ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ランサムウェア」最新記事一覧

セキュリティ投資は倍増へ
高度化するデータ侵害に“やられっ放し”の医療現場がやっと対策を本格化
2015年は大規模な医療データの侵害があった。2016年は破壊的なランサムウェア攻撃が目立った。そして2017年、医療現場のサイバーセキュリティは巻き返しを見せるかもしれない。(2017/3/16)

トレンドマイクロ 2016年 年間セキュリティラウンドアップ:
SCADAにも多くの脆弱性、製造業IoTにセキュリティの重要性増す
注目される製造業IoTだが、トレンドマイクロらの調査で産業制御システム「SCADA」関連製品の脆弱性も多く発見された。製造業IoTの存在感が増すに従い、セキュリティリスクも高まっている。(2017/3/15)

病院だけに限らない、代表的な5つの理由
なぜ小規模病院やクリニックはサイバー攻撃に対して無防備なのか?
小規模病院やクリニックはサイバー犯罪の標的になることが多い。セキュリティ対策に慣れていなかったり、規制要件への標準化が遅れていたりと、セキュリティへの対応が弱いためだ。(2017/3/13)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第7回】
攻撃者にとっての「ランサムウェア」は“ゴールドラッシュ”、必須の対策は?
身代金要求型不正プログラム(ランサムウェア)が依然として猛威を振るっており、対策は待ったなしの状況です。現状の被害傾向を踏まえ、最低限対策すべきことを紹介します。(2017/3/6)

ハギーのデジタル道しるべ:
CSIRTの設置よりも、やるべきことがありませんか?
企業の情報セキュリティを守る存在として注目を浴びる組織、CSIRT。最近その設置について相談を受けるケースが増えているが、そもそもCSIRT設置を検討する前に、社内でやっておくべきセキュリティ対策がある。(2017/3/10)

@ITセキュリティセミナー東京・大阪・福岡ロードショー 2017 レポート(3):
CSIRTが果たすべき「社会的責任」とは
@IT編集部が2017年2月に開催した「@ITセキュリティセミナー」レポートシリーズ。最終回は、これまでに紹介できなかったセッションの模様をまとめてお届けする。(2017/3/15)

標的型サイバー攻撃対策やランサムウェア対策を強化:
トレンドマイクロ、統合サーバセキュリティ対策の最新版「Trend Micro Deep Security 10」をリリース
トレンドマイクロが総合サーバセキュリティ対策製品の最新版「Trend Micro Deep Security 10」をリリース。標的型サイバー攻撃対策やランサムウェア対策機能を強化した。(2017/3/9)

セキュリティを意識したIoTデバイス設計の勘所(2):
IoTデバイスが抱えるセキュリティリスクをひもとく
あらゆるモノがインターネットにつながるIoTがサイバー攻撃者にとっての新たな標的になりつつあります。本連載では、セキュリティを意識したIoTデバイス設計の勘所を解説します。第2回は、エッジ層におけるIoTデバイスのセキュリティに注目し、その特性を踏まえたセキュリティ上の課題と対策の方向性を考察します。(2017/3/9)

@ITセキュリティセミナー 東京・大阪・福岡ロードショー 2017 レポート(2):
「セキュア開発」はなぜ浸透しないのか?――DevSecOpsを妨げる“4つの敵”
本稿では、@IT編集部が2017年2月7日に東京で開催した「@ITセキュリティセミナー」レポート第2弾(東京Bトラック編)をお届けする。(2017/3/9)

@ITセキュリティセミナー 東京・大阪・福岡ロードショー 2017 レポート(1):
「日本型組織」はなぜサイバー攻撃に弱いのか
本稿では、@IT編集部が2017年2月7日に東京で開催した「@ITセキュリティセミナー」レポートをお届けする。(2017/3/8)

6つのポイントを解説
Windows 10のセキュリティ対策、標準ツール「Windows Defender」以外にすべきことは?
あらゆるOSと同様、「Windows 10」でもセキュリティは非常に重要だ。さまざまな手段を活用してWindows 10デバイスのセキュリティを強化する必要がある。(2017/3/6)

医療機関がサイバー犯罪者に狙われる
2017年も被害は続く? 病院を狙うランサムウェア攻撃を防ぐ5つのヒント
2016年に最もサイバー攻撃の標的になったのは医療機関だという調査結果がある。2017年もその状況は続くだろう。だがIT担当者が適切な対策を続けることで、攻撃を防ぐことは可能だ。5つのコツを紹介する。(2017/3/6)

