ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「画面」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「画面」に関する情報が集まったページです。

iPhoneを「当日で画面のみ修理」できる正規店 探す方法がある
Apple正規サービスプロバイダで、iPhoneの画面の同日修理対応店舗を探す方法をお教えしよう。(2018/9/25)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
スマートスピーカーの聞き取り性能を徹底比較(大型・画面付きモデル編)
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は画面付きモデル1製品、および大型モデル2製品について、その聞き取り性能をチェックする。(2018/9/23)

疲れ目対策、ノートPCへの給電、フレームレス採用:
PR:機能性と美しさを兼備 EIZOの「白いモニター」でスタイリッシュに生産性向上
ノートPCを活用した働き方が定着しつつある現代だが、「表示領域の狭さ」という課題が残されたままだ。EIZOのモニターFlexScanシリーズは、ノートPCに接続することで画面を拡張し、作業を効率化するだけでなく、疲れ目対策やUSB Type-C給電などの機能が充実している。カラーに「ホワイト」を設定しており、オフィスの見栄えを美しく変えられる点も特徴だ。(2018/9/21)

R-Car H3/COQOS Hypervisor SDK:
メータ表示とIVI機能の画面共有を実現するルネサスの車載SoCとOpenSynergyのハイパーバイザー
ルネサス エレクトロニクスとOpenSynergyは、ルネサスの車載向けSoC「R-Car H3」とオープンシナジーのハイパーバイザー「COQOS Hypervisor SDK」が、パロット・フォルシア・オートモーティブのセーフマルチディスプレイコックピットに採用されたことを発表した。(2018/9/19)

ファーウェイ、10.1型のエントリーモデル「HUAWEI MediaPad T5」9月21日発売
ファーウェイは、約10.1インチの高精細ディスプレイを搭載したエントリーモデルタブレット「HUAWEI MediaPad T5」を9月21日に発売。画面アスペクト比は視聴に最適な16:10で、ステレオスピーカーやキッズモードも備えている。(2018/9/18)

見ているだけで楽しい「漢字が戦う格闘ゲーム」の攻撃モーション集 キャラセレ画面の時点で完成度高い
こういう技ある。(2018/9/13)

「Apple Watch Series 4」登場、画面サイズアップ 心電図に対応
「Apple Watch Series 4」が登場。画面サイズがアップし、心電図の計測に対応した。(2018/9/13)

「Apple Watch シリーズ4」発表 9月17日から販売開始予定、4万5800円から
ケースサイズはほぼそのままで、画面サイズはより大きく。(2018/9/13)

「Apple Watch Series 4」発表 ユーザーの落下やスリップ検知で自動SOS 「心電図」も取得可能に
米Appleが画面を30%大型化した「Apple Watch Series 4」を発表。LTEに対応した「Apple Watch Series 4 with cellular」(GPS+Cellularモデル)の価格は499米ドルから。GPSのみのモデルの価格は399米ドルから。(2018/9/13)

「iPhone XS」「iPhone XS Max」発表 5.8型と6.5型のHDR対応ディスプレイ搭載【詳報】
Appleが新しいiPhoneを発表。iPhone Xの後継機種と、その大画面モデルが登場する。(2018/9/13)

耳の中の映像を見ながらお掃除 サンコーの「スマホでWiFi耳かきスコープ」
サンコーは、スマホの画面に耳の中を映しながら耳掃除ができる「スマホでWiFi耳かきスコープ」を発売。先端にカメラを搭載し、リアルタイムの映像確認や写真・動画の撮影も行える。明るさを切り替えられる6個のLEDを備え、無線だけでなく有線接続にも対応する。(2018/9/13)

過去最大画面のiPhoneに「Apple Watch Series 4」(仮)も? Apple発表内容を予想
Appleが9月12日(日本時間13日午前2時)に開催するスペシャルイベントの発表内容を予想する。(2018/9/12)

スマホの画面をテレビに出力できるUSB HDMI変換アダプター
サンワサプライは、9月6日にスマートフォンの映像をテレビやディスプレイに出力できるフルHD対応のUSB HDMI変換アダプターを発売。1台でiPhone/iPadやmiracast対応Androidスマートフォン/タブレットに出力でき、iOS搭載機器ではアプリをインストールすることなく接続するだけで利用可能となっている。(2018/9/6)

