ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「買収」最新記事一覧

電子ブックレット:
“IoTの勝者 ARM”買収でソフトバンクが狙うもの
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、なぜソフトバンクがARMを買収したのかについて考察します。(2016/12/4)

ON Semiconductor:
旧三洋の組織消えるも、日本への積極投資継続
ON Semiconductor(オン・セミコンダクター)は2016年11月、都内で戦略説明会を実施。Fairchild Semiconductor(フェアチャイルド・セミコンダクター)の買収に合わせて実施した事業組織の狙いや、日本への投資方針などを明らかにした。(2016/12/1)

中国政府との関係が原因?:
投資ファンドによるLattice買収に暗雲(前編)
2016年11月、米国に拠点を置く未公開株式投資ファンドCanyon Bridge Capital Partnersが、米国のFPGAメーカーLattice Semiconductor(ラティス・セミコンダクター)を13億米ドルで買収すると発表した。だがこれに、米国の規制当局が「待った」をかけている。(2016/12/1)

半導体の需要拡大を見込んだ業界再編
IoT時代到来で半導体業界はどう変わる? 5件の大型買収を振り返る
モノのインターネット(IoT)用のデバイスには、新しいタイプの半導体チップが必要になると予想されることから、半導体業界には企業買収の波が押し寄せている。半導体業界の動向を振り返る。(2016/12/1)

FAニュース:
3次元ビジョンメーカー2社を買収し、部門を強化
米国コグネックスは、3次元ビジョンメーカーのドイツEnShapeおよびスペインAQSenseの2社を買収した。両社のエンジニアリングチームを取り込むことで、3次元ビジョン部門の強化を図る。(2016/11/30)

人気ユーチューバー“CaseyNeistat”がCNN入り、アプリ「Beme」は終了
約600万人のフォロワーを擁する人気ユーチューバー、ケイシー・ナイスタット氏が立ち上げたソーシャルメディア企業BemeがCNNに買収された。同社のアプリは2017年1月末に終了し、ナイスタット氏はCNN下で新たなメディアを立ち上げる。(2016/11/29)

自社工場のサポートを強みに:
TEの一部を買収したLittelfuse、車載で活路を
回路保護部品を中心に展開するLittelfuseは、2015年11月にTE Connectivityの一部事業を3億5000万米ドルで買収した。買収した事業の日本法人であるLittelfuse ジャパン合同会社で社長を務める蓮沼貴司氏に、国内における自動車分野の取り組みについて聞いた。(2016/11/29)

NXP/Freescale統合の裏で:
車載市場で“逆転”狙うルネサス
NXP Semiconductors(NXPセミコンダクターズ)によるFreescale Semiconductor(フリースケール・セミコンダクター)の買収が完了したのは、約1年前だ。これによりNXPは車載半導体サプライヤーのランキングで首位に立ったが、NXPが統合作業を進める間、ルネサス エレクトロニクスも同市場でのシェアをさらに伸ばしていたようだ。(2016/11/28)

欧州ビールブランドを買収:
アサヒ、海外で「スーパードライ」拡販狙う
アサヒグループホールディングスが海外事業の成長に向けて取り組みを加速。欧州のビールブランド買収を足掛かりとして、主力ブランド「スーパードライ」を中心とした海外の成長基盤構築を急ぐ。今後も積極投資を続け、海外売上高比率を2〜3割に引き上げる。(2016/11/24)

製造マネジメントニュース:
日産がカルソニックの全株式を5000億円で売却、ヴァレオは市光を完全子会社化
大手サプライヤの買収が相次いでいる。2016年11月22日、日産自動車はコールバーグ クラビス ロバーツ(KKR)に対し、カルソニックカンセイの株式41%を売却すると発表。また、同じ日にヴァレオは市光工業の株式の公開買い付けを開始、完全子会社化することを公表した。(2016/11/24)

コグネックス:
3次元マシンビジョン技術保有の2社を買収、革新的3次元製品の市場投入を加速
米コグネックスコーポレーションは、3次元ビジョン部門の強化を目的に、3次元マシンビジョン技術に強みを持つ2社の買収を発表した。(2016/11/24)

医療機器ニュース:
医療画像情報システムの開発・販売企業を買収
東芝メディカルシステムズの子会社である米Vital Imagesは、カナダのKaros Healthと株式譲渡契約を締結した。先進の医療データ・マネジメント・ソリューションの展開により、ヘルスケア・インフォマティクス事業の強化を図る。(2016/11/23)