Netflix、Timeも導入したエンドポイントセキュリティ製品:
CTC、「SentinelOne」の国内展開に向けてセミナー開催
伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)は2017年2月24日にセミナー「エンドポイントリスクを考慮した新しいセキュリティ戦略」を開催した。セミナーに合わせて、米SentinelOneのCEO、CTOが来日した。(2017/3/3)

特選プレミアムコンテンツガイド
医療機関へのサイバー攻撃は避けられないリスク、データを確実に守る方法は
米国では医療機関を狙うサイバー攻撃が1日に4000件も発生しているという。もはやサイバー攻撃は避けられないと考えたほうがよさそうだ。重要なデータを保護するために必要な要素を専門家が解説する。(2017/3/3)

19歳の高専生がランサムウェア被害PC復元ソフトの開発目指す ラックが支援
知識のない人でも簡単に復元できるとのこと。(2017/3/2)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(12):
あなたの会社が狙われる理由、ズバリ教えます!
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は「あなたの会社が狙われる理由」について深掘りしていきたいと思います。理由が分かれば後は対策ですが……。(2017/3/2)

日本でも、脆弱なIoT/スマホ経由の脅威が急増:
ランサムウェア攻撃、2016年下半期に倍増 チェック・ポイントが調査
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズが、2016年7月〜12月の脅威情報データに基づくセキュリティ調査レポートを公開。2016年下半期のマルウェア関連インシデントにおけるランサムウェア攻撃が占める割合は、同年前期比で90%増加。日本においては同348%も増加していたという。(2017/3/1)

機密データを公にさらす
バックアップが役に立たない? 新型ランサムウェア「ドキシウェア」の脅威
新型のランサムウェアだといわれる「ドキシウェア」は、従来のランサムウェアと何が違うのか。専門家の声を基に、その実態を探る。(2017/2/28)

PR:高価なVDIに代わるマルウェア感染防止対策――悩める企業を助ける“新潮流”とは
(2017/2/28)

人工知能、セキュリティ、ブロックチェーンなど
医療IT担当者が2017年に注目する“6つのITトレンド”
医療業界における2016年のITトレンドは、サイバーセキュリティとブロックチェーンに多くの注目が集まった。医療機関のIT管理者は2017年も引き続きこの2つのトレンドから目を離すことはできないだろう。(2017/2/28)

ベンダーの“希望的観測”を検証する
2017年のストレージ市場、ベンダーの“大いなる希望”と“渋い現実”のギャップは?
データストレージベンダーが2017年のデータストレージ技術について発表した予想を、長年この業界をチェックしてきた専門家が検証する。(2017/2/23)

産業制御システムのセキュリティ:
PLCが人質に取られて脅迫される時代へ、IoTがもたらす産業機器の危機
JPCERT コーディネーションセンターと経済産業省は「制御システムセキュリティカンファレンス」を開催。高度化が進む、制御システムへの攻撃の事例を紹介した。(2017/2/22)

狙われる中小企業:
PR:ランサムウェアに標的型攻撃――“終わらないセキュリティ対策”をSIerはどうサービス化すべきか
ランサムウェアや標的型攻撃など、昨年から継続してサイバー攻撃が増加し、日々メディアなどをにぎわせている。今ユーザー企業が求めているのは、できるだけ労力を掛けずに全方位的にセキュリティを網羅してくれる、「セキュリティマネジメントサービス」ではないだろうか? 中小規模のSIerでも高品質なマネジメントサービスを提供できるようになるソフォスのパートナー・プログラム、「Sophos MSP Connect」を紹介する。(2017/2/20)

「お名前.comレンタルサーバー」でWAFを標準提供:
PR:GMOインターネット×ラック対談――「Webサーバ防御の課題」とは
脆弱なWebサーバ、特に「WordPress」の脆弱性を狙った不正アクセスが後を絶たない。そんな中GMOインターネットでは、サービス事業者として「安心して利用できる環境」の実現を目指し、ジェイピー・セキュアの「SiteGuard」を用いてデフォルトでWAF機能の提供を開始した。(2017/2/20)

