ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「リコー」最新記事一覧

デジタルカメラ総合販売ランキング(4月25日〜5月1日):
ニコン「D500」とリコー「PENTAX K-1」が発売即トップ10入り
トップ3は変わらないが、4月28日発売の新機種ニコン「D500」とリコーイメージング「PENTAX K-1」がいきなりトップ10入りしてきた。(2016/5/9)

FAニュース:
画像認識で組み立て作業結果を自動チェックする作業支援カメラシステム
リコーインダストリアルソリューションズは、画像認識により、組み立て作業結果を自動でチェックできる作業支援カメラシステム「RICOH SC-10A」を発表した。カメラに画像認識とアプリケーションを内蔵した、一体型システムとなる。(2016/5/9)

リコー、35枚/分印刷に対応した高耐久A3カラーLEDプリンタ
リコーは、A3判出力対応のLEDカラープリンタ「RICOH SP 750」「同 751」シリーズを発表した。(2016/4/21)

リコーが立体複製画制作技術を開発 絵の具の厚みやキャンバスの生地目まで再現可能
複製画は10月から上野の森美術館のデトロイト美術館展にて展示販売予定。(2016/3/30)

医療機器ニュース:
脳磁計事業を継承し、ヘルスケア分野に参入
リコーは、ヘルスケア分野に事業参入することを発表した。その一環として、画像診断装置事業の事業展開・研究開発を加速するため、横河電機の脳磁計事業を継承する。(2016/3/29)

屋内でドローンが安定の自動飛行、リコーらが開発
リコーは東京大学と同社、ならびブルーイノベーションと共同で、非GPS環境下でも自動飛行するドローンの飛行システムを開発した。慣性計測装置とステレオカメラを利用する。(2016/3/16)

FAニュース:
直接変調方式シード光源を採用した超短ファイバーレーザー
リコーインダストリアルソリューションズは、超短ファイバーレーザー「RICOH SU-1020」を発売した。直接変調方式シード光源を採用しており、「熱加工」と「非熱加工」の特徴を生かした精密加工が可能だ。(2016/3/7)

FAニュース:
多層電子基板絶縁フィルムシートの自動搬送検査システムを発売
リコーインダストリアルソリューションズは、多層電子基板絶縁フィルムシートの搬送・検査・仕分け・積載を自動化したシステム「RICOH TL」シリーズを開発した。(2016/2/25)

リコーが「ナノテク展」で出展:
脊髄機能を見える化するセンサー、MRIと併用へ
リコーは、2016年1月27〜29日に東京ビッグサイトで開催された「国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」で、エレクトロクロミック技術や電子調光サングラス、電子アートガラスなどを展示した。本記事では、参考出展されていた脊髄機能を見える化するセンサーについて紹介する。(2016/2/2)

リコー、机上投写も行える小型軽量の超短焦点プロジェクター
リコーは、独自の自由曲面ミラーを採用した超短焦点プロジェクター「RICOH PJ WX4152NI」など計3モデルを発売する。(2016/1/27)

製造ITニュース:
法務支援ツールのクラウドサービスを発売
リコージャパンは、契約情報を一元管理し、法務業務の効率を上げる法務支援クラウドサービス「RICOH Contract Workflow Service」を発売した。(2016/1/26)

リコー、大会議場などへの導入にも向く2灯式ランプ採用上位プロジェクター「RICOH PJ KU12000」
リコーは、同社初となる2灯式光源を採用した最上位プロジェクター「RICOH PJ KU12000」を発表した。(2016/1/21)

中古デジタルカメラ販売ランキング(12月3日〜12月9日):
ニコン「D7100」が首位を奪還、リコーイメージングも好調
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。今週は順位を大きく上げたニコン「D7100」がトップ。先週から好調のリコーイメージングも3位と4位を獲得した。(2015/12/15)

「645Z」ベースの赤外領域撮影中判カメラ
赤外線領域の撮影が可能で、非破壊鑑定用撮影装置としての利用できる中判デジタル一眼レフカメラ「PENTAX 645Z IR」をリコーが研究機関や官公庁向けに発売する。(2015/11/27)

