ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「電子レンジ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「電子レンジ」に関する情報が集まったページです。

地震でガス供給停止、「レンジだけでできる」レシピが話題……「助かりました」
大阪北部地震の影響で、茨木市や高槻市などの11万戸余りでガスの供給停止が続く中、電子レンジで作れる料理を紹介するサイトが「とても助かる」と被災者の間で話題になっている。(2018/6/22)

うなぎ蒲焼を魚すり身で再現した「ほぼうなぎ」、カネテツが新発売 丑の日の代用品にいいかも?
カマボコは全てを救う。(2018/6/20)

ねとめし:
無限おつまみ案件につき注意! ヤマキ「枝豆のピリ辛めんつゆ漬け」がうますぎて手が止まらない
やはりめんつゆは正義。(2018/6/16)

「ずっと私の先生でいてほしい」 魔法が使えないおばあちゃんが少女に“魔法”を教える漫画に心が温かくなる
2人の関係にほっこり。(2018/6/4)

Over the AI ―― AIの向こう側に(22):
官能の人工知能 〜深層学習を最も分かりやすく説明するパラダイム
深層学習を正しく理解するのは困難を極めます。ですが、あるパラダイムで考えると、大変に分かりやすくなるのです。そのパラダイムとは、これまであらゆるテクノロジーの進化と発展をけん引してきたと言っても過言ではない、最も偉大なるコンテンツ――そう、「エロ」です。【追記あり】(2018/6/4)

売りたいものを専用ロッカーに入れるだけ ビックカメラの買取受付サービス「ラクウルポスト」
ビックカメラ有楽町店は、専用ロッカーに買い取ってほしい製品と申込用紙を入れるだけで買い取りの受け付けや査定をしてもらえるサービス「ラクウルポスト」を5月31日に開始する。(2018/5/30)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
関西ローカルなのに知名度は全国区 「551蓬莱」が成長続ける理由
関西を中心とした2府4県に出店している551蓬莱。名物の豚まんがおみやげとして支持され、現在も成長を続けている。関西ローカルな企業なのに知名度は全国レベルだ。人気の秘密とは?(2018/5/22)

世界を「数字」で回してみよう(49) 働き方改革(8):
私を「疾病者」にしたのは誰だ? 労働と病(やまい)の切っても切れない関係
現代の社会において、労働と病(心身の)の関係は切っても切り離せません。会社組織には、「労働者」を「疾病を抱える労働者」へと変貌させる機能が備わっているのかと思うほどです。今回は、「労働者の疾病」に焦点を当ててシミュレーションを行ってみました。(2018/5/22)

「分析ライフサイクル全体が対象」:
データサイエンティストにとっての機械学習自動化とは、SAS Viyaの場合
ディープラーニングを含む機械学習のプロセスを自動化する製品・サービスが増えている。SAS Instituteの「SAS Viya」も、こうしたソリューションと比較して検討するケースが多いと考えられる。では、SAS Viyaは、他の機械学習自動化ソリューションと比べてどのような特徴があるのだろうか。(2018/5/18)

ねとめし:
これは禁断のレシピと言わざるを得ない……! 「ランチパック」をトーストするだけで異次元のうまさと話題
今度から絶対に焼く(強い決意)。(一部修正あり)(2018/4/27)

世界を「数字」で回してみよう(48) 働き方改革(7):
女性の活用と、国家の緩やかな死
今回は、「働き方改革」の中でも最難関の1つと思われる「女性活用」についてです。なぜ、このテーマが難しいのか――。それは、「女性活用」は、運用を間違えれば、国家の維持(つまりは人口)にも関わる事態となってくるからです。(2018/4/25)

LG Electronicsのスマート家電が「Alexa」と「Googleアシスタント」の両対応に
LG Electronicsが米国で販売するスマート家電「SmartThinQ」の100以上の製品が、Amazon.comのAlexaとGoogelのGoogleアシスタントの両方に対応するようになった。(2018/4/18)

Over the AI ―― AIの向こう側に(20):
忖度する人工知能 〜権力にすり寄る計算高い“政治家”
今回取り上げるのは「強化学習」です。実はこの強化学習とは、権力者(あるいは将来、権力者になりそうな者)を“忖度(そんたく)”する能力に長けた、政治家のようなAI技術なのです。(2018/3/27)

