ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「原作」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「原作」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「いつの間にかゲームに追われる日々……」 原作&ゲーム好きの漫画家でもスマホゲームに挫折したワケ
ジャンプ大好きっ子のサダタロー氏は、キャプ翼も大好きで去年ローンチしたキャプ翼のスマホゲームを事前登録までして遊んでいました。が、今は辞めてしまったといいます。ゲーマー漫画家が好きな作品のスマホゲームを辞めた理由とは。(2018/7/17)

舞台「魔法先生ネギま!」、生駒里奈のネギ先生に原作者・赤松健もべた褒め 全生徒のキャストも明らかに
美少年なネギ先生に変身した生駒ちゃん。(2018/6/20)

「二度目の人生は異世界で」原作ラノベも出荷停止に 続刊については「未定」
アニメ化中止に続いて原作も。(2018/6/7)

アニメ「二度目の人生を異世界で」、主要の声優が一斉に降板 原作者がヘイトスピーチについて謝罪の直後
原作者が過去にTwitterでヘイトスピーチを行っていたことが問題視され、謝罪したばかりでした。(2018/6/6)

『魔法先生ネギま!』が初の舞台化 ネギ先生役の生駒里奈「見た目はきっと誰にも負けない」
原作者の赤松健さんも「ボーイッシュで小柄で似合いそう。可愛いなぁ〜(^^)」と絶賛。(2018/5/29)

アニメ「ブギーポップは笑わない」製作のKADOKAWAが「お詫び」 伝達ミスで原作イラストレーターに一部しか確認回さず
和解できたみたいでよかった……。(2018/5/28)

ちゃんと進んでますよ、おじさん ハリウッド版実写「TIGER&BUNNY」に動き、アキヴァ・ゴールズマンらが合流
「素晴らしい原作を基にした実写映画をシリーズとして世界中のファンや観客に届けたい」(2018/5/8)

実写映画「ニセコイ」、中条あやみ&中島健人のW主演で12月21日公開 原作まねた2ショットが解禁に
中条さんは出演にあたって初めて金髪になります。(2018/4/23)

漫画とそっくりな風景を満喫:
アニメ「ゆるキャン△」人気 「聖地巡礼」で四尾連湖に訪問客急増 山梨
女子高校生が県内などでキャンプを楽しむ姿を描いた漫画とアニメ「ゆるキャン△」(原作者・あfろ)の人気で、舞台となった山梨県市川三郷町の四尾連湖を訪れるファンが増えている。湖畔にある2つのキャンプ場では、カメラを手に“聖地巡礼”を楽しむ日帰りの男性グループが特に目立つという。(2018/4/23)

「孤独のグルメ」原作者の久住昌之、ドラマの出演コーナー降板を示唆 存続願う声に「よく考えてみます」
どうか続けてください……。(2018/4/19)

原作に忠実すぎるだろッッッッ 「刃牙」のコラボカフェがなんだかおかしい
いや、おかしくないのかも。(2018/4/16)

人気漫画『キングダム』実写映画化が決定! 原作の原泰久も太鼓判「納得の脚本です!!」
公開日やキャストは未定です。(2018/4/9)

Steam版「クロノ・トリガー」 原作版のドット表現を再現した「オリジナルグラフィック」の実装を予告
UIを優先してほしいという意見も寄せられています。(2018/4/4)

司書メイドの同人誌レビューノート:
海の上を走るモノレール、架空の街の列車旅 “子ども時代の落書き”が原作の同人誌にわくわくが止まらない
好きを形にする面白さ。(2018/3/18)

デーモン閣下、Eテレアニメ「ねこねこ日本史」に激似オリジナルキャラ登場で激怒 NHK「事実関係調査中」
原作マンガには登場しないオリジナルキャラクターでした。(2018/3/16)

押井守が夢枕獏原作『キマイラ』をアニメ映画化決定! さらに押井監督による「学園ファンタジー」実写映画も進行中?
意外……!(2018/3/14)

Steam版「クロノ・トリガー」の「ドット絵」が抱える問題点とは何か ユーザーによる分析と修正が進む
オリジナルのドット絵がフィルタによってにじんでしまっており、原作のファンから悲鳴があがっていました。(2018/3/8)

入国審査シミュレーション「Papers, Please」短編実写映画が日本字幕対応で無料配信開始 原作の魅力を約11分に凝縮
みんな大好き「パスポート偽造おじさん」も。(2018/2/25)

モバクソ畑でつかまえて:
「どうしてこうなった」「960円払えば実質無料」 スマホゲーム「ネギマテ」の何がどうマズかったのか
赤松健さんの漫画『UQ HOLDER!』および『魔法先生ネギま!』を原作とする同ゲームでしたが……。(2018/2/18)

スピルバーグ監督最新作「レディ・プレイヤー1」に三船敏郎も登場? 原作者の強すぎる日本愛
ガンダム、AKIRA、デロリアン、春麗、ハローキティなど大集合で何が始まるんです?(2018/2/2)

小説投稿サイトから“原作発掘” DeNA子会社と双葉社
DeNA子会社のエブリスタが双葉社と共同出資会社「DEF STUDIOS」を設立。小説投稿サイト運営のノウハウを活用し、コンテンツの企画・制作、海外展開などに取り組む。(2018/2/1)

テレビアニメ「ISLAND」で「伽藍堂 紗羅」役が原作の村川梨衣さんから山村響さんに変更 俳協からの要望
俳協も間違いないと認めています。(2018/1/29)

“花男”続編、漫画『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』が杉咲花主演でドラマ化決定!
原作者の神尾さんも期待を寄せています。(2018/1/24)

フィリップ・K・ディックの「Electric Dreams」、Amazonプライムで配信開始
Amazon.comが、映画「ブレードランナー」の原作で知られる作家フィリップ・K・ディックの小説に基づくオリジナルSF番組を配信開始した。(2018/1/16)

