ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

「NECプラットフォームズ」最新記事一覧

NECインフロンティア、NECインフロンティア東北、NECアクセステクニカ、NECコンピュータテクノ、NECエンベデッドプロダクツのテープストレージ開発・生産部門が統合

PR:こんな機能が欲しかった! 家庭のスマートデバイス利用がもっと快適になる「Aterm WG2200HP」
普段何気なく使っているWi-Fiルーターは、家庭内でもっと注目されるべき製品だ。長年使っていると、周りの環境が進化していて、買い替えるだけで高速化が実現する。そして最近のルーターには、安心を実現する便利な機能も多数用意されている。(2016/7/13)

NEC、最大1733Mbps通信をサポートした11ac対応Wi-Fiホームルータの新モデル「WG2200HP」など
NECおよびNECプラットフォームズは、IEEE802.11ac接続に対応した無線LANルータ「Aterm WG2200HP」ほか計3製品を発表した。(2016/4/4)

PR:まだ古いWi-Fiルーター使ってる? 「Aterm WG2600HP」に買い替えると無線環境はこう変わる!
もう何年もWi-Fiルーターを買い替えていない、という人は案外多いのではないだろうか。最新のルーターを導入すると、通信が速くなったり、安定性が高まったりと、快適さが向上するのだ。(2016/3/2)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
イオンモバイルがMVNOサービスをスタート、日本通信はソフトバンク回線を提供か?
イオンモバイルがMVNOに参入したほか、So-netが500MB未満は無料の「0 SIM」を正式に開始。日本通信会長がソフトバンク網でのサービス開始をにおわせるなど、MVNO関連で大きな動きがあった。(2016/3/1)

NECプラットフォームズ コルソス CSDJ:
遠隔監視システムに必要な構成要素をワンパッケージに
NECプラットフォームズは、遠隔監視に必要とされるCPU、デジタル・アナログインタフェース、通信機能、ブラウザ、ソフトウェアをワンパッケージ化し、小規模施設でも簡単かつ低コストで導入できる「コルソス」シリーズの新モデルを発売した。(2016/2/17)

製造ITニュース:
3つの運用形態に対応した遠隔監視システムを発売
NECプラットフォームズは、上下水道施設や製造業、農業の現場を監視し、情報伝達・処理を行う遠隔監視システム「コルソス CSDJ」を発売した。スタンドアロン、クラウド、オンプレミスの3つの運用形態に対応している。(2016/2/17)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
総務省案件が多かった年末年始、実効速度公開や料金値下げ議論の効果は?
ドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手3社は、総務省の要請に基づき全国各地で通信速度の実効速度を公開。また政府主導で生まれた「1GBプラン」は料金値下げにつながるのだろうか?(2016/1/26)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
WiMAX 2+とSoftBank Airに新機種/mineo、全ユーザーでパケットシェアする新サービス
WiMAX 2+のモバイルWi-Fiルーターに久しぶりの新機種「WX02」が登場。ソフトバンクは「SoftBank Air」に下り最大261Mbpsの専用端末を発売した。パケットをユーザー全員でシェアできるmineoの「フリータンク」とは? (2015/12/21)

UQ、4×4MIMO対応のルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX02」を11月20日に発売
UQコミュニケーションズの4×4MIMO対応のWiMAXルーターの第2弾が登場する。省電力機能を強化したほか、直近3日間のデータ通信量をワンタッチで確認できる機能も搭載した。(2015/11/12)

既存の資産を生かして手軽にデジタルサイネージを導入:
NECが専用ディスプレイ不要の「らくらくTVサイネージ」を発売
NECとNECプラットフォームズは2015年11月5日、デジタルサイネージ端末「らくらくTVサイネージ」の販売を開始した。(2015/11/6)

製造IT導入事例:
生産ラインでのIoT実証実験を開始、生産効率30%上昇へ
NECは、生産ラインの効率改善のため、IoTを活用した実証実験を開始した。2015年10月には、福島県福島市のNECネットワークプロダクツの本社工場で開始。2015年度中には静岡県掛川市のNECプラットフォームズ掛川事業所でも開始する。(2015/11/5)

フュージョン、「楽天モバイル 銀座店」をオープン 新端末も発表
楽天モバイルが、東京・銀座に専門ショップをオープンした。オープン記念セレモニーでは、セット販売用の新端末も合わせて発表された。(2015/10/29)

