ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「マネージドサービス」最新記事一覧

構築、開発から運用、サポートまでをワンストップ型の月額課金制で展開:
日立、「SAP HANA」のマネージドクラウドサービスを開始
日立製作所が、SAP HANAのフルマネージド型クラウドサービスを開始。専任サポート付きで、環境構築から運用までのサービスを一括して提供する。(2016/11/24)

セキュリティ向上/容量拡張などが目的:
クラウド導入によってWAN見直しも実施、閉域網利用はまだ少数派──IDC調査
IDCジャパンが、「2016年国内マネージドICTおよびネットワークサービスの利用に関するユーザー調査」の結果を発表した。企業におけるクラウド導入がWANの利用を見直すきっかけになっているという。(2016/7/11)

脅威に負けない我が社のセキュリティ強化大作戦:
今後のセキュリティ対策を左右するマネージドサービスの使い方
セキュリティの脅威が高まるにつれて、企業が自社で対策を運用することは困難になります。その状況に対応していく新たなセキュリティ対策で注目されているのが、「マネージドセキュリティサービス」の活用です。(2016/6/27)

開発/検証用途の無償版も登場予定:
PR:「Oracle Database Cloud Service」は今、何ができるのか 2016年、何ができるようになるのか
「Oracle Database Cloud Service」は、Oracle Databaseを利用する企業に最適なクラウドサービスだ。2016年は開発/検証用途で使える無償版や、オラクルが全ての運用管理作業を行うマネージドサービスも登場し、さらに身近で使いやすくなる。[パブリッククラウド][Oracle Cloud](2016/4/25)

オラクルのクラウドインフラを自社DCに置く:
「Oracle Cloud」完全互換スタック付きフルマネージド「Oracle Cloud at Customer」
オラクルは、「Oracle Cloud」と100%互換性のあるスタックを企業が自社データセンターで利用できるようにするフルマネージドサービス「Oracle Cloud at Customer」を発表した。(2016/3/28)

3Dゲームエンジンとマルチプレーヤーゲーム向けマネージドサービス:
AWSがゲーム開発者向けのバックエンドサービスと開発環境を発表
AWSは無料の3Dゲームエンジン兼開発環境と、マルチプレーヤーゲーム向けマネージドサービスを提供開始した。(2016/2/10)

GPUインスタンスを活用、CPUのみでも利用可:
AWS/Azure上でTensorFlow、CNTKを――機械学習環境のマネージドサービスが登場
クラスキャットが、機械学習環境のマネージドサービス「ClassCat Deep Learning Service v2」の提供を発表した。Amazon Web ServicesとMicrosoft Azureに対応する。(2016/2/1)

失敗しない「学校IT製品」の選び方:マネージド無線LANサービス編【後編】
“無線LANの悪夢”から学校を解放する「導入・運用丸ごとお任せサービス」とは?
無線LANの導入や運用管理は、教育機関にとって大きな負担となる。そうした作業を丸ごとアウトソースできる手段が「マネージド無線LANサービス」だ。その選定ポイントを示す。(2016/1/5)

1万5000IOPS、10TBデータ、104GBメモリまでスケール:
米グーグルがMySQL互換マネージドサービス「Cloud SQL」の第二世代を発表
MySQL互換のクラウドデータベース「Cloud SQL」がパフォーマンスを強化。1万5000IOPS、10TBデータ、104GBメモリまでスケールする。(2015/12/16)

Cloud Foundryとも統合:
米HPEはOpenStackクラウドをあきらめていない、Managed Cloudでベータ提供開始
米HPEは、マイクロソフトとのMicrosoft Azureに関する提携発表と同じ2015年12月1日、同社のマネージドクラウドサービス「HPE Helion Managed Cloud」の選択肢の一つとして、「HPE Helion OpenStack 2.0」のマネージドサービスをベータ提供開始したことを明らかにした。2016年の早い時期に、一般提供を開始したいという。(2015/12/7)

Simple ADも継続提供:
AWS、Active Directoryのマネージドサービス「Microsoft AD」を提供開始
米Amazon Web Services(AWS)は2015年12月3日(米国時間)、Microsoft Active Directoryをサービスとして提供する、「AWS Directory Service for Microsoft Active Directory (Enterprise Edition)」(Microsoft AD)の提供開始を発表した。(2015/12/4)

