ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Software AG」最新記事一覧

関連キーワード

デルから初の本格的産業用PC、IIoT促進を狙う
世界有数のソリューションプロバイダーであるデルが「同社初」となる産業用PCを投入する。IIoTを構成する要素を自ら手掛けることで、法人向けソリューションビジネスを加速させていきたい考え。(2016/7/11)

5分で絶対に分かるAPIマネジメント、API経済圏
「API管理」の概要と必要性、技術構成、主要ベンダーなどについて解説。さらに、今注目される「API」の概要と、SOAとの違い、APIの公開における4者の役割と課題、今後どうなるのかについても紹介する。(2014/12/17)

Computer Weekly製品導入ガイド
SaaSとオンプレミスシステムの統合が直面する課題とは?
クラウドが発展を続ける中で、CIOはクラウドベース製品とオンプレミスシステムとの親和性に目を向ける必要がある。(2014/5/15)

Maker's Voice:
パートナー経由の収益を倍以上に 独Software AG
新たな強化施策「PowerUP Partner Program」を打ち出すなど、Software AGがビジネスパートナー獲得に向けて力を入れている。(2013/9/2)

リアルタイム処理を支援:
富士通、大量データをリアルタイムに活用できる2製品の提供を開始
センサー情報の解析やWebサイトのパフォーマンス向上、全国店舗における商品購入の行動分析/商品レコメンドなど、大量データのリアルタイム処理が必要な現場を支援する。(2013/6/19)

ストロングポイントを伸ばし続ける インフォテリアが事業戦略を発表
インフォテリアは2013年度の事業戦略説明会を開催。同社の主軸となる「ASTERIA」と「Handbook」の展望を示した。(2013/6/13)

Weekly Memo:
キーパーソンが語るビッグデータ活用の勘所
ビッグデータの活用をテーマにした有力ベンダーによる会見やイベントが、このところ相次いでいる。そこでのキーパーソンの発言から、ビッグデータ活用の勘所を探ってみたい。(2013/3/25)

買収製品でビッグデータ事業を推進 ソフトウェア・エージー
ソフトウェア・エージーは、一昨年に買収したTerracottaのインメモリソリューションなどを紹介した。(2013/3/14)

ソフトウェアAG、ビジネスプロセス分析の最新版ツールをリリース
「ARIS Process Performance Manager 5.1」では業務ステータスを把握して、仕掛プロセスなどの分析ができるようになった。(2012/5/30)

中小企業のBCP策定を支援するサービス、日立情報が提供
中小企業庁の「中小企業 BCP 策定運用指針」を活用し、事業継続の計画の実装・配備までを支援する。(2011/9/8)

ソフトウェアAG、内部統制管理ツールの新製品 日本版SOX法に対応
ソフトウェア・エー・ジーは、内部統制管理ツール「ARIS Risk & Compliance Manager 3.1 J-SOx 対応版」を発売した。新製品では日本版SOX法に対応したほか、テスト・評価のオフライン処理機能などを追加した。(2011/8/10)

CeBIT 2011 Report:
BPM以外の分野にも拡張していく――独Software AGのシュトライビッヒCEO
独Software AGのトップが企業買収を含む今後の事業戦略を語った。(2011/3/4)

CeBIT 2011 Report:
クラウド戦略の第一歩を踏み出す 独Software AG
情報通信の国際見本市「CeBIT」開幕を直前に控え、地元ドイツを代表するソフトウェア企業のSoftware AGが新戦略を発表した。(2011/3/1)

IDSシェアーとの経営統合による新戦略を発表 ソフトウェア・エー・ジー
BPM製品を提供するソフトウェア・エー・ジーは、今後注力すべき4つの戦略分野を発表した。(2011/2/15)

ソフトウェア・エージー、webMethods最新版で合併2社の完全統合を強調
ソフトウェア・エージーは、ビジネスプロセスマネジメント(BPM)製品であるWebMethodsの最新版として「webMethods 8日本語版」の提供を開始したと発表した。(2010/9/16)

Process World 2010 Report:
NECが披露したビジネスプロセス改善の勘所
ドイツで開催された独Software AGのユーザーカンファレンス「Process World 2010」において、NECは全社的に取り組んでいるビジネスプロセスマネジメントの取り組みを紹介した。(2010/6/22)

Process World 2010 Report:
40年の歳月がもたらした「ビジネスプロセスエクセレンス」という新境地
独Software AGおよびIDS Scheerのユーザー企業向けカンファレンス「Process World 2010」の2日目には、Software AGのカールハインツ・シュトライビッヒCEOが登場。「企業のビジネスとITにパラダイムシフトを起こす」と同社のソフトウェア戦略を力説した。(2010/6/10)

Process World 2010 Report:
ビジネスとITが融合する時――Software AG
WebMethods、IDS Scheerの獲得により、BPMの包括的なソリューションを提供できるようになった独Software AGは、「ビジネス部門とIT部門の融合」が企業のビジネスを変えると提唱。これを「ビジネスプロセスエクセレンス」と定義し、ユーザー企業に訴求を図っている。(2010/6/9)

