ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Wi-Fi STATION L-02F」最新記事一覧

2年前から改善も:
モバイルWi-Fiルーターの不満は「バッテリー持ち」 J.D.パワーが実態調査
J.D.パワーがモバイルデータ通信の顧客満足度調査を実施。「バッテリー持ち」と「起動してからネットへ接続するまでの待ち時間」への不満が高いという利用実態が分かった。(2015/6/26)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
ドコモが下り最大225MbpsのLTE-Advancedを2015年3月に開始/相次ぐ格安SIMの増量キャンペーン
ドコモが約1年ぶりとなるモバイルWi-Fiルーターの新機種を発表。LTE-Advanced対応で下り通信速度を225Mbpsまで高速化した。2015年以降に発売の予定だ。また競争の激しいMVNO関連では、料金据置のまま、データ通信量の増量を各社が発表した。(2014/10/14)

LTE-Advanced対応:
3型タッチパネル搭載、下り225Mbps対応の「Wi-Fi STATION L-01G」を発表
ドコモのLG製「Wi-Fi STATION L-01G」は、下り225Mbps/上り50Mbpsの高速通信「LTE-Advanced」に対応するモバイルWi-Fiルーター。容量4880mAhのバッテリーを備え、モバイルバッテリーとしても利用可能。【写真追加】(2014/9/30)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
WiMAX 2+対応ルーター「HWD15」は買い?/モバイルWi-Fiルーターのアップデート悲喜こもごも
WiMAXハイパワーに対応したWiMAX 2+対応ルーター「HWD15」や、テレビチューナー搭載のモバイルWi-Fiルーターが新発売。ソフトウェア更新によって、ドコモのモバイルWi-Fiルーター2機種が、海外のSIMカードでLTE接続可能になった。(2014/8/14)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
ドコモの「Wi-Fi STATION HW-01F」はココが新しい/東名阪で下り最大112.5Mbpsの「Xi」開始
ドコモは、5GHz帯のWi-Fiに対応する「HW-01F」を発売。4月1日には、東名阪で1.5GHz帯を使った下り最大112.5Mbpsの通信サービスを開始した。これら2つのトピックと、MVNOの動きや「ワイモバイル」についても触れたい。(2014/4/16)

NTTドコモ、3月31日からLTE国際ローミング開始
当初の予定通り、2013年度に間に合った。使えるのは、米国に香港、そして、フランスなど。(2014/3/26)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
スマホ料金、もっと安く──低価格SIMサービスの“音声通話対応”と事業者間接続料の改定に注目
2014年2月〜2014年3月初旬のモバイル通信&ルータ事情で注目したい項目をピックアップ。“ほぼ全部入り”な特徴を持つLTEルータが登場、加えて「音声サービス対応」の低価格SIMサービスも増えてきた。(2014/3/25)

24時間動作+4バンドLTE+11ac+SIMフリー(予定):
もしかして“無双”? ツウ好みの高性能LTEルータ「AtermMR03LN」をねっとりチェック(機能チェック編)
タッチ操作対応のスリム&軽量ボディ、最大150MbpsのクアッドバンドLTE対応、24時間動作のBTテザリング、12時間Wi-Fi動作、802.11ac、そしてSIMロックフリー(予定)!。モバイラーが“これならっ!”と飛びつきたくなる機能と特長をギュッと凝縮したLTEルータ「AtermMR03LN」の実力を検証する。まずは機能のチェックから。(2014/2/28)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
WiMAX 2+の「Try WiMAX」と、通信サービスの「2年長期契約」に思うこと
2014年1月〜2014年2月初旬のモバイル通信&ルータ事情で注目したい項目をピックアップ。モバイラー好みの機能と特長を多く備えたクアッドバンドLTE対応ルータの登場、2年契約と“お試し”について紹介する。(2014/2/20)

ドコモ、タッチパネル搭載のモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION L-02F」を2月22日発売
ドコモは、3インチのタッチパネルを搭載したモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION L-02F」を2月22日に発売する。3600mAhの大容量バッテリーを搭載し、モバイルバッテリーとして利用できる。(2014/2/18)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
WiMAX 2+とHWD14の“惜しかった”ところ、低価格SIMサービスの「SMS対応」が意味すること
2013年12月〜2014年1月初旬のモバイル通信&ルータ事情で注目したい項目をピックアップ。現時点唯一のWiMAX 2+機器に不具合修正+LTE無料キャンペーンが行われ、“かなりよくなった”ようだ。今回は、改めて「WiMAX 2+はどうか」を確かめつつ、魅力的なサービスが続々登場する低価格SIMサービスのトレンドもチェックする。(2014/1/30)

LTE/WiMAX 2+で高速化、長時間、高機能化……:
2013年にグッときたポータブルWi-Fiルータ“ベスト3”
2013年に発売されたモバイルWi-Fiルータの「ベスト3」を紹介しつつ、この1年間のポータブルルータ事情を振り返る。(2013/12/30)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
新海外データ定額プラン「海外1Dayパケ」開始、これまでの“海外パケ・ホーダイ”と何が違う?
2013年11月〜12月初旬のモバイル通信&ルータ事情で注目したい項目をピックアップ。後編は海外渡航時のライト層に向けたと思われるドコモ新サービスをチェックする。【後編】(2013/12/26)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
WiMAX 2+とドコモ150Mbps対応ルータに思うこと、いくつか
2013年10月〜11月初旬のモバイル通信&ルータ事情で注目したい項目をピックアップ。今回は新サービス「WiMAX 2+」、通信事業者の冬〜春商戦向けモデルとなる高速データ通信対応の新型ルータにスポットを当て、現在の通信サービス事情とともに機能をチェックする。(2013/11/15)

モバイルバッテリーにも:
3インチタッチパネルで快適操作、下り150Mbps対応の「Wi-Fi STATION L-02F」
ドコモのLG製「Wi-Fi STATION L-02F」は、下り最大150MbpsのXi通信に対応したモバイルWi-Fiルーター。3インチのタッチパネルを搭載し、PCいらずでさまざまな設定を行える。(2013/10/10)

スリートップならぬ“おススメ機種”を用意:
下り最大150Mbpsに3日間長持ちバッテリー、ドラクエコラボなど――ドコモが2013-2014冬春モデルを発表
ドコモが2013年冬・2014年春向け新モデルを発表。スマートフォン10機種、タブレット1機種、フィーチャーフォン2機種、モバイルWi-Fiルーター2機種などを10月中旬から順次発売する。(2013/10/10)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。