ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「買収」最新記事一覧

Intelは今、何を考えているのか:
3D XPointから7nmプロセスまで――Intel CEOに聞く
2015年8月18〜20日に開催された「IDF(Intel Developer Forum) 2015」において、Intel CEOのBrian Krzanich氏にインタビューする機会を得た。新メモリ技術として注目を集めた「3D XPoint」からAltera買収まで、率直に話を聞いてみた。(2015/8/28)

M&Aでは“黒歴史”も持つIntel:
IntelのAltera買収、その行方は?(前編)
2015年6月に、Alteraを167億米ドル(約2兆円)で買収すると発表したIntel。業界には、IntelによるAltera買収の行く末を懸念する声も出ている。M&Aでは失敗事例も多いIntelだが、Altera買収に対する業界からの懸念は何としても払しょくしたいところだろう。(2015/8/27)

オン・セミコンダクター 副社長 David Somo氏:
PR:業界屈指の“広範な製品群”と技術力の拡大を武器に車載/産業IoTで成長目指す
オン・セミコンダクター(ON Semiconductor)は、戦略的企業/事業買収を重ねディスクリート/汎用ロジックからイメージセンサ、SoCに至るまでの広範な製品群を構築した。「業界屈指」というこの広範な製品群を強みに、今後成長が見込まれる車載、産業機器分野での事業展開をさらに強化する方針。「市場平均を上回る成長を遂げる」との目標を口にする同社コーポレートストラテジ&マーケティング担当副社長のDavid Somo氏に同社の技術/製品戦略などについて聞いた。(2015/8/24)

キリン、ミャンマーのビール最大手を買収 約700億円
キリンホールディングスがミャンマーのビール最大手Myanmar Breweryを約697億円で買収。(2015/8/19)

無線通信のポートフォリオを強化:
キーサイト、Aniteの買収を完了
Keysight Technologies(キーサイト・テクノロジーズ)は、無線通信の研究開発向けソフトウェアを手掛ける英国Anite(アナイト)の買収を完了した。買収金額は約6億米ドルである。(2015/8/17)

IoE、車載分野を強化:
Qualcomm、2985億円でCSRの買収を完了
QualcommがCSRの買収を完了したと発表した。買収額は24億米ドル(約2985億円)。Qualcommは、IoE(Internet of Everything)と車載分野におけるQualcomm Technologiesの地位を強化できるとしている。(2015/8/14)

ハイブリッドクラウド環境でのID管理を強化:
CA、特権ID管理のXceedium買収を発表
CAテクノロジーズは2015年8月4日(米国時間)、特権ID管理製品を販売するXceediumの買収を発表した。両社の製品を組み合わせることで、ハイブリッドクラウド環境でのアイデンティティ管理ソリューションの拡充を図るのが狙い。(2015/8/11)

米Twitterが自ら“炎上”……トップ辞任、業績悪化、身売り騒動の踏んだり蹴ったり
米Twitterが自ら“炎上”している。業績が低迷し、とうとうトップが辞任。さらに身売り観測も広がる中、悪質な虚偽の買収報道で株価が乱高下するなど、まさに踏んだり蹴ったりだ。(2015/8/10)

Opera、身売りを含む選択肢検討を開始
Webブラウザ「Opera」のメーカー、Opera Softwareが身売りを含む戦略的な選択肢の検討を開始したと発表した。年内には検討の結論を出すとしている。(2015/8/10)

中国のゲーム会社37Games、SNKプレイモア買収
SNK創業者から株式81.25%を取得。(2015/8/7)

自動運転技術:
アウディとBMWとダイムラーが3社連合でHEREを買収した理由
アウディ、BMW、ダイムラーのドイツ自動車メーカー3社連合が、ノキアの100%子会社で地図情報サービス大手のHEREを買収した。HEREを詳しく取材してきた桃田健史氏がその理由をひも解く。そして今回のHERE買収は、今後数年間で起こるであろう、自動車産業の構造大転換のプロローグにすぎないという。(2015/8/7)

adidasグループ、フィットネスアプリベンチャーのruntasticを買収
世界的なスポーツ用品メーカーadidasグループが、多くの会員を集めるフィットネスアプリ開発のベンチャー、runtasticを約299億円で買収すると発表しました。(2015/8/6)