電力供給サービス:
東京ガスが小売電気事業者に登録、中国電力・住友商事・リコーもグループ会社で
家庭向けの電力市場に新規参入する中で最有力の東京ガスが小売電気事業者の登録審査を通過した。関東を中心に電力と都市ガスのセット販売を2016年4月に開始する予定だ。このほかに中国電力、住友商事、リコーのグループ会社が審査を通過して広域で電力を販売する。(2015/11/20)

中古デジタルカメラ販売ランキング(10月22日〜10月28日):
好調のリコーイメージング「GR」が1位を獲得
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。今週はリコーイメージングの「GR」がトップ。ニコン「D7100」が2位に急上昇。(2015/11/4)

3Dプリンタニュース:
リコー初の自社ブランド3Dプリンタ「RICOH AM S5500P」発表
リコーは自社ブランド製品として初となる3Dプリンタ「RICOH AM S5500P」を発表した。販売価格(税別)は7500万円。2015年10月30日から日本国内での受注を開始する。(2015/10/28)

中古デジタルカメラ販売ランキング(10月15日〜10月21日):
リコーイメージングの「GR」が好調 トップは「EOS 7D」
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。今週はキヤノンの「EOS 7D」がトップを獲得。リコーイメージングの「GR」は17位からの急上昇で3位にランクイン。(2015/10/27)

お手軽パノラマカメラの決定版 リコー「THETA S」はここがすごい
こんなカメラはほかにない――。360度の全天球をシャッター1つで撮影できるユニークなカメラ、RICOH THETAがさらに高画質になり、機能も向上。動画も撮れるので、是非買って楽しんでもらいたい。(2015/10/23)

リコー、手差しA3対応のビジネス向けモノクロ複合機「RICOH MP 305+ SPF」
リコーは、省スペース設計を実現したビジネス向けモノクロ複合機「RICOH MP 305+ SPF」を発表した。(2015/10/8)

リコー、大型操作パネルを備えた企業向けA4複合機「RICOH MP C306」シリーズを発表
リコーは、各種業務向け機能を標準搭載したA4デジタル複合機「RICOH MP C306」シリーズを発表した。(2015/10/5)

リコーの全天球カメラ「THETA」に上位モデル「S」 高画質化、ライブビュー撮影対応
全天球イメージをワンショットで撮影できる「RICOH THETA」に上位モデル「S」登場。高画質化し、ライブビュー撮影に対応した。(2015/9/4)

アジア展開を強化/拡充:
ロチェスター、リコー電子デバイスと代理店契約
ロチェスター エレクトロニクスは、リコー電子デバイスと正規ディストリビュータ・リセラー契約を結んだ。日本を含むアジア及び欧米市場で、DC-DCコンバータICなどリコー製品の販売を新たに開始する。(2015/9/3)

限定1000台:
ハローキティ、フルHDプロジェクターになる リコーが11月1日に発売
リコーは9月2日、ハローキティデザインのフルHDプロジェクターを発表した。立体的な赤いリボンが特徴で、キティの誕生日である11月1日に発売する。(2015/9/2)

リコー「GR BLOG」が「ひとまず終了」 スタートから10年
高級コンデジ「GR DIGITAL」についてリコー社員が情報を届けるブログ「GR BLOG」が9月10日で「ひとまず終了」する。(2015/9/1)

ペンタックス初のフルサイズデジタル一眼レフ、10月6日に発表か?
リコーはペンタックスブランドで初となる35ミリフルサイズCMOSセンサー搭載デジタル一眼レフカメラを10月初旬に発表するかもしれない。海外ブログメディアが伝えている。(2015/8/31)

中古デジタルカメラ販売ランキング(8月13日〜8月19日):
リコーイメージングの「GR」が急上昇 トップはキヤノン「EOS 5D Mark II」
マップカメラで売れている中古デジタルカメラのランキング。今週はキヤノンの「EOS 5D Mark II」がトップを獲得した。一方でリコーイメージングの「GR」や、ソニーの「RX100」といった高級コンデジも人気だ。(2015/8/24)

