ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マーケティングオートメーション」最新記事一覧

オープンソース活用研究所と共同で:
コンテンツマーケティングとセミナーでIT企業のリード獲得・育成を支援、イノーバがサービス提供
イノーバはオープンソース活用研究所と共同で、IT企業の新規見込み客の獲得と売り上げアップを支援するサービス「ITソリューションサイト運用サービス」の提供を開始すると発表した。(2017/3/22)

【連載】マーケティングオートメーションの新法則 第4回:
マルチチャネル時代のリード獲得手法を理解する
MAの実践は、リード情報がなければ始められません。まずはMAにおけるリードの獲得とは何か、その仕組みについて理解しましょう。(2017/3/17)

「SHANON MARKETING PLATFORM」の導入支援を実施:
シャノンとグリードナーチャリング、マーケティングオートメーションの導入支援で業務提携
シャノンは、同社のマーケティングオートメーションツール「SHANON MARKETING PLATFORM」の導入支援において、グリードナーチャリングと業務提携に合意したことを発表した。(2017/3/16)

リード情報とコンテンツ作成を完全分離:
月額5000円から使えるマーケティングオートメーション「Kairos3」に新たなログイン権限
カイロスマーケティングは、マーケティングオートメーション「Kairos3」に、デザイナーや外部業者向けのログイン権限を追加した。(2017/3/14)

【連載】マーケティングオートメーションの新法則 第3回:
B2BとB2C、マーケティングオートメーションと相性の良い商品を理解する
グリードナーチャリング 永井俊輔氏の新刊からマーケティングオートメーション活用のポイントを抜粋して紹介する本連載。今回は、MAと相性の良い商材について解説します。(2017/3/10)

アクセンチュアなど11社と協業:
「Marketo ABM」が本格展開、日本でABMを成功させるための条件とは?
マルケトはB2Bマーケティング支援事業を営むパートナー11社と協業し、日本市場に向けて「Marketo Account-Based Marketing」を本格提供すると発表した。サービスの背景と今後について聞いた。(2017/3/9)

ユーザーの購買行動も蓄積可能:
Lifull Marketing Partners、物件情報管理サービス「LMPマーケティングジャーニー」を提供
Lifull Marketing Partnersは、新築分譲マンション、分譲戸建て、分譲宅地事業者向けに「LMP Marketing Journey」を2017年3月中に販売すると発表した。(2017/3/10)

【連載】マーケティングオートメーションの新法則 第2回:
MAが自動化する範囲をAIDMAで理解する
今回は、MAツールの運用に入る前に、自社のマーケティングや営業活動の何を自動化すればよいのか、AIDMAモデルを使って理解する方法を紹介する。(2017/3/3)

顧客の動画戦略の効率化を目指す:
動画とマーケティングオートメーションを統合、シンフォニーマーケティングがブライトコーブと提携
シンフォニーマーケティングはブライトコーブと提携し、企業による動画マーケティングの促進、追跡、実行を可能にする統合マーケティングソリューションを共同で提供する。(2017/3/1)

【連載】スモールスタートで成功するマーケティングオートメーション 第2回:
マーケティングオートメーションの起点「刺さるコンテンツ」を定義する
マーケティングオートメーションを始める上で魅力的なコンテンツは不可欠ですが、やみくもに作り始めても、なかなかうまくいきません。まずはしっかりとした「設計図」の作り方から学びましょう。(2017/3/6)

【連載】マーケティングオートメーションの新法則 第1回:
マーケティングオートメーションに欠かせない6つの機能を理解する
マーケティングオートメーションの本質を体系立てて理解したいマーケターのための手引書が求められている。この連載ではグリードナーチャリング 永井俊輔氏の新刊からポイントを抜粋して紹介する。(2017/2/24)

商談を創出する仕組みを提供:
イノーバとピー・ディー・アールが協業、コンテンツマーケティングとインサイドセールスをワンストップで提供
イノーバはこのほど、インサイドセールスのコンサルティング企業ピー・ディー・アールと顧客企業向けのサービス提案・提供で協業すると発表した。(2017/2/21)