Microsoft、営業ゲーミフィケーションツールを買収し、Dynamics CRMに統合へ
Microsoftが、企業の営業業務をゲーム化することでチームの生産性向上を支援するプラットフォーム「FantasySalesTeam」のメーカーIncent Gamesを買収した。「Dynamics CRM」に統合する計画だ。(2015/8/4)

オートモーティブ メルマガ 編集後記:
ドイツ自動車メーカー3社連合によるHERE買収の意味
“攻め”というより“守り”のイメージが強い買収になりました。(2015/8/4)

FAニュース:
オムロンが米モーション制御機器メーカー買収、商品構成と顧客層を強化
オムロンは、米国のモーション制御機器メーカーである「デルタ タウ データ システムズ」を買収することを発表した。(2015/7/31)

日経FT買収「日本企業PR紙にならぬよう祈る」 身売り相次ぐ英紙、親会社が「ジャーナリズムへの情熱失う」?
FTの日経新聞への売却は、身売りする新聞が続出する英国でも衝撃を与えている。ネットメディアの台頭で経営環境は激変。言論の自由を守ってきた英新聞界が、時代の波に洗われている。(2015/7/30)

Dockerにいち早く対応したPaaS:
米HP、Cloud FoundryベースのPaaS製品Stackatoを買収
米HPは2015年7月28日(米国時間)、PaaS基盤製品「Stackato」を米ActiveStateから取得すると発表した。HPはCloud FoundryベースのPaaS基盤製品「HP Helion Development platform」を提供しているが、Stackatoの技術の統合で、これを強化する。(2015/7/29)

スピン経済の歩き方:
日経が世界の経済メディアのなかで「大きな存在感」を示すのが難しい理由
日本経済新聞社がフィナンシャル・タイムズを買収した。日経は紙面で「世界のビジネスメディアで大きな存在感を示すことにもなる」と胸を張っていたが、ちょっと言葉には気をつけたほうがいい。なぜなら……。(2015/7/28)

「グローバルとデジタルでシナジー」「編集権の独立は維持」――日経、FT買収の狙い
「グローバルとデジタルでシナジーを出す」――日経のFT買収について岡田社長が記者会見し、狙いを語った。FTの編集権の独立は維持。「経営に細かく口を出すことはない」という。(2015/7/24)

自動運転技術 HERE インタビュー:
アウディもBMWもダイムラーも欲しがる高精度地図データの雄、HEREの現在地
HEREは、高精度な3次元地図データをはじめ、自動運転車を実用化する上で重要な技術を持つ企業だ。配車サービスのUberや、アウディ、BMW、ダイムラーの3社連合が買収に名乗りを上げるなど注目を集めているが、そのHEREの現在の事業展開はどのようなものなのか。同社のアジア太平洋地域担当本部長を務めるマンダリ・カレシー氏に話を聞いた。(2015/7/24)

日経、Financial Timesを買収 1600億円
日本経済新聞社が英経済紙Financial Timesを買収すると発表。(2015/7/23)

デジタル電源分野に参入:
ローム、デジタル電源IC企業を約86億円で買収
ロームは2015年7月22日付で、デジタル電源制御ICメーカーのPowervationを買収したと発表した。買収額は約7000万米ドル。(2015/7/23)

独自動車大手連合、Nokiaの地図サービス買収へ トヨタにも誘い──米報道
独自動車大手のAudi、Daimler、BMWがNokiaの地図サービス「HERE」を買収することで合意したという。(2015/7/22)

組み込み開発ニュース:
ルネサスSP買収のシナプティクス、“日米合作”の新製品で新たな市場へ
シナプティクスは2015年7月15日、都内で新製品発表会を開催した。2014年6月のルネサスエスピードライバ買収後、初の製品披露となる。(2015/7/16)

ユーザーには体験を、ショップにはデータを:
楽天が英国のバーチャル試着サービス提供企業を買収
楽天は2015年7月13日、バーチャル試着サービスを提供する英Fits.me Holdingsの発行済み全株式を取得し、完全子会社化したと発表した。(2015/7/15)

