ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サーバ市場」最新記事一覧

質問!ハードウェア(サーバー)→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でハードウェア(サーバー)関連の質問をチェック

“Software Defined”データセンターのトレンドに対応:
デル、「Xeon E5-2600 v4」搭載の第13世代PowerEdgeサーバを出荷
デルは、第13世代PowerEdgeサーバを刷新。新CPU「Xeon E5-2600 v4」搭載のラック、タワー、ブレード、コンバージドインフラアーキテクチャサーバの出荷を開始した。(2016/4/4)

サーバ市場での勢力拡大を狙い:
ARM、TSMCと7nm FinFET開発で協業
ARMとTSMCが、データセンサーやネットワークインフラ向けに、7nm FinFET開発で協業する。サーバ市場での勢力拡大に積極的なARMは、7nmプロセスの採用によるチップの高性能化を非常に重要視していると専門家は話す。(2016/3/22)

カスタマイズ? or スーパーNAS?
“ODM Direct”サーバが日本で生き抜く道
ODM Directで調達するサーバに注目する企業が海外で増えている。基幹システムで動くサーバとは別の業務領域で拡大しつつあるサーバ市場の日本における現状とこれからの見通しをキーマンに聞いた。(2016/3/14)

オープンソースとHPCは活路となるか
ムーアの法則から50年──新ビジネスモデルを模索するIntel
「ムーアの法則」が発表されてから50年。デスクトップ市場は縮小し、サーバ市場も先細りは確実。法則に従ってプロセッサ性能を向上させてきたIntelは、ビジネスモデルの転換を迫られている。(2015/5/22)

Computer Weekly製品導入ガイド
マイクロサーバ市場に波紋を起こすIntel
アナリストの予想では、2016年までにサーバ市場の10%以上をマイクロサーバが占めるようになる見通しだ。Intelの進出ぶりをリポートする。(2015/3/26)

ホワイトペーパー:
災害対策が未実施の企業は46.6%、ファイルサーバ管理者161人の回答が示す「ファイルサーバ管理」の現状
ネットワールドが2012年に実施した「ファイルサーバ市場調査アンケート」では、サーバ管理者が抱える多くの課題が浮かび上がった。回答結果の詳細を紹介するとともに、具体的な課題解決法を提示する。(2014/12/5)

ビジネスニュース 企業動向:
QualcommがARMサーバ市場へ
QualcommがARMサーバ市場へ参入するという。64ビットアーキテクチャである「ARMv8」と互換性のあるコアを採用したプロセッサを近々発表するとしている。(2014/11/27)

大企業はLenovoを忌避
Windows Server 2003移行特需に笑うHP、苦境のIBM
Windows Server 2003のサポート終了により、サーバ市場に変動が起こると予想されている。ここで漁夫の利を得そうなのがHP。一方、IBMとDellはHPに後れを取る可能性がある。(2014/10/31)

Computer Weekly:
Windows Server 2003移行特需に笑うHP、苦境のIBM
Windows Server 2003のサポート終了により、サーバ市場に変動が起こると予想されている。ここで漁夫の利を得そうなのがHP。一方、IBMとDellはHPに後れを取る可能性がある。(2014/10/22)

「日本のサーバ市場はまだ伸びる」 IBMから事業継承のレノボ新会社が始動
IBMからx86サーバ事業を継承したレノボ・エンタープライズ・ソリューションズが本格的にビジネスをスタート。ラピン社長は、「PCと同様にx86サーバ市場でもシェア拡大を図る」と宣言した。(2014/10/2)

国内サーバ市場は製造業、官公庁が好調 IDC調査
IDC Japanは国内サーバ市場の産業分野別動向を発表。前年と比べて製造業と官公庁が市場シェアを伸ばした。(2014/9/17)

サーバ出荷台数は再び下落、金額ベースでわずかに伸びる
2014年4〜6月期のサーバ出荷台数は、消費税増税前の駆け込み需要の反動でマイナスに転じた。(2014/9/16)

クラウドサービス向けサーバ市場の予測を発表――IDC
IDC Japanはパブリック、プライベートクラウド向けサーバの市場分析結果を明らかにした。(2014/9/8)

2014年第1四半期の国内サーバ市場、出荷額で富士通が首位に
IDCの調査によれば、2014年第1四半期は前年同期比3.1%増の1242億円となった。(2014/6/9)

PC、スマートフォンに続き台頭する「ODM」とは
Apple、Facebookの無数のサーバはどこからやって来るのか?
モバイルデバイスに押されているノート/デスクトップPCを尻目に、サーバ市場の成長が続いている。背景には米Facebookや米Appleなどが支持するハードウェアのオープンソース化や台湾企業を中心とするODMベンダーの躍進がある。(2014/4/2)

Lenovoの次の一手は?
IBMのx86サーバ事業を買収したLenovoの対HP、Dell戦略を読む
IBMのPC部門に続き、同社のx86サーバ事業を買収したLenovo。x86サーバ市場の覇権を確立するため、Lenovoは次にどう動くのか? ライバルであるHPやDellを攻略する戦略とは?(2014/3/18)