「激化する日本の掃除ロボット市場への対応力を高める」――米iRobot、セールス・オンデマンドからルンバの国内事業を買収
ロボット掃除機「ルンバ」で知られる米iRobotと、日本代理店のセールス・オンデマンドは11月21日、国内におけるiRobot製品販売事業をiRobotが買収することで合意したことを発表した。iRobotは日本法人を設立する。(2016/11/22)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
シーメンスのメンター買収が象徴するIoT時代のM&A
サムスンのハーマン買収より衝撃度は高かったです。(2016/11/22)

Oracle、10月にMirai攻撃でダウンした大手DNSサービスDynを買収
Oracleが、10月に大規模DDoS攻撃でダウンし、TwitterやNetflixに影響を与えたDNSサービスのDynを買収すると発表した。(2016/11/22)

サム・ローガン社長:
FPGA大手で唯一生き残るXilinx、国内戦略を聞く
FPGA大手ベンダーで唯一買収されずに生き残っているXilinx。同社日本法人のザイリンクス社長で韓国のVice Presidentを務めるSam Rogan(サム・ローガン)氏に国内の戦略を聞いた。(2016/11/21)

企業動向を振り返る 2016年10月版:
過去最高金額の達成あり、当局による無効あり、激動続く半導体業界M&A
過去1カ月間のエレクトロニクス関連企業の動向をピックアップしてお届けする「企業動向を振り返る」。2016年10月も動きは止まらず、クアルコムがNXPを5兆円近くで買収する合意に達しました。この金額は半導体史上最高額のM&Aとなります。(2016/11/21)

大いなるポテンシャル:
シリコンが次の手、村田製作所のキャパシター戦略
2016年10月に村田製作所が買収したフランスのIPDiAは、シリコンキャパシターを事業として手掛けるほぼ唯一のメーカーだ。積層セラミックコンデンサーに比べてかなり高価なシリコンキャパシターは、その用途は限られている。それにもかかわらず、なぜ村田製作所はIPDiAの買収に至ったのか。(2016/11/18)

NXPが推進してきたV2X技術:
DSRCは手詰まり感を否めず? Qualcomm幹部が指摘
NXP Semiconductors(NXPセミコンダクターズ)を買収するQualcomm(クアルコム)だが、V2X(Vehicle-to-Everything)において両社が推進する技術は異なる。NXPはDSRC(狭域通信)を、QualcommはセルラーV2Xを支持してきた。NXPを買収する今、Qualcommは、これについてどう考えているのか。(2016/11/17)

車載ビジネスへ触手を伸ばす:
Samsung、Harmanを80億ドルで買収へ
Samsung Electronicsが、コネクテッドカー技術を手掛けるHarman Internationalを80億米ドルで買収すると発表した。根底にあるのは、車載ビジネスに対するSamsungの野心だ。(2016/11/16)

クラウドやコラボレーションの役割に変化か
ユーザーが注目、Microsoftに買収されたLinkedInの次のアクションは?
MicrosoftのLinkedIn買収で、どのようなクラウドアプローチが登場することになるのか。それはマイクロサービスに近いモデルで、従業員のニーズに合わせてもっとパーソナライズしたものになるだろう。(2016/11/16)

車載情報機器:
マツダやスズキからも受注を増やすハーマン、サムスンが8640億円で買収
Samsung Electronicsは、Harman International Industriesを80億米ドル(約8640億円)で買収する。Harmanの2016年9月期の通期決算は、売上高が約70億米ドル(約7560億円)で、このうち65%を自動車関連が占める。買収により、2025年までに1000億米ドル(約10兆8000億円)に成長が見込まれるコネクテッドカー市場で存在感を高める。(2016/11/15)

JBL、harman/kardonブランドも:
Samsung、Harman Internationalを80億ドルで買収──自動車IT参入へ
Samsungが、コネクテッドカー市場で大きなシェアを持つ米音響機器メーカーHarman Internationalを80億ドルで買収すると発表した。「Android Auto」のGoogleや「Car Play」のAppleに続いて自動車IT市場に参入する。(2016/11/15)

