ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「佐藤秀峰」最新記事一覧

Amazon、電子書籍の“最安値”条件を撤廃
電子書籍を配信する米Amazon.com子会社が、日本の出版社に対して、競合他社サイトより安い価格にすることなどを求めていた契約を見直した。(2017/8/15)

「ブラよろ」Kindle版、「ブラックジャックによろちんこ」に改名 その理由は
漫画「ブラックジャックによろしく」のKindle版が、「ブラックジャックによろちんこ」に改名されている。漫画家の佐藤秀峰さんが自ら改名した。その理由は――。【更新】(2017/7/29)

漫画家・佐藤秀峰さん、Amazonを提訴 Kindle読み放題の配信停止問題で
佐藤さんは「作家、出版社が大きな損害を被ったことはもちろんだが、最も大きな損害を与えられたのは読者だ」と指摘している。(2017/5/22)

キンコン西野氏が火種 「コンテンツ無料化は、作家を殺す」のか? マンガを例に考える
キングコング西野氏が絵本「えんとつ町のプペル」を無料公開し、賛否両論が渦巻いている。「コンテンツの無料化は作家を殺す」との批判もあるが、実際はどうなのか。漫画を例に考える。(2017/1/24)

「えんとつ町のプペル」Amazonで1位に 無料公開で宣伝効果 「クリエイターの対価問題は別の話」 西野さん、批判に反論
キングコングの西野さんが絵本「えんとつ町のプペル」をWebで無料公開し、Amazonの書籍ランキング1位を獲得したことを報告。「クリエイターにお金が回らなくなる」などの批判に反論した。(2017/1/20)

自動課金に注意:
「Kindle Unlimited」開始から1カ月、解約方法は?
無料期間は登録から30日間です。(2016/9/2)

電子コミック「11円」セールで売り上げ3億円超 トップ作家に印税1億3000万円 「常識打ち破る数字」
佐藤秀峰さんによると、電子コミック131冊を各11円で販売するセールの効果で、1カ月の売り上げが3億円を超えたという。「この結果がすべての漫画家にとって希望となることを願っています」。(2016/5/27)

イラストレーターの西又葵さんと声優の三宅淳一さんが結婚
結婚式は5月5日に東京ディズニーランドのシンデレラ城で。(2016/4/23)

出版社のトイレで考えた本の話:
「ゴーストライター」のホントのお仕事
「ゴーストライター」と聞いて、「なんだか怪しいなあ」と感じた人も多いのでは。しかし、ビジネス書や実用書などの世界では、非常にポピュラーな存在だ。なぜなら……。(2015/7/9)

マンガボックス、ストア配信作品を拡充 6月中に5万冊以上
拡充を記念し、人気タイトルの無料配信や半額セールも実施している。(2015/6/19)

「海猿」原作者・佐藤秀峰さん、フジテレビと和解 「続編前向き」報道には反論
「海猿」原作者の佐藤秀峰さんが「絶縁」宣言していたフジテレビと和解した。ただ、「海猿の続編にも前向き」と伝えた報道には反論している。(2015/6/8)

佐藤秀峰さん、絶縁宣言していたフジテレビと和解
佐藤秀峰さんが事務所への突撃取材と「海猿」関連本をめぐる問題でフジテレビから謝罪を受け、和解した。(2015/6/7)

漫画 on WebのWeb雑誌『マンガ on ウェブ』4月発売、創刊号は大ボリューム482ページ
佐藤秀峰さんの『Standbyme描クえもん』や、連載中止で話題となった『あいこのまーちゃん』など14作品を掲載。(2015/3/11)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

漫画家・やまもとありさ インタビュー:
連載を取り消された漫画家の復活劇――『あいこのまーちゃん』が書店に並ぶ日
「不健全図書」に該当する可能性を指摘され、連載中止となった漫画『あいこのまーちゃん』。同作の単行本化に向け、クラウドファンディングやニコニコ生放送、273時間の作画配信などさまざまなことにチャレンジしてきた漫画家・やまもとありさ先生とは一体どういう人物なのか。ロングインタビューでやまもと先生に迫った。(2015/2/13)

TORICOのコミックアプリ「マンガデイズ」、『THE MOMOTAROH」など20作品が全巻無料で読める
(2015/2/4)

Amazon、リフロー型和書にも対応したWindows向けアプリ「Kindle for PC」をリリース
ブラウザ上で使える「Kindle Cloud Reader」もあるが、リフロー型和書にも対応したこのアプリならさらに快適に使えるだろう。(2015/1/21)

24時間対応、Fire HDX 8.9だけのカスタマーサービス機能「Mayday」を使ってみた
15秒で応答、インカメラはあるが担当者はこちらの姿を見ることはない、というのは果たして本当か。利用シーンを動画で撮影した。(2015/1/16)

