ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「買収」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「買収」に関する情報が集まったページです。

Su氏の下で成長するAMD:
リーダー不在のIntel、CESで注目されたAMDと明暗
EE Timesは、「CES 2019」(2019年1月8〜11日、米国ネバダ州ラスベガス)において、複数の経営幹部たちの間で広まっている、「IntelがAMDの買収を検討しているのではないか」という興味深いうわさについて取り上げた。(2019/1/17)

Apple、CloudKitのベース「FoundationDB Record Layer」をオープンソース化
Appleが2015年に買収したデータベース企業FoundationDBは、同社のJava API「FoundationDB Record Layer」をオープンソース化した。「Record LayerはAppleのCloudKitのバックボーンを形成している」としている。(2019/1/15)

製造ITニュース:
製造ERP会社を買収、中小製造業に「3DEXPERIENCE」を展開へ
Dassault Systemesは、アメリカのIQMSの買収に向けて取引を開始した。買収により、ダッソーの「3DEXPERIENCE Platform」を中小製造業向けに展開する。(2019/1/9)

医療機器ニュース:
イギリスの医療機器ベンチャーを買収、末梢動脈ステントを事業化
大塚メディカルデバイスは、イギリスの医療機器ベンチャーVeryan Medicalを買収した。今後は共同で、血管内に旋回血流をもたらす末梢動脈ステント「BioMimics 3D」の事業化を進めていく。(2019/1/8)

社内と社外のコミュニケーションを包括する方向性
「コミュニケーションツールは1社にまとめたい」 だから2019年UC市場はこう変わる
企業内のコミュニケーションニーズを1つでまかなえる製品を求めるユーザー企業が少なくない。ユニファイドコミュニケーション(UC)ベンダーは買収策やAPI開発といったアプローチを選んでいるようだ。(2019/1/8)

福田昭のデバイス通信(174) Intelの「始まり」を振り返る(7):
Intelの創業5年目(後編)、腕時計メーカーになったIntel
Intelの創業5年目となる1972年。この年で特筆すべきは、Intelが電子式腕時計の開発ベンチャーであるMicromaを買収し、子会社としたことだろう。(2018/12/26)

Arm Mbed Connect 2018 Japan:
トレジャーデータ創業者が語る「データファースト時代の開発者像」とは?
開発者イベント「Arm Mbed Connect 2018 Japan」において、2018年8月にArmに買収されたトレジャーデータの創業者兼CTOで、現Arm IoTサービスグループ テクノロジー担当バイスプレジデントを務める太田一樹氏が「データファースト時代の開発者像」をテーマに講演を行った。(2018/12/25)

Corel、Parallelsを買収
Painter、Quattro Proが今はCorel傘下にあるのを知ってます? そしてParallelsも。(2018/12/21)

アンシスとの提携、フラスタム買収の真意:
PTCはなぜ設計プロセスにおけるシミュレーション技術の活用に注力するのか
ANSYSとの業務提携の発表に続き、ジェネレーティブデザイン技術を有するFrustumの買収を発表したPTCは、ハイエンド3D CAD「Creo」による設計プロセスの変革を加速