ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「絶版」最新記事一覧

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「大量導入で好調」は真実なのか? メーカーの過剰在庫を疑う
IT系製品のメーカーが、ある法人に自社製品を大量導入したと、誇らしげにアピールすることがある。しかしこの対象が「私立学校」で、かつ導入のタイミングが「もうすぐ決算のタイミング」であれば、これは別の意味合いを持っている可能性もあるのだとか。(2015/8/24)

GYAOと漫画家赤松健がJコミックテラス設立 無料電子コミックサービス「マンガ図書館Z」の提供を開始
「絶版マンガ図書館」がサービス拡充してリニューアル。(2015/8/3)

赤松健さんが語る「マンガ図書館Z」の狙い 「あらゆる作家が潤い、海賊版が絶滅する世界を」
赤松健さん率いるJコミ「絶版マンガ図書館」がGYAOとの提携で「マンガ図書館Z」にリニューアル。海賊版撲滅と漫画家の収入源確立を目指し、さらに事業を拡大していきたいと意気込む。(2015/8/3)

赤松健さんとGYAOが無料マンガ配信に新たな一手 「マンガ図書館Z」始まる
Jコミの「絶版マンガ図書館」を継承・リニューアルする形でサービス開始。絶版作品だけでなく、インディーズからの作品投稿も受け付けるサービスに進化した。(2015/8/3)

赤松健さんとGYAO、無料漫画配信サービス「マンガ図書館Z」開始 Jコミ事業引き継ぎ
GYAOと漫画家の赤松健さんが、無料で漫画をネット配信する「マンガ図書館Z」を始めた。Jコミの事業を引き継ぐ。(2015/8/3)

不気味なイラストが懐かしい……!! 当時の男の子をワクワクさせたレア本「宇宙怪物図鑑」完全復刻版が登場
今では懐かしいけど、当時は怖かった宇宙人や宇宙怪物がたっぷり。(2015/7/7)

紙の本に思い入れもあるが電子書籍には大いに期待 東雅夫の“I Love ebook”宣言
(2015/6/27)

漫画家・曽根富美子 インタビュー:
4人の女郎を描いた物語、『親なるもの 断崖』への思いを語る
最初の単行本化から約24年。「まんが王国」のプロモーションによりネットを中心に話題となった『親なるもの 断崖』の誕生から次回作の構想まで、作者の曽根富美子さんに聞いた。(2015/6/18)

ダウン・イン・フレイムズで“合コン”空戦!:
艦これ提督に挑んでもらいたい「ゲームマーケット2015春」索敵報告
「枯山水」の発掘で注目のゲームマーケット。2015春も「光ネッサンズ」が話題だが、そういう社会現象とは関係なく、超私的にウォーゲームを満喫する彼であった。(2015/6/14)

電子書店完全ガイド:
「eBookJapan」を徹底解剖する
eBook USERがお届けする国内主要電子書店の徹底レビュー。完全ガイド2015年の第3回目は「eBookJapan」を紹介する。(2015/5/29)

昭和の闇、遊郭に売られた少女たちの壮絶な人生を描いた『親なるもの 断崖』が話題に
作者は、『モーニング』で『レジより愛をこめて〜レジノ星子(スタコ)〜』を連載していた曽根富美子さん。(2015/5/13)

ニッチなのに大規模散財の予感:
艦これ提督にお勧めしたい「ゲームマーケット 2015春」ウォーゲームブースツアー
艦これ提督の諸君! 春イベント「第十一号作戦」は順調かな。クリアした君も苦戦しているあなたも、5日はゲームマーケットで“硬派”な艦娘にあってみないか。(2015/5/4)

復刊リクエストぶっちぎり1位 岡田あーみん、幻のコミックス未収録作、新装版「ルナティック雑技団」に収録決定!
「ひィ〜〜!(嬉)」(2015/5/1)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
KADOKAWAが「復刻版 戦中戦後時刻表」を“再復刻” ただし販売は未定
出版・映像メディア大手のKADOKAWAは、クラウドファンディングの手法を取り入れた受注販売サイトを3月30日に公開した。スタートアップの品目は3つ。その中に「復刻版 戦中戦後時刻表」がある。(2015/4/10)

藤井太洋×長谷敏司 対談:
科学技術とSF――2人のSF作家は語る、その過去・現在・未来を
第35回「日本SF大賞」を受賞した藤井太洋さんと長谷敏司さん。古典と言われるSF作品が生まれた時代、多くの人が夢見た技術がだんだんと実現し始めている現代において、SF作家に求められるものとは何なのか。二人の会話を中心にお届けする。(2015/4/7)