メカトロニクス戦略を強化:
シーメンスがメンターを45億ドルで買収へ
ドイツSiemens(シーメンス)が、Mentor Graphics(メンター・グラフィックス)を45億米ドルで買収すると発表した。(2016/11/15)

製造マネジメントニュース:
シーメンスがメンターを45億ドルで買収、「デジタルエンタープライズ」加速へ
ドイツのシーメンスは、電子系設計ツールを展開する米国のメンター・グラフィックスを買収すると発表した。(2016/11/15)

Twitterが買収したライブ動画配信「Periscope」の強みとは? 創業者に聞いた
Periscopeの創業者でありCEOのケイヴォン・ベイポーさんに話を聞いた。(2016/11/14)

Twitterに試練 身売り話は「死んだ」 実は良くないブランドイメージ
Twitterが立ち往生している。身売りを検討したが、有望な買い手はすべて撤退。株を買い占めて事業を整理した後に高値で転売する「乗っ取り屋」に助けてもらうしかない、とも指摘されている。(2016/11/14)

「ET 2016」開催直前取材:
IoT無線事業買収シナジーを披露――Cypress
組み込みシステム/IoT(モノのインターネット)関連技術展示会「Embedded Technology 2016(ET 2016)」「IoT Technology 2016」が2016年11月16日から開催される。EE Times Japan/MONOistでは、開催に先駆けて同展示会の注目出展社の見どころを紹介している。今回は、このほど、BroadcomのIoT向け無線通信事業を買収するなど、IoT向けソリューションを強化しているCypress Semiconductor(サイプレス セミコンダクタ)の日本法人である日本サイプレスのブースの見どころを紹介する。(2016/11/14)

SD-WANは、何をしてくれるのか(5):
Pertinoを統合したCradlepointのユニークなSD-WANとは
米Cradlepointが2015年12月に米Pertinoを買収したことによって生まれた「Cradlepoint NetCloud Platform」は、ユニークなSD-WANソリューションだ。これについて、Cradlepoint会長兼CEOのGeorge Mulhern(ジョージ・マルハーン)氏にインタビューした内容を含めて、紹介する。(2016/11/9)

終了宣言のVine、LINEなど数社が買収に食指のうわさ
Twitterが10月末にサービス終了を宣言した6秒動画サービスVineに対し、日本のLINEを含む数社が買収を申し込んでいるとTechCrunchが報じた。(2016/11/8)

国内の通信事業は「退屈だけど順調」「端末ではなくサービスで収益を伸ばす」――孫氏
ソフトバンクグループの孫正義社長は、決算会見で「ARMを買収して良かった」とあらためてコメント。国内の通信事業については「退屈ではあるけれど」と前置きしつつ、順調に伸びていることを説明。今後は付加サービズを強化していく考えも明かした。(2016/11/7)

純粋な金銭的動機:
Lattice、投資ファンドが13億ドルで買収へ
FPGAベンダーであるLattice Semiconductor(ラティス セミコンダクター)が、投資ファンドに買収されることで合意したと発表した。(2016/11/7)

Samsung、「Galaxy S8」に独自(Vivの)AIアシスタント搭載へ
「Galaxy Note7」の発火問題と苦闘するSamsung Electronicsが、次期フラッグシップ端末「Galaxy S8」の新機能を予告した。10月に買収したSiri開発者の新興企業Viv LabsのAIアシスタントを搭載する。(2016/11/7)

i.MX8はどうなる?:
QualcommのNXP買収、業界に及ぼす影響(後編)
後編となる今回は、NXP Semiconductors(NXPセミコンダクターズ)の「i.MX8」アーキテクチャや、プロセス技術、マシンビジョンなどの側面から、今回の買収による影響を掘り下げる。(2016/11/7)

LINE、決済API「WebPay」終了 昨年買収したばかりだが……「LINE Payに集中する」
Webサイトに組み込むクレジットカード決済API「WebPay」のサービスを来年5月末に終了すると発表した。昨年2月に買収したばかりだが、早々に幕引きを決めた。(2016/11/4)

半導体史上最高額の買収劇:
QualcommのNXP買収、業界に及ぼす影響(前編)
Qualcomm(クアルコム)が、NXP Semiconductors(NXPセミコンダクターズ)の買収を正式に発表した。この買収の影響を、車載分野を中心に検証していきたい。(2016/11/4)

