ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「地球」最新記事一覧

製造ITニュース:
ダッソー日本法人社長に元セールスフォースの山賀氏「理念に共感」
ダッソー・システムズは日本法人の新社長就任に関する記者発表会を開催した。同社日本法人の代表取締役社長に就任した山賀裕二氏は、「地球環境の持続可能性を担保する技術を実現する」というダッソーの理念に共感し、入社を決めたという。(2017/12/8)

太陽圏外飛行中のボイジャー1号、37年ぶりにエンジン作動 地球から210億キロ先で
「まるで少しも時間など経っていないかのように」再び動き始めた。(2017/12/5)

自然エネルギー:
海の酸性化は予想より早く進行、気象庁が情報提供へ
気象庁は、地球全体の海洋酸性化情報を毎年定期的に提供すると発表した。また、海洋酸性化が地球全体で、従来予想よりも早く進行していることを確認した。(2017/12/1)

アルゼンチンから里帰り「昭和の赤い丸ノ内線」が公開 東京メトロ、「本線でまた走らせたい」
東京メトロが復元をほぼ完了。丸ノ内線500形、地球の裏側からお帰りなさい(厳選写真100点)。(2017/11/27)

正確に色分けされたビニール製「ふわふわな地球儀」、ほぼ日が発売 ARで情報飛び出す
ほぼ日と凸版印刷は、専用アプリと連携しAR技術を用いたやわらかい地球儀を発表した。(2017/11/25)

地球史に「チバニアン」誕生へ 日本初の地質年代名、国際審査でイタリア破る
地球の歴史に「チバニアン」誕生へ。約77万〜12万6000年前の年代が「チバニアン」(千葉時代)と命名される見通しになった。(2017/11/14)

チバニアン:
地球史に「千葉時代」誕生へ 日本初の地質年代名、国際審査でイタリア破る
地球の歴史で約77万〜12万6千年前の年代が「チバニアン」(千葉時代)と命名される見通しになった。(2017/11/13)

カプセルトイのカプセルが地球儀になるぞ 「カプセル de 地球儀 ver.Planet」登場
太陽や火星などもラインアップ。(2017/11/13)

“死の水”にすむ謎の微生物 酸素も栄養もなし……生きる仕組みは全く不明
酸素やエネルギーを取り込む仕組みが全く分からない謎の微生物を日本の研究者が発見した。一体どうやって生き永らえているのか。解明できれば、太古の地球で生命が育まれた秘密が分かるかもしれない。(2017/10/23)

「地球が破滅するなら今日は何したい?」に答える山崎賢人と橋本環奈の回答が天才的発想……!
映画「斉木楠雄のΨ難」のイベントで福田雄一監督が2人の魅力を引き出しまくる。(2017/10/18)

まさかのシリーズ化! 暴君に操られたサメたちが人類を襲う「鮫の惑星:海戦記」1月8日にDVD発売
サメに支配された地球リターンズ(2017/10/15)

SpaceX、火星コロニー計画の現状と、新ロケット「BFR」による都市間移動サービスを発表
SpaceXのイーロン・マスクCEOが国際宇宙会議で講演し、火星旅行のための新ロケット「BFR(Big Fucking Rocket、コードネーム)」の開発と、このロケットによる地球上の都市間移動サービス構想を発表した。例えば飛行機では10時間かかる東京とロサンゼルス間を約30分で移動でき、料金は旅客機のエコノミークラス並みになるとしている。(2017/10/2)

100万分の5度を検知!:
天体引力による地球の変形を捉える水晶センサー
日本電波工業は2017年9月13〜15日に開催されている展示会「センサエキスポジャパン」で100万分の5度を検出できる水晶を応用した傾斜センサーシステムを公開している。天体引力の影響で変化する地球表面の様子を捉えることができるという。(2017/9/14)

太陽フレア現象、再び確認 コロナガスが12日に地球に到達の可能性
通信衛星などに影響する可能性も。(2017/9/11)

火星旅行想定し「宇宙スパコン」実験開始 トラブル時に遠方の地球頼れず
人類はいよいよ、月より遠くに行動範囲を広げる。(2017/9/11)

火星旅行想定し「宇宙スパコン」実験開始 トラブル時に遠方の地球頼れず
火星旅行が現実味を帯びてきた。火星から地球に交信が返ってくるまでに数十分かかるため、NASAのスタッフは頼れない。そこで、スーパーコンピュータが注目されている。(2017/9/11)

