ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

買収 に関する記事 買収 に関する質問

「買収」最新記事一覧

頭脳放談:
第181回 Intelが167億ドルで手に入れるもの
Intelが167億ドルでAlteraを、AVAGO TechnologiesがBroadcomを買収するなど、半導体業界は大型買収が続いている。半導体業界の再編は、1次リーグが終わり、決勝トーナメントが始まっている。(2015/6/26)

M&A:
キーサイトがAniteを6億ドル超で買収、テスト用ソフトを強化
Keysight Technologiesが、チップセットの評価を行うソフトウェアを手掛ける英国のAniteを6億600万米ドル(750億円)で買収する。モバイル機器のテスト装置の世界市場で、25%以上のシェアを占めるとみられている。(2015/6/25)

医療機器ニュース:
血糖値測定システム事業を買収へ、糖尿病ケア事業の体制を強化
パナソニック ヘルスケアホールディングスは、独Bayerの糖尿病ケア関連事業を買収すると発表した。Bayerの子会社であるBayer HealthCare傘下のバイエルダイアベティスケア事業を10億2200万ユーロ(約1380億円)で取得する。(2015/6/23)

電子ブックレット:
新生Broadcomに向け準備着々、一部事業売却の可能性も?
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、Broadcomを370億米ドル(約4.6兆円)で買収するAvago Technologiesの今後について紹介します。新生Broadcomの一部事業売却の可能性もあるとAvago・CEOのHock Tan氏は語りますが、両社のシナジー効果の鍵はどこにあるのでしょうか。(2015/6/21)

EE Times Japan Weekly Top10:
IntelのAltera買収は、やはりインパクト大だった
EE Times Japanで2015年5月30日〜6月5日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2015/6/20)

電子ブックレット:
IntelのAltera買収は成功するのか―Xilinxの存在感が増す可能性も
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、Intelにとって過去最大規模となったAlteraの買収について、アナリストの見解を紹介します。(2015/6/19)

M&A:
Intel、スマートグラスメーカーを1億7500万ドルで買収
Intelが、スマートグラスやヘッドアップディスプレイ(HUD)を手掛けるRecon Instrumentsを買収した。このところIntelは、スマートウオッチやスマートグラス関連の技術提携や買収が増えている。(2015/6/19)

MicrosoftにのしかかるNokia携帯事業 トップの退職と組織再編が示すもの
買収したNokia携帯事業はMicrosoftにとって重荷になっているようだ。(ロイター)(2015/6/18)

Microsoft、OSとハードウェア部門を「Windows and Devices Group」に統合 エロップ氏は退社
Microsoftは、“サービスとしてのWindows”を推進する目的で、これまで2つに分かれていたWindows部門とハードウェア部門を「Windows and Devices Group」にまとめる。同グループはテリー・マイヤーソン氏が統括し、Nokia買収でMicrosoftに返り咲いたスティーブン・エロップ氏は退社する。(2015/6/18)

HTC、ASUSによる買収のうわさを公式に否定
ハイエンドのAndroid端末で知られる台湾HTCが、同社を台湾ASUSTek Computerが買収するといううわさについて、「ASUSと接触していないし、売却を検討してもいない」と強く否定した。(2015/6/16)

企業動向:
Atmelが売却を検討か
Atmelが、売却先の候補先を探していると報じられた。2005年からの10年間で売上高が3倍になり、Non-GAAP指標で2桁の利益率を達成している同社だが、過去には大手半導体メーカーから買収の提案も受けていた。(2015/6/16)

企業動向:
CypressによるISSIの買収、二転三転するも白紙に?
Cypress Semiconductorが「次の買収先」として狙いを定めていたISSI(Integrated Silicon Solution)は、Cypressの提案を断り、Uphill Investmentとの取引を行うようだ。CypressとISSIの買収案は二転三転していたが、白紙となる可能性が濃厚である。(2015/6/15)

ASUSが経営不振のHTCを買収? 可能性は否定せず
経営不振に陥っているHTCについて、買収する可能性がないとは言えないとASUSのトップは述べた。(ロイター)(2015/6/12)

トップインタビュー:
レノボとNECから学ぶ“賢い”事業統合の進め方
グローバル規模での企業のM&Aが活発だ。だが、異なる組織の統合には課題も多い。そうした中、相次ぐ企業買収により収益を着実に伸ばしているのがレノボ・グループである。事業統合に携わったレノボ・ジャパンの留目社長がその勘所を語った。(2015/6/12)