アプリケーションレイヤーへの高度なサイバー攻撃を防御:
東京エレクトロン デバイスがWAFのマネージドサービスを発表
東京エレクトロン デバイスは、Webアプリケーションファイアウオールを利用したセキュリィサービスの提供を開始すると発表した。F5ネットワークスジャパンのBIG-IP ASMとNRIセキュアテクノロジーズの運用サービスを組み合わせて、アプリケーションへの攻撃を検知・防御する。(2015/10/22)

「AWS Summit Tokyo 2015」リポート:ゼンリンデータコム
ゼンリンデータコムのビッグデータチームが指南、AWSマネージドHadoopの勘所とは?
ゼンリンデータコムは、位置情報に基づく高度な行動分析にAWSのマネージドHadoopサービスを使っている。その道のりは険しく、自前システムから4世代目で現在の姿にたどり着いた。試行錯誤の末に導き出したAWS活用方針とは。(2015/6/26)

「AWS Cloud Roadshow福岡」東急ハンズ講演リポート(後編)
どこまでもAWSを使い倒す、東急ハンズが掲げるクラウド利用 5つの方針
今後のAWSの利用ではフルマネージドを目指すという東急ハンズ。ベンダーロックインは覚悟の上で、AWS特有のサービスを積極的に活用していくという。(2014/11/26)

ユーザー企業が“本当に欲しい”クラウドを探る【後編】
【徹底比較】マルチクラウドを見据える「マネージドクラウド」14社
業務システムで利用可能なITインフラとして「マネージドクラウド」に焦点を当てる。ユーザーにはどのようなサービスの選択肢があるのか。後編では“個別要求”をテーマに比較した。(2014/9/25)

日本HP、月額約1万円からのマネージドIaaSを開始
「HP Helion Managed VPC Lean」サービスを発表。アプリ開発や軽いワークロードなどに適しているという。(2014/9/8)

ファイア・アイの標的型対策製品を活用:
ラックがマネージドサービス強化、「未知の脅威」を発見しアドバイス
ラックは2014年3月6日、JSOCで提供しているセキュリティマネージドサービスに、米ファイア・アイの機器を用い、未知の脅威の検出に特化したサービスを追加することを発表した。(2014/3/7)

通信事業者のソリューション/マネージドサービス市場、成長率は低下傾向――IDC調査
IDC Japanは、国内通信事業者のソリューション/マネージドサービス市場予測を発表した。2013年の同市場規模は前年比3.6%増の5754億円。また2018年には6555億円となると予測されている。(2014/2/6)

SonicWALLに資産管理やマネージドサービスもワンストップで:
ネットワークだけじゃない、トータルセキュリティを――デルが戦略説明会
デルは2014年1月24日、UTM製品「SonicWALL」とマネージドサービス「SecureWorks」を中心としたセキュリティ事業戦略について説明会を開催した。(2014/1/24)

PLMニュース:
「“誤表示”では済みません」米国紛争鉱物規制対応ソリューションをPTCが発表
PTCは米国の紛争鉱物規制に関する作業を効率化できる「PTC Materials Complianceソリューション」をリリース。マネージドサービスで提供を開始する。(2013/11/18)

日本IBM、マネージドクラウドとSAPアプリ向けクラウドを機能強化
日本IBMは、「IBM SmarterCloud Enterprise+」とSAPアプリケーション向けのクラウドサービス「IBM SmarterCloud for SAP Applications」の最新版を発表した。(2013/11/12)

ITアウトソーシングサービス提供企業のリコージャパンが選んだ製品:
PR:中堅・中小企業 仮想環境のバックアップ、専門家に聞く「ファースト提案」の中身
複合機やプリンターなどのオフィス向け画像機器やITサービス、コミュニケーションの領域まで、オフィスのトータルソリューションを提供するリコージャパン。同社では昨年から本格的にスタートさせた「マネージドITサービス」が好評だ。このサービスは、中堅・中小企業で高まるITアウトソーシングニーズに応え、IT環境の状況や要望に併せて、対象機器ごとや、導入や運用・保守などの活用フェイズごとにサービスをモジュール化、必要なサービスを組み合わせて提供するという新しいサービス提供のスタイルとなっている。最近では、CA ARCserveシリーズで仮想化バックアップソリューションを大幅に強化している。この分野でのユーザーニーズがどのようであり、その解決策にはどのようなものがあるのか。リコージャパンの「マネージドITサービス」担当者に話を聞いた。(2013/7/1)