ソニー、ERPと連携する放送業界向けのビジネスプロセスソリューションを展開へ
ソニーは放送局や映像制作企業向けに、ERPシステムと連携する「メディアバックボーン」ソリューションを提供する。(2010/3/30)

日本でも実施を検討:
大学へのソフトウェア提供でユーザーのすその拡大を狙う独Software AG
独ソフトウェア大手のSoftware AGは、自社製品のユーザーのすそ野拡大を図るため、大学と連携したプログラムを実施している。日本での展開も視野に入れているという。(2010/3/26)

CeBIT 2010 Report:
Software AG、メインフレームのWeb化を図る新アプリケーション開発ツールを発表
独ハノーバーで開催されているCeBIT 2010で、ソフトウェア大手の独Software AGは、Eclipseベースのアプリケーション開発ツールセットを発表した。(2010/3/4)

CeBIT 2010 Report:
「ビジネスプロセス」はERPより大きな市場になる――独Software AGの新戦略
独ハノーバーで開催されているCeBIT 2010で、ソフトウェア大手の独Software AGのカールハインツ・シュトレイビッチCEOが今後5年間に向けた新戦略を発表した。(2010/3/2)

ソフトウェアAGとアルケミスト、システム導入サービスで提携
ソフトウェア・エー・ジーは、システムインテグレーターのアルケミストをパートナー認定した。(2009/12/11)

ソフトウェアAG、AS/400の端末エミュレータ保守費用を大幅削減するツールを紹介
ソフトウェア・エー・ジーはレガシーシステムにおける端末エミュレータの保守費用を圧縮するソフトウェアを紹介した。(2009/11/30)

ホワイトペーパー:
誰でも分かるSOA導入
初心者から経験者まで、全ての方の「SOA導入」を成功に導くための必読書。 SOAプロジェクトをロケットの打ち上げに例えて、「SOA導入」の重要性と、維持する方法について分かり易く説明した決定版ガイト! (提供:ソフトウェア・エー・ジー)(2009/11/12)

手軽にBPM:
ソフトウェアAG、中堅企業向けにwebMethodsを日本で独自にパッケージ化
ソフトウェア・エー・ジーは中堅企業を対象にした新ソフトウェアパッケージを提供している。(2009/9/3)

SOA Adoption for DUMMIESを提供:
Software AGのミコ・マツムラ氏、「OracleのSun買収は業界垂直統合の流れの一環」
Software AGのバイスプレジデントで最高戦略責任者のミコ・マツムラ氏は、「OracleによるSun Microsystems買収について垂直統合という業界の流れに沿っている」と指摘する。(2009/4/23)

真のクラウド、真のSOAを目指す英Paremusが日本市場参入
クラウドとSOAを掛け合わせたもの──英国のParemusが目指すのは、単に人気の技術ではなく、企業のニーズに合った正しい技術の組み合わせだ。(2009/4/20)

業務改革の契機となったノウハウ未継承問題――三菱商事の事例から
三菱商事のイノベーション事業グループCIOを務める大三川氏がグループ会社に出向していた2004年に“事件”が発生。それをきっかけに業務改革を強く推し進めていくことになる。(2009/3/13)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
顧客の声への対応力が新たな差別化の“鍵”に
製品やサービスそのもので勝負できる時代は終わりを告げつつある。求められているのは、顧客の要望に対して、より迅速かつ的確に対応を可能にする業務プロセスの変革能力である。そのために、自社の業務を把握できる仕組みの整備が急務となっている。(2009/1/16)

欧州エコビジネス最前線:
アインシュタインが生まれた街にある、エコすぎるオフィスビルとは?
ドイツ南部のウルム市にある世界最大のエコオフィス「エナゴンビル」。ある財団が究極のエコを追求し建設した賃貸のオフィスビルとはどんなものなのだろうか?(2008/12/16)

業績好調のSofware AG、webMethods買収の成功が奏功
Software AGの業績が好調だ。カールハインツ・シュトレイビッチCEOは「SOAおよびBPM市場におけるリーダーになった」と話す。(2008/12/4)

Innovation World 2008 Report:
モルガン・スタンレーやコカコーラなど、ビジネスの流れを本気で考える米国企業
Software AGは「Innovation World 2008」でSOAを用いたBPM改革を強調する一方、Morgan StanleyやCoca Colaなど事例セッションも多く開催した。米国企業がITで仕事のやり方を改善する作業に熱心であることを印象付けている。(2008/11/5)

Innovation World 2008 Report:
Software AG、webMethods最新版を発表
Software AGは、メインフレームを運用する企業がSOAでシステムを刷新するためのソフトウェア「webMethods Application Modernization Suite」を発表した。(2008/11/4)

「既存システムを捨てるな」――ソフトウェアAG
ソフトウェアAGは記者発表会を開催し、既存システムをSOAで活用する手法に手応えを感じていることをうかがわせた。(2008/9/12)