国内サーバ市場、出荷額でNECと富士通が初めて並ぶ――IDC調べ
IDCが2001年に調査を開始して以来、初めてNECと富士通がシェアトップで並んだという。(2014/3/17)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 3月5日号:サーバ市場を揺るがすIBM+Lenovo連合
LenovoによるIBM x86サーバ事業の買収がサーバ市場に及ぼすインパクトとは? Lenovoの次の一手は? 他に、BBCの商業部門責任者か語る投資とコンテンツビジネス、VDIストレージの基礎とVDIを成功させる戦略などをお届けする。(2014/3/17)

2013年のPCサーバ出荷、台数減も金額は増加に――MM総研
MM総研が発表した2013年の国内PCサーバの出荷台数は前年比1.4%減となったが、出荷金額は同3.7%増だった。2014年はOSの更新需要で出荷台数も増加する見込みという。(2014/3/12)

Computer Weekly:
IBMのx86サーバ事業を買収したLenovoの対HP、Dell戦略を読む
IBMのPC部門に続き、同社のx86サーバ事業を買収したLenovo。x86サーバ市場の覇権を確立するため、Lenovoは次にどう動くのか? ライバルであるHPやDellを攻略する戦略とは?(2014/3/6)

4四半期連続で市場はプラス成長中
x86サーバ新製品を相次ぎ投入、主要ベンダー4社の動きをまとめた
クラウドやモバイルデバイスの普及などを背景に国内x86サーバ市場が活況を呈している。2014年に入り、主要ベンダーが相次いで新製品を発表。その概要をまとめた。(2014/1/31)

国内サーバ市場、ワークロード別出荷額はERPが最多に――IDC調査
IDC Japanによると、2013年の国内サーバ市場で出荷額構成比が最も高いワークロードはERPとなる見込みだ。(2014/1/21)

仮想化サーバ市場はx86サーバの一人勝ちに――IDC予測
2013年〜2017年の国内仮想化サーバ市場では、x86サーバだけが出荷額と出荷台数の両方でプラス成長になるとIDC Japanが予測。(2014/1/15)

2013年第3四半期のサーバ市場は2桁成長――IDC調査
メインフレームとx86サーバがプラス成長をけん引し、x86サーバでは平均単価が7.1%アップした。(2013/12/16)

System Centerを通じたサーバの構成変更にも完全対応:
PR:“すべてが仮想化されている世界”がすぐそこに
ネットワーク市場をけん引し、ブレードサーバ市場でもシェア上位となったシスコシステムズ。同社が目指すのは、「すべてが仮想化され、なおかつ状況に応じて柔軟に運用できる世界」だという。どのようにしてそれを実現するのか。(2013/11/21)

2012年の国内ハイエンドサーバ市場、5年前の約6割に縮小 IDC調査
IDC Japanによると、2012年のハイエンドサーバ市場規模は1559億円で、2007年の63.4%にまで縮小した。ベンダー別では安定したメインフレーム出荷が奏功し、IBMがトップシェアとなった。(2013/10/31)

調査リポート:
サーバ集約、低価格サーバ製品へのシフトが見える2012年ハイエンドサーバ市場動向
IDC Japanによると低価格製品へのシフトとサーバ集約の影響から2500万円以上の価格帯の「ハイエンドサーバ」市場は縮小傾向。メインフレームが安定する一方でIA64サーバによる大型案件も見られた。(2013/10/31)

データセンター基盤の新潮流:
PR:高密度サーバ市場にIBMが放つ「NeXtScale System」の可能性
大量のx86高密度サーバを必要とするデータセンター市場に向けて、IBMは新たなシステム製品ファミリー「IBM NeXtScale System」を立ち上げた。「シンプル」「自由自在」「スケール」がコンセプトの新製品は、IBM流のこだわりの設計思想を取り入れつつも、極めてオープンな運用環境と将来に備えた拡張性を実現している。(2013/10/21)

クラウド向けサーバ市場、2012〜2017年の出荷台数は19.5%で成長――IDC予測
2017年の国内クラウド向けサーバ市場は、出荷台数が10万1900台、出荷額が859億7700万円になるとIDCが予測している。(2013/10/17)

ビジネスニュース:
AMD、サーバの大型案件を獲得
Verizonはデータセンター7拠点に、AMDのエンタープライズ向けパブリッククラウド用サーバを導入することを決定した。サーバ市場でのシェア拡大を狙うAMDにとって、大きな一歩となった。(2013/10/15)

2012〜2017年の国内RDBMS市場は平均8.1%で成長、2017年には2619億円規模に
IDCの予測によると、国内アプリケーションサーバ市場も2012〜2017年に平均6.4%で成長し、2017年には895億3000万円の売上規模となる。(2013/10/10)

組み込み技術:
サーバ用CPU市場に挑むAMDとARMの思惑――ゲーム機の成功モデルをサーバでも
AMDは、ARMの64ビットコアを採用したサーバ向けCPU「Seattle(開発コードネーム)」を、2014年第2四半期にサンプル出荷することを明らかにした。AMDは、ARMサーバ市場でシェアを伸ばすために、同社がゲーム機市場で成功したときのモデルを持ち込もうとしている。すなわち、カスタムSoCの開発だ。Seattleを汎用品として市場に投入したあとは、そうしたカスタムSoCの開発を進める予定としている。(2013/10/7)