小学館の新レーベル「P+D BOOKS」、入手困難な昭和の名作をペーパーバックと電子版で発売
第1弾は『サド復活』(澁澤龍彦)、『剣ヶ崎・白い罌粟』(立原正秋)など16作品。(2015/3/16)

「メガドライブ大全」の改訂版が発売 メガドラ開発資料などを追加収録
「メガドライブを創った男」石川雅美さんへのロングインタビューも。(2015/3/6)

シャッツキステ 特別企画:
書店執事と過ごす特別な夜――メイドも大満足な「書泉グランデ」デート
神保町の大型書店「書泉グランデ」で、シャッツキステのメイドたちによるデート企画を実施。いつもは本を紹介する側のメイドたちですが、今回はお薦めの本を店員に紹介してもらったようです。(2015/3/2)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

電子書籍利用者の半数がKindleを知らない? ネオマーケティング調査
1月29日と1月30日の2日間、直近3年以内に電子書籍を利用したことのある20代〜40代の男女600人(各年代、男女ごとに100人ずつ)を対象に調査した。(2015/2/10)

東方同人ゲーム「幻想の輪舞」権利侵害から一転正式ライセンスへ グレフの“神対応”裏には家庭用ゲーム不振
もとはグレフの「旋光の輪舞」のゲームシステムをそのまま踏襲した二次創作ゲームでした。(2015/1/29)

レコ協の廃盤CDセール、今年もスタート 最大7割引き
日本レコード協会会員社が提供する廃盤CDを最大7割引きで販売するセールが今年も始まった。(2015/1/7)

JEPA電子出版アワード、大賞はJTBパブリッシングの「たびのたね」
2014年の電子出版を象徴するプレーヤーが受賞。いずれも来年の更なる躍進を期待したい。(2014/12/19)

掘り出しモノがあるかも?:
恒例、日本レコード協会の「廃盤CDディスカウントセール」――今回はSony Music Shop内で開催
日本レコード協会は2015年1月7日から21日まで「2015 新春レコードファン感謝祭〜廃盤CDディスカウントセール〜」を開催する。(2014/12/10)

関係者ー、もっとガンガン攻めていこうぜー:
艦これ提督に捧げたい「ゲームマーケット2014秋」索敵報告
海軍逸話に興味ある提督ならきっとできるぞー。海軍逸話に興味ある提督さんになら、たぶん買ってもらえるぞー。(2014/12/5)

7人に1人は紙の本よりも電子書籍を購入――BookLiveの「電子書籍の利用実態調査」
BookLiveは、全国の20代〜50代の男女を対象とした「電子書籍の利用実態調査」を実施。紙の本と電子書籍の購入比率などが明らかとなった。(2014/11/26)

三才ブックス、絶版の「バッ活」全40冊をiOSアプリで復刻
キーワードによる検索やページジャンプなど、電子書籍ならではの機能を搭載している。(2014/11/26)

こんなニッチ情報、やるのはいまもここだけ:
艦これ提督にお勧めしたい「ゲームマーケット 2014秋」ウォーゲームブースツアー
艦これ提督諸君ー! 渾作戦にまい進しているかな。羅針盤に翻弄されてお疲れならば、気晴らしにゲームマーケットに出撃してみないか?(今回もむりやり)(2014/11/15)

『小さな恋のものがたり』の作者・みつはしちかこの原画展、渋谷で開催
カラー原画のほか、『チッチ愛の絵本』『詩画集 四季』などの絶版書籍も展示。さらに『小さな恋のものがたり第43集』の直筆サイン本やオリジナルグッズの販売もある。(2014/11/13)

私設図書館シャッツキステ77冊目:
リプレイ版でTRPGにハマる 『ルナル・サーガ・リプレイ』
本大好き司書メイドの好感度を上げ、年に一度のデート権を得るべく繰り広げられるメイドたちのラブアタック。今日はレイラからの紹介です。(2014/11/7)

ソフトバンクグループのベンチャー、電子コミックアプリ「ハートコミックス」リリース
「絶版マンガ図書館」を運営するJコミと提携。(2014/10/27)

ソフトバンクが無料漫画アプリに参入 Jコミとタッグ「ハートコミックス」 “ソシャゲ風”ビジネスモデルで
ソフトバンクが激戦の無料アプリ市場に参入。ソーシャルゲーム風ビジネスモデルを採用した「ハートコミックス」β版を公開した。(2014/10/27)

私設図書館シャッツキステ73冊目:
ボードゲーム好き必見! 『メビウスママのエッセンシュピール ガイドブック』
本大好き司書メイドの好感度を上げ、年に一度のデート権を得るべく繰り広げられるメイドたちのラブアタック。今日はレイラからの紹介です。(2014/10/10)