セールスフォース・ドットコムとコンサルティングパートナー契約を締結:
アシストが「Salesforce Pardot」を取り扱い、CMS「NOREN」と組み合わせて販売へ
アシストは、セールスフォース・ドットコムとコンサルティングパートナー契約を締結した。MAツール「Salesforce Pardot」の取り扱いを開始し、グループ会社・のれんのCMS「NOREN」と組み合わせて販売を行う。(2017/2/16)

キャンペーン施策の成約率が約2倍に:
高級ECサイト運営のルクサが「Oracle Testing and Personalization」を導入
日本オラクルは「Oracle Testing and Personalization」を活用したB2Cマーケティング向けの取り組みについて説明会を実施した。(2017/2/14)

セミナーレポート:
日本企業のインサイドセールスはどうあるべきか?
2017年1月20日にアイティメディアとSCSKサービスウェアが共催したセミナー「デジタル+アナログで攻める 日本企業に最適なB2Bマーケティング手法とは」の内容をダイジェストで紹介する。(2017/2/13)

「List Finder」から名刺の検索が可能に:
「List Finder」と「Sansan」、データ連携を開始
イノベーションは、同社のマーケティングオートメーションツール「List Finder」において、Sansanが提供する法人向け名刺管理サービス「Sansan」とAPIによるツール間のデータ連携を開始した。(2017/2/10)

最短20分後のトリガーメッセージ配信が可能:
「xross data」にメールとLINEへのメッセージ配信機能
セランは2017年2月9日、クラウド型マーケティングオートメーションツール「xross data(クロスデータ)」に「LINE@」アカウントとメールでのメッセージ配信に対応したコミュニケーション機能を追加した。(2017/2/10)

「Marketo」連携も可能:
動画で名前の呼びかけや個別の案内情報、IBSがパーソナライズド動画サービスを提供開始
インテリジェンス ビジネスソリューションズは顧客一人一人のニーズに合わせたパーソナライズド動画をメール配信できるサービス「personalize me(パーソナライズミー)」の提供を開始した。(2017/2/7)

PR:4億ユニークブラウザの行動データを分析する「次世代マーケティング基盤」を安定稼働させるには――マイクロアドが「Lenovo x86サーバ」を選んだ理由
のべ4億ユニークブラウザにものぼる膨大な行動データを分析し、年齢や性別、地域ごとの行動の違いや広告への反応、商品への興味関心の有無を導き出す――。次世代マーケティング基盤「UNIVERSE」を提供するマイクロアドは、安定した高信頼のサービスを実現するために、どのようなシステムを選んだのだろうか。(2017/2/7)

招待や受付、アンケートも:
大日本印刷、イベント招待から当日の反応まで収集できるイベントマーケティング支援システムを発表
大日本印刷は、イベントへの顧客の招待から来場の有無、会場での反応、アンケート回答などの情報を収集・管理する「DNPイベントマーケティング支援システム」を2017年春に発売する。(2017/1/31)

マーケティングオートメーション、DMP市場が高成長:
ITRが統合型マーケティング支援市場規模推移および予測を発表
ITコンサルティングのITRは2017年1月31日、国内統合型マーケティング支援市場の市場規模推移と予測を発表した。(2017/1/31)

複雑な条件分岐設定は不要:
MAツール「List Finder」に、メール配信成果向上のための「ステップメール機能」
イノベーションは、MAツール「List Finder」において、メール配信成果向上のための「ステップメール機能」を実装した。(2017/1/26)

見込み客情報の自動メール機能も:
MAツール「List Finder」に、有望な見込み客発見を促すスコアリング機能
イノベーションは、マーケティングオートメーションツール「List Finder」に有望な見込み客の発見を促す「スコアリング機能」を実装したと発表した。(2017/1/24)

迅速かつ一貫したコミュニケーションを実現:
IMJ、Tealiumの導入・活用支援サービスを開始
アイ・エム・ジェイは、グマネジメントのTealiumと国内販売代理店契約を締結し、Tealiumの導入支援サービスを開始した。(2017/1/19)

【連載】スモールスタートで成功するマーケティングオートメーション 第1回:
「導入するも放置」が多数――マーケティングオートメーションを持て余す企業は何を間違えているのか
せっかくマーケティングオートメーションを導入したのにうまく活用できない企業が少なくありません。成功のコツは「小さく始め、大きく育てる」こと。本連載で具体的な方法を学びましょう。(2017/1/18)