電力供給サービス:
省エネ機器を購入せずにレンタルできる料金プラン、TEPCOホームテックが提供
TEPCOホームテックは、電気料金と省エネ機器の工事費・利用料をパッケージとしたエネルギー利用サービス「エネカリ」を発表した。省エネ機器所有モデルの価値転換を行い、既存住宅のさらなる省エネ化を図る。(2018/3/27)

PR:ITの人が鯖カレーならぬ「サーバーカレー」を作ったら絶対おいしいんじゃない?
ウソみたいだろ……PR記事なんだぜ、これ。(2018/3/22)

う、うん億円〜!? ぶっ飛ぶ豪華っぷり、ちょっとのぞいてみましょう「超高級ヨット」の世界
「ヨットって何千万円もするんでしょ。俺らには関係ないねー」。いえいえ、ちょっと誤解があります。知られざる高級ヨット「億り船」の世界の一片を紹介します。(詳細写真159枚)(2018/3/19)

ファミマがハンバーガー市場にロックオン 店頭のファミチキやコロッケを使う「ファミバーガー」を発表
こいつ直接パン内に……!(2018/3/13)

「おいしくて100キロカロリー」に支持:
大塚食品「マイサイズ」の“ビッグサイズ”な成長
大塚食品の「マイサイズ」が売れている。開発の経緯やこだわり、売り上げが伸びているポイントを担当者に聞いた。(2018/3/12)

ねとめし:
5分でできる時短レシピ“レンジで鳥塩レモン”がバカウマー! 包丁要らずの簡単調理
コンソメとレモンの相性が抜群……!(2018/2/24)

世界を「数字」で回してみよう(47) 働き方改革(6):
政府vs企業で揺れる「副業」、労働者にメリットはあるのか
「副業」は、それを推進するか否かにおいて、政府と企業のスタンスが(珍しく)対立する項目です。人口の減少が深刻な今、政府が副業を推進するのも分かる気はしますが、当事者である私たちが知りたいのは、これに尽きると思います――「結局、副業ってメリットあるの?」(2018/2/19)

誤差を補正し通信の干渉を回避:
IEEE 802.11ax対応の1チップIC、東芝が開発
東芝は、次世代無線LAN「IEEE 802.11ax」ドラフト規格に対応した、アクセスポイント向け1チップICを開発した。(2018/2/19)

マイクロ波加熱で短時間溶融:
PET基板上にセンサーなど電子部品をはんだ付け
産業技術総合研究所(産総研)は、低耐熱性のプラスチック基板上に、センサー素子などの電子部品をはんだ付けすることができる、短時間はんだ溶融技術を開発した。(2018/2/15)

PR:Webサイトの安全性は誰が証明する? “SSL証明書”のデジサートが語る、IoT時代のセキュリティに必要なもの
(2018/2/15)

滞在型ホテル、「ブリージャー」スタイルへ 「出張+観光」シフトで訪日客を狙え
ホテル各社もブリージャーを新たな訪日スタイルとして着目、取り込みに向けた動きを加速させる。(2018/2/8)

福田昭のデバイス通信(137) 2月開催予定のISSCC 2018をプレビュー(13):
技術講演の最終日午後(その2)、東芝が次世代無線LAN用トランシーバーを発表
「ISSCC 2018」の技術講演を紹介するシリーズ、最終回となる今回は、最終日のセッション28〜31を紹介する。東芝グループは次世代の無線LAN技術「802.11ax」に対応する送受信SoC(System on a Chip)を発表する。その他、114本の短針プローブによって脳神経信号を並列に取得するシステムや、カーボンナノチューブFETとReRAMによる脳型コンピューティング回路などが発表される。(2018/2/8)

NXP 冷凍食品自動解凍レファレンスデザイン:
冷凍食品を素早くムラなく解凍するレファレンスデザイン
NXPセミコンダクターズは、冷凍食品を高速・安全かつ高品質に解凍できる、冷凍食品自動解凍レファレンスデザインを発表した。このデザインによって、家電OEM企業は最小の作業で迅速に製品を市場投入できる。(2018/2/5)