NTT Com、世界市場向けにマネージドセキュリティサービスを刷新へ
セキュリティサービスブランドを「WideAngle」に一新し、リスクマネジメントサービスのグローバル市場で提供していく。(2013/6/20)

DR関連データセンターの立地、「関東/甲信越」の比率が低下――IDC調べ
IDCによる2013年の国内マネージドサービス市場企業ユーザー調査結果では、データセンターサービスやマネージドサービスの利用が堅調に伸びていることが明らかになった。(2013/5/16)

Maker's Voice:
見えなかった脅威をあぶり出すマネージドセキュリティサービスの最前線
多発する標的型サイバー攻撃など、セキュリティの脅威が深刻さを増す中、セキュリティシステムでの監視や運用をサポートするマネージドセキュリティサービスでは新たな取り組みが進んでいる。(2013/4/12)

NRIセキュア、米国でセキュリティサービス事業を本格展開
資本・業務提携を締結した米Proficioとの協業により、米国でのセキュリティサービス事業を本格的に開始する。さらに世界のマネージドセキュリティサービス市場への展開を目指す。(2013/4/5)

定期的なセキュリティ診断もバンドル:
アズジェント、マルチベンダのマネージドセキュリティサービス提供
アズジェントは3月28日、「セキュリティ・プラス」という新ブランドの元、セキュリティサービスを本格的に展開することを発表。第1弾としてマルチベンダのセキュリティ機器に対応した「セキュリティ・プラス マネージメントセキュリティサービス」を提供する。(2013/3/29)

サーバ負荷軽減に効果:
ベリサイン、SSLサーバ証明書で楕円曲線暗号とDSAに対応
日本ベリサインは、SSLサーバ証明書発行サービス「マネージド PKI for SSL」の対応アルゴリズムを拡大し、RSAに加え「楕円曲線暗号(Elliptic CurveCryptography:ECC)」と「デジタル署名アルゴリズム(Digital Signature Algorithm:DSA)」に対応する。(2013/2/15)

通信事業者のソリューション市場、2017年には1兆2518億円規模に――IDC予測
国内通信事業者のソリューション/マネージドサービス市場は年率4.9%で拡大し、2017年に1兆2518億円規模になるとIDC Japanが予測。(2013/2/12)

無停止運用と仮想化を同時に実現するソフトウェアFT
企業事例が実証する無停止運用システム構築のポイント ――高信頼性対策&低コスト両立の最適解とは
ビジネスアプリケーションのマネージドサービスを主に中小企業向けに低価格で提供するジェイテック。サービスの競争力と採算性を両立するため選んだのは日本ストラタステクノロジーの「Stratus Avanceソフトウェア」だった。(2013/2/8)

コンサルティングやマネージドサービスを提供:
デルがセキュリティサービスを国内でも展開へ
デルは2月5日、ペネトレーションテストに基づくリスクコンサルティングやマネージドセキュリティサービスなどから構成されるセキュリティサービスを、日本国内でも本格的に展開することを明らかにした。(2013/2/6)

NTT Com、セキュリティ監視サービスで標的型攻撃対策を強化
「Bizマネージドセキュリティサービス」に企業を標的としたサイバー攻撃に対応する3種類の新機能を導入した。(2012/9/28)

マネージドサービス普及や景気後退が原動力に
10億ドル市場に急成長、「UTM」はなぜ売れるのか
統合脅威管理(UTM)市場が活況を呈している。市場規模は既に10億ドルの大台を突破し、今後も成長が続く見通しだ。背景には、マネージドサービスの普及やコスト意識の高まりがある。(2012/8/24)

日本IBM、マネージド型IaaSを提供開始
「IBM SmarterCloud Enterprise+」の米国およびドイツのデータセンターからサービス提供を開始した。日本のデータセンターは8月からとなる。(2012/5/15)

ベリサインがマネージド PKIサービスを刷新、「Symantec」ブランドを採用
認証局構築や電子証明書発行などを行う「マネージド PKIサービス」での機能やユーザーインタフェースデザインなどを一新する。(2012/5/9)

アドビ、Web会議のマネージドサービスを提供 在宅勤務に効果
Adobe ConnectがAWS上で「Adobe Connect Managed Services」として利用できるようになった。提供はパートナーのサムライズが行う。(2011/8/4)

KDDIウェブコミュニケーションズ、root権限付き専用サーバでフルマネージドサービス
root権限付きレンタルサーバながら構築・運用も代行するフルマネージドサービスをKDDIウェブコミュニケーションズが開始。(2010/9/22)

