ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「モバイルビジネス」最新記事一覧

“スマートフォンの次”が見えた――「モバイルプロジェクト・アワード2016」表彰式
モバイルビジネスの発展に貢献した個人とプロジェクトチームを表彰する「モバイルプロジェクト・アワード2016」の表彰式が行われた。16年は「GearVR」「ロボホン」「SORACOM」「AbemaTV」などが選ばれた。特に変化を感じたのがハードウェア部門だった。(2016/7/5)

「モバイルプロジェクト・アワード2016」応募・推薦受付がスタート
モバイルビジネスの発展に寄与した個人やプロジェクトチームなどを表彰する「モバイルプロジェクト・アワード2016」の応募・推薦受付がスタートした。(2016/3/30)

ダイワボウと日本マイクロソフト、Windowsモバイル機器の導入支援を行う「Windowsモバイルビジネスセンター」を設立
日本マイクロソフトとダイワボウ情報システムは、Windowsスマートフォンを含むWindows搭載モバイルデバイスの導入を支援する専任組織「Windowsモバイルビジネスセンター」を設立した。(2015/8/28)

Windowsモバイル端末を200万台拡販へ――MSとDISが協業拡大
法人向けにWindows搭載のモバイル製品を訴求する「Windowsモバイルビジネスセンター」を設立した。(2015/8/28)

「みおふぉん」は当初の予測より50倍近く売れた――「モバイルプロジェクト・アワード2015」表彰式
モバイルビジネスの発展に貢献した個人とプロジェクトチームを表彰する「モバイルプロジェクト・アワード2015」の表彰式が行われた。15年はZenFone 5、LUMIX CM1、au WALLET、みおふぉんなどが選ばれた。選考の理由や受賞者のコメントを紹介したい。(2015/7/6)

「モバイルプロジェクト・アワード2015」審査結果発表――受賞は「au WALLET」「ZenFone 5」ほか
モバイルビジネスの発展に寄与した個人やプロジェクトチームなどを表彰する「モバイルプロジェクト・アワード2015」の審査結果が発表された。(2015/6/30)

「モバイルプロジェクト・アワード2015」募集開始
モバイル・コンテンツ・フォーラムは、モバイルビジネスの発展に寄与した個人やプロジェクトチームなどを表彰する「モバイルプロジェクト・アワード2015」の応募受付をスタートした。自薦、他薦は問わない。(2015/3/30)

デバイス中心ではダメ――企業モバイル界の重鎮が語る次のトレンド
20年以上に渡って通信業界や企業向けのモバイルビジネスに携わってきたSAPエグゼクティブバイスプレジデントのコスタンゾ氏が、デバイス、アプリの先にあるトレンドを見据えた戦略を語った。(2014/8/29)

「モバイルプロジェクト・アワード2014」の推薦・応募受付がスタート
モバイルビジネスの発展に寄与した個人・チームを表彰する「モバイルプロジェクト・アワード2014」の推薦・応募受付が開始された。(2014/4/9)

場所を問わずビジネスアクションを:
米セールスフォース、モバイルビジネスを強化する新「Salesforce Chatter Mobile」をリリース
「スマートフォンで小刻みに情報にアクセスしている分を、セールスやサービス、マーケティング業務に振り分けたら、どれほど生産性が上がるのか」という意図から機能強化を行ったという。(2013/7/25)

なぜ今、HTML5なのか――モバイルビジネスに与えるインパクトを読み解く:
第1回 次世代Web標準「HTML5」は今、どこまで使えるレベルにあるのか?
動きが速いモバイルビジネスの世界で、このところ急速に注目度が高まっているWeb技術が「HTML5」だ。HTML5はWebの世界をどのように変えるのか、どんなメリット、デメリットがあるのか、モバイルビジネスにどんな影響を与えるのか――。短期集中連載でKDDIリサーチフェローの小林雅一氏が解説する。(2012/8/8)

モバイル事業の海外進出、成功事例を紹介――MCFがセミナー開催
MCFが有料のビジネスセミナー「Global Mobile Biz Day」を開催。モバイルビジネスの海外進出に向けたヒントになる事例やノウハウを紹介する。(2012/7/13)

