ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「セーフモード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「セーフモード」に関する情報が集まったページです。

特定のメッセージでPS4がクラッシュする問題、SIEが対応明言 「システムソフトウェアアップデートでの対応を予定」
特定のメッセージでPS4がクラッシュする問題、SIEが対応明言 「システムソフトウェアアップデートでの対応を予定」(2018/10/16)

「受信しただけでPS4本体をクラッシュさせるメッセージ」が拡散中 SIE「状況は認識しており、現在調査中」
対策されるまではメッセージの受信設定を「許可しない」(または「フレンドだけ)にすることを推奨。(2018/10/15)

山市良のうぃんどうず日記(135):
セーフモードでもWindows Updateしたい──Windows 10の場合
アプリケーションや更新プログラムのインストール後、PCが正常に起動しなくなったとしても、「セーフモード」なら起動できる場合があります。しかし、原因を取り除くためにアプリケーションをアンインストールしたり、別の更新プログラムをインストールしたりしようとしても、セーフモードではそう簡単にはいきません。(2018/9/4)

簡単トラブルシューティング
「Windows 10」のキーボードやマウスが動かなくなったら試すべきTIPS
「Windows 10」のマウスやキーボードが動かなくなったとき、IT担当者が簡単に試せるトラブルシューティング手順がある。(2018/7/1)

すぐ読める ちょっと得する「Windows 10」小技集
「Windows 10」のセーフモードを“F8キー連打”で起動するには
「Windows 10」をセーフモードで起動する方法は、旧バージョンのWindowsとは異なる。ただし環境や設定によっては、従来と同様の方法で起動できるようになる。(2018/2/10)

山市良のうぃんどうず日記(118):
君は100%?――Windows 10仮想マシンで発生した原因不明のCPU使用率問題
2018年1月のWindows Updateは、Spectre/Meltdown問題で大変でした。まだ、PCベンダーからのマイクロコード提供待ちという状況でしょう(その対策されたはずのマイクロコードでも、問題が発生しているようです)。この問題とは関係ありませんが、筆者のテスト環境では2018年1月の更新で、とてもクレイジーなHyper-V仮想マシンに遭遇しました。同様の問題で悩んでいる人がいるかもしれないので、正常化までをレポートします。(2018/1/30)

データを暗号化し、デバイスもロックして身代金を要求:
Androidのユーザー補助サービスを悪用する初のランサムウェア「DoubleLocker」が登場
ESETは、Androidのユーザー補助サービスを悪用する初のランサムウェア「DoubleLocker」を発見した。偽のAdobe Flash Playerとして配布され、感染するとデータを暗号化してデバイスをロックし、ビットコインを要求する。(2017/10/17)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(26):
Windows 10 人気TIPSまとめ読み!
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第26弾では、最近普及が進んできたWindows 10向けTIPS記事を厳選してお送りする。(2017/3/28)

山市良のうぃんどうず日記(特別編:87):
Windows Updateへの愚痴――Patch Tuesday、恐怖のトラブル集
2017年2月の「Patch Tuesday」のWindows Updateはマイクロソフト側の問題でスキップされましたが、3月は予定通りに行われました。皆さんのコンピュータは無事に、そして、すんなり更新できたでしょうか。(2017/3/17)

Tech TIPS:
Windows 10をセーフモードで起動する方法
障害が発生した際などにセーフモードで起動したいことがある。しかしWindows 10では起動時に[F8]キーを押してもセーフモードにするための画面が表示されない。そこで、Windows 10をセーフモードで起動する方法を紹介する。(2018/7/27)

山市良のうぃんどうず日記(81:年末特別編):
2016年、Windows関連の話題を振り返る
2016年も残りあとわずか。2016年1月から12月まで、特に筆者の印象に残っているWindows関連の話題を、その後日談を交えながら振り返ります。2016年をひと言でまとめるなら、Windows 10とWindows Server 2016に振り回された1年でした。(2016/12/22)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(72):
Windows 10のSTOPエラーで「QRコード」に救われる人、救われない人
“死のブルースクリーン(Blue Screen of Death)”と呼ばれ、誰もが恐れるWindowsの「STOPエラー」。Windows 10 Anniversary Updateからは、ここに「QRコード」が表示されるようになりました。さて、このQRコードはトラブルを解決に導いてくれるのでしょうか。(2016/12/6)