“Twitter買収”!? ウソ記事で株価が乱高下
“Twitterに対し31億ドルで買収提案”──こんなウソ記事で株価が乱高下する騒ぎがあった。(2015/7/15)

4K対応ICやLCD駆動&タッチ制御一体IC:
旧ルネサスSPとの合作第1弾ICを発表
Synaptics(シナプティクス)は2015年7月15日、液晶ディスプレイドライバ機能とタッチパネルコントローラ機能を1チップ化したIC「ClearPad 4300」を発表した。買収したルネサスSPドライバの技術ノウハウを本格的に取り入れた第1弾製品だという。(2015/7/15)

M&A:
中国半導体メーカー、マイクロンに230億ドルで買収案
中国半導体メーカーのTsinghua UniGroupが、Micron Technologyに、230億米ドル(約2兆8290億円)で買収を持ちかけているという。米Wall Street Journalが報じた。(2015/7/14)

中国企業、Micronに230億ドルで買収提案
中国の国有企業で半導体メーカーのTsinghua UnigroupがメモリチップメーカーのMicronに230億ドルで買収を提案しているという。(2015/7/14)

楽天、バーチャル試着サービス「Fits.me」買収
楽天がバーチャル試着サービスを運営する英Fits.meを楽天が買収。(2015/7/13)

7800人の人員削減と76億ドルの減損損失を発表
Nokia買収は何だったのか? Microsoftの「Windows 10 Mobile」新戦略でざわめき
米MicrosoftはNokiaの買収に関連して7800人の人員削減と76億ドルの減損損失を計上する。CEOのサトヤ・ナデラ氏は、同社のデバイス事業について新たな道筋を示している。(2015/7/10)

Microsoft、7800人を削減 スマートフォン事業を改革
Microsoftが7800人の人員削減と、Nokiaハードウェア事業買収に関連する約76億ドルの評価損計上を発表した。人員削減は主にスマートフォン事業で実施するが、オリジナル端末製造から撤退する意向はないようだ。(2015/7/9)

製造マネジメントニュース:
マーキング機器製品などの販売会社買収し、米国に現地法人を設立
日立産機システムは、産業用インクジェットプリンタなどのマーキング、ノリ接着、ラベル機器製品の販売・サービス事業を行う米IMS-Partnersを買収し、現地法人を設立する。(2015/7/8)

頭脳放談:
第181回 Intelが167億ドルで手に入れるもの
Intelが167億ドルでAlteraを、AVAGO TechnologiesがBroadcomを買収するなど、半導体業界は大型買収が続いている。半導体業界の再編は、1次リーグが終わり、決勝トーナメントが始まっている。(2015/6/26)

M&A:
キーサイトがAniteを6億ドル超で買収、テスト用ソフトを強化
Keysight Technologiesが、チップセットの評価を行うソフトウェアを手掛ける英国のAniteを6億600万米ドル(750億円)で買収する。モバイル機器のテスト装置の世界市場で、25%以上のシェアを占めるとみられている。(2015/6/25)

医療機器ニュース:
血糖値測定システム事業を買収へ、糖尿病ケア事業の体制を強化
パナソニック ヘルスケアホールディングスは、独Bayerの糖尿病ケア関連事業を買収すると発表した。Bayerの子会社であるBayer HealthCare傘下のバイエルダイアベティスケア事業を10億2200万ユーロ(約1380億円)で取得する。(2015/6/23)

電子ブックレット:
新生Broadcomに向け準備着々、一部事業売却の可能性も?
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、Broadcomを370億米ドル(約4.6兆円)で買収するAvago Technologiesの今後について紹介します。新生Broadcomの一部事業売却の可能性もあるとAvago・CEOのHock Tan氏は語りますが、両社のシナジー効果の鍵はどこにあるのでしょうか。(2015/6/21)

EE Times Japan Weekly Top10:
IntelのAltera買収は、やはりインパクト大だった
EE Times Japanで2015年5月30日〜6月5日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2015/6/20)

電子ブックレット:
IntelのAltera買収は成功するのか―Xilinxの存在感が増す可能性も
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、Intelにとって過去最大規模となったAlteraの買収について、アナリストの見解を紹介します。(2015/6/19)