AIの力で誰でもダンサーに? カリフォルニア大が開発した技術が完全に魔法
本人が踊れるようになるわけではありませんが、画面の中でならプロ同然に。(2018/9/4)

AIで手書きの図形と文字を認識:
Microsoft、手書きのUIスケッチをHTMLに変換する「Sketch2Code」を発表
Microsoftは、手書きでスケッチしたUI画面をHTMLコードに自動変換するWebベースソリューション「Sketch2Code」を発表した。(2018/9/4)

IFA 2018:
モトローラのAndroid Oneスマホ「motorola one」発表 5.9型でノッチあり
Motorola Mobilityが、IFA 2018で初のAndroid Oneモデル「motorola one」を発表。5.9型のHD+ディスプレイを搭載し、画面上部にはノッチ(切り欠き)がある。日本での発売は未定。(2018/9/3)

ディスプレイが鏡に早変わり! 海外でもそのまま通話できた「A1303SA」(懐かしのケータイ)
カメラ機能も備える国際ローミング対応端末として登場した「A1303SA」。待ち受け画面でソフトキーを押すとディスプレイが鏡のようになる、ちょっと変わった機能を備えていました。(2018/9/1)

最大3日間使えるカシオのスマートウォッチ「WSD-F30」、2019年1月に発売
カシオ計算機は、最大3日間のカラー地図とGPS利用を可能にする「エクステンドモード」を搭載したアウトドア向けスマートウォッチ「WSD-F30」を2019年1月に発売。カラー画面には有機ELを採用し、従来モデルからさらに軽量化したスマートなデザインに仕上がっている。(2018/8/30)

FAニュース:
−30〜85℃に対応したタッチパネル機能試験システム、最大で6画面同時に試験
東陽テクニカは、Kubrich Ingenieurgesellschaftのタッチパネル機能試験システム「SIRKUFLEX TSR」を2018年9月1日より販売すると発表した。−30〜85℃の温度範囲で稼働し、最大6画面同時に試験できる。(2018/8/30)

AmazonがQRコード決済に参入 アプリで使える「Amazon Pay」、中小店舗に照準
アマゾンジャパンが実店舗でのキャッシュレス決済に参入する。ユーザーが「Amazonショッピングアプリ」の画面上に表示したQRコードを、店舗側がタブレット端末で読み取ることで支払いが完了する。(2018/8/29)

医療機器ニュース:
深層学習で大腸ポリープを自動検知、従来のAIで検出困難なタイプも対応
昭和大学は、AI(人工知能)による大腸内視鏡検査支援システムを開発した。ディープラーニングを活用し、内視鏡の画面の中にポリープやがんが映っていた際に自動検知する。(2018/8/29)

イケメンキャラが取引案内、セブン銀行のATM アニメイト池袋に設置
セブン銀行が「セブンコンシェルジュ」を利用できるATMをアニメイト池袋店など都内2カ所に設置した。人気声優が声を演じるイケメンキャラが画面に登場し、取引を案内する。(2018/8/27)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
スマートスピーカーの次に来るのは「スマートディスプレイ」? 5製品のスペックを比較する
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は一足早く、画面付きのスマートスピーカーこと「スマートディスプレイ」についてチェックしてみよう。(2018/8/25)

社員を思いやった結果です:
PR:働き方改革の最終形態!? 宮古島で夢の「離島テレワーク」
名古屋が本社のIT企業が沖縄の宮古島にオフィスを設けてテレワークを進めている。現地で暮らす社員からは好評だが、背景には画面越しの会話でも円滑に気持ちを伝え合う工夫がある。(2018/8/22)

強くてカッコいい女しか画面にいなくて最高「オーシャンズ8」 鑑賞後にキメキメになってしまう女たちが続出
女、最高〜!(2018/8/20)

テキスト変換機能やGoogleサービス連携で差異化
Googleがデジタルホワイトボード「Jamboard」を国内販売 手書き図を自動清書して共有
Googleはデジタルホワイトボード「Jamboard」の国内販売を開始した。クラウド接続で動作する製品で、画面に書かれた内容を別のJamboardやスマートフォンとリアルタイムで共有、編集できる。(2018/8/15)