Beats MusicはApple Musicに統合 「Beats 1」ラジオに名を残す
Appleが昨年8月に買収したBeats Electronicsの音楽ストリーミングサービス「Beats Music」は新音楽サービス「Apple Music」に統合され、Beatsのブランドは「Beats 1」として残る。(2015/6/9)

バイドゥ、東大発のベンチャー起業popInを買収 ネイティブ広告を強化
バイドゥが東大発ベンチャーのpopInを買収した。コンテンツの熟読率を指標化した「READ」技術を取得し、中国でのネイティブ広告事業を強化する。(2015/6/8)

「日本の技術を世界に」──中国ネット大手を買収に走らせた、東大発ベンチャーが持つ有望技術とは
バイドゥがネイティブ広告関連サービスのpopInを経営統合した。今後popInは中国Baiduに技術支援などを行っていくという。(2015/6/8)

成長するネイティブ広告市場に先手:
バイドゥが東大発ベンチャーのpopInを経営統合
中国Baidu(百度)の日本法人であるバイドゥは2015年6月8日、東大発のベンチャー企業でネイティブ広告技術を提供するpopInを買収すると発表した。(2015/6/8)

バイドゥ、東大発ベンチャーpopIn買収 ネイティブ広告配信技術を中国百度に導入
バイドゥがネイティブ広告配信技術を開発するpopInを買収した。中国百度への導入、その後の世界展開を目指す。(2015/6/8)

Apple、AR技術開発のMetaioを買収 現実空間に情報を重ね合わせ表示
Appleが拡張現実(AR)技術を開発する独Metaioを買収。Metaioは情報を現実空間の映像に重ね合わせ、動く映像として提供できる技術を開発し、IKEAなどが採用している。(ロイター)(2015/6/5)

ビジネスニュース オピニオン:
さらなる大型買収劇はあり得るのか?――IntelとQualcommの統合の可能性を検証
半導体業界の再編が加速している。2015年だけで、既に複数の大型買収案件が報じられた。この動きはまだ続く可能性が高い。6月1日にAlteraの買収を発表したIntelだが、これ以上の大型買収劇はあり得るだろうか。例えば、Qualcommとの統合の可能性を検証してみたい。(2015/6/5)

ビジネスニュース 企業動向:
新生Broadcomに向け準備着々、一部事業売却の可能性も?
Broadcomを370億米ドル(約4.6兆円)で買収するAvago Technologies。両社は買収に向け着々と準備を進めている。製品群での重複はほとんどないとしながらも、取引完了後はBroadcomの製品ポートフォリオを詳細に見直し、必要があれば一部を売却する可能性も否めないという。(2015/6/4)

Intercloudとの関係は:
シスコがPistonを買収、サービスとしてのOpenStackを強化
米シスコシステムズが、OpenStackディストリビューションのベンダーであるPiston Cloud Computingを買収することが、2015年6月3日(米国時間)に明らかになった。シスコが6月7日より、米サンディエゴで開催する年次技術イベント「Cisco Live!」における発表の目玉の1つはIntercloudだとされる。Pistonの買収はこれに関連してくる。(2015/6/4)

Microsoft、マルチプラットフォームのTo-DoアプリWunderlistを買収
MicrosoftがiOS/Android/Webの人気To-DoアプリWunderlistのメーカー、6Wunderkinderを買収したと発表した。先月買収したSunriseと同様に、独立したアプリとしての提供を続けるとしている。(2015/6/3)

アナリストたちの見解は:
IntelのAltera買収は成功するのか――Xilinxの存在感が増す可能性も
Intelにとって過去最大規模となったAlteraの買収。x86プロセッサとFPGAを統合することで、新しい製品の開発や、これまでにない分野を狙える可能性はある。Alteraにとっては、Xilinxからシェアを奪うきっかけになるかもしれない。一方で、今後AlteraとのビジネスにIntelが絡んでくることに不安を抱く既存顧客が、Xilinxを頼るようになるのではないかと見るアナリストもいる。(2015/6/3)

Intel、競合のAlteraを167億ドルで買収 IoTとデータセンター向け製品を拡充
Intelが、IoT(モノのインターネット)やデータセンター向け製品拡充を目的に、競合するPLDメーカーであるAlteraを買収すると発表した。買収総額は167億ドル(約2兆円)。(2015/6/2)