Over the AI ―― AIの向こう側に(19):
未来を占う人工知能 〜人類が生み出した至宝の測定ツール
今回は、統計処理技術についてお話します。え? 統計? それってAIなの?――そう思われた読者の方、確かにAI技術とは言えません。ですが、統計処理技術はAIの根底を成すものであり、これを知らないままでは、「英単語を知らずに英語を話そうとする」ようなものなのです。(2018/1/31)

組み込み開発ニュース:
数分でムラなく食品の自動解凍が可能に、家電メーカー向けレファレンスデザイン
NXPセミコンダクターズは、冷凍食品を高速・安全かつ高品質に解凍できる、冷凍食品自動解凍レファレンスデザインを発表した。設計済みの同レファレンスデザインを搭載することで、家電OEM企業は最小の作業で迅速に製品を市場投入できる。(2018/1/29)

白物家電の国内出荷額、20年ぶり高水準に
2017年の白物家電国内出荷額は2兆3479億円と2年連続のプラスとなり、1997年以降最も高い水準になった。安定した買い換え需要に支えられ、省エネ・高負荷価値製品が堅調に推移した。(2018/1/25)

世界を「数字」で回してみよう(46) 働き方改革(5):
あなたは“上司”というだけで「パワハラ製造装置」になり得る
今回のテーマは「労働環境」です。パワハラ、セクハラ、マタハラ……。こうしたハラスメントが起こる理由はなぜなのか。システム論を用いて考えてみました。さらに後半では、「職場のパフォーマンスが上がらないのは、上司と部下、どちらのせい?」という疑問に、シミュレーションで答えてみます。(2018/1/22)

ハイアールがスリムデザインの冷凍庫を発売 タッチ式操作パネルで庫内温度を調整
ハイアールジャパンセールスが、タッチ式操作パネルで温度設定などを行える前開き冷凍庫3種を1月19日から販売する。冷凍食品や作り置きの食材を入れる冷凍スペースを追加できる。(2018/1/19)

ITはみ出しコラム:
家電、クルマ、PCにも……Amazon Alexaの勢いは2018年も続きそう
利用可能なスキル数、対応製品数で競合を引き離す「Amazon Alexa」。CES 2018も席巻し、その勢いは2018年も続きそうです。(2018/1/14)

「狭いキッチンでも料理を楽しみたい」 機能充実のコンパクトな3ドア冷蔵庫 AQUAから登場
AQUAブランドから、コンパクトな3ドア冷凍冷蔵庫「AQR-SV24G」が登場。冷蔵室、冷凍室、野菜室が独立しており、「旬鮮チルド」も搭載。1月17日から販売開始。(2018/1/12)

安くて簡単すぎ! 魚肉ソーセージと黒コショウでヤミツキになるウマいつまみができるぞ
魚肉ソーセージ1本でポテチ1袋分の満足度。(2017/12/23)

Over the AI ―― AIの向こう側に(18):
儲からない人工知能 〜AIの費用対効果の“落とし穴”
AI技術に対する期待や報道の過熱が増す中、「抜け落ちている議論」があります。それが、AIの費用対効果です。政府にも少しは真剣に考えてほしいのですよ。例えば「荷物を倉庫に入れておいて」と人間に頼むコスト。そして、AI技術を搭載したロボットが「荷物を倉庫に入れておく」という指示を理解し、完璧にやり遂げるまでに掛かるトータルのコスト。一度でも本気で議論したことがありますか?(2017/12/22)

ポン・デ・リングをレンチン、エンゼルクリームは冷凍 元ミスドバイト直伝“おいしい食べ方”の数々
ほんの一手間加えてみよう。(2017/12/19)

油圧ショベル型コーヒーカップにリッパーバケット型の新作登場 その名も「鉄さび」
やっぱりコーヒーがよく似合いそう。(2017/12/18)

水曜インタビュー劇場(隙間公演):
えっ、CDプレーヤーが売れている? エスキュービズムの戦略が面白い
ポータブルタイプのCDプレーヤー市場が面白いことになっている。市場が縮小していくなかで、新興メーカーのエスキュービズムが発売したところ、ある層を中心に売れているのだ。「CDプレーヤーなんてオワコンでしょ」と言われているなかで、どういった人たちが購入しているのか。(2017/12/13)

