ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マーケティングオートメーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マーケティングオートメーション」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

企業のマーケティング活動をトータルに支援:
テラスカイとメンバーズが協業 マーケティング部門から営業部門、 サポート部門までトータルに支援へ
テラスカイとメンバーズが協業。マーケティングオートメーション、営業、サポート領域まで網羅するトータルソリューション提案を実現する。(2018/11/30)

マーケ×IT×HR:
マルケトが自ら実践、マーケティングオートメーションは採用活動に使えるか
人材採用のプロセスはマーケティングに似ている。ならば、それにふさわしいツールが使えるはず。しかも自社で提供しているツールが……というマルケト人事部門の取り組みを紹介する。(2018/11/29)

クラウド勤怠管理システムの選び方
クラウド勤怠管理システム各社の特徴や得意分野を、公式情報から探るコツ
クラウド勤怠管理システムのベンダー各社は、公式Webサイトの情報を充実させている。複数のベンダーが「シェア1位」をうたうなど、判断に迷う情報があるのも事実だ。膨大な情報を効率良く読むコツを紹介する。(2018/11/21)

ボイスコミュニケーションの価値を再考する:
マーケティングオートメーションだけでは足りない 電話をかけ、電話を受けてこそ商機は生まれる
前回お伝えした通り、マーケティングにおいては質の高いコミュニケーションが求められます。しかし、人と人とのつながりをもたらす電話というツールの利点が、マーケティングにおいて残念ながらあまり認知されていないのが現状です。(2018/11/28)

顧客を知り、顧客に寄り添う:
KDDIまとめてオフィスが3000万円のムダ打ちから学んだB2Bマーケティングの正攻法
全国の中小企業向け支援サービスを展開するKDDIまとめてオフィスは、過去のマーケティング施策で3000万円を投下して大失敗した経験から、何を学んだのか。(2018/11/13)

Facebook、Twitter、LinkedInでも活用
ソーシャルメディアに使われるAI技術 マーケティングから密猟防止まで
企業はソーシャルメディアマーケティングにAI技術を利用することで、マーケティングオートメーションを進めている。ソーシャルメディアとAI技術を組み合わせた、意外な分野のユースケースも登場し始めた。(2018/11/13)

属人的になりがちなリードスコアリングを自動化:
Marketo×DataRobotの連携で見えた「AIドリブンマーケティング」の未来
「AIの民主化」でマーケティングはどう変わるのだろうか。【訂正あり】(2018/11/12)

eコマース運用を支援:
電通アイソバー、オープンソースCMS「Drupal」を提供するAcquiaとパートナーシップを締結
電通アイソバーは、グローバル企業向けオープンソースCMS「Drupal」を提供するAcquiaとパートナーシップを締結した。(2018/11/8)

2000社の導入実績で培ったノウハウをテンプレート化:
マーケティングオートメーション「BowNow」、ABMテンプレート機能を追加
Mtameは、マーケティングオートメーションツール「BowNow」に新機能「ABMテンプレート」を追加した。(2018/11/2)

HubSpotと「マーケティングの民主化」:
残念なマーケティングオートメーション導入を回避するためのチェックリスト
中小企業でも大企業に負けないデジタルマーケティングはできます。まずは課題を押さえ、仮説を立てましょう。そのためのチェックリストを紹介します。(2018/10/31)

広告配信から分析まで:
PR:顧客一人一人に適切なメッセージを届け、エンゲージメントを維持・強化するには?
(2018/11/12)

部門間のつながりを促進:
セールスフォース・ドットコムが「Sales Cloud」と「Pardot」の新機能を発表
セールスフォース・ドットコムは「Sales Cloud」「Pardot」の新機能を発表した。(2018/10/29)

B2Bマーケターの「Struggle」:
マーケターが自由を手に入れるためにやっておきたい3つのこと
2018年8月、日本のB2Bマーケターが集い、熱気に包まれたライブイベントが開催された。その熱気の片りんをお届けする。(2018/10/22)

統合デジタルマーケティングを強化:
アイレップがタービン・インタラクティブと資本提携、インバウンドマーケティング支援事業に本格参入
アイレップは、タービン・インタラクティブを連結子会社化したと発表した。(2018/10/12)

製造業のグローバル展開:
大企業の中の「地味め」事業をB2Bデジタルマーケティングで世界へ――ダイキン工業化学事業部の挑戦
主力の空調機事業が売り上げの9割を占めるダイキン工業。世界に冠たるB2Bの有名ブランドの陰で、小さな事業部がグローバル展開を模索している。(2018/10/10)

「ITmedia マーケティング」月刊ヘッドラインレビュー:
BOTANIST、ドミノ・ピザ、SHOWROOM 9月に最も読まれた記事を振り返り
ITmediaマーケティングに掲載された1カ月の記事をランキング中心に振り返ります。(2018/10/6)