ビジネスニュース M&A:
インテルがアルテラを167億ドルで買収へ
IntelがAlteraを167億米ドル(約2兆円)で買収する。2015年4月には、買収の交渉が決裂したと報じられたが、その後、合意にこぎつけたようだ。(2015/6/2)

FPGA:
インテルがFPGA大手アルテラを買収
米Intelは2015年6月1日(現地時間)、FPGA大手Alteraの買収を発表した。買収金額は167億米ドルと同社過去最大規模。(2015/6/2)

M&A:
AppleがARメーカーを買収、車載市場参入に本腰?
Appleが、車載向けなどのAR(拡張現実)技術を手掛けるドイツのMetaioを買収した。2014年3月に「CarPlay」を発表したAppleが、いよいよ車載市場に本格的に参入するのではないかとの臆測を呼んでいる。(2015/6/1)

ビジネスニュース 企業動向:
ギガバイトクラスのメモリのニーズ高まるモバイル市場、Micronが切り込む
2013年8月にエルピーダメモリの買収を完了したMicron Technology。同社は、2016年について「一番良い時を迎えようとしている」と述べている。特に、ギガバイトクラスのメモリのニーズが増えてきたモバイル機器市場を勝機と捉えているようだ。(2015/6/1)

モバイルソーシャルアプリPathが韓国Daum Kakao傘下に
「カカオトーク」を擁する韓国Daum Kakaoが、“パーソナルネットワーク”が特徴の米モバイルソーシャルアプリPathを買収する。Pathの主なユーザーベースが東南アジアにあるからと創業者のデイブ・モリンCEOは説明する。(2015/5/29)

ビジネスニュース M&A:
アバゴがブロードコムを約4.6兆円で買収、社名は「Broadcom」を継承
Avago Technologies(アバゴ・テクノロジー)が、Broadcom(ブロードコム)を、370億米ドル(約4.6兆円)で買収する。ただし買収後の社名はBroadcomが継承されるという。両社の取締役会は既に全会一致でこの買収を承認していて、取引は2016年3月末までに完了する見込み。(2015/5/29)

今なら9000億円超:
ソフトバンク、スプリント再建困難でチラつく売り時――為替差益9000億円超
ソフトバンクが創業以来の危機に直面している。総額216億ドルで買収したスプリントの経営不振が深刻化し、再建が困難になっている。それに加え、為替が円安に振れ差益が見込めることから「スプリントを手放すのでは」とささやかれている。(2015/5/29)

米CATV市場4位のCharterが2位TWCの買収を発表 首位Comcastに迫る規模に
米CATV市場で4位のCharter Communicationsが、首位Comcastが4月末に買収を断念した業界2位のTime Warner Cableを買収すると発表した。独禁法当局はこの買収を認めるとみられている。(2015/5/27)

医療機器ニュース:
米医療ITシステムメーカーを買収、診療情報の一括管理システム普及に向け
富士フイルムは、米販売子会社「FUJIFILM Medical Systems U.S.A」を通じて、米医療ITシステムメーカー「TeraMedica」を買収し、100%子会社化した。(2015/5/25)

車載ソフトウェア:
エレクトロビットの車載事業、コンチネンタルが6億ユーロで買収
フィンランドのソフトウェアベンダー・Elektrobit(エレクトロビット)は、同社の車載関連事業をドイツの大手ティア1サプライヤ・Continental(コンチネンタル)に譲渡する。譲渡金額は6億ユーロ(約807億円)。2015年7月初旬には譲渡を完了する計画。(2015/5/22)

ビジネスニュース 企業動向:
サイプレスが新たな買収ターゲットを定める、メモリメーカーのISSI
Cypress Semiconductor(サイプレス・セミコンダクタ)が、新たな買収案件に乗り出したようだ。メモリ技術などを手掛ける米国のISSI(Integrated Silicon Solution)である。(2015/5/22)

PayPal、eBayから分社後にNASDAQに再上場へ ティッカー「PYPL」復活
2002年にeBayに買収されたPayPalが7〜9月期中に再独立し、ティッカーシンボル「PYPL」でNASDAQに上場する。(2015/5/15)

VerizonのAOL買収、狙いはコンテンツよりも動画広告か
Verizonが44億ドルでの買収を発表したAOLの直近の業績をみると、Huffington Postなどを含むコンテンツ事業よりも動画広告を含む広告事業の売上高が圧倒的に大きい。Huffington Postがスピンアウトを検討しているといううわさもある。(2015/5/13)