IIJmioサプライサービスでSIMフリースマホ「arrows M02」とWi-Fiルーター「Aterm MR04LN」を販売開始
IIJは、「IIJmioサプライサービス」で富士通製「arrows M02」とNECプラットフォームズ製モバイルWi-Fiルーター「Aterm MR04LN」を販売。「ZenFone 2 Laser」限定色の予約受付も行う。(2015/10/28)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
ドコモとKDDIが下り300Mbpsのサービス発表/MVNOのVoLTEに新たな問題
ドコモとKDDIが国内最速となる下り最大300Mbps対応のサービスを発表。より高速なモバイルデータ通信サービスが産声を上げた。一方、各キャリアやMVNOの新機種発表では「SIMロック解除義務化」へのデメリットが露呈した。(2015/10/16)

生体認証も充実:
「プレミアムからカジュアル、タフネスまで」ドコモ冬春モデルの狙い “Marshmallow”対応も迅速に
ドコモが冬春モデル発表会を開催し、加藤社長が「4Kスマホ」を始めとする新端末や「PREMIUM 4G」の高速データ通信をアピール。ラインアップの狙いを説明した。(2015/10/2)

下り最大300MbpsのPREMIUM 4Gに対応したモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION N-01H」
アンテナ内蔵卓上ホルダで宅内でも安定した通信が可能に。2016年3月下旬の発売予定。(2015/9/30)

hi-ho、ルーター「Aterm MR04LN」とのセットプランを提供開始
hi-hoは、SIMフリールータ「Aterm MR04LN」とモバイルデータ通信サービス「hi-ho LTE typeD ミニマムスタート」を組み合わせたプラン「hi-ho LTE typeD ミニマムスタートwith MR04」を提供開始する。(2015/9/16)

スマートシティ:
スマートな工業団地は実現可能か、山梨県で実用化調査を開始
山梨県とNECは共同で、地産エネルギーを地域内で最適利用するスマート工業団地の実用化に向けた調査をNECファシリティーズと連携して開始する。(2015/9/16)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
UQ、WiMAX 2+の制限を緩和/SIMフリールーター「MR04LN」は海外SIMでLTE接続可能
UQコミュニケーションズが、WiMAX 2+の「直近3日間で3Gバイト」を超えた際の通信速度制限を緩和。広告表現を見直し、制限時の利便性向上を行うと発表した。(2015/8/13)

MVNOに聞く:
定額無制限プランは「めちゃくちゃ遅いということはない」――ぷららモバイルLTEの現状
3Mbpsながら、LTE通信を使い放題のサービスを提供している「ぷららモバイルLTE」。開始から1年がたとうとしているが、ユーザーの反応や現状はどうなっているのか。担当者に話を聞いた。(2015/8/12)

BIGLOBEスマホに「AQUOS SH-M01」「ZenFone 2」登場――“無制限”の12Gバイトプランも提供
モバイル通信サービス「BIGLOBE LTE・3G」のBIGLOBEスマホに「AQUOS SH-M01」と「ZenFone 2」が登場。月額3100円からの「12ギガプラン」も提供開始する。(2015/8/3)

格安SIM徹底レビュー:
業界最安プラン+豊富な端末が魅力、弱点は「実店舗なし」――「DMM mobile」(2015年7月)
各社がし烈な競争を繰り広げる格安SIMサービス。料金、基本機能から実行速度、サポート体制まで、あらゆる要素を徹底レビューしていく。今回取り上げるのは、DMM.comがMVNOとして提供している通信サービス「DMM mobile」だ。(2015/7/24)

DMM mobile、「AQUOS SH-M01」「Aterm MR03LN」を販売
販売価格は、AQUOS SH-M01が一括5万544円(税込)、Aterm MR03LNが一括2万3760円(税込)。(2015/7/17)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
MVNO向けルーターの本命? SIMフリー×デュアルSIM×CA対応の「MR04LN」
MVNO向けルーターの本命(?)となる「Aterm MR04LN」が発表された。SIMフリーに加えてデュアルSIM仕様で、国内だけでなく海外でも便利に使えそうだ。またドコモがSIMロック解除の「6カ月ルール」を一部緩和することを発表した。(2015/7/15)

3Gバイト980円〜:
QTNet、au回線を利用した格安SIMサービス「BBIQスマホSIM a」を8月3日から提供
九州通信ネットワークが、auネットワークを利用した「BBIQスマホSIM a」を8月3日に開始。3Gバイトと5Gバイトの料金プランを用意する。(2015/7/14)