LINE、プロフィール画面をリニューアル カバー写真をスマホで見やすく 若者には「ペア画」が流行?
LINEがプロフィール画面を近日中にリニューアルする。スマートフォンで見やすいサイズにカバー写真を拡大するという。(2018/8/13)

時期は決まり次第告知:
「LINE」がプロフ画面を刷新へ カバー画像拡大で“自己表現”しやすく
「LINE」のプロフィール画面が近日中に刷新される。主に若年層の間で、プロフィール変更をきっかけとしたコミュニケーションが増えていることを踏まえた。UIやカバー画像のサイズなどを変更する予定。(2018/8/13)

ふぉーんなハナシ:
そうだ、「黒板消し」でスマホをキレイにしよう!
スマートフォンや携帯電話の画面を拭くのに、「黒板消し」ってちょうど良いと思っていたんですよ。【追記】(2018/8/13)

「ハイスコアガール」がアニメになるまで 制作統括・松倉友二のこだわりとJ.C.STAFFの挑戦
初挑戦となったフル3DCG。そして、アニメの中にゲーム画面を組み込む難しさとは。(2018/8/10)

安定性をとるか、性能をとるか
Microsoft、Citrix、VMware 仮想デスクトップの画面転送プロトコルに違いは?
Citrix Systems、VMware、Microsoftはいずれも自社のVDI製品に画面転送プロトコルを提供する。どのような違いがあるのだろうか。(2018/8/10)

Windows 10のエクスプローラ「ダークテーマ」が完成へ Macとともに2018年秋は暗いUIがトレンドに
2018年の秋は、WindowsもMacも見慣れたデスクトップ画面が従来より“暗く”なっているだろう。(2018/8/9)

Angular TIPS:
Angularで親コンポーネントから子コンポーネントに値を引き渡すには?(@Input)
@Inputデコレーターを使って、親コンポーネントから子コンポーネントに情報を引き渡すことで、マスター/詳細画面を作成する方法を解説。(2018/8/9)

Google、クラウド接続ホワイトボード「Jamboard」を日本発売 64万円
Google Japanは、デジタルホワイトボード「Jamboard」を日本国内で発売した。クラウドとWi-Fiで接続し、遠く離れた場所にある別の端末と画面を共有できる。(2018/8/8)

PR:驚異のコスパ! 17.3型のぜいたくノートPC「m-Book W」シリーズを試す
デスクトップの代わりに快適に使える大画面ノートPCをできるだけ安く手に入れたい、そんなワガママな希望をかなえてくれるのがマウスコンピューターだ。(2018/8/7)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
片手操作はイケル? 約7型の大画面スマホ「honor Note 10」を触った
スマートフォンもついに7型に。Huaweiが投入する「honor Note 10」は、6.95型のディスプレイを搭載しています。果たして片手で持てるのでしょうか?(2018/8/3)

バーチャルキャラを表示、JDIが5.5型ディスプレイ 課金型サービスを検討
ジャパンディスプレイとNHKメディアテクノロジーが、立体感のある動画を再生できる5.5型ディスプレイを開発。アイドルやバーチャルキャラクターを画面上に表示できる課金型のサービスなどを検討する。(2018/8/3)

LINEのトーク画面やスマートスピーカーからも印刷可能に キヤノン「PIXUS」プリンタ6機種
2018年の年末商戦に向けて、キヤノンは家庭向けインクジェットプリンタ「PIXUS」シリーズの新ラインアップを発表。スマートフォンとの連携強化の他、スマートスピーカーからのプリントにも対応した。(2018/8/2)

Samsung、10.5型タブレット「Galaxy Tab S4」、別売DeXキーボードでPCのようにも利用可能
Samsungが、Androidタブレット「Galaxy Tab S4」を発表した。10.5型でSペンが付属し、別売のDeXキーボードと接続すればPCのように使える。ホームボタンがなくなった分画面が広くなった。(2018/8/2)