2013年2Qのサーバ市場、前年同期比13.1%減もx86やメインフレームが健闘
IDC Japanが2013年第2四半期の国内サーバ市場動向を発表した。(2013/9/4)

x86サーバの産業分野別出荷台数、構成比でITサービスが初の首位
IDC Japanが発表した国内サーバ市場の産業分野別動向では2011年までx86サーバでトップの製造業をITサービスが抜いた。(2013/7/25)

AMD、サーバ市場向け戦略とロードマップを公開
AMDはエンタープライズおよびデータセンターサーバ戦略とOpteronのロードマップを発表した。「Berlin」「Seattle」「Warsaw」(いずれも開発コード名)を2014年より出荷する。(2013/6/19)

2013年第1四半期の国内サーバ市場は4.4%減 IDC調べ
IDC Japanが発表した2013年第1四半期の国内サーバ市場動向によると、同市場規模は前年同期比4.4%減の1202億円となった。一方で、x86サーバは2四半期連続のプラス成長となった。(2013/6/3)

国内サーバ市場規模は減少 x86サーバは4年連続のプラス
IDC Japanによれば、2013年の国内サーバ市場規模は前年比5.6%減の4205億円で、2012年〜2017年は年間平均成長率マイナス3.3%で縮小していく見込みである。(2013/5/8)

調査レポート:
2013年の国内サーバ市場は5.6%の縮小、IDC予測
IDC Japanの予測によると、2013年の国内サーバ市場は前年比5.6%減の4205億円に落ち込む見通しとなった。(2013/5/8)

仮想マシンと物理サーバの出荷台数が2012年に逆転 IDC
仮想マシンの出荷台数が物理サーバベースを初めて上回ったとIDC Japanが発表した。(2013/4/11)

ビジネスニュース 企業動向:
FreescaleがCortex-A50のライセンスを取得、サーバ市場で勢力拡大を狙う
Freescale Semiconductorが、ARMの最新プロセッサコアである「Cortex-A50」シリーズのライセンスを取得した。これにより、サーバ市場におけるシェア拡大を図るという。(2013/3/6)

国内サーバ市場は縮小に転じる 出荷台数は2桁減――IDC調査
IDC Japanによると、2012年通年の国内サーバ市場は出荷額、出荷台数ともに前年比でマイナスだった。(2013/3/4)

ビジネスニュース 企業動向:
IntelのCentertonは性能不足、ARM陣営にもマイクロサーバ市場に参入の余地
Intelは、2012年に同社初のマイクロサーバ向けデュアルコア製品として「Centerton(開発コード名)」をリリースした。しかしこの製品については、「既存のXeonよりも電力効率が悪い」と指摘されている。ARM陣営のSoCにもマイクロサーバ市場でのシェア獲得のチャンスがありそうだ。(2013/2/14)

国内サーバ市場は縮小傾向 メインフレーム以外はマイナスに――IDC調査
IDC Japanの調べによると、2012年の国内サーバ市場は出荷金額、出荷台数ともにマイナスだった。(2012/12/25)

ブレードサーバ市場規模は24.5%増、NECと日立がけん引役に――IDC調査
IDCによれば、2011年下半期のブレードサーバ市場規模は318億6000万円、サーバ市場全体に占める割合は13.6%になったという。(2012/10/17)

クラウド向けサーバ市場は2桁成長が続く見通し――IDC予測
2011〜2016年のクラウド向けサーバ市場は年率28.2%で成長し、2016年の出荷額は293億円に達すると予測している。(2012/10/11)

冷え込むx86サーバ市場
Windows Server 2012はx86サーバ市場のカンフル剤となるか
出荷数が減少傾向にあるx86サーバ市場において、Windows Server 2012のリリースは福音となるのか。各分野の専門家がみるWindows Server 2012の需要喚起力やいかに。(2012/10/4)

国内サーバ市場は2桁縮小、前年の「京」効果や出荷遅延の反動で
2011年の「京」効果の反動と、東日本大震災の影響で出荷時期がずれ込んだことの反動により、2012年第2四半期の国内サーバ市場は前年同期比マイナス18.5%だった。(2012/9/25)

通信・メディア分野でサーバ出荷額が大幅増 IDC
IDC Japanは国内サーバ市場の産業分野別動向を発表した。2011年は通信・メディアや製造が好調だった。(2012/8/28)

2012年の国内サーバ市場は前年比マイナス9.9%――IDC予測
2011年にスーパーコンピュータ「京」が市場拡大に貢献した反動で、2012年の国内サーバ市場は縮小するとみる。(2012/5/29)

仮想化サーバ市場が初のマイナス、震災や欧州危機の影響で
IDC Japanが発表した2011年の仮想化サーバ出荷台数は前年比0.4%減となった。(2012/5/10)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。