NTTコム、下り最大300MbpsのLTE-Advanced対応モバイルWi-Fiルーター「Aterm MR04LN」を発売
NTTコミュニケーションズは、下り最大300MbpsのLTE-Advancedに対応したモバイルWi-Fiルーター「Aterm MR04LN」の予約受付を開始する。(2015/6/30)

NEC、SIMロックフリーでLTE-Advanced対応のモバイルルータ「Aterm MR04LN」
NECプラットフォームズは、次世代通信方式となるLTE-Advancedにも対応したモバイルルータ「Aterm MR04LN」を発表した。(2015/6/30)

CAを待つ? 4×4 MIMOを探す?:
“220Mbps”級WiMAX 2+対応ルーター「W01」と「WX01」はどちらを選ぶ?(第3回)
下り最大220Mbps対応のWiMAX 2+ルーター2製品が相次いで発売。今回は、いよいよ、通信速度の実測調査。決め手は、CAの爆速か? 4×4 MIMOの立地条件か? (2015/6/19)

スマートファクトリー:
米独の製造業革新に対抗する“日本版”構築へ、NECがIoTモノづくり基盤を発表
NECは、IoTを活用した製造業支援ソリューションとして「NEC Industrial IoT」を発表。NECでは2012年から、自社の製造業としてのノウハウと最先端のICTを組み合わせた「ものづくり共創プログラム」に取り組んできたが、今回はIoTに関連するソリューションとして体系化し、ドイツのインダストリー4.0などの動きと対抗できるようにする。(2015/6/17)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
「来るべき時が、来た」――WiMAX 2+で通信速度制限始まる
UQコミュニケーションズは、WiMAX 2+向けに「直近3日間3Gバイト」の速度制限を開始した。通信速度制限の対象となった場合、通信速度が1Mbps前後に低速化する。(2015/6/11)

創造意欲を損ねない入退管理システム、「DMM.make AKIBA」へ導入
「DMM.make AKIBA」へ、“利用者の感性を損ねない”を意識した入退管理システムが導入された。SecureFrontia Xをベースにカスタマイズし、利用者が館内をあたかも自社内のように身軽に動ける利便性を目指した。(2015/6/5)

5GHz帯無線LANを使いやすいのはどちら?:
“220Mbps”級WiMAX 2+対応ルーター「W01」と「WX01」はどちらを選ぶ?(第2回)
下り最大220Mbps対応のWiMAX 2+ルーター2製品が相次いで発売。今回は無線LANとクレードルに関連した機能比較、そして、バッテリー駆動時間を検証する。(2015/5/14)

PC USER 週間ベスト10:
ゴールデンウィーク後半に読まれた記事は?(2015年5月4日〜5月10日)
今回のアクセスランキングは、Apple Watchのさまざまなレビュー、高コスパのCore M搭載モバイルノートPC、USB 3.1対応デバイスの発売などが上位となりました。(2015/5/11)

NEC、最大1733Mbps通信をサポートした11ac対応Wi-Fiホームルータ「Aterm WG2600HP」
NECおよびNECプラットフォームズは、IEEE802.11ac接続に対応した無線LANルータ「Aterm WG2600HP」を発表した。(2015/5/8)

「CA」対「4x4MIMO」:
“220Mbps”級WiMAX 2+対応ルーター「W01」と「WX01」はどちらを選ぶ?(第1回)
下り最大220Mbps対応のWiMAX 2+ルーター2製品が相次いで発売。その高速化では異なる方式を採用する。その使い勝手と転送速度に違いがあるのか検証する。(2015/5/1)

PC USER 週間ベスト10:
“今夏”発売のWindows 10が待ち遠しい(2015年3月16日〜3月22日)
今回のアクセスランキングは、新しいMacBookやApple Watch、Windows 10、そしてさまざまな新製品のレビューがトップ10にひしめき合っています。(2015/3/23)

デュアルバンド中継の実力に驚け:
最新ルータ「AtermWG1200HP」の“グッと進化した”中継機能に注目する
前回は「WG1200HP」の基本スペックや新機能をチェックした。今回は注目の「Wi-Fiデュアルバンド中継機能」の使い勝手とパフォーマンスを探っていく。(2015/3/18)

PC USER 週間ベスト10:
こだわりを捨てたマイクロソフトの新製品(2015年3月2日〜3月8日)
今回のアクセスランキングは、マルチOS仕様のモバイルキーボード、マウスコンピューターが開発中のWindows Phone搭載スマホ、老舗パーツショップ閉店といったトピックが上位でした。(2015/3/9)