大賞には執筆依頼も、「漫画 on Web×auマンガ大賞」が開催
「auスマートパス」ではタイアップを記念して、佐藤秀峰さんのサイン入り複製原画のプレゼントキャンペーンを実施中。(2014/12/19)

「海猿」全巻無料配信──アプリ「マンガ読破!」で
スマホ向けマンガアプリ「マンガ読破!」で「海猿」全巻が公開された。(2014/12/5)

倫理的問題で連載取り下げとなった「あいこのまーちゃん」 クラウドファンディングで目標額に達し配信・書籍化決定
初連載が掲載2日前に中止を宣告され話題となった「あいこのまーちゃん」が、クラウドファンディングサイトでプロジェクトを達成し、作品を配信・書籍化することになった。(2014/9/26)

掲載2日前に連載中止となった漫画、完成&電書化めざして資金募集中 応援コメントに諫山創や佐藤秀峰
突然の掲載中止が話題になった「あいこのまーちゃん」。作者のやまもとありささんがクラウドファンディングサイトで企画を立ち上げた。(2014/8/15)

掲載中止を乗り越え――『あいこのまーちゃん』出版プロジェクトが始動
menueが運営する漫画に特化したクラウドファンディングサービス「FUNDIY」で、連載開始2日前に連載が中止になった漫画『あいこのまーちゃん』(やまもとありさ)の出版プロジェクトが始まった。(2014/8/15)

「漫画 on Web」刷新へ Web雑誌創刊、売り上げを作家でシェア
「漫画 on Web」が全面リニューアルする。Web雑誌を創刊・販売し、売り上げを作家でシェアする取り組みをスタート。従来のアカウントやサービスは11月から利用できなくなる。(2014/7/11)

Web漫画サイト「漫画 on Web」が11月にリニューアル Web雑誌創刊で売り上げを作者に分配
楽しみ!(2014/7/11)

掲載2日前に連載白紙になった漫画「あいこのまーちゃん」、漫画 on Webで第1話公開
有害図書指定の可能性などが考慮されて連載2日前に掲載が白紙になった作品が、Webサイトに公開されました。(2014/7/11)

GALAPAGOS STOREもブラウザビューワを用意――試し読みから順次拡大
シャープは電子書籍ソリューションの統一ブランドを「EBLIEVA(エブリーバ)」とし、法人向けの提案を強化する。(2014/6/30)

海外の電子書籍市場で日本の小説を売るということ――プロデューサー清涼院流水に聞く
作家自ら作品を英訳し、電子書籍として海外の市場で販売するという、清涼院流水氏が立ち上げたプロジェクト「The BBB」。その取り組みと展望について聞いた。(2014/5/16)

パピレスの電子専用コミック「ReComic」、「コミックシアター」に生まれ変わる
パピレスの電子専用コミック「ReComic」が、コマ送り動画コンテンツ「コミックシアター」として再リリース。ユーザーからの意見を基に大幅な改善を行った。(2014/1/22)

夏だ! 海だ! コミックだ!:
「BOOKFESTA 2013 summer」第1週目の参加作品公開
ブックリスタは、海にまつわるコミック作品を特集した「BOOKFESTA 2013 summer」キャンペーンについて、『ONE PIECE』や『海猿』など第1週目の参加作品を公開。対象作品の全巻を半額もしくは50%ポイントバックで購入できる。(2013/8/9)

1万円台の7型タブレット、「IdeaTab A1000」「Diginnos Tablet DG-D07S」をまとめて試す(パフォーマンス編)
1万円台なら……試しに1つ買ってもいいね。そう思わせる低価格タブレットも増えてきた。今回は低価格志向の7型Androidタブレット「IdeaTab A1000」「Diginnos Tablet DG-D07S」のパフォーマンスや使い勝手をチェックする。(2013/8/9)

佐藤秀峰が元妻に自ら離婚についてインタビュー ネット上では「なんだこれ……」と困惑の声
それはひょっとしてギャグで言ってるのか?(2013/7/30)

デスマーチが止まらない 「ブラック会社によろしく」が涙なしに読めない
「先輩! そもそも僕らは何を作ってるんですか」「俺たちに、それを考える権利はない」(2013/7/18)

「STOP! デスマーチ」――「ブラよろ」パロディ漫画「ブラック会社によろしく」
「ブラックジャックによろしく」のパロディ漫画「ブラック会社によろしく」が登場。続くデスマーチの理由を問う若手SEに、先輩の答えは……!?(2013/7/18)