パックマンやドンキーコングが地球を襲撃! 80年代ゲーム少年必見の「ピクセル」が金ローで地上波初放送
ほかにもギャラガやアルカノイドなど、80年代の人気アーケードゲームが人類の敵として登場。(2017/9/8)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタブームは去っていない! 「ファブ3Dコンテスト 2017」開催
ファブ地球社会コンソーシアムは「ファブ3Dコンテスト2017」を開催。小学生から大人まで楽しめる5部門を設置し、3Dプリンタおよび3Dデータを活用した作品の投稿を全国から募る。優秀作品として選出されると賞金と副賞の3Dプリンタが贈られる。応募受付は2017年10月10日まで。応募予定者には、造形後でも形状を自由に変更できるユニチカの「感温性フィラメント」も無償提供する。(2017/8/29)

完全に超スーパーヒーロー大戦 竹内涼真、志尊淳らヒーロー大集結で地球何回でも守りそう
この世界は平和だ。(2017/8/24)

AI研究の権威が創設:
地球規模の問題解決を目指すシンギュラリティ大学とは?
自然災害や資源不足など、世界には数十億人規模に影響を及ぼす問題が多数ある。そうした社会問題をテクノロジーなどの力で解決しようとするのが米シンギュラリティ大学だ。(2017/8/10)

「地球ゴージャス」新公演決定! 主演に西川アニキ、花澤香菜&宮澤佐江がWキャストに挑戦
どんな舞台になるんだ。(2017/8/3)

ウルトラセブン50年 今明かされる“モロボシ・ダン誕生秘話”
特撮ヒーロー、ウルトラセブン。地球を守るため、セブンに変身して戦う宇宙人・モロボシ・ダンを演じた俳優、森次晃嗣さんは「50年たっても古くならない」と振り返る。(2017/7/28)

森次晃嗣さんがいま明かす:
ウルトラセブン50年 “モロボシ・ダン誕生秘話”
今も語り継がれる特撮ヒーロー、ウルトラセブン。地球を守るため、セブンに変身して戦う宇宙人・モロボシ・ダンを演じた俳優、森次晃嗣さんが語る。(2017/7/27)

スマートハウス:
「人工光合成ハウス」実現へ、CO2を消費してエネルギー完全自給
太陽光エネルギーを利用し、CO2を新たな燃料に変換する人工光合成技術。地球温暖化対策や新しいエネルギー利用の手法として注目が集まるこの技術を、住宅に応用する注目の実証実験が沖縄で始まる。太陽光エネルギーを利用してCO2と水から水素の燃料となるギ酸を生成・貯留する。ギ酸から水素を生み出し、住宅のエネルギーとして利用するという。(2017/7/13)

七夕の日は天の川と夏の大三角形に注目
地球も、天の川の星のひとつ。(2017/7/6)

ハード以外は柔軟に対応も:
「モジュールこそ成長の最大要因」、u-blox CEO
u-blox(ユーブロックス)は、1998年に表面実装型のGPSレシーバーモジュールを発表して以降、GNSS(全地球型測位システム)、セルラー、近距離無線通信の分野向けに通信モジュールを20年にわたり提供してきた。同社のCEOであるThomas Seiler氏は、「モジュールで提供すること」こそu-bloxが成長を続けてきた理由であり、今後もその戦略が変わることはないと明言する。(2017/6/28)

u-bloxが強調:
自動運転ではGNSSチップも機能安全対応が必須に
コネクテッドカー市場に注力するu-blox(ユーブロックス)は、次世代のV2X(Vehicle to everything)モジュールやGNSS(全地球航法衛星システム)モジュールの開発を進めている。u-bloxの共同創設者であるDaniel Ammann氏は、レベル4の自動運転車からGNSSが必須になり、それに伴ってGNSSレシーバーは機能安全対応が求められるようになると説明する。(2017/6/23)

ふかふかソファに座ってプレイ 「東京ソラマチ」にVR体験施設オープン
プラネタリウムの中に入って、地球を救う。(2017/6/22)

モスラ・ラドン・キングギドラも登場 ハリウッド版「ゴジラ」続編、2019年3月公開
「三大怪獣 地球最大の決戦」を連想させる顔ぶれ。(2017/6/20)

地球って美しい! ドローンで撮った世界の絶景写真集 6月20日発売
大自然から街並みまで。(2017/6/17)