NTTドコモ、2012年のスマホ戦略は――アークブレインがセミナー開催
アークブレインが2012年1月25日に「ドコモの戦略とモバイルビジネスの可能性」と題したセミナーを開催。オープンサービス企画室長の伊倉氏が同社の戦略を紹介する。(2011/12/21)

スマートデバイス元年、キャリアやメーカーの戦略は――ワイヤレスジャパン2011基調講演
5月25日から3日間にわたって開催される「ワイヤレスジャパン2011」。基調講演には通信キャリアのキーパーソンが登場し、スマートデバイス元年のモバイルビジネスについてビジョンを語る。(2011/5/16)

神尾寿氏のセミナー、3月25日に開催――「モバイルビジネス最前線 2011」
アークブレインが3月25日、講師にジャーナリストの神尾寿氏を迎えてセミナーを開催する。テーマは「スマートフォン時代突入で何が変るのか?」(2011/3/4)

コンテンツは「コロプラ」、端末は「Pocket WiFi」が最優秀賞に――モバイルプロジェクト・アワード2010
モバイル・コンテンツ・フォーラムが、モバイルビジネスの発展に貢献した個人やプロジェクトチームを表彰する「モバイルプロジェクト・アワード2010」の受賞プロジェクトを発表。5分野の12プロジェクトが受賞した。(2010/7/9)

モバイル向けライフログやAR、SNSビジネスの可能性は――調査リポート発売
クロス・マーケティングが新たなモバイル市場の動向に関する調査リポートを発売。国内外のSNS、スマートフォン、モバイルビジネスの市場を分析する。(2010/2/25)

勝ち続けるモバイルビジネスとは――デジハリ大学院の特別講座
デジタルハリウッド大学大学院が「勝ち続けるWeb・モバイルビジネスとは?」と題した特別講座を開催。Ustreamによる中継も行う。(2010/1/27)

新春インタビュー:
新たな10年で変わるモバイルビジネス──NTTドコモ 辻村氏に聞く(後編)
iモードの誕生から10年が経過し、“次の10年”へ向けた戦略が問われる2010年。NTTドコモの代表取締役副社長 辻村清行氏に、2010年以降の鍵となる技術や取り組み、そしてドコモの方向性を聞いた。(2010/1/3)

神尾寿のMobile+Views:
「位置情報」を軸に動き出す、新時代のモバイルビジネス
ここ最近、新たな取り組みが相次いでいる“位置情報とモバイル”の連携サービス。課題となっていた「常時測位」と「屋内測位」の課題が解消しつつあることから、サービスが立ち上がり始めたのだ。利用者が常に身につけている“ケータイ”に“今”“どこで”という情報が加わることで、新しいビジネスが生まれようとしている。(2009/12/7)

“ケータイ+位置情報サービス”でモバイルビジネスはどう変わる――アークブレインとプロモバがセミナー開催
モバイルビジネス新時代の幕開けを予感させる、ケータイと位置情報の連携サービス。ドコモのiコンシェル+オートGPS、KDDI研の実空間透視ケータイ、セカイカメラを支えるクウジットの屋内位置測位技術を開発現場のキーパーソン自らが解説するセミナー、12月8日に六本木IBISで開催。(2009/11/13)

モバイルビジネスのトレンドを探るセミナー「mobidec2009」 登録受け付け開始
モバイル業界のキーパーソンが、さまざまな視点から業界のトレンドや未来を語る年次セミナー「mobidec2009」が、今年も11月25日に目黒雅叙園で開催される。(2009/10/22)

元グーグルのラーゲリン氏が「驚いた」iPhone広告の魅力
iPhone向け広告配信に注力するアドモブのラーゲリン氏は、iPhone広告が既存のモバイル広告でリーチできなかった大手の広告主を引き寄せると語る。元グーグルのモバイルビジネス統括部長が感じる、iPhone広告の魅力とは。(2009/9/2)

国内スマートフォン市場の動向やiPhoneビジネスに関するセミナー、アークブレインが開催
アークブレインが、セミナー「『iPhoneの衝撃』〜グローバルスマートフォン時代のビジネスチャンスと今後の潮流〜」を開催する。ジャーナリストの神尾寿氏が国内スマートフォン市場の将来を予測するほか、元グーグル・モバイルビジネス統括部長のジョン・ラーゲリン氏も登壇し、広告プラットフォームとしてのiPhoneの魅力を語る。(2009/8/17)