英YouTuberが電子レンジに石膏を流し込み頭にかぶる → 取れなくなって救急要請 →「なぜ頭を電子レンジで固めたのか」と炎上
「他の助けを必要としている人を救助できなくなる」と指摘されています。(2017/12/9)

「彼氏が電子レンジを爆殺した」 クロワッサンをアルミホイルでレンチンしたら大惨事に
彼氏「行けると思った」(2017/12/6)

基地局用RFパワーGaNも展示:
電池駆動の電子レンジを実現するRFデバイス提案
NXP Semiconductorsは、「マイクロウェーブ展 2017」で、同社のRFモジュールを用いた電池駆動式電子レンジの提案を実施した。(2017/12/4)

Over the AI ―― AIの向こう側に(17):
至宝の人工知能 〜問題に寄り添い、最適解をそっと教えてくれる
先人たちにより開発され、磨かれてきた「至宝の最適化アルゴリズム」。本当はこれを軽々しく「AI」とは呼びたくな……い……という気持ちをぐっとこらえ、AI技術として解説します。「試験前の一夜漬け」「雪山遭難」「井戸堀り」の例を使って、説明していきます。繰り返しますが、最適化アルゴリズムを軽々しく「AI」という言葉で片付けたくはないんですよ、本当は。(2017/11/30)

ねとめし:
ファミマのサラダチキンとピザサンドをチンするだけのお手軽“賢者メシ”、ピザサラダチキンがウマい……!
アレンジ料理、ピザサラダチキンサラダも作ってみました!(2017/11/24)

世界を「数字」で回してみよう(45) 働き方改革(4):
意味不明の「時短」は、“ツンデレ政府”のSOSなのか
「働き方改革」において、「生産性」に並ぶもう1つの“代表選手”が「時短」、つまり「労働時間の短縮」ではないでしょうか。長時間労働の問題は今に始まったことではありませんが、どうしても日本では「時短」がかなわないのです。それは、なぜなのでしょうか。(2017/11/20)

「スマスピ」おしゃべり広場:
「Alexa、何かある?」 日本版Amazon Echoがプッシュする5つの音声コマンド
英語版Alexaアプリに一足先に登場している。(2017/11/13)

水曜インタビュー劇場(お好み焼き公演):
10分の1に縮小した「ドムドム」は、復活することができるのか
ダイエーグループから離れた「ドムドムハンバーガー」が、まずまずのスタートを切ったようだ。店舗数は減少しているのにもかかわらず、売り上げは対前年比で1割ほど増加。マクドナルドやモスバーガーなどの競合がひしめき合うなかで、どのようにして売り上げを伸ばしたのか。(2017/11/8)

「アンバサダーカンファレンス 2017」レポート:
資生堂ジャパン 音部大輔氏と語る「なぜ顧客視点の企業戦略で差がつくのか」
戦略は何のためにあるのか。良い戦略とはどういうものか。資生堂ジャパン 音部大輔氏と「アンバサダープログラム」を推進するアジャイルメディア・ネットワークの徳力基彦氏、藤崎 実氏が語った。(2017/11/8)

黒い服に吸収された光はどこへいく?
吸収っていうくらいだし、どこかにあるはず。(2017/11/6)

Over the AI ―― AIの向こう側に(16):
モノマネする人工知能 〜 自動翻訳を支える影の立役者
最近の機械翻訳の発展には目を見張るものがあります。なぜ、ここまで進化しているのでしょうか。AI(人工知能)による翻訳、通訳を取り上げ、その発展の理由を探ってみると、その根底には、あるパラダイムシフトが存在していたことが分かりました。(2017/10/30)

世界を「数字」で回してみよう(44) 働き方改革(3):
誰も知らない「生産性向上」の正体 〜“人間抜き”でも経済は成長?
「働き方改革」に関連する言葉で、最もよく聞かれる、もしくは最も声高に叫ばれているものが「生産性の向上」ではないでしょうか。他国と比較し、「生産性」の低さを嘆かれる日本――。ですが、本当のところ、「生産性」とは一体何なのでしょうか。(2017/10/23)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。