M&A:
Intel、スマートグラスメーカーを1億7500万ドルで買収
Intelが、スマートグラスやヘッドアップディスプレイ(HUD)を手掛けるRecon Instrumentsを買収した。このところIntelは、スマートウオッチやスマートグラス関連の技術提携や買収が増えている。(2015/6/19)

Microsoft、OSとハードウェア部門を「Windows and Devices Group」に統合 エロップ氏は退社
Microsoftは、“サービスとしてのWindows”を推進する目的で、これまで2つに分かれていたWindows部門とハードウェア部門を「Windows and Devices Group」にまとめる。同グループはテリー・マイヤーソン氏が統括し、Nokia買収でMicrosoftに返り咲いたスティーブン・エロップ氏は退社する。(2015/6/18)

HTC、ASUSによる買収のうわさを公式に否定
ハイエンドのAndroid端末で知られる台湾HTCが、同社を台湾ASUSTek Computerが買収するといううわさについて、「ASUSと接触していないし、売却を検討してもいない」と強く否定した。(2015/6/16)

企業動向:
Atmelが売却を検討か
Atmelが、売却先の候補先を探していると報じられた。2005年からの10年間で売上高が3倍になり、Non-GAAP指標で2桁の利益率を達成している同社だが、過去には大手半導体メーカーから買収の提案も受けていた。(2015/6/16)

企業動向:
CypressによるISSIの買収、二転三転するも白紙に?
Cypress Semiconductorが「次の買収先」として狙いを定めていたISSI(Integrated Silicon Solution)は、Cypressの提案を断り、Uphill Investmentとの取引を行うようだ。CypressとISSIの買収案は二転三転していたが、白紙となる可能性が濃厚である。(2015/6/15)

トップインタビュー:
レノボとNECから学ぶ“賢い”事業統合の進め方
グローバル規模での企業のM&Aが活発だ。だが、異なる組織の統合には課題も多い。そうした中、相次ぐ企業買収により収益を着実に伸ばしているのがレノボ・グループである。事業統合に携わったレノボ・ジャパンの留目社長がその勘所を語った。(2015/6/12)

Beats MusicはApple Musicに統合 「Beats 1」ラジオに名を残す
Appleが昨年8月に買収したBeats Electronicsの音楽ストリーミングサービス「Beats Music」は新音楽サービス「Apple Music」に統合され、Beatsのブランドは「Beats 1」として残る。(2015/6/9)

バイドゥ、東大発のベンチャー起業popInを買収 ネイティブ広告を強化
バイドゥが東大発ベンチャーのpopInを買収した。コンテンツの熟読率を指標化した「READ」技術を取得し、中国でのネイティブ広告事業を強化する。(2015/6/8)

「日本の技術を世界に」──中国ネット大手を買収に走らせた、東大発ベンチャーが持つ有望技術とは
バイドゥがネイティブ広告関連サービスのpopInを経営統合した。今後popInは中国Baiduに技術支援などを行っていくという。(2015/6/8)

成長するネイティブ広告市場に先手:
バイドゥが東大発ベンチャーのpopInを経営統合
中国Baidu(百度)の日本法人であるバイドゥは2015年6月8日、東大発のベンチャー企業でネイティブ広告技術を提供するpopInを買収すると発表した。(2015/6/8)

バイドゥ、東大発ベンチャーpopIn買収 ネイティブ広告配信技術を中国百度に導入
バイドゥがネイティブ広告配信技術を開発するpopInを買収した。中国百度への導入、その後の世界展開を目指す。(2015/6/8)



国民ひとりひとりに番号を割り当てて行政手続きに利用する電子化施策。一般企業も行政とのやりとりのために、従業員やその家族のマイナンバーを把握・管理しなければならず、2016年1月のスタートに向けて対応が本格化している。

テレビ等のHDMI端子に差すだけで使えるスティック型のPC。マウスコンピューターのm-Stickの登場以降、各社から同様の製品が発表されており、Lenovoも提供を決めるなど注目が高まっている。

ヤフオクが強いC2C分野だが、スマホでは新興のフリマアプリも存在感を持っている。ネットオークションの独特の作法からは距離を置いた、シンプル/直観的な使い心地が女性に好まれているようだ。