ホットリード化の確率を予測:
アイズファクトリー、「Marketo」のスコアリングとシナリオを最適化するクラウドサービスを提供
アイズファクトリーは、「Marketo」のスコアリングとシナリオを最適化するクラウドサービス「bodais for Marketo」の販売を開始したと発表した。(2017/1/16)

間接コンバージョンも評価対象に:
ジーニー、マーケティングオートメーションプラットフォーム「MAJIN」にアトリビューション機能を追加
ジーニーは、マーケティングオートメーションプラットフォーム「MAJIN」に、アトリビューション機能を追加したと発表した。(2017/1/16)

導入支援コンサルティングサービスを開始:
富士通がMarketoとマーケティングオートメーション事業で協業
富士通は2017年1月13日、マーケティングオートメーション事業において、Marketoと協業すると発表した。(2017/1/13)

2017年 新春インタビュー特集:
働き方を含めたビジネスインフラの変革に注力――富士通・阪井常務
ワークスタイル変革やデジタル変革といった数々の“変革”が叫ばれるが、それらは企業のビジネスインフラに直結する。世界16万人の社員が働き方変革を実践する富士通が、2017年に目指すものとは――。(2017/1/11)

リード研所長が聞く:
マーケティングと営業の溝を埋めるため「本物のABM」の話をしよう――庭山一郎(シンフォニーマーケティング)
新刊『究極のBtoBマーケティング ABM(アカウントベースドマーケティング)』を上梓した庭山一郎氏。B2B企業のマーケターに伝えたいABMの本質とは?(2017/1/6)

年間記事ランキング2016 【取材レポート編】:
「Coke ON」「AbemaTV」「Pepper」他、ITmedia マーケティング読者が2016年に注目したトピックは?
「マーケ×IT」の最新潮流を伝えるITmedia マーケティング。2016年に公開した全記事の中から最もよく読まれた記事をランキング形式で紹介します。今回は取材レポート編です。(2016/12/29)

年間記事ランキング2016 【連載編】:
神田昌典氏特別寄稿他、ITmedia マーケティングで2016年に最も読まれた連載は?
「テクノロジーがマーケティングを進化させる」を合言葉にマーケ×ITの最新潮流を伝えるITmedia マーケティング。2016年に読者はどんな記事に注目したのか、ランキング形式で振り返ります。まずは連載編から。(2016/12/28)

ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第2回】
製薬企業の営業・マーケ部隊をITで支援する2つの方向性とは?
MR(医薬情報担当者)の多くは、顧客である医師と5分以内の面談時間で情報提供をしているというデータがある。このような制約下で営業・マーケティング部隊の生産性を高めるためにITが貢献できることは何だろうか。(2017/1/10)

【連載】オムニチャネル時代のコミュニケーションの「ツボ」 最終回:
「カスタマージャーニーを顧客コミュニケーションに落とし込む」とは結局どういうことか
顧客の数だけ「旅」があり「旅」の数だけシナリオがある。適切なタイミングで顧客にメッセージを届けるためには膨大なシナリオを実行する必要がある。言うだけなら簡単。どう実行するか。(2016/12/26)

プラットフォームを共同提供:
ブレインパッドとトレジャーデータが連携、ビッグデータをフル活用した施策をシームレスに展開可能に
ブレインパッドとトレジャーデータは両社のサービスを連携し、ワンツーワンマーケティングプラットフォームを共同で提供する。(2016/12/16)

「B2Bhack.com」主宰 飯室淳史氏が講演:
「顧客中心」の組織作り、誰もやらないならマーケターがやるしかない
外資系医療機器メーカーのデジタルマーケティング責任者を長く務めた飯室淳史氏が「デジタル時代を勝ち抜くマーケティングと組織」を語った。(2016/12/15)

全機能を試用可能:
マーケティングオートメーション「SATORI」、無料アカウントサービスを開始
SATORIは、マーケティングオートメーションツール「SATORI」において無料アカウントサービスを開始したと発表した。(2016/12/7)

ビズリーチ、freee、Viibarが導入:
Web接客の「KARTE」がB2B向け活用も視野に「Marketo」と連携
プレイドは、同社が提供するWeb接客プラットフォーム「KARTE」とマルケトが提供するマーケティングオートメーションツール「Marketo」が連携開始したと発表した。(2016/12/2)

