーが参入、全60種類に!
仲間が増えたワン。(2016/5/21)

テレビCMも開始:
誰でも買いやすいSIMフリーを――「もう1つの選択肢」を目指す「FREETEL 2.0」の幕開け
FREETELブランドで端末・回線の両方を手がけるプラスワン・マーケティング。ブランドの刷新から約1年を迎えた同社は、「FREETEL 2.0」を掲げて大手キャリアと並ぶ選択肢となるべくサービスの拡充に取り組む。(2016/5/18)

増える再配達、減らす糸口は――ヤマト運輸が新会社、「オープン型宅配ロッカー」普及目指す
ヤマト運輸と仏企業が合弁会社「Packcity Japan」を設立。複数の宅配業者からの荷物を受け取れる「オープン型宅配ロッカー」を順次設置し、再配達の削減につなげる。(2016/5/11)

JR東、駅に「宅配受取ロッカー」 通勤・通学の途中で荷物が受け取れる
6月ごろから設置。(2016/5/10)

JR東、首都圏の駅に「宅配受取ロッカー」設置を推進 日本郵便・ヤマトと連携、再配達の削減へ
JR東日本が、首都圏の駅に「宅配受取ロッカー」を6月から順次設置。日本郵便、ヤマト運輸と連携し、不在再配達を減らすのが狙いだ。(2016/5/10)

JR東、駅に宅配受け取りロッカー設置へ ヤマト、日本郵便と連携
JR東は、駅で宅配便の荷物を受け取れるロッカーを6月から順次設置する(2016/5/10)

うさぎのイラスト入りハンコ「うさぎずかん」登場! かわいいしぐさや品種別のイラストが16種類!
ハンコ押すぴょん。(2016/5/2)

非常事態にこそ思い出したい、ネット上での「おはし」を考える
デマの拡散には気を付けましょう。連載「ネットは1日25時間」。(2016/5/1)

セガをかたるTwitterアカウントが偽のプレゼント当選DMを配信 公式アカウントが注意を喚起
発信元にTwitter公認バッジがあるか確認を。(2016/4/29)

Amazon.co.jp、熊本地震避難所の「ほしい物リスト」公開
Amazon.co.jpで熊本地震の避難所の「ほしい物リスト」が公開されている。現地が必要としているものを購入して直接配送し、支援できる。(2016/4/21)

熊本県への宅配便配達再開 ヤマト、佐川、ゆうパック
ヤマト、佐川、ゆうパックが、熊本県全域での宅配便の配達・集荷を再開した。(2016/4/20)

ヤマト運輸のなりすまし 熊本地震の支援物資を呼びかける
現在も熊本県では集荷と配達ができない状況。(2016/4/18)

再配達依頼も荷物追跡もスマホで簡単「ウケトル」 Amazon、楽天と連携
Amazon.co.jpや楽天市場で購入した通販商品の追跡と再配達依頼をスマホ上でできるiOSアプリ「ウケトル」がリリースされた。(2016/4/6)

予算1万円で300グラムのモバイルiPad Retinaディスプレイを作ってみた
モバイル液晶ディスプレイ好きの皆さん、お集まりください。(2016/3/25)

ヤマト運輸の「クロネコメンバーズ」サービス、Amazonアカウント、Yahoo! JAPAN IDでログイン可能に
クロネコIDとの連携が必要。(2016/3/24)

宛名書き不要「らくらくメルカリ便」、ファミマから発送可能に
ファミリーマートの店頭でヤマト運輸と提携するECサービスの簡易な配送が可能になった。第1弾として「らくらくメルカリ便」に対応する。(2016/3/8)

楽天とヤマト運輸が連携「ラクマ定額パック」 全国一律価格で配送
楽天とヤマト運輸は、フリマアプリ「ラクマ」利用者に向け、ヤマト運輸の「ネコポス」「宅急便コンパクト」を全国一律価格で利用できる「ラクマ定額パック」を始めた。(2016/3/7)

待ってたワン! ワンコのイラスト入りのハンコ「いぬずかん」 犬好きさんの声に応えて登場
オンリーワンのハンコだワン。(2016/3/2)

「宅配ロッカー」設置の動き拡大 日本郵便「はこぽす」街頭へ 他社開放も検討
日本郵便が郵便局に設置している宅配ロッカー「はこぽす」の設置場所を駅やコンビニなどに拡大。他社宅配便の荷物受け取りもできるようにするオープン化も検討する。(2016/2/26)

ヤフオク!配送料を約300円安く ヤマトと連携
ヤフーがヤマト運輸と提携し、「ヤフオク!」の利用者が割安で商品を配送できるサービス「ヤフネコ!パック」を開始したと発表した。(2016/2/2)

落札商品の配送が捗る!? 「ヤフオク!」でヤマト運輸サービスがお得に利用できる「ヤフネコ!パック」開始
ヤマト運輸の初の試み。(2016/2/1)

ヤフオク!とヤマト運輸が連携「ヤフネコ!パック」 「宅急便」「ネコポス」を割引価格で
ヤフーとヤマト運輸が連携し、オークション商品を割引価格で配送できる「ヤフネコ!パック」の提供を始めた。(2016/2/1)

再配達を減らせ──ヤマト運輸、「オープン型宅配ロッカー」普及へ新会社
ヤマト運輸は、複数の宅配業者からの荷物を受け取れる「オープン型宅配ロッカー」の普及を目指し、仏企業と合弁会社を設立する。(2016/1/28)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。