Verizon、AOLを44億ドルで買収
米通信大手のVerizon Communicationsが、Huffington PostやTechCrunchなどのデジタルメディアを有するAOLを44億ドルで買収すると発表した。(2015/5/12)

2015年最初の大型M&A案件:
NXPとの合併準備は順調――Freescale CEO
NXP SemiconductorsによるFreescale Semiconductor買収のニュースは、半導体業界で大きな話題となった。現在両社は、合併に向けて着々と準備を進めているという。FreescaleのCEOであるGregg Lowe氏に、NXPとの合併について詳細を尋ねた。(2015/5/12)

ただのSSDとは違うのだよ:
サンディスク、「Fusion ioMemory SX350」の優位性をアピール
2014年に買収したFusion-ioが独自に開発したソフトウェアによるアクセラレータ技術のアドバンテージを日本の関係者に説明した。(2015/5/11)

ビジネスニュース M&A:
マイクロチップがマイクレルを8億3900万ドルで買収
マイクロチップ・テクノロジーは2015年5月7日(米国時間)、マイクレルを買収することで合意した。(2015/5/11)

UberがNokiaの地図サービス「HERE」買収に名乗り 独自動車メーカー連合と競合
ハイヤー配車のUberが、Nokiaが売りに出している地図サービス「HERE」の買収に名乗りを上げたという。(2015/5/8)

アプリ利用状況データ製品「Usage Intelligence」を正式にリリース:
米App Annie、日本を含む60カ国・20万アプリの利用状況データを提供開始
スマートフォンアプリ調査の米App Annie(アップアニー)は2015年5月7日、日本法人向けにアプリ利用状況データ製品「Usage Intelligence(ユーセージ・インテリジェンス)」の正式版をリリースし、これと同時にモバイルデータ調査会社の加Mobidiaを買収したことを発表した。(2015/5/7)

LiveWorx 2015:
IoTで生み出す“デジタルの双子”、新たに解析企業の買収なども発表
米国の大手CAD/PLMベンダーであるPTCおよび同社傘下でIoTプラットフォームを展開するThingWorxは2015年5月4〜7日(現地時間)、米国マサチューセッツ州ボストンにおいてユーザーカンファレンス「LiveWorx 2015」を開催。基調講演に立ったPTC社長兼CEOのジェームズ・ヘプルマン氏は、IoTによる産業の変化を強調するとともに、新たに解析企業大手のColdLightを買収したことを明らかにした。(2015/5/6)

JT、米大手電子たばこ企業を買収
日本たばこ産業(JT)が米国の電子たばこ大手Logic Technology Development LLCを買収した。(2015/4/30)

Twitter、GoogleのDoubleClickとの提携とTellApartの買収を発表
Twitterが、精彩を欠く四半期決算の発表と同時に、DoubleClickとの提携とマーケティング企業TellApartの買収を発表し、ダイレクトマーケター向けのサービス強化の姿勢をみせた。(2015/4/29)

米CATV最大手のComcast、2位TWCの買収を断念 当局が認可せず
米CATV最大手で高速ブロードバンド、動画サービスも擁するComcastが、昨年2月に発表していたCATV2位でやはり高速ブロードバンド、動画サービスを持つTime Warner Cable(TWC)の買収を断念したと発表した。米当局が、この買収はオンライン動画などの革新的なサービスの普及に危険をもたらすとして認可しなかったため。(2015/4/27)

IoTが実現する新しい働き方とは
「新時代のITの模範はApple、Netflix」、CitrixのCEOが語る
米Citrix SystemsのCEOが語る、これからの「モノのインターネット」(Internet of Things、以下”IoT”)と、米Octobluと米Virtual Computerの2社の買収意図とは。(2015/4/27)



国民ひとりひとりに番号を割り当てて行政手続きに利用する電子化施策。一般企業も行政とのやりとりのために、従業員やその家族のマイナンバーを把握・管理しなければならず、2016年1月のスタートに向けて対応が本格化している。

テレビ等のHDMI端子に差すだけで使えるスティック型のPC。マウスコンピューターのm-Stickの登場以降、各社から同様の製品が発表されており、Lenovoも提供を決めるなど注目が高まっている。

ヤフオクが強いC2C分野だが、スマホでは新興のフリマアプリも存在感を持っている。ネットオークションの独特の作法からは距離を置いた、シンプル/直観的な使い心地が女性に好まれているようだ。