B2Bマーケターの「Struggle」:
全社員マーケター化計画に挑む企業、「文化」は変えられるのか?
マーケティングは経営を変えることができるし、マーケティングだけが経営を変えられる。だが、それを担うのは誰なのか。そもそもなぜそれに挑まなければいけないのか。(2018/10/24)

台湾発の注目AI企業が打ち出す新たな一手:
AIベースのマーケティングオートメーションでデータが不十分な企業でも勝てる――Appier CEOに聞く
台湾発のAIテクノロジー企業Appierが満を持してマーケティングオートメーションプラットフォームをローンチした。その狙いとは何か。CEO兼共同創業者のチハン・ユー氏に話を聞いた。(2018/10/5)

HubSpotと「マーケティングの民主化」:
INBOUND 2018から考える、あらゆる企業がマーケティングで勝負する未来
今回はINBOUND 2018で発表された内容を基に、これからのマーケティングの未来を想像し、今後、日本市場にどのような変化が起こり得るか、考えてみたいと思います。(2018/10/3)

「Hyper Connected Marketing Automation」に挑む:
オンプレミスにあるデータ、それこそが問題だ――既存のMAの課題をSASの製品戦略担当者に聞く
新しい「SAS Customer Intelligence 360」の強みはどこにあるのか。そして新たに掲げた「Hyper Connected Marketing Automation」とは何を意味するのか。SASの製品戦略担当者に聞いた。(2018/10/1)

オンプレミスとクラウドを連携させる:
「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。(2018/9/21)

Adobe、マーケティングオートメーションのMarketoを48億ドルで買収
ビジネスソフト分野の拡大に取り組むAdobe Systemsが、マーケティングオートメーションのMarketoを47億5000万ドルで買収すると発表した。Adobeとしては過去最高規模の買収になる。(2018/9/21)

HubSpotと「マーケティングの民主化」:
御社にもできる営業改革、効率化の余地を発見する5つの質問
今回のテーマは中小企業の営業改革です。HubSpotの顧客管理や営業支援機能の活用法を紹介します。(2018/9/25)

【PR】アイティクラウド×アイティメディア共同企画
IT製品/サービスのユーザーレビューを大募集──実際に使った「生の声」をお寄せください
(2018/9/19)

デジタルチケットをセグメント配信:
「b→dash」がギフティのeギフトサービスとシステム連携
フロムスクラッチとギフティは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」と法人向けeギフト販売システム「eGift System」が連携開始したと発表した。(2018/9/18)

レオパレス21、賃貸業務の物件確認対応とメール追客をAI活用システムで自動化 作業時間とコストの大幅削減へ
レオパレス21は、レオパレスセンター全店舗に物件確認電話の自動応答システム「ぶっかくん」を、法人営業部に自動追客機能を備える営業支援システム「ノマドクラウド」を導入。顧客対応の品質向上を図るとともに、年間約7万2000時間の作業時間削減と、約1億6932万円のコスト削減を目指す。(2018/9/14)

デジタルマーケティングとアナログを融合:
「b→dash」でパーソナライズDM施策が可能に、フロムスクラッチがグーフと連携
フロムスクラッチは、データマーティングプラットフォーム「b→dash」とグーフが開発・提供するDMプラットフォーム「Print of Things」を連携させたと発表した。(2018/9/6)

子ども服のファミリアが採用:
メール配信システム「Cuenote FC」がマーケティングオートメーション「Aimstar」と連携
ユミルリンクは、同社のメール配信システム「Cuenote FC」がスプリームシステムのマーケティングオートメーション「Aimstar」と連携したと発表した。(2018/9/5)

【PR】アイティクラウド×アイティメディア共同企画
IT製品/サービスのユーザーレビューを大募集──実際に使った「生の声」をお寄せください
(2018/9/4)

インプリやテクニカルサポート、技術検証など:
IMJが「Salesforce Marketing Cloud」と「Google アナリティクス 360」連携支援サービスを提供
アイ・エム・ジェイは、「Salesforce Marketing Cloud」と「Google アナリティクス 360」の連携ソリューションの導入・活用支援サービスの提供を開始した。(2018/8/29)

NoSQLデータベース市場が高成長
63.2%の企業がアナリティクスにクラウドDWHを積極利用 IDC Japanが発表
IDC Japanが国内ビッグデータ/アナリティクス(BDA)ソフトウェア市場の概況と、2022年までの市場予測を発表した。市場は非構造データの活用がさらに進む見通し。ユーザー企業調査から見た市場拡大における課題とは。(2018/8/27)

今日のリサーチ:
「CIOとCMOの連携不足がCX提供を阻害」と約7割が指摘――アバナードとサイトコア共同調査
アバナードとサイトコアはCXに関する共同調査を実施しました。(2018/8/23)

グラフィカルな設定画面を採用:
「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。(2018/8/17)

HubSpotと「マーケティングの民主化」:
小さく始めるHubSpot、マーケティングの流れにそってバランス良く施策を実践しよう
HubSpotで始めるマーケティング。最初の一歩はここから始めましょう。(2018/8/16)