山市良のうぃんどうず日記(78):
Windows Updateが進まない/完了しない/失敗するという悪夢からの脱出――Windows 10/Windows Server 2016の場合
Windows 10/Windows Server 2016向けの累積的な更新プログラム「KB3200970」。筆者のWindows Server 2016サーバの一部でWindows Updateが進まない、完了しない、手動インストールも失敗するというトラブルに遭遇しました。このトラブル解決方法を紹介します。(2016/11/15)

“人に頼らないセキュリティ対策”を手軽に実現:
PR:「二要素認証」の導入・運用コストを省く“ちょっと変わった選択肢”
企業や組織における二要素認証の動きが進んでいるが、実際の導入・運用に当たってはハードウェアの導入や既存システムの改修などのコストが付きまとう。リソースを十分に確保できない組織が二要素認証を導入するには、どうすればよいのだろうか? ソフト技研はそんな企業に向けて、“指紋でもICカードでもない”新たな選択肢を提案している。(2016/9/28)

山市良のうぃんどうず日記(73):
セーフモードでも起動できないという悪夢からの脱出、再び――Windows 10の場合
個人ユーザーは更新プログラムのコントロールが事実上できなくなってしまったWindows 10。更新プログラムが原因でPCが起動しなくなってしまったときの対処方法を詳しく解説します。(2016/9/5)

山市良のうぃんどうず日記(70):
もしもマウスが使えなかったら……
本連載で以前、「もしもキーボード配列が誤認識されていたら……」という記事を書きましたが、今回はマウスやその他のポインティングデバイスの「もしも」の話です。(2016/7/21)

gooスマホ部:
セーフモードになってしまった
LINEやゲームも消えてました。どうしたらいい?(2016/3/22)

Android端末をロックし、「罰金」支払いを要求する不正ソフトが国内で確認される
既に被害の報告も。(2016/3/16)

新手のランサムウェア、日本語でAndroidユーザーに身代金要求
ランサムウェア(身代金要求マルウェア)被害はPCだけでなくモバイル端末にもあるが、日本語でユーザーに身代金を要求するタイプが初めて確認された。(2016/3/16)

アダルト動画を見ようとした人の写真を撮り「500ドル払え」と脅迫する悪質Androidアプリが登場 セキュリティ会社が注意喚起
セーフモードで起動しないと削除もできない仕様。(2015/9/8)

Macの常識を知っていますか
「職場でMac」はもう止まらない Windows管理者が知るべき「Mac管理のいろは」
Windowsが主流のデスクトップOSだが、唯一のOSではない。IT管理者はMacを管理する方法も把握する必要がある。Macの管理で発生し得る問題やトラブルシューティングについて紹介する。(2015/9/5)

Windows 10 The Latest:
アップグレード後も欠かせないWindows 10のフルバックアップ/リストア手順
Windows 10ではバージョンアップの方針が変わり、今後何度も大きなバージョンアップが繰り返される。もしディスクに障害などが発生すると、再インストールはとても面倒になる。万が一に備えてフルバックアップしておこう。(2016/4/14)

Androidにまた脆弱性、今度は不正アプリで悪用の恐れ
この種の攻撃はユーザーが発生源を突き止めるのが難しく、不正アプリは数カ月もの間、検出されないこともあるという。(2015/8/19)

Googleはセキュリティ強化を急ぐが……
Androidが「iPhoneより危険」といわれ続ける不名誉な理由
モバイルOSの巨頭である「Android」。そのオープンさと多様性は魅力をもたらすと同時に、セキュリティに関する問題も作り出している。攻撃を阻止するためにできることを学ぼう。(2015/8/19)

電机本舗、Windows 10の互換性を高める環境改善ソフト「Windows10レスキューキット」
電机本舗は、Windows 10で発生しやすいブルースクリーンエラーの回避機能などを備えたユーティリティソフト「Windows10レスキューキット」の販売を開始した。(2015/7/27)