リコー、A4モノクロ複合機/モノクロプリンタのラインアップを刷新
リコーは、各種業務に向くA4モノクロ複合機/A4モノクロプリンタの新モデル計6機種を発表。最大で40%の容量を削減したコンパクト筐体を実現している。(2015/7/31)

3次元ツールニュース:
不正なポリゴンデータを修正できるツールをリコーが採用
日本ユニシス・エクセリューションズは、リコーが2015年7月27日から販売を開始するオランダ製3Dプリンタ「Leapfrog」に、ポリゴンデータ修正ツール「POLYGONALmeister Cleaner」が採用されたことを発表した。(2015/7/28)

「君らはいらない」と言われたあの日から:
リコーのIT戦略を“攻め”に変えたBIと情報活用の力
リコーがITによる経営・業務革新のための新組織「経営革新本部」を発足し、部門を横断したBIと情報活用の強化を急速に進めている。この背景に、このままでは必要とされなくなるというIT部門の強い危機感があった。(2015/7/27)

リコー、“用紙の取り間違い”を防止する2WAY排紙機構を備えた法人向けA3モノクロプリンタ「RICOH SP 6450」
リコーは、A3モノクロ出力に対応した法人向けレーザープリンタ「RICOH SP 6450」を発表した。(2015/7/21)

DMS2015:
モニターさえあれば簡単に組み立て生産が可能に! リコーの作業指示用カメラ
リコーは「第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)」(会期:2015年6月24〜26日)に出展し、カメラだけで生産の作業指示が行える「ALL IN ONE 作業指示システム」を参考出品した。(2015/6/25)

DMS2015:
2台目需要狙う高速・高精細3Dプリンタ「Creatr HS」を参考出品
リコーは「第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)」(会期:2015年6月24〜26日)に出展し、オランダのLeapfrogが開発した熱溶解積層方式3Dプリンタ「Creatr HS」を参考出品した。(2015/6/24)

ライオンとリコーが伝授、ビジネスを変えるデータ基盤の作り方
データのビジネスへの活用が叫ばれて久しいが、効果をあげられている企業はまだまだ少ないのが現状だ。ITmedia エンタープライズ編集部が主催する「データマネジメントセミナー」では、ライオンとリコーの企業事例や最新のソリューションが紹介された。(2015/6/22)

リコー「GRII」発売 シリーズ初、NFCとWi-Fi対応
リコー「GR」の後継機「GRII」は、シリーズ初となるNFCとWi-Fi機能を搭載。スマートフォンなどと連携し、画像転送やリモート撮影が可能だ。(2015/6/19)

電子ブックレット:
数百万回伸び縮み、「発電ゴム」はセンサーにも向く
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、リコーが2015年5月に開発した「発電ゴム」について紹介します。数百万回、繰り返し負荷をかけても性能が劣化しないという、この新しい材料の詳細を解説します。(2015/6/17)

新規材料:
数百万回伸び縮み、「発電ゴム」はセンサーにも向く
リコーは2015年5月18日、圧力や振動を加えると高出力で電気を生み出す「発電ゴム」を開発したと発表した。100μm程度の薄膜であり、加工性に優れるため、センサーやIoT向けの環境発電用材料などの用途を見込むという。(2015/5/19)

リコーも認めるカメラ画質:
5.7型「S-PureLED」液晶搭載のフラッグシップスマホ「AQUOS Xx」
ソフトバンクの新型「AQUOS Xx」は、EDGESTデザインの狭額縁ボディに5.7型「S-PureLED」液晶を搭載したフラッグシップモデル。リコーが認めた高画質カメラはハイスピード撮影にも対応した。【写真追加】(2015/5/19)

組み込み開発ニュース:
リコーが「発電ゴム」、ゴムの柔軟さでセラミックスなみの高出力
リコーが圧力や振動で発電する「発電ゴム」を開発した。セラミックス同様の高出力と、高分子樹脂なみの柔軟性を兼ね備え、生産性も高いとしている。(2015/5/18)