マグニチュード12で「地球が割れます」 震度は“体感”で決まっていた?
マグニチュードはその定義上、12までいくと地球が割れてしまう。(2017/6/17)

Apple、“地球を守ろう”CM
Appleの新CMは、iPhoneで撮影した美しい風景写真のバックにカール・セーガン博士の「Pale Blue Dot」朗読が流れるというもの。「われわれには唯一の故郷である地球を守り、大切にする義務がある」という一節で終わる。(2017/6/8)

地球の歴史に「千葉県の時代(チバニアン)」が生まれる可能性 約77万〜12万6000年前を指す地質時代
「CHIBA」の名は世界にはばたくのか!?(2017/6/7)

「地球にとって間違った決定」:
米国のパリ協定離脱、FacebookやAppleのCEOが批判
米国のパリ協定離脱表明に対し、Appleのティム・クックCEOは「パリ協定離脱はわれわれの地球にとって間違った決定だ」と批判。(2017/6/2)

トランプ大統領が発表:
米のパリ協定離脱、同盟国や米経済界に波紋
トランプ米大統領は、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」から米国が離脱すると発表した。(2017/6/2)

トランプ米大統領のパリ協定離脱発表でイーロン・マスク氏は助言チーム離脱
ドナルド・トランプ米大統領が、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」から米国が離脱すると正式に発表したことを受け、TeslaやSpaceXの創業者であるイーロン・マスク氏が大統領助言チームからの離脱を表明した。Microsoftも懸念を表明した。(2017/6/2)

「もうすぐ」:
トランプ米大統領、パリ協定離脱決断か
トランプ米大統領は、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」から離脱を決めたとの報道について「もうすぐ分かる」と述べ、決断が近いことを明らかにした。(2017/6/1)

「ジブリパーク」が愛知に登場 愛・地球博記念公園をリニューアル、2020年初頭開園目指す
スタジオジブリの鈴木プロデューサーと愛知県知事が方針に大筋合意しました。(2017/6/1)

キモい? かわいい? 奇妙な生物ばかり集めた本『進化くん』がすごい!
「地球にかくも多様な生命があふれているのは、進化くんのおかげなのだから」(同書より)(2017/5/28)

火星に「氷の家」をつくる建築家・曽野正之さんに聞く 「地球も火星も同じ。結局住むのは人だから」
彼らが追い求めていたのは、「物体」としての建築ではなかった。(2017/5/11)

横方向がつながったちょっと不思議な盤面 地球儀のような「球体チェスボード」をくるくる回してプレイしたい
ビショップなどの動ける範囲が広がり、ゲーム展開にも変化が。(2017/5/9)

NASA、土星の輪のあいだから見える地球を公開 年内に消滅予定の探査機「カッシーニ」から撮影
土星から見るとぜんぜん青くない惑星・地球。(2017/4/24)

生き別れの兄妹かな? ノンスタ井上とブルゾンちえみの合成写真がそっくりってレベルじゃねぇ!
「地球上に女は何人いると思ってんだ?」(ブルゾン井上がいいそうなこと)(2017/4/22)

生命に適した惑星が新たに発見 地球から約39光年先
「LHS 1140b」の重力は地球の3倍だが液体の水が存在できる。(2017/4/20)

ロシアの宇宙飛行士、聖人セラフィムの遺骸の一部とともに地球に帰還
宇宙に行った聖遺物はこれが最初ではなかった。(2017/4/18)

土星の衛星エンケラドスに水素 生命を育める環境の可能性
「地球以外の居住可能な世界を探す上で重要なマイルストーン」とNASA。(2017/4/14)

NASA、「地球外の海」に関する重大発表を告知 4月14日3時に会見の様子をライブ中継
わくわく。(2017/4/12)

ここはサメに支配された地球だよ! 映画「鮫の惑星」DVD化、安心と信頼のアサイラム×アルバトロスから
制作は「シャークネード」シリーズなどで知られるサメ映画業界の重鎮「アサイラム」です。(2017/4/9)

エネルギー管理:
東京都が「アースプラン2017」を策定、下水道事業の新たな温暖化防止計画
東京都は、下水道事業における新たな地球温暖化防止計画「アースプラン2017」を策定した。温室効果ガス排出量を、2000年度比で2030年までに30%以上削減することを目指す。(2017/3/31)

真っ青な生地でたこ焼き焼いたら地球そっくりに!? 果敢な挑戦者に「創造主」の呼び声
地球は青かった。たこ焼きも青かった。(2017/3/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。