FOCUS 2016 Report:
IntelからスピンアウトのMcAfee、新ブランドで“復活”宣言
Intelから独立する「McAfee」が新しいロゴとブランドを発表した。Intelによる買収以前のイメージを継承しつつ、変化するセキュリティ業界に対応していく新しさも打ち出す。(2016/11/3)

中国の認証局が不正な証明書、主要ブラウザが無効化を通告
GoogleやFirefoxによると、WoSignは不正な証明書を発行していたことが判明。別の認証局のStartComを買収していたことも隠して「ブラウザコミュニティをあざむこうと画策した」とされる。(2016/11/2)

Pinterest傘下の“後で読む”サービスInstapaperのプレミアム機能が完全無料に
Pinterestが8月に買収した“後で読む”サービスのInstapaperが、これまで月額3ドルで提供していたプレミアム機能をすべて無料にした。広告非表示、全文検索、速読機能などを利用できる。(2016/11/2)

太陽光:
テスラが「発電する屋根」を開発、脱自動車メーカーを図る狙いと展望
米EVベンチャーのテスラ・モーターズが、屋根と一体化した斬新な太陽光パネルを発表した。遠目には太陽光パネルと分からない意匠が特徴の製品で、2017年夏から米国で生産を開始する。同時に容量を倍増した新型蓄電池も発表した。SolarCityの買収計画、パナソニックとの提携推進など、EVメーカーの枠を越えたテスラの「総合エネルギー企業化」への動きが加速している。今後の同社の戦略の鍵となるのは、SolarCityの買収手続きをいつ完了できるかになりそうだ。(2016/11/1)

買収額175億円、8500人が転籍へ:
村田製作所のソニー電池事業買収が最終合意
村田製作所は2016年10月31日、既に基本合意していたソニー電池事業取得に関してソニーと最終合意に至ったと発表した。譲渡額は約175億円。(2016/10/31)

クックパッド前社長が買収する「オウチーノ」、ストップ高
10月31日の株式市場で、不動産サイトを運営するオウチーノがストップ高。(2016/10/31)

「UEM」で仮想デスクトップ密度の70%向上も
デスクトップ仮想化の厄介な“リソース過剰割り当て問題”をなくす方法とは?
VMwareやCitrix Systemsなどによる「ユーザー環境管理」(UEM)ベンダーの買収は、デスクトップ仮想化の課題解消に向けた大きな一歩となる可能性がある。(2016/10/31)

半導体史上、最高額のM&Aに:
クアルコムがNXPを約5兆円で買収へ
Qualcomm(クアルコム)は、NXP Semiconductors(NXPセミコンダクターズ)を約470億米ドル(約4.9兆円)で買収することで合意した。(2016/10/28)

Twitter、動画アプリ「Vine」終了へ
経営悪化に伴い身売り話も出ていました。(2016/10/28)

Google、VR/AR“視線操作”技術のEyefluenceを買収 「Daydream」に統合か
VRプラットフォーム「Daydream」を擁するGoogleが、VR/AR環境向け視線操作技術を開発するEyefluenceを買収する。(2016/10/25)

「損して得取れ」なのか:
そごう3店舗買収、博多の成功体験を生かせるか?
エイチ・ツー・オーリテイリングとセブン&アイ・ホールディングスの資本業務提携は、関西のサービス、小売業に地殻変動を起こす可能性がある。(2016/10/25)

止まらない米Yahoo!の危機 情報流出、当局へのユーザー情報提供発覚……買い叩かれる可能性も
主力事業の売却に追い込まれるほどの不振にある米Yahoo!が泥沼にはまり込んだ。ベライゾンが事業買収に名乗りをあげているが、買いたたかれる可能性も出てきた。(2016/10/25)

DELL EMC World 2016:
DellのEMC買収、日本国内への影響は? 両日本法人トップが明かしたメッセージ
DellのEMC買収は、日本国内の企業にどのような影響を及ぼすのか――両日本法人のトップが「DELL EMC World 2016」で方針を明かした。(2016/10/24)

「モバイルの未来はビデオに、ビデオの未来はモバイルに」:
AT&T、Time Warnerを854億ドルで買収と正式発表
米通信大手のAT&Tが、映画やテレビ番組のメディア企業であるTime Warnerを約8兆8600億円で買収すると発表した。加入者にスマートフォンでのコンテンツ消費という選択肢を提供していく。(2016/10/23)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。