センシング技術:
リコーの色素増感太陽電池とマクセルのラミネート電池を採用した環境発電センサー端末
アルティマは2015年5月11日、リコー、日立マクセルと共同で、電池交換の必要のない温湿度や照度などを情報を取得するワイヤレスセンサーネットワーク端末を開発したと発表した。(2015/5/11)

リコーが世界中の全事業を可視化できたワケ
リコーのIT/S本部に課せられた新たなミッション、それは新規事業創出や事業成長につながるIT戦略を描くことだった。BI基盤構築のポイントとは?(2015/4/27)

INTERMOLD 2015:
アルテックとリコー、3Dプリンタを活用したDDMのメリットを訴求
アルテックは「INTERMOLD 2015(第26回金型加工技術展)」に出展し、同社が国内販売を手掛けるストラタシス製3Dプリンタを訴求するとともに、リコーと発表した製造現場向け3Dプリントサービス「RICOH Advanced Direct Manufacturing Services」に関する展示も行った。(2015/4/17)

人を使わない営業活動:
リコー“3Dプリンタ事業”の快進撃を支えた「クラウド×Webマーケ」
複合機やデジタルカメラといった事業を展開するリコーが、3Dプリンタ事業に参入して注目を集めている。新たなビジネスチャンスを追う同社だが、新領域の製品を取り扱うにあたって、営業活動がうまくいかないという問題も起きた。(2015/4/15)

3Dプリンタニュース:
大手電機メーカーのノウハウ生かす3Dプリンティングサービス開始
リコーは製造現場向け3Dプリント関連の新サービス「RICOH Advanced Direct Manufacturing Services」を発表した。リコーの工場で培った積層造形のノウハウを生かし、コンサルティングや3Dデータの設計、3D造形までを一貫して提供する。(2015/4/14)

国内FAQサイトを刷新:
日本オラクル、リコーの製品FAQサイトに「Oracle Service Cloud」を導入
日本オラクルは4月3日、クラウド型カスタマーサービスプラットフォームの「Oracle Service Cloud」をリコーに導入。リコーの国内FAQサイトを刷新したことを発表した。(2015/4/3)

組み込み開発ニュース:
賞金総額500万円、3Dモデルデータも提供の「RICOH THETA」開発コンテスト
リコーがワンシャッターで360度、全天球の画像を撮影できる「RICOH THETA」のアプリケーションおよびガジェットを開発するコンテストを実施する。賞金総額は500万円相当。(2015/3/31)

FAニュース:
FAレンズに焦点距離25mm/35mmを追加、1型9メガピクセルまで対応
リコーインダストリアルソリューションズは、画像処理用手動絞りレンズに焦点距離25mm/35mmの2機種を追加した。画角が広いため、精密加工品から容器全体の外観・異物検査などに対応する。(2015/3/31)

FAニュース:
リコーがマシンビジョンに参入! 30fpsで3次元データを取得するステレオカメラ
リコーは、新たにマシンビジョン市場に参入する。以前からマシンビジョン用のレンズは提供していたが、マシンビジョンそのものの投入は初めて。年間300台の販売を目指すという。(2015/3/19)

YouTubeでもグリグリ:
リコーの全天球カメラ「RICOH THETA」専用アプリのバージョンアップで、YouTubeの360度全方位動画に対応
リコーイメージングが3月16日、全天球カメラ「RICOH THETA」専用のアプリ「RICOH THETA for Windows/Mac」のバージョンアップ版をリリースした。これにより、Googleの360動画規格に対応する。(2015/3/16)

性能と拡張性で製品を選択
リコーが挑むビッグデータ活用―――なぜ、数百万台の複合機の分析基盤にプライベートクラウドを選んだのか?
世界中の複合機に蓄積された大量データを分析することで顧客に対するサービス品質を向上させる――リコーが実現したこのビッグデータ分析基盤を構成するクラウド基盤を紹介する。(2015/3/30)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。