スマホで商品を撮影、アレルギー情報など表示 ゴディバで実証実験
スマホで商品のパッケージを撮影すると、詳細な商品情報がアプリ画面に表示される。そんなサービスの実証実験を、日立ソリューションズとゴディバ ジャパンが実施した。(2018/7/31)

Tech TIPS:
Windows 10などでIPアドレスやMACアドレスを確認する方法
ネットワークのトラブルシューティングなどのために、IPアドレスやデフォルトゲートウェイ、DNS/DHCPサーバ情報などを調査したいことがある。そのためには、ipconfigコマンドがよく使われるが、GUI画面でも確認できる。その方法をまとめておく。(2018/7/30)

サードウェーブ、最大12画面を同時表示できるデジタルサイネージ向けPC
サードウェーブは、マルチディスプレイ表示に対応するデジタルサイネージ向けデスクトップPC「MD-12」を発売する。(2018/7/24)

もうすぐ日本発売の「Echo Spot」、画面で答える「Alexa Captioning」をサポート
Amazonが間もなく日本でも出荷するディスプレイ付きスマートスピーカー「Echo Spot」で、日本語を含む数か国語で質問の答えを音声と同時に画面にテキストとしても表示する「Alexa Captioning」を利用できるようになる。また、日本未発売の「Echo Show」には、画面タップで命令できる「Tap to Alexa」機能が追加された。(2018/7/24)

くらしに役立つ推しグッズ:
80年代のコーフンが今よみがえる! カシオ「ゲーム電卓」
80年代に登場し、大ブームを巻き起こしたカシオ計算機の「ゲーム電卓」が復活。当時、このゲーム電卓にハマった筆者が再びプレイした。とてもシンプルな画面だけどスリル満点だ。(2018/7/24)

ネット通販ビジネスモデルの知財保護強化へ:
売れるネット広告社、「確認画面後でアップセル」で特許権を取得
売れるネット広告社は、「確認画面後でアップセル」についての特許権を取得したと発表した。(2018/7/23)

「AQUOS Xx3 mini」がOSバージョンアップ Android 8.0に
ソフトバンクのシャープ製スマートフォン「AQUOS Xx3 mini」がAndroid 8.0にバージョンアップ。ホームアプリが「AQUOS Home」へ進化し、ロック画面の壁紙を自動で切り替える「ロックフォトシャッフル」への対応や文字入力の快適化などの機能改善も行われる。(2018/7/20)

フルHDの4画面環境を1枚だけ4Kに替えて分かったこと
仕事場で使っている4枚のフルHD液晶のうち、右上の一枚が壊れた。普通に交換するのはつまらないから、ちょっと4K液晶を導入してみることに。それから馴染むまでの1カ月半を振り返る。(2018/7/19)

「HUAWEI Mate 10 Pro」アップデート 夜間撮影モードを強化、顔認証機能の追加も
ファーウェイは、7月12日以降に「HUAWEI Mate 10 Pro」のソフトウェアアップデートを実施。夜間撮影モードを強化し、顔認証機能やスマートロック画面通知機能を追加する。(2018/7/12)

製造マネジメントニュース:
1カ所だけ不正がなかった日産九州工場、分かれ目は「専門家がいたかどうか」
日産自動車は、完成検査の工程の1つである燃費と排ガスの測定において不適切な行為があったと発表した。抜き取りで燃費と排ガスの測定試験を行った2187台のうち、1171台でJC08モードで定める測定条件を満たさないまま有効な測定結果として扱ったり、測定設備の画面から測定値を一部書き換えたりしていたことが社内調査で判明した。日産自動車の九州工場を除く国内5カ所の生産拠点でこうしたことが行われていた。(2018/7/10)

山市良のうぃんどうず日記(131):
続・進まないWindows Update、やっぱり止まっていなかった
Windows Updateが動作していて、フォアグラウンドの作業が重く、しかもWindows Updateがなかなか進まない状況に遭遇したことはありませんか。画面をただ眺めているだけでは、進んでいるのか、いないのかが分からず、結局失敗して時間の無駄に終わるということも……。他にすることがなく、時間を持て余しているのなら、進んでいることが分かる詳細を追跡してはいかがでしょうか(本稿の最後に注意点というかオチがあります)。(2018/7/10)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。