Tech TIPS:
Windows 10のシャットダウン/再起動/サインアウトの方法
Windows 10ではシャットダウンや再起動、サインアウトの手順はどうなっているのだろうか? 最低限知っておきたい基本的な操作方法を説明する。(2018/1/26)

Tech TIPS:
Windows 10を仮想ディスク(VHD/VHDX)にインストールして試用する
新しいWindows OSがリリースされたからといって、すぐにアップグレードインストールするのはリスクが高い。不具合があった場合に元に戻すのが困難だからだ。こんな場合は仮想ディスクファイルを使った新規追加インストールを試してみよう。既存の環境を残したまま、新しいOSを検証することができる。(2015/7/10)

冥王星に迫るNASA探査機「ニューホライズンズ」、7日にセーフモードから復帰へ
冥王星への最接近目前にして探査機ニューホライズンズに障害が発生したが、原因は判明して7日には通常の状態に復帰できる見通しに。(2015/7/6)

山市良のうぃんどうず日記(38):
Windows 10の発売日が決定! パッチ適用トラブルの迷宮から抜けられる日は近い?
ある日突然襲い掛かるWindows Updateの不調。筆者はつい先日もトラブルに遭遇したばかりです。Windows 10では「Windows Update」が新しくなるようですが、毎月のように繰り返される“トラブルの迷宮”から抜けられる日は来るのでしょうか。(2015/6/2)

過去、現在、そして未来へ! AD進化の歴史を振り返る:
カリスマITトレーナーが見てきたActive Directory 15年の変遷
@IT誕生と同じ2000年に登場し、今年で15周年を迎える「Active Directory」。Windows 2000 Serverの“目玉機能”として搭載され、今現在も企業IT基盤として重要な役割を果たしている。15周年を機会に、あらためてActive Directoryの進化を確認してみたい。(2015/5/22)

R25スマホ情報局:
使い勝手があがる!? スマホ小技集
直感的に操作できるスマホは、説明書を読まずに使い始める人も多い。しかし、ちょっとした操作方法がわからず、困ってしまうことも。知っていると便利な小技をOS別にご紹介しよう。(2015/3/25)

ITプロ必携の超便利システム管理ツール集(17):
最強のトラブルシューティングツール、それはWindowsの「インストールメディア」
「正常に起動しないPCをどうにかしたい」「壊れかけのPCからデータを救出したい」「ディスク交換してPC環境を丸ごと引っ越したい」、どれもWindowsのインストールメディアがあれば即対応できます。(2014/11/7)

自動更新されるが注意点も:
Microsoft、起動不能トラブルがあった更新プログラムの“修正版”を公開【9月8日追記】
適用後に起動できなくなる場合がある8月13日公開のWindows更新プログラム。ようやくセキュリティ更新プログラムの修正版が公開された。(2014/8/28)

Tech TIPS:
STOPエラーからWindows 8/8.1を回復させる
突然Windows 8/8.1が青緑色のSTOPエラー画面を残して起動できなくなった! 何度再起動しても元には戻らない。この状態からWindows 8/8.1を回復させるための基本的な手順を説明する。(2014/8/25)

Tech TIPS:
STOPエラーからWindows 7を回復させる
突然Windows 7が青色の画面を残して起動できなくなった! 何度再起動してもSTOPエラーの画面が表示されてしまう。この状態からWindows 7を回復させるための基本的な手順を説明する。(2014/8/25)

Tech TIPS:
「システムの復元」でWindows OSを以前の正常な状態に戻す
アプリケーションやデバイスドライバー、Windows Updateによる修正プログラムのインストールなどによってシステムが不調になったり、起動しなくなったりした場合は、原因となるプログラムをアンインストールしたり、セーフモードで修復したりする。だがそれでも問題解決できないような場合は「システムの復元」機能を使って以前の正常な状態に戻すことを考慮する。(2014/8/21)

山市良のうぃんどうず日記(12):
幻のWindows 8.1 Update 2と盆(凡)のアップデート
2014年夏にWindows 8.1の次の大型アップデート「Windows 8.1 Update 2」が提供され、「スタートメニュー」が復活するとか、しないとか、それは8月だとか、いろいろとウワサされていましたが……。(2014/8/19)