パピレス、”感じる電子コミック”「ReComic」リリース
パピレスが、従来の漫画にデジタルならではの演出を加えてReborn(再生)させた”感じる電子コミック”「ReComic」をリリース。第1弾として7作品を提供中。(2013/6/26)

「ブラよろ」公式MAD作品アワード開催 佐藤秀峰さん「パロディや模倣から新しい作品生まれる」
漫画「ブラックジャックによろしく」の素材を使ったMAD動画/画像を募集するアワードが始まった。(2013/6/21)

大賞は「佐藤さんと築地でお寿司が食べられる権」:
佐藤秀峰さん公認「ブラックジャックによろしく公式MAD作品アワード」開始
漫画家・佐藤秀峰さん公認の公式MAD企画がスタートした。(2013/6/21)

「ブラックジャックによろしく」公式MADコンテスト開催 「どんどん好きにやってくれ」と佐藤秀峰さん
優秀作品には「佐藤秀峰さんと築地でお寿司が食べられる権」などプレゼント。(2013/6/21)

「ブラよろ」電子書籍配信で取次元が謝罪 10サイトで無断配信、二次利用規約守らず
「LINEマンガ」などでも配信されていたが、作品はすでに取り下げ済み。(2013/4/22)

「単行本80万部のヒットと同等」 ブラよろ2次利用フリー化効果で月650万円の利益、佐藤さん明かす
「ブラックジャックによろしく」を2次利用フリー化してから半年間で、佐藤秀峰さんの作品の電子書籍売り上げからのロイヤリティー収入が約3700万円に上ったという。(2013/4/22)

「ブラよろ」二次利用フリーの効果 佐藤秀峰さんに半年で「80万部ヒット」相当のロイヤルティー売り上げ
「ブラよろ」を二次利用フリーにしてからの半年、佐藤秀峰さんの電子書籍の売り上げが拡大した。(2013/4/22)

Nexus 7の弟分か、それとも……:
マンガの大人買いでタブレットが手に入る?――「MeMO Pad ME172V」という選択
ASUSの新しい7型タブレットは、電子書店のeBookJapanとコラボした「MeMO Pad ME172V」。eBook図書券と限定コミックの特典が付くほか、コミック全巻セットとの同時購入で格安になるのがポイントだ。オマケ感覚で買えるタブレットをじっくり検証する。(2013/4/18)

ブラックアジャイルによろしく:
アジャイルってなんなんだ!?
本企画はWeb開発企業『クレイ』におけるアジャイルソフトウェア開発の経験を漫画「ブラックジャックによろしく」の名シーンを挿絵に紹介するドキュメンタリーです。(2013/4/15)

7型やライバル機との比較も:
Amazonにどっぷり浸れる8.9型タブレット――「Kindle Fire HD 8.9」徹底検証
「Kindle Fire HD 8.9」は、Amazon純正タブレットである「Kindle Fire」シリーズのフラッグシップモデル。1920×1200ドットの8.9型液晶と高音質のスピーカーを備え、電子書籍に限らない魅力を多数備える。2万4800円からという低価格にも注目だ。(2013/3/29)

全10話:
ソフトバンク、“ブラよろ”とコラボした「ホワイトジャックによろしく」を公開
ソフトバンクモバイルが人気漫画「ブラックジャックによろしく」とコラボした特別コンテンツ「ホワイトジャックによろしく」を公開。パロディ漫画でつながりやすさをアピールしている。(2013/3/28)

ソフトバンクが「ブラよろ」とコラボ パロディ漫画「ホワイトジャックによろしく」でつながりやすさアピール
全10話を公開中。(2013/3/28)

「電子書籍アワード2013」 大賞は「宇宙兄弟」に
ネットで全話無料公開した「ブラックジャックによろしく」が特別賞「読者賞」を受賞した。(2013/3/25)

KDPによる個人出版ブーム、老舗サービスの辿る道は:
ブクログ吉田氏に聞く「パブー」の今後
電子書籍の個人出版サービスであるKindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)が注目を集める中、国内の先駆けと言えるブクログの「パブー」は、いま新たにパブリッシャーとしての道を歩みつつある。パブーを運営するブクログ代表取締役社長 吉田健吾氏に話を聞いた。(2013/3/14)

ニコニコ奨励金で収入1000万円超のケースも 現代の絵師が生計を立てるには――佐藤秀峰さんや岸田メルさんが語る
岸田さんは「(ネットで得た)知名度をお金に変えるには工夫が必要」とアドバイス。(2013/2/26)

「ブラックジャックによろしく」二次利用フリーが奏功 佐藤秀峰さん電子書籍の売り上げが1億円超
「ブラックジャックによろしく」が二次利用フリーになって以来、佐藤秀峰さんの作品の電子関連書籍の売り上げが1億円を突破した。(2013/2/25)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。