今こそ考えたい製造業IoTのセキュリティリスク:
IoTセキュリティ対策を検討する“その前に”――企業がまず考えるべきこと
製造業に革新をもたらすといわれる「IoT(Internet of Things)」。スマート化された工場の明るい未来だけがフォーカスされがちだが、ネットワークにつながることでもたらされるのは恩恵ばかりではない。本インタビュー企画では、製造業IoTを実現する上で重要となる「セキュリティ」にフォーカスし、製造業IoTで起こり得るセキュリティインシデントとその対策について紹介する。第1回は、製造業向けにも多くのソリューションを提供しているカスペルスキーに話を聞いた。(2017/2/20)

RSA Conference 2017レポート:
早急に備えておくべき「7つ」の新しいサイバー脅威
米国のセキュリティ機関 SANS Instituteのリサーチャーが、RSA Conference 2017の基調講演で「今後備えるべき、新たな攻撃と脅威」を解説。「7つ」の新しい攻撃/脅威に早急に備えよと提言した。(2017/2/17)

RSA Conference:
IoTに潜むセキュリティのリスク、依然として問題に
米国で開催中の「RSA Conference」では、IoT(モノのインターネット)のセキュリティ問題について報告された。IoTにはセキュリティ問題がついて回るが、解決までの道のりは、まだ遠いようだ。(2017/2/17)

特選ブックレットガイド:
サイバー犯罪者の魔の手は製造業にも――今後注意すべき脅威とは?
製造業にとってもサイバー攻撃による脅威は人ごとではありません。(2017/2/17)

RSA Conference 2017レポート:
ITがBT(Business Technology)となる時代に必須なのは「セキュリティ」
2017年2月14日から米国サンフランシスコで「RSA Conference 2017」が開催されている。基調講演は、サイバーセキュリティがテクノロジーだけでなく、ビジネスや政治にまで影響を及ぼしている事実を背景にした内容となった。(2017/2/16)

Intel、「Threat Landscape Dashboard」発表 攻撃多発の脅威情報を提供
ソフトウェアの脆弱性を突く攻撃や、ランサムウェアなどの攻撃が相次いで浮上する中、管理者が優先的に対処すべき脆弱性を見極められるよう支援する。(2017/2/14)

Avast、14種に対応したランサムウェア復号ツールを無償で提供開始
(2017/2/13)

ランサムウェアはどのように差し込まれたのか
トランプ大統領就任式前に監視カメラがハッキング、未解決の謎が残る
米ワシントンDCの警察は、トランプ大統領就任式の前にハッキングされた監視カメラに気付いて、ランサムウェアの問題を修正した。だが、この攻撃に関する疑問が解消されたわけではない。(2017/2/11)

セキュリティのアレ(41):
「自社を騙るメールが出回っている……」――企業はどう“注意喚起”すべきか?
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第41回は、2016年10月ごろに出回ったICT-ISACを騙るメールを取り上げます。(2017/2/10)

PR:「オレはだまされない」――その慢心をぶち壊す! 先輩社員に「標的型攻撃」してみた
(2017/2/14)

TechFactory 人気記事TOP10【2017年1月版】:
プログラミング言語に見る、ガラパコス化した日本製造業
TechFactoryオリジナル記事コンテンツの人気ランキングTOP10。今回はIIoTが製造業にもたらす変化について取り上げ、製造現場の“ガラパゴス化”を解消するためのヒントを提示する連載が1位となりました。(2017/2/9)

セキュリティを意識したIoTデバイス設計の勘所(1):
サイバー空間の脅威の変遷とその対策からIoTセキュリティを学ぶ
あらゆるモノがインターネットにつながるIoTがサイバー攻撃者にとっての新たな標的になりつつあります。本連載では、セキュリティを意識したIoTデバイス設計の勘所を解説します。第1回では、サイバー空間の脅威の変遷とその対策から、IoTセキュリティがどういうものかを考えます。(2017/2/9)

セキュリティ・ミニキャンプ in 沖縄 2016レポート:
“クラウド世代”の学生たちが直面した「実物のセキュリティ」――触れて分かった苦労と楽しさ
2016年12月16日から18日にかけて開催された「セキュリティ・ミニキャンプ in 沖縄 2016」。後半は、17、18日に行われた専門講座の模様をレポートする。(2017/2/8)