「iPhone 3G」「ゲリラ雷雨防衛隊」などが受賞──モバイルプロジェクト・アワード2009
モバイル・コンテンツ・フォーラムが7月10日、モバイルビジネスの発展に貢献した個人及びプロジェクトチームを表彰する「モバイルプロジェクト・アワード2009」の受賞プロジェクトを発表した。(2009/7/10)

モバイルビジネス変革期、キャリアトップのビジョンは――ワイヤレスジャパン2009基調講演
7月22日から3日間にわたって開催される「ワイヤレスジャパン2009」。基調講演には通信キャリアのキーパーソンが登場し、変革期の渦中にあるモバイルビジネスについて、今後のビジョンを語る。(2009/6/12)

モバイルのトレンドは、夜に学ぶ――日替わりセミナー「モバイル夜間大学」
コンテクストとGMIが、モバイルビジネスのプロを養成するためのセミナーを開催。平日の20時から、ビジネスに役立つ幅広い分野のノウハウを学ぶことができる。(2009/5/8)

業界全体としての動きを迅速化する――モバイル・コンテンツ・フォーラムが社団法人に
モバイルビジネスの多様化が進む中、携帯コンテンツ業界の活動を支援する任意団体「モバイル・コンテンツ・フォーラム」が社団法人として新たなスタートを切った。変化の激しいモバイル市場に、業界としての動きを迅速化することで対応する。(2009/4/21)

Mobile World Congress 2009:
いよいよ開幕「Mobile World Congress 2009」――世界最大級のモバイルビジネスイベント
世界最大級のモバイル業界イベント「Mobile World Congress 2009」が2月16日(現地時間)開幕。Qualcommの新チップセット搭載の東芝製WM機「TG01」やソニー・エリクソン製のタッチパネル端末「Idou」、Samsung電子の“カメラフォン”「MEMOIR」などが登場する。(2009/2/16)

ジャーナリスト 神尾寿氏が2009年以降の「携帯電話ビジネスの今後」を分析するセミナー
アークブレインが12月12日、通信・ITSジャーナリストの神尾寿氏が2009年の携帯電話業界のトレンド、将来の新規ビジネス領域などについて分析・論評するセミナー「ケータイ&モバイルビジネス '09年を俯瞰する!」を開催する。(2008/11/28)

求む、大学生のアイデア 賞金は100万円――アユプロジェクト、モバイルビジネスプランを募集
(2008/10/29)

ものになるモノ、ならないモノ(27):
モバイル「レイヤ2」の付加価値がもたらすメリットとは
モバイルビジネスで注目すべきムーブメントが起きようとしている。MVNO相互接続の大本命、「レイヤ2」接続ができたらどうなる?(2008/9/29)

公式サイトのモバイルビジネス市場、1兆円規模に――コマース系が牽引
総務省は7月18日、モバイルビジネスの市場動向に関する調査結果を発表した。モバイルコンテンツ、モバイルコマースを合わせた2007年の市場規模は、前年比23%増の1兆1464円となり、物販やサービスの大きな伸びが牽引した。(2008/7/18)

ハードウェアの優秀賞に「インターネットマシン 922SH」――モバイルプロジェクト・アワード2008
MCFが、モバイルビジネスの発展に貢献した個人やプロジェクトを表彰する「モバイルプロジェクト・アワード2008」の結果を発表。ハード部門では「インターネットマシン 922SH」が優秀賞に選ばれた。(2008/7/10)

モバイルビジネス活性化プラン評価会議 第2回:
その先に業界の明るい未来は待っているのか──総務省の評価会議
総務省は7月1日、モバイルビジネス活性化プランの発表後、業界がどのように変わったか、どのように機能しているか評価する「モバイルビジネス活性化プラン評価会議」の第2回会合を開催した。(2008/7/2)

モバイルビジネスのこれからが分かる――書籍「世界一不思議な日本のケータイ」
(2008/5/20)

シーエー・モバイルとフィナンシャル・リンク、モバイルビジネスのコンサル業務で提携
(2008/3/25)