買い換えにも買い増しにもこれがいい:
グッと進化した802.11ac対応の最新ルータ「AtermWG1200HP」
無線LANルータのAtermシリーズに「WG1200HP」が加わった。クラス最小のボディに快適な無線LAN環境を実現する多彩な新機能を用意。その使い勝手を検証した。(2015/3/6)

UQ、4×4 MIMO対応WiMAX 2+モバイルルータ「WX01」を3月5日発売へ
UQ WiMAXオンラインショップでは、先行して3月2日から予約受付を開始している。(2015/3/2)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
UQからWiMAX 2+の下り最大220Mbps対応機種が登場! ワイモバイルは設立から1年未満で消滅へ
UQコミュニケーションズは、CAや世界初となる4×4 MIMOへの対応による下り最大220Mbps対応機種を発表。また、新料金プランを2月20日より提供開始する。気になる通信速度制限の内容も紹介しよう。(2015/2/16)

WiMAX 2+でもノーリミット:
“ヤ倍速”と“ギガ放題”で「ギガヤバ革命」到来――WiMAX 2+が下り最大220Mbpsに
UQがWiMAX 2+にCAと4×4 MIMOを導入し、通信速度を下り最大220Mbpsに高速化する。対応のルーター2機種を発売するほか、通信量に上限を設けない新料金「ギガ放題」も開始する。(2015/1/15)

ニフティ、モバイルブロードバンドサービス「@nifty WiMAX」でモバイルルーター2種&新料金プランを提供開始
ニフティのモバイルブロードバンドサービス「@nifty WiMAX」で、CA対応モバイルルーター2種と月間データ通信量制限なしで利用できる新料金プランが提供開始。(2015/1/15)

下り最大110Mbpsの固定ルーターも:
CAや4×4MIMOで下り最大220Mbpsを実現――UQがWiMAX 2+対応ルーター2機種を発表
UQコミュニケーションズが、下り最大220MbpsのWiMAX 2+対応モバイルルーターと、下り最大110Mbpsの家庭用ルーターを発表。モバイルルーターはキャリアアグリゲーションと4×4MIMOを採用している。(2015/1/15)

NECプラットフォームズ、“デュアルバンド中継機能”も備えた11ac対応ホームルータ
NECプラットフォームズは、IEEE802.11ac対応の無線LANルータ「AtermWG1200HP」を発表。中継器としての利用時に、最適な中継接続を自動で行える「Wi-Fiデュアルバンド中継機能」を備えた。(2015/1/14)

NECプラットフォームズ、遠隔ペット監視向けセンサーを備えたネットワークカメラセット
NECおよびNECプラットフォームズは、スマートフォンなどから自宅のペットの様子を確認可能なセンサー機能を備えたネットワークカメラ「AtermHC100RC Wi-Fiアクセスポイントセット」を発表した。(2015/1/7)

イオンモバイルからLTE対応のモバイルWi-Fiルーター登場 月額1680円から
イオンの「イオンモバイル」から月額1680円のモバイルWi-Fiルーターが発売。LTEに対応し、通信容量は3Gバイト、5Gバイト、8Gバイトの選べる3プランを用意している。(2014/12/11)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
MVNO各社が音声対応プランや容量無制限プランを開始、ワイモバイルは通信量「実質」無制限のキャンペーンも
「格安SIM」と呼ばれることも多いMVNOから、音声通話対応のプランや容量無制限のプランが新たに登場し競争が激化。一方、MNOではUQがNexus 9とのセット割引を提供するほか、ワイモバイルは通信量が「実質」無制限になるキャンペーンを開始した。(2014/12/9)

組み込み開発ニュース:
NECプラットフォームズ、アプリ組み込みや各種センサー対応のIoTゲートウェイ
NECプラットフォームズはさまざまなアプリケーションとセンサーの接続が可能なIoT(Internet of Things)ゲートウェイプラットフォームを販売開始した。(2014/11/17)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
ドコモが下り最大225MbpsのLTE-Advancedを2015年3月に開始/相次ぐ格安SIMの増量キャンペーン
ドコモが約1年ぶりとなるモバイルWi-Fiルーターの新機種を発表。LTE-Advanced対応で下り通信速度を225Mbpsまで高速化した。2015年以降に発売の予定だ。また競争の激しいMVNO関連では、料金据置のまま、データ通信量の増量を各社が発表した。(2014/10/14)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。