【PR】アイティクラウド×アイティメディア共同企画
「セールス/マーケティング」関連製品/サービスのユーザーレビューを大募集──実際に使った「生の声」をお寄せください
(2018/8/23)

ユーザーデータを最大限活用して広告配信の精度を向上:
「LINE Ads Platform」の配信プラットフォームが大幅刷新へ
LINEは、運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」において、2018年8月20日よりシステムの大幅刷新を実施すると発表した。(2018/8/7)

マーケティング・インサイドセールス・営業が同一ツールで連携:
ビズリーチが実践して証明、「MAはマーケティングだけのツールではない」といえる理由
マーケティングオートメーションはマーケターだけのものか。ビズリーチの実践事例を紹介する。(2018/8/2)

データサイエンティスト不足に悩んだ「LIFULL」 突破のカギは、機械学習の自動化
データは増え続けているのに、それを分析する人手が足りない――。そんな企業は少なくないだろう。住宅情報サイトを運営するLIFULLも、データ分析チームに依頼が殺到し、困っていた。彼らはどのようにしてこの苦境を乗り越えたのだろうか。(2018/8/2)

まずは「顧客に触れる」ことから:
Sansanが実践するカスタマーサクセス、「解約率を下げる」よりも大切なこととは?
カスタマーサクセスとは何か、どう運用すればいいのか。成功のポイントは「タッチスコア」にある。【更新】(2018/8/1)

【PR】アイティクラウド×アイティメディア共同企画
IT製品/サービスのユーザーレビューを大募集──実際に使った「生の声」をお寄せください
(2018/8/23)

Weekly Memo:
「Oracle Digital」本格始動 オラクルは中堅・中小企業のクラウド活用に貢献できるか
オラクルが、中堅・中小企業向けのクラウド事業に注力している。プロジェクト名は「Oracle Digital」。果たして日本の中堅・中小企業のクラウド活用に貢献できるか。Oracle Digitalのキーパーソンに話を聞いた。(2018/7/30)

データのエクスポート/インポート不要で工数を大幅削減:
「ferret One」が「Salesforce Pardot」とデータ連携
ベーシックはWebマーケティングツール「ferret One」がセールスフォース・ドットコムのB2B向けマーケティングオートメーション「Salesforce Pardot」とデータ連携を開始したと発表した。(2018/7/24)

HubSpotと「マーケティングの民主化」:
中小企業よ、マーケティングオートメーションを恐れるな
マーケティングオートメーションやCRMは導入コストも高く運用負担も重い――。本当にそうでしょうか。(2018/7/12)

ロジカルに解き明かすEC・通販の成功法則:
広告からCRMまで、一連のコミュニケーションを自動化する
この連載もいよいよ最終回。「広告」「引き上げCRM」「継続CRM」と続くリピートビジネスのコミュニケーションを自動化することが容易になってきた最近の状況変化について解説します。(2018/6/28)

富士通マーケティングの働き方改革:
PR:RPAでいかに営業活動を支援できるか? デジタルマーケティング推進室の挑戦
「デジタルマーケティング推進室」という専門部署を設けるなど、新しいマーケティング活動に積極的に取り組む富士通マーケティング。デジタルマーケティング推進室では営業支援のさらなる強化に向けてRPAの導入を決めた。その詳細とは――。(2018/7/4)

ファンを増やし選ばれ続けるブランドへ:
ソニーが逆境の時代を乗り越えるために実践したワンツーワンマーケティングとデータ活用の取り組み
ファン創造に向けカスタマーマーケティングを展開しているソニーマーケティング。どのような顧客コミュニケーションを目指し、いかにデータを活用しているのか。(2018/6/12)

MA導入済み企業に運用支援:
シンフォニーマーケティング、製造業の海外市場での営業案件創出に向け「MAステップアッププラン」を提供
シンフォニーマーケティングは、マーケティングオートメーション導入済みの企業に向けて、MAをより効果的に運用する支援サービス「MAステップアッププラン」の提供を開始した。(2018/6/8)

マーケティングデータとコールセンター関連情報を統合:
「キャリコネ転職」でデジタルマーケティングプラットフォームの実証実験、ジーニーとコラボスが実施
ジーニーとコラボスは、転職・求人サイト「キャリコネ転職」において、コールセンターシステムと連携した新しいデジタルマーケティングプラットフォームの実証実験を開始した。(2018/6/1)

デジタルとアナログの融合:
「カゴ落ち」対策が紙のDMでも可能に、ファインドスターが「Re;p」を提供開始
ファインドスターはグーフと共同開発した新たなDM発送ツール「Re;p」を提供開始した。(2018/5/28)

パートナー7社と共同開発:
トレジャーデータが提供するデジタルマーケター育成の本格的なオンライン教材、その中身とは?
トレジャーデータはzero to oneと共同で開発した、デジタルマーケター育成のためのオンラインプログラムに関する記者向けの説明会を実施した。(2018/5/24)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。