BPMプロジェクトの成否を分けるものは?:
ニッポンのお家芸、「カイゼン活動」がBPMの本質
「BPMは幅広いマネジメントの原則だが、中でも最も重要なことは、できるだけスピーディーにプロセスを“カイゼン”することだ」と Software AGのガリメラ副社長は話す。(2008/9/10)

第一歩は問題認識
SOAガバナンスをめぐる問題は未解決
IT中毒になっているプロジェクトリーダーたちがようやく問題の存在を認識し、克服への第一歩を踏み出したと専門家は分析する。(2008/8/25)

既存IT資産も活かしながらプロセス統合:
PR:SOAによるIT資産再活用が業務の見通しを可能にする
既存のIT資産を部品として業務プロセスを組み立て、新たな価値を生み出し、さらにプロセスを可視化し、最適化することがSOAだとするSoftware AG。同社のアプローチをもってすれば、企業に残ったレガシーシステムも含めてビジネスプロセスを統合できるという。(2008/7/22)

ホワイトペーパー:
これからBPMを始める人への決定版 ──「BPMの基礎(BPM Basic for DUMMIES)」
本書『BPM Basics FOR DUMMIES』は、これからBPMを始める、あるいは見直しを考えている人向けの決定版ガイド。BPMの基本、実装、改善方法を知ることができる(提供:ソフトウェア・エー・ジー)。(2008/7/17)

買収したwebMethodsが基盤:
ソフトウェアAG、メインフレーム資産の再利用によるシステム刷新を強調
ソフトウェア・エージーは、企業がSOAなどを利用していわゆるレガシーシステムを再利用するための製品について紹介する記者向けの説明会を開催した。(2008/6/12)

J-SOXが追い風?:
レガシー資産を生かすwebMethodsのアプローチとは
ITシステムは、「作る」より「買う」、「買う」よりも既存部品で「組み立て直す」ことでビジネス上の価値を迅速に引き出せるようになってきた。SOA基盤を提供するwebMethods/ソフトウェア・エー・ジーにとっては、J-SOXこそ追い風だという。(2008/4/16)

NEWS
ソフトウェアAG、ウェブメソッド統合の強みを生かした「webMethods 7.1スイート」日本語版
ビジネスプロセス統合プラットフォーム「webMethods 7.1スイート」の新バージョンを発表。既存IT資産を再利用するための機能を追加し、プロセス改善のサイクルを加速させるとしている。(2008/4/10)

ウェブメソッド買収で勢い:
SOAによる基幹システム再構築に勝機――ソフトウェアAG
基幹系システム向けデータベースを提供するSoftware AGはSOAWebMethodsを買収することで、メインフレームが稼働する大手企業のレガシー移行に力を入れる。日本法人の福島徹社長に日本市場での戦略を聞いた。(2007/12/20)

カナダのJuxtaComm、MSやIBMなど大手を特許侵害で提訴
分散型の異種コンピュータ環境でデータの変換・交換を行うシステムに関する特許を侵害しているとして、大手ベンダー多数を訴えた。(2007/8/30)

SOAソリューションのwebMethods、独Software AGに買収される
両社は事業面に加え、顧客層の面でも「補完的」な関係。webMethods買収によりSoftware AGは、米国での顧客数を倍増させ、SOA・BPM市場での地位強化を狙う。(2007/4/6)

MSがOpenAJAX構想への協力を検討中
Ajax開発環境の改善を目指すオープンな取り組み「OpenAJAX」への参加を呼び掛けられたMicrosoftは、企業間コラボレーションにどのような形でかかわるのか検討中だ。この構想を発表したIBMは、WebサービスにおけるMSとの協力と同じ効果を期待している。(2006/5/15)

Column
SOAに取り組まなければ、深刻なリスクを招く?――IBM、サン、マイクロソフトも本腰
今世紀に入ってこのかた喧伝されてきたSOAだが、やっと普及の段階に入った。マイクロソフトやオラクルなど、主要プレイヤーも製品の開発を始めている。(2006/2/20)

30周年を機に自社製品のパートナー販売強化、ビーコンIT
ビーコンITは11月9日、直販中心のビジネスモデルを変更し、パートナー販売を強化していく方針を明らかにした。(2005/11/9)

マツムラ氏を中心にOASISがSOAブループリント作成に取り組む
かつてSunでJavaエバンジェリストを務めたミコ・マツムラ氏が、OASISでSOAブループリント作成に取り組む。これを活用すれば、囲い込まれることなく、技術ベンダーを自由に選定できるようになるという。(IDG)(2005/8/16)

OpenOffice.org Conferance 2004がドイツで開催、2.0進捗や各国コミュニティが会す
2005年3月予定の新版2.0リリースを控え、OOoカンファレンスは活気を見せた。OASIS標準フォーマットやXMLについて、各国コミュニティ報告など多くのセッションがそろった。(2004/10/1)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。