出版業界ニュースフラッシュ 2014年9月第4週
出版業界で先週起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。9月第4週は、校正・校閲の専門会社が書店経営への参入を発表したことなどが話題になりました。(2014/9/29)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
ビジネスに効く最強の「読書」
リーダーシップを磨く、人間力を高めたい、グローバリゼーションなど読書から得られるものは多くある。読書家で知られる出口さんが「この本も挙げておけば良かった」と後から思った本を取り上げてみた。(2014/9/25)

出版業界ニュースフラッシュ 2014年9月第2週
出版業界で先週起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。9月第2週は、新たな出版事業としての洋書復元、七つ森書館と読売新聞社の裁判の行方などが話題になりました。(2014/9/16)

ネットで有名な「鮭のエロ漫画」も読めるぞ! 絶版マンガ図書館で相原コージの「なにがオモロイの?」無料公開
ネットで見たことのある人も多いはず。(2014/9/4)

亭主関白? ロマンチック? 80年代の「夫婦円満のコツ」とは?
1980年代の「夫婦円満のコツ」とは? 今から約30年前に出版された『嫁さんをもらったら読む本』を紹介します。(2014/9/4)

まつもとあつしの電子書籍セカンドインパクト:
Magnetは作家と読者の関係を変えられるか――コルク佐渡島庸平氏に聞く
(2014/7/30)

TRPG「蓬莱学園の冒険!!」ルールブック、絶版マンガ図書館で配信
名作TRPGの配信に「懐かしい」の声多数。(2014/7/15)

30年前に書かれた「未来予想本」が意外に当たっていた
今から30年前に書かれ、世界的ベストセラーとなった「未来予想本」。現代を生きる21歳の女性ライターがレビュー。(2014/7/15)

Weekly Access Top10:
ゆるキャラで知る日本史
賛否両論で公開中止になった鳥取市の“籠城戦マスコットキャラクター”「かつ江(渇え)さん」。史実について調べるきっかけになったので個人的には糧になりました……。(2014/7/14)

「電子書籍版YouTube目指す」と赤松健さん 「絶版マンガ図書館」は“漫画史に残る偉業”となるか
「Jコミ」が「絶版マンガ図書館」にリニューアル。「われわれ作者は何とかこの海賊版を撃滅したい」と赤松健さんは語ります。(2014/7/10)

「Jコミ」が「絶版マンガ図書館」へ名称変更、作家支援と海賊版撃滅を強化
名称変更に際して記者会見を開催。これからの取り組みが発表された。(2014/7/10)

「漫画版YouTubeを」――読者が漫画ファイルをアップ、作者の許可得て無料公開 Jコミ「絶版マンガ図書館」で海賊版を撃滅へ
「Jコミ」が「絶版マンガ図書館」に改名。ユーザーが持っている絶版漫画の電子書籍ファイルを、作者の許諾を得て無料配信する新サービスを始め、ラインアップの拡充と海賊版の撲滅につなげる。漫画のセリフ検索機能も導入し、利便性・収益性を強化する。[update](2014/7/10)

タイムアウト東京のオススメ:
心は活字で潤す
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2014/7/8)

赤松健さん「Jコミ」を「絶版マンガ図書館」に大幅バージョンアップ宣言 「古今東西全てのマンガ収集」「絶版マンガ海賊版を撃滅」
詳細は7月10日に発表。これは楽しみだ!(2014/7/7)

佐賀県立図書館、電子書籍「佐賀の自然デジタル大百科事典」の第1弾を7月1日に公開
第1弾では「佐賀県の淡水魚」を公開。充実の検索機能も付加する。(2014/6/26)

出版業界ニュースフラッシュ 2014年6月第2週
出版業界で先週起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。6月第2週は集英社の決算発表のほか、「デジタル・オンデマンド出版センター」の設立などが発表されています。(2014/6/16)

Espresso Book Machine、セルフパブリッシングの一部を効率化
プリント・オン・デマンド機器「Espresso Book Machine」は、セルフパブリッシング作家と消費者の需要に応える存在となっていくだろうか。(2014/5/28)



国民ひとりひとりに番号を割り当てて行政手続きに利用する電子化施策。一般企業も行政とのやりとりのために、従業員やその家族のマイナンバーを把握・管理しなければならず、2016年1月のスタートに向けて対応が本格化している。

テレビ等のHDMI端子に差すだけで使えるスティック型のPC。マウスコンピューターのm-Stickの登場以降、各社から同様の製品が発表されており、Lenovoも提供を決めるなど注目が高まっている。

ヤフオクが強いC2C分野だが、スマホでは新興のフリマアプリも存在感を持っている。ネットオークションの独特の作法からは距離を置いた、シンプル/直観的な使い心地が女性に好まれているようだ。