ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「パロディ」最新記事一覧

関連キーワード

“私たちとAV業界は地続きだ” 「身体を売ったらサヨウナラ」鈴木涼美が女性限定トークイベントで映画化喜ぶ
「地雷を踏んだらサヨウナラ」のオマージュタイトルは、歌舞伎町は地雷だらけという思いから。(2017/6/27)

「VALU」のパロディー「NILU」登場 誰でも自分の“株”発行、完全無料のお遊びサイト
「VALU」が話題を集める中、パロディーサービス「NILU」が登場した。完全無料で“評価経済ごっこ”ができるお遊びサイトだ。(2017/6/19)

あのキャラに花束を:
大人気打ち切りマンガ『ポプテピピック』 ポプ子とピピ美のキュートさを見直したい
ピュアな中学生の青春友情物語、かもしれない。(2017/6/18)

ファンの仕業だな! 犬神家「両足だけ水面から突き出した変死体」のロケ地、いつの間にかGoogleマップに登録
その名も「スケキヨ・アップサイドダウンフット・ポイント」。(2017/6/8)

転生したら『シティハンター』の世界だった! 『今日からCITY HUNTER』が連載開始 作者は『3年B組一八先生』錦ソクラ
電車にひかれて目を覚ますと、あこがれの冴羽リョウが目の前に!(2017/6/7)

「こんなジブリパークは嫌だ」大喜利、Twitterで賑わう 「マスクないと肺が腐る」「飯食うとブタに」
愛知に「ジブリパーク」ができるのを受け、ジブリあるあるを用いたネタが白熱!(2017/6/1)

犯罪都市「米花町」で過ごす“黒い人”のギャグな日々 名探偵コナンのスピンオフ「犯人の犯沢さん」がいろいろヤバイ
表紙で例のパラパラ踊ってます。(2017/5/27)

来週のNHK大河サブタイトルは「ぬしの名は」 “おんな城主 直虎”の週タイトルが攻め込んできてる
どんな内容なんだろう。(2017/5/22)

「牛には酷だが串に刺す」ハイセンスな牛串屋に注目集まる 「逃げ恥」原作者も反応
「このタイミングで、来たか!」と意表を突く会心のネーミング。(2017/5/21)

ユーザーの要件には「ウソ」がある?:
ミスなくモレなく見やすい「要件定義書」の書き方
システム開発プロジェクトの成否を決めるといっても過言ではない「要件定義」。連載「エンジニアのためのビジネス文書作成術」、第2回目は「要件の洗い出し方」と、Wordの機能を駆使して「要件定義書」を見やすくするテクニックを伝授します。(2017/5/15)

「HELLSING」キャラが踊る「血界戦線」EDパロディー動画がすごい 作者・平野耕太、アーカード・中田譲治も反応
ヒラコー先生「あら素敵」。(2017/5/9)

「うまい棒498本分で買えちゃうんですか!?」 もしTOKIOが通販番組やったらのパロ漫画が納得の展開
これぞTOKIO。(2017/5/9)

「酷すぎる」「不快」 SMAPを連想させるジャンバリ.TVのCMに賛否両論
今後は新曲「ジャンバリましょう」を公開するとみられています。(2017/5/3)

東京・中野で美子ちゃんの歴史を目撃せよ! 5月16日から30日まで「日ペンの美子ちゃん原画展」開催
ハッシュタグは「#墓場の美子ちゃん」です。(2017/4/27)

警視庁のピーポくん、誕生30年で筋肉ムキムキに
テーマソング「ピーポくんのうた」には新たにダンスも加わった。(2017/4/25)

かーずSPのインターネット回顧録:
「Hatten」「ゴノレゴ」「ムネオハウス」――“Flash黄金時代”が生み出したもの
「かーずSP」管理人かーずがインターネットの“あの時”を振り返る連載、第1回は「Flash黄金時代」について語ってもらいました。(2017/5/3)

もしティラノサウルスがパルクールの達人だったら? アクションがすごい低予算「ジュラシック・パーク」パロディー
約5000円の着ぐるみなのに、ティラノサウルスがかっこいい!(2017/4/9)