Windows更新プログラムに不具合、OSが起動しなくなる恐れ 対策方法は?
マイクロソフトは、PCが起動できなくなる可能性があるWindows更新プログラムの不具合を明らかにした。現在、配信を停止。意図せず自動更新されることはない。(2014/8/18)

マイクロソフトの月例パッチ適用で不具合発生の報告、復旧方法を公開【追記あり】
8月13日に公開された月例パッチを適用した一部ユーザーのマシンで異常終了などの不具合が発生している。(2014/8/18)

「復旧方法まとめ」公開:
Windows UpdateでPCが起動不能になるトラブル発生――2014年8月13日の更新プログラムが原因【9月8日再追記】
Microsoftが8月13日に公開した更新プログラムを適用後、Windowsの異常終了や再起動に失敗するというトラブルが相次いでいる。復旧方法はTechNet Blogsで公開されている。(2014/8/18)

ITプロ必携の超便利システム管理ツール集(2):
「Autoruns」の膨大な情報から本当に怪しいヤツをあぶりだすテク
前回に続き、今回のツールもSysinternalsの有名ツール「Autoruns」です。Autorunsのスキャン結果が難解で皆目見当が付かないという人に、本当に怪しいモノを効率的に絞り込むテクニックを紹介します。(2014/7/28)

山市良のうぃんどうず日記(10):
セーフモードでも起動できないという悪夢からの脱出[その2]
「セーフモード」でも起動できず、「システムの復元」も利用できないWindows PCは、「システム回復オプション」の「コマンドプロンプト」で何とかしましょう。(2014/7/18)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(10):
逆襲のネットブック
「タスクスケジューラ」を触っていて、面白いアイデアを思いつきました。ネットブックやUMPCと呼ばれたモバイルPCで、Windowsストアアプリを動かすという実験です。“へぇ〜”という感じで、気楽に読んでください。(2014/7/14)

山市良のうぃんどうず日記(9):
セーフモードでも起動できないという悪夢からの脱出[その1]
2回にわたって「セーフモード」や「セーフモードとネットワーク」でトラブルを解決する方法を説明してきましたが、セーフモードですら起動できなくなってしまったPCには、どう対処しましょうか。(2014/7/8)

山市良のうぃんどうず日記(8):
セーフモードでもWindows Updateしたい[その2]
Windows Vista以降では「コントロールパネル」の「Windows Update」からアップデートを実行します。ですが、このWindows UpdateのUI、「セーフモード」でPCを起動すると消えてしまうんです。(2014/6/25)

山市良のうぃんどうず日記(7):
セーフモードでもWindows Updateしたい[その1]
コミュニティフォーラムのやりとりで「ソフトのインストールに失敗する」「更新したら正常に動かない」といったトラブルに、「セーフモードで試してみて」というアドバイスはありそうですね。でも、やってみれば分かりますが、それは簡単ではないかもしれませんよ。(2014/6/9)

ITエンジニアのための業務でサクッと使える英語Tips(最終回):
「ウイルス」を正しく発音してみよう
「ウイルスに気を付けて」と英語で注意したのに伝わらなかった経験のある方、その発音、間違えているかもしれませんよ。(2014/6/4)

速いぜ!! 広いぜ!!:
俺のPS4は4Tバイト、ついでにSSDもおごってやったぜ!!
2014年2月22日に発売された「PlayStation 4」だが、HDD容量は500Gバイトと心もとない。そこで内蔵ドライブを換装することにより、高速化と大容量化を目指した。結果はいかに……。(2014/3/27)

Tumblr、アダルトコンテンツの扱いについてあらためて説明
デビッド・カープCEOは、セーフモードを無効にしてもアダルトコンテンツが検索結果に表示されなくなったのはバグだったとして、その修正と混乱の元になった機能の削除について説明した。(2013/7/22)

偽ソフトの被害相談が再び増加、IPAが対策を指南
IPAによると、偽セキュリティソフトに関する被害相談が引き続き増えている。(2013/4/1)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。