成果につながる考え方:
エキスパートが語る「高速PDCA」の回し方――シナリオ設計から組織と仕組み作りまで
PDCAの重要性は頭では理解していても実践が難しいと悩むWeb担当者へ、シナリオ設計から組織と仕組み作りまで実践的なノウハウを紹介する。(2016/11/24)

ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第1回】
製薬企業のIT部門は販促活動の環境変化に備えよ――知っておくべき技術トレンド
専門性の高い情報を扱い、医薬品の適正使用を促すサイクルを構築するMR(医薬情報担当者)の業務には、データ分析やデジタルマーケティング技術の活用が大きな効果をもたらす可能性がある。(2016/11/28)

Webサイトで成果を出すためのトータルソリューションを実現:
人工知能でWeb改善のWACULなど3社とエイジアが協業
エイジアは、エスキュービズム、WACUL、ミックスネットワークの3社と協業を開始する。ECサイトやWebサイトのコンバージョンアップへ向けたトータルソリューションを共同で提供する。(2016/11/21)

リード研所長が聞く:
B2BとB2Cでマーケティングはどう違うのか? ABMの伝道師に素朴な疑問をぶつけてみた――中東孝夫氏(KDDI)
アカウントベースドマーケティング(ABM)が注目されている。日本においてそれをいち早く実践し、成果を上げてきたエキスパートに話を聞いた。(2016/11/25)

データマネジメントでMAの効果を最大化:
シンフォニーマーケティング、「Oracle Eloqua」のAPI連携ソリューションを提供開始
シンフォニーマーケティングは、同社が提供する顧客データ管理ツールと日本オラクルが提供するマーケティングオートメーション「Oracle Marketing Automation (Oracle Eloqua)」をAPI連携させるソリューションの提供を開始した。(2016/11/10)

リード情報の移行が可能に:
マーケティングオートメーション「MAJIN」が、法人向けクラウドサービス比較サイト「ボクシル」と連携
ジーニーは、マーケティングオートメーションプラットフォーム「MAJIN」において、スマートキャンプが運営する法人向けクラウドサービスマッチングサイト「ボクシル」と連携すると発表した。(2016/11/4)

Sales Cloud、Google Analyticsなど対象:
シャノン、他社サービスと自社MAツールを個別開発なしに連携できる「シャノンコネクト」を発表
シャノンは、同社のマーケティングオートメーションツールにおいて、個別の開発をしなくても国内外のサービスや製品と連携可能にする「シャノンコネクト」を発表した。(2016/11/4)

44歳のリーダーがデジタルトランスフォーメーションを促進:
Marketo、新CEOにSAP出身のスティーブ・ルーカス氏
Marketoは2016年11月1日、最高経営責任者が交代したことを発表した。(2016/11/2)

正確でタイムリーなリード情報を供給:
「SHANON MARKETING PLATFORM」が「kintone」と相互連携
シャノンは、同社のマーケティングオートメーションツールにおいて、サイボウズが提供する業務アプリクラウドサービス「kintone」とデータを相互に連携させるkintoneアプリケーションを提供すると発表した。(2016/10/28)

【連載】営業の生産性を向上させる「インサイドセールス」活用術 第4回:
デマンドジェネレーションを強力に支援するインサイドセールスの「7つ道具」
今回は、インサイドセールスの効果を最大化するためのコミュニケーション手段や情報共有の仕組み、各種ツールについて紹介します。(2016/10/27)

エンゲージメントの創出、管理機能を強化:
マーケットワン・ジャパン、「SHANON MARKETING PLATFORM」活用で「デマンドセンターBPOサービス」を拡充
マーケットワン・ジャパンは、同社の「デマンドセンターBPOサービス」において、シャノンが提供するマーケティングオートメーションツール「SHANON MARKETING PLATFORM」を活用したサービス拡充を行うと発表した。(2016/10/21)

デジタルとアナログの連動:
エイジアとディーエムエス、マーケティングオートメーションを活用したDMの自動発送などEC事業者向け販促支援サービスを共同提供
エイジアは、DMなどのダイレクトコミュニケーションに特化したアウトソーシングサービスを提供するディーエムエスと業務提携契約を締結したと発表した。(2016/10/17)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。