ねとらぼレビュー:
二元論を抜けた先にあるエモーション 「左門くんはサモナー」は間違いなく名作である
週刊少年ジャンプで連載中「左門くんはサモナー」(沼駿)はおもしろいですよ!!(2017/4/8)

「ラ・ラ・ランド」OPを再現しながらエマ・ストーンをパーティーに誘う高校生、喝采浴びる
話題のオープニング場面をもじって、超大物をプロムに招待!(2017/4/7)

「太臓もて王サーガ」の大亜門、Webで4年ぶりの新連載! 漫画業界のうわさや疑問を探る
週刊ヤングジャンプで連載されていた「わたしはキャワワワ!!」以来の連載。(2017/4/6)

頼むから走らせてやれ! 「もしメロスが定期的な進捗報告を求められたら」が非効率的すぎるしいろいろおかしい
このオチは読めない。(2017/4/5)

動物愛護団体PETA、ニンテンドースイッチの乳しぼりゲーム批判 「乳しぼりの残酷さが排除されている」
PETAは過去に「ポケモンは動物虐待」と主張していました。(2017/4/3)

菅田将暉、「世にも奇妙な物語」初主演! 薬に頼る“カメレオン俳優”に
薬ダメゼッタイ。(2017/3/30)

「僕は仲間として、イジる」 ガリガリガリクソン、単独ライブのチラシで友人・清水富美加の著書をパロディー
スタンスの貫き方スゴイ。(2017/3/27)

「トルコのピコ太郎」「塩もこみち」 肉に高所から塩をファサーするトルコのシェフが世界中でブレーク中
パロディー画像も大量に作られています。(2017/3/9)

ドラゴンボールZのフリーザと珍遊記の山田太郎が全く同じ構図でフィギュア化 「いたかったぞー!」のシーンがダブルで再現される
完全に一致。(2017/3/9)

JOY「全てのハーフの生みの親ぁぁ!!」 ガキ使で斎藤工に次ぐ新たな“サンシャイン”が爆誕してしまう
一方、ボビー・オロゴンさんは「ジョスティス!!」と英語を間違える。(2017/2/27)

これは革命やー!(遠い目) 米マクドナルドが二層構造のシェイク用を飲むためだけのストローを開発
紹介動画があのリンゴのロゴの企業のやつっぽい。(2017/2/25)

パックマン+ビートルズな曲がなぜ今?
年度末にぴったりなビートルズの名曲+パックマン。30年以上表に出てこなかった理由とは?(2017/2/18)

アニメ「ぱにぽにだっしゅ!」がニコニコ生放送で全26話一挙放送! 2月17日・18日の2日間
10年以上前のシャフト全開アニメ!(2017/2/16)

SOLIDWORKS World 2017:
「SOLIDWORKS」の新機能がリアリティーショーに、次世代トップモデラーを目指せ
「SOLIDWORKS World 2017」の最終日、3D CADツール「SOLIDWORKS」の次期バージョン「SOLIDWORKS 2018」の新機能が発表された。「4つのエコシステム」に対応する新機能に加えて、次世代トップモデラー(トップモデルではない)を目指す4人がプレゼンするリアリティーショーのパロディー寸劇でも新機能が紹介された。(2017/2/10)

SOLIDWORKS World 2017:
SOLIDWORKSユーザーの祭典LAで開幕――3D設計業務の未来を見据えたさらなる進化に期待
世界中から5000人以上の参加者が集まる3D設計ソリューション「SOLIDWORKS」の年次ユーザーイベント「SOLIDWORKS World 2017」が米国カリフォルニア州ロサンゼルスで開幕した。SOLIDWORKSのキーマンによる講演やキーノートスピーチの他、先進的なユーザー事例の数々を見聞きすることができる。また、次期バージョンで搭載予定の新機能について披露されるスニークプレビューも注目。今回はどのような新機能や新たなソリューションを提案してくれるのか注目していきたい。(2017/2/6)