セキュリティ・アディッショナルタイム(14):
「SECCON 2016決勝大会」開催、CTFを軸に広がる技術と人材の幅
2017年1月28日、29日にかけて、国内最大規模の情報セキュリティ競技会「SECCON 2016」の決勝大会が行われ、世界各国から集った強豪チームが熱戦を繰り広げた。会場では同時に、競技の幅や裾野を感じさせるさまざまな企画も催され、多くの参加者を集めた。(2017/2/7)

トレンドマイクロ セミナーレポート:
狙われる国内製造業――事例から学ぶIoT時代の「工場セキュリティ」(前編)
IoTやインダストリー4.0の本格的な到来により実現する「つながる工場」――。そこで得られるのは恩恵だけではない。必ずその影にはセキュリティリスクが潜んでいる。トレンドマイクロのセミナー「事例に学ぶ! 製造大手も始めた工場セキュリティの最新動向」から、製造業を取り巻く脅威動向とその対策について学ぶ。(2017/2/3)

Web改ざん攻撃に変化、ランサムウェア配布などの温床に
Webサイト閲覧者をマルウェアに感染させる改ざん攻撃では、攻撃者が使うツールに変化がみられるという。セキュリティ機関ではWebサイト運営者に脆弱性対策などの取り組みを求めている。(2017/2/2)

セキュリティソリューションマップ 2017年版(1):
1周回って再び活況を呈し始めたエンドポイントセキュリティ
最適なセキュリティ対策を講じるには、IT環境や攻撃手法の変化を理解し、最新のセキュリティ対策技術を知ることが欠かせない。本特集では、企業のシステム管理者、セキュリティ担当者の方々に向けて、ちまたにあふれる「セキュリティソリューション」の最新動向を紹介する。(2017/2/1)

医療機関のIT導入に関する調査レポート
最も関心があるのは「医療クラウド」、読者調査が示す医療IT最新トレンド
医療機関に従事するTechTargetジャパン会員を対象に「医療機関のIT導入に関する調査」を実施。本レポートではその概要をまとめた。(2017/2/1)

ランサムウェア対策を企業で行う際の3つの課題:
PR:2017年のランサムウェアは巧妙化かつ凶悪化。企業はどう立ち向かうべきか
2017年も引き続き重要となるランサムウェア対策。ランサムウェア対策を企業で行う際の3つの課題とは何か。その課題を解決するために必要な対策を解説しよう。(2017/2/1)

「情報セキュリティ10大脅威」発表 ランサムウェア被害が急上昇、IoT機器の脅威も
「情報セキュリティ10大脅威 2017」個人部門はクレジットカード情報の不正利用、組織部門は標的型攻撃による情報流出。(2017/1/31)

高級ホテルでランサムウェア被害、宿泊客を部屋から閉め出し
オーストリアの高級ホテルで電子キーシステムがランサムウェアに感染し、宿泊客が自分の部屋に入れなくなった。攻撃側は、ビットコインで1500ユーロの身代金を要求していた。(2017/1/31)

ワシントンの防犯カメラにランサムウェア、ストレージの7割が感染 映像記録できない状態に
Washington Postによると、首都ワシントンで防犯カメラのストレージデバイスの約70%がランサムウェアに感染し、187台のカメラのうち、123台が映像を記録できなくなっていた。(2017/1/31)

セキュリティ・ミニキャンプ in 沖縄 2016レポート:
「無料充電サービス」にセキュリティ上の落とし穴?
2016年12月16日から18日にかけて開催された「セキュリティ・ミニキャンプ in 沖縄 2016」の模様をレポートする。(2017/1/31)

TechFactory通信 編集後記:
製造業も危ない! 日本企業を狙ったサイバー攻撃が本格化
あなたの会社や工場は大丈夫でしょうか?(2017/1/28)

2017年の企業セキュリティは「自動化」が焦点に――ファイア・アイが見解
企業・組織では経営レベルでサイバーセキュリティへの関心が高まる一方、現場では膨大な作業を強いられる状況にあり、改善に向けた取り組みが進むと予想する。(2017/1/27)

Google Playで配信のアプリにランサムウェア、個人情報盗み身代金要求
Google Playからダウンロードしたアプリにランサムウェアが仕込まれているのが見つかったという。感染すると、端末から連絡先情報やSMSメッセージを盗み出し、管理者権限を要求する。これを許可すると端末がロックされて身代金を要求される。(2017/1/26)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。