漫画原作者・狩撫麻礼さん死去 『リバースエッジ 大川端探偵社』『オールドボーイ』などを世に送り出す
数々の名作を、ありがとうございました。(2018/1/15)

「みんなっ……みんな死んだ……」 漫画「幸せそうな二次創作が多い作品ほど原作の内容がキツイ」に共感の声
どうか二次創作の中だけでも幸せに……っ。(2018/1/13)

アニメ「からかい上手の高木さん」スタート! 原作の高木さんの青春の距離感は、とっても甘酸っぱい
このバランスは、きっと2人にしかわからない。(2018/1/8)

『シャーマンキング』新章の連載が今春スタート! 20周年特設サイトで発表
原作の武井先生からは「これほど心強く、嬉しいことはありません。ありがとう」と感謝のコメント。(2018/1/1)

Amazonオリジナルドラマのパクリ疑惑に共同プロデューサーが反省の弁 新潮社は関係を否定
「清水潔氏の著作『殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』が原作なのではないか」という問い合わせに新潮社がきっぱり否定。(2017/12/31)

「ベアブリック」をテレビアニメに 電通とDreamWorksが共同製作
電通はDreamWorksと、クマ型フィギュア玩具「BE@RBRICK」(ベアブリック)を原作としたアニメの共同企画開発契約を結んだ。(2017/12/25)

「Project ANIMA(アニマ)」:
DeNA、創通、文化放送がオリジナルアニメ制作 「才能」募る
DeNA、創通、文化放送がオリジナルアニメ作品プロジェクト「Project ANIMA」を始動。アニメの原作・原案を公募し、TVアニメ化する。第1弾のテーマは「SF・ロボット」で、サテライトの河森正治さんが監督を務める。(2017/12/20)

『殺戮モルフ』2巻発売中止へ 単行本無断黒塗り騒動について原作者の意向が通った形
外薗先生は「秋田には大損失なのにワガママ聞いてもらってありがとうございます」とコメント。(2017/12/16)

何よりのプレゼントをありがとう 『海王ダンテ』の原作者が描く“ピンクのサンタクロース”の漫画がハートフル
ブランドよりもずっと欲しかったもの。(2017/12/13)

原作“ラストまで描く”「DEVILMAN crybaby」が2018年1月配信へ! 湯浅監督の画調と音楽からすでにいい
初春は1月だった。これは期待していいやつ!(2017/11/22)

「もし、サザエとマスオが現代の高校生だったら」 カップヌードルの新CM第3弾は“マスオの公開告白
原作エピソードを現代風にアレンジ。告白の結果はもちろん……。(2017/11/22)

Amazonプライムにフィリップ・K・ディック原作の新SF番組「Electric Dreams」、日本でも
Amazonが、「高い城の男」が好評のフィリップ・K・ディック原作の新SFシリーズ「Electric Dreams」の第1話を1月12日に米国のプライム会員向けに提供開始する。このシリーズは日本でも提供する。(2017/11/21)

「テレ東はこの時間帯を捨てたなと思いました」 “孤独のグルメ”がまさかの大晦日スペシャル放送決定
原作者も生中継で登場するぞ!(2017/11/21)

「いろいろなことが歪んだ形で表に」 映画「銀魂」の福田雄一監督、ネットで物議を醸した発言を謝罪
一部原作ファンから不快感を抱いたとの声があがっていました。(2017/11/20)

放送開始はもうすぐそこ……! テレビアニメ「サンリオ男子」の放送情報が公開
原作Twitterは2周年!(2017/11/20)

小松菜奈、28歳差の大泉洋に恋 『恋は雨上がりのように』実写映画化で原作者・眉月じゅん「スカートがどれだけ短いのか」
“自他共にみとめる冴えない男”配役に大泉洋「ですよね!」(2017/11/15)

『ビブリア古書堂の事件手帖』が黒木華&野村周平で映画化! 「原作を安心してお任せできる」と原作者も太鼓判
2013年には、剛力彩芽さん主演でテレビドラマ化されています。(2017/11/8)

東村アキコ『海月姫』フジ月9でドラマ化! 芳根京子が“オタク女子”を演じる
8月の原作完結を機に決定。(2017/11/7)

アニメ「ボールルームへようこそ」が原作に先行 作者がコメント「アニメとは異なる部分も出てくるかと思います」
アニメが追いついてしまう形に。(2017/11/7)

パトカー吹き飛ばしそう!  “筋肉アイドル”才木玲佳、アラレちゃんコスがある意味原作並みのパワー感
肩回りの筋肉スゴい。(2017/11/5)

『電影少女』が実写ドラマに テレ東で1月放送 原作の25年後が舞台
原作漫画の主人公・弄内洋太の甥がドラマの主役。野村周平さんが演じます。(2017/11/1)

原作の再現度高い! 映画「リバーズ・エッジ」のビジュアルが公開
楽しみしかない。(2017/10/27)

「リメイク話とかないです」 漫画『花より男子』再ドラマ化報道を原作者が否定
どうしてこうなった。(2017/10/22)

「バイバインで増える栗まんじゅう」を自作する勇敢なママ現る 早く食べないと宇宙がヤバい
くっついた栗まんじゅうに「ムクムク」と擬音を添えて、原作を再現する手法が見事。(2017/10/16)

「Super Mario Run」や「ポケモンGO」も スマホゲーアプリがドミノになった動画が登場、原作へのリスペクトが止まらない
その数、なんと2万枚。(2017/10/15)

アニメ「ドラえもん」にトラウマひみつ道具“バイバイン”登場 原作マンガが期間限定無料配信中
栗まんじゅうこわい。(2017/10/13)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。