司書メイドの同人誌レビューノート:
「ブタが好きすぎてハンガリーの国賓になりました」のレビューをしたら、ハンガリー大使館へ行くことになりました
同人誌「ブタが好きすぎてハンガリーの国賓になりました」がポプラ社さまから単行本化されることになり、その刊行記念イベントに参加しました。(2017/2/5)

50代からは「ネット足長おじさん」になったほうがいいかも
口を出さずに金を出す! 星井七億の連載「ネットは1日25時間」。(2017/2/4)

ゴゴゴゴゴ…… 次回の妖怪ウォッチにどう見てもジョジョなカットが登場
妖怪はスタンド。(2017/2/3)

「クロエの流儀」今井大輔、ついにちょぼらうにょぽみにイラストで反撃 「こいつら絶対仲良しだろ」「血で血を洗う戦い」
ちょぼ先生「こんな事されたら、どっちがあいまいみー本編かわからなくなるでしょ…」(2017/1/31)

替え歌どこまでOK? パーマ大佐「森のくまさん」問題の法的背景
著名な楽曲の替え歌は、法的にどこまで許されるのか。パーマ大佐の「森のくまさん」をめぐり作詞者の馬場祥弘さん側が主張しているのは「同一性保持権」の侵害だ。(2017/1/20)

「森のくまさん」パロディ曲、作詞家が販売中止求める YouTubeで人気、パーマ大佐のネタ
「森のくまさん」の日本語の歌詞を無断で改変され、著作者としての人格権を侵害されたとして、作詞家が「森のくまさん パーマ大佐」の販売中止を求めている。(2017/1/19)

エヴァ初号機以外も謎チョイスじゃないですか! 剛力彩芽さんがスケバン、一昔前のギャルなどにコスプレ
テレビドラマ「レンタルの恋」の衣装として公開。(2017/1/18)

「聖帝カレー」が食えるなら愛などいらぬ! 吉祥寺で「北斗の拳 イチゴ味」コラボイベント開催中
行くならば、引かず、こびず、省みずに!(2017/1/13)

イエェェェ〜イ!! 声優・諏訪部順一、サンシャイン池崎のパロ動画公開 本家も思わず反応するクオリティー
サンシャイン池崎「スンゲーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!」。(2017/1/10)

「まさかの公式」 代替わりしたばかりの“日ペンの美子ちゃん”、さっそく「誰が美子太郎よ〜!」と時事ネタをかます
ペン1本で世界進出を図る美子ちゃんが何かをひらめいたようです。(2017/1/9)

ダイコンゴー発進! 金剛型戦艦の艤装で作られたロボットが超ハイクオリティーで強そう
なお、金剛4姉妹は十字架にて磔にされています。(2017/1/7)

パロディから本家へ大抜擢! 6代目「日ペンの美子ちゃん」作者が「日ポン語ラップの美ー子ちゃん」の服部昇大先生に決定
タトゥーを勧めてこない方の美子ちゃんだ!(2017/1/6)

「童貞だって信じてたのに…」 Creepy Nutsの新曲PVがツイートで使いたい画像の宝庫
恋ダンスっぽいのとか、PPAPっぽいのとか、ゲス不倫っぽいのとか。(2017/1/5)

新年からこのグダグダ感 小栗旬、菅田将暉、橋本環奈が自作の「銀魂音頭 お正月篇」で歌い踊る!
「そーれ、銀魂音頭でギンギンギン〜」(2017/1/1)

動きおかしいだろ……! プロの独身オタクが「恋ダンス」を踊る姿に「キレッキレ」「もはや別物」の声
なにこのクオリティ(褒め言葉)。(2016/12/30)

「この世界の片隅に」の作者が描いた至高の百合漫画「街角花だより」
名作ぞろいのこうの史代ワールドへ。星井七億の連載「ネットは1日25時間」。(2016/12/30)

聖帝サウザーがコーラ界にも君臨 「北斗の拳 イチゴ味」がメッツコーラとコラボ、オリジナル作品も読める
描き下ろし作品の名は「北斗の拳 コーラ味」。(2016/12/28)

「君の名は。」だけじゃない 「2016年アニメ」の話題を“超個人的に”振り返る
(2016/12/17)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。