モバイルビジネス活性化プラン評価会議 第1回:
“活性化プラン”でモバイル業界は変わったのか──総務省が評価会議を開催
総務省は3月6日、モバイルビジネス活性化プランの発表後、業界がどのように変わったか、どのように機能しているかを評価する会議の第1回会合を開催した。(2008/3/6)

ものになるモノ、ならないモノ(22):
モバイルビジネスのオープン化はこれからが本番
国内の携帯電話ビジネスが大きく変わる可能性がでてきた。総務省が立ち上げた「通信プラットフォーム研究会」の目論見とは何か。(2008/2/25)

神尾寿のMobile+Views:
モバイル市場活性化のために、選択肢と多様性を増やしたい──総務省 谷脇氏に聞く
携帯電話業界が大きく動いた2007年、総務省はモバイルビジネス研究会や、その後発表されたモバイルビジネス活性化プランなどを通し、モバイルビジネスを活性化するためのさまざまな活動を行ってきた。2008年、総務省はモバイル業界にどう関わっていくのだろうか。(2008/1/8)

イー・モバイル、「モバイルビジネス活性化プラン」推進要望書を総務省に提出
イー・アクセスとイー・モバイルは、総務省が公表した「モバイルビジネス活性化プラン」の推進を求める要望書を、同省に提出した。(2007/10/19)

9月15日〜9月21日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
WiMAX参入を目指すKDDIとソフトバンクが相次いで免許申請に向けた提携策を発表。総務省は、モバイルビジネスのオープン化に向けた活性化策を発表し、改革に乗り出した。(2007/9/21)

総務省、モバイルビジネスのオープン化に本腰──「活性化プラン」発表
総務省は、「モバイルビジネス研究会」の最終報告書案提出を受け、モバイルビジネスのオープン化に関する課題をまとめたプランを発表した。合わせて総務省は、通信キャリアに各種料金の明確化を進めるよう要請。また総務省内にMVNO支援相談センターを開設した。(2007/9/21)

「モバイルビジネス研究会」第10回会合:
販売奨励金分離、SIMロック解除、MVNO推進──最終報告書案を提示
総務省は9月18日、モバイルビジネスのあり方を議論する「モバイルビジネス研究会」の第10回会合を開催。最終回となる今回は、最終報告書案の内容確認を行ったほか、MVNOが活性化することによる経済効果の試算が提示された。(2007/9/19)

「モバイルビジネス研究会」第9回会合:
ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、ウィルコム、イー・モバイルのトップが勢ぞろい
総務省が開催する「モバイルビジネス研究会」の第9回会合には、NTTドコモの中村社長、KDDIの小野寺社長、ソフトバンクモバイルの孫社長、ウィルコムの喜久川社長、そしてイー・モバイルのガン社長が自ら乗り込み、研究会の報告書案に対する意見を述べた。(2007/8/30)

iMOBICON KOREA 2007:
ネットワークと端末は1つに集約――ソフトバンクが目指す“ナンバー1融合環境”とは
ソウルで行われたモバイルビジネスに関するカンファレンス「iMOBICON KOREA 2007」。ソフトバンクモバイルの松本徹三副社長が参加し、ソフトバンクが携帯事業を開始した狙いを語った。(2007/8/28)

清水亮氏を講師に迎えたセミナー「モバイルビジネス最前線 」を開催
(2007/8/8)

総務省、モバイルビジネス研究会の報告書案に対する意見を公開
総務省は8月3日、モバイルビジネス研究会の報告書案に対してキャリアや端末メーカーなどから寄せられた意見を公開した。(2007/8/3)

ワイヤレスジャパン2007:
「モバイルプロジェクト・アワード2007」授賞式を開催
モバイル・コンテンツ・フォーラムは7月19日、モバイルビジネスの発展に貢献した個人やプロジェクトを表彰する「モバイルプロジェクト・アワード2007」の受賞式を行った。(2007/7/23)

コンテンツ部門の最優秀賞に「魔法の図書館」──モバイルプロジェクト・アワード2007
MCFが、モバイルビジネスの発展に貢献した個人やプロジェクトを表彰する「モバイルプロジェクト・アワード2007」の結果を発表。コンテンツ部門の最優秀賞には「魔法の図書館」が選ばれ、モバゲータウンや顔ちぇき!も入賞した。(2007/7/13)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。