エアネット、仮想化技術活用のプライベートクラウドサービス
エアネットが仮想化技術を活用した「AIRプライベートクラウド」を開始。運用管理とセットにしたフルマネージド型サービスで、、専用サーバとの連携も可能だ。(2010/9/16)

マネージドVPNはプライベートクラウドへの第一歩
セキュア・安価な拠点間接続の最右翼、マネージドVPN最新事情
本社や支店など、拠点間を接続するにはもはやVPNが必須といえる。しかし、VPNの導入や回線の運用は中小企業にとって決して容易ではない。こうした問題は、マネージドVPNの導入によって解決できる。(2010/1/27)

NEWS
NECネクサ、WiMAXなど高速ワイヤレス回線が利用可能なマネージドVPNを提供
NECネクサソリューションズは、インターネットVPNサービス「Clovernet Standard」のアクセス回線にワイヤレスブロードバンド回線を使用する「ClovernetワイヤレスVPN」の提供を開始した。(2010/1/14)

ホワイトペーパー:
中堅中小企業が“マネージド スイッチ”を選ぶべき、4つの理由
なぜ、いま、マネージドスイッチを選ぶべきなのか? 4つのメリットをご紹介する(提供:シスコシステムズ)。(2009/12/22)

米TippingPoint、中規模システム向けIPSを発売
米TippingPointの日本支社は、中規模システム向けIPS「TippingPoint 110」とマネージドサービス事業者向けの「同330」を発売した。(2009/9/28)

SaaSベンダーにも提供:
PR:マネージドホスティングがITコスト削減の決定打になる
IT関連予算の中で、人的コストは大きな存在だ。特に予算規模が大きくない中堅・中小企業では、システムの運用に必要な人員を確保するだけでも負担になってしまう。こうした課題に対する解として、ホスティングサービス大手のGMO-HSはマネージドサービスを提供しているという。(2009/7/16)

中堅・中小企業のためのマネージドVPN【後編】
導入前に要チェック! 3つのマネージドVPNの見どころを押さえる
「簡単、安心、手間いらず」で安価に運用できるマネージドVPNは、IP-VPNとは違うサービスとして注目される。では、料金やサポートなどサービス内容についてはどうか。気になる部分をチェックしてみよう。(2009/2/26)

中堅・中小企業のためのマネージドVPN【前編】
IP-VPNとマネージドVPN、どちらを選ぶ?
今やオフィス間、あるいはリモートアクセス手段としてVPNは欠かせない存在となった。その一方で問題となるのは、導入や運用の難しさ。こうした問題を解決する切り札となるVPNサービスがある。(2009/2/12)

欧州では数千社の利用見込み:
マルウェア対策管理のクラウドサービスとは
Panda Securityは5月からクライアントセキュリティ管理のマネージドサービスを開始した。飲食業界や教育業界の企業での利用が拡大しているという。(2008/12/12)

LVM技術で進化するサーバサービス:
PR:ビジネスの成長に合わせて柔軟にディスク領域を変更
「ビジネスの成長は予測不可能。Webビジネスはフレキシブルにリソースをコントロールしたい」。そんなユーザーが注目するサーバサービスが登場した。@YMCが提供する、「マネージド2000/4000」と「カスタム2000/4000」がそれだ。ディスク管理機能「LVM」をフル活用し、柔軟な運用を可能にした。(2008/11/26)

NEWS
インテル、マイクロソフト、ウチダスペクトラムがPC運用管理の新イニシアチブを設立
インテル、マイクロソフト、ウチダスペクトラムの3社の協業により、クライアントPCの運用管理を支援する「マネージド ビジネスPC イニシアチブ」が発足。3社共同でソリューション提供や技術検証を行っていく。(2008/10/17)

ホワイトペーパー:
ホステッド/マネージドサービスの導入を検討する上でチェックすべき重要事項
ホステッド/マネージドメッセージングシステムの導入を考える際には、その管理方法を評価すべきだ。偏りのない考察と分析を行うにはどのような項目をチェックすればよいのか(提供:トレンドマイクロ)。(2008/10/14)

NEWS
ベリサインの電子認証、ANA旅客機「ボーイング787」の基盤システムに採用
ANAが次世代旅客機「ボーイング787」の基盤システムの1つとして認証サービス「ベリサイン マネージドPKI」を採用した。実績、セキュリティ面の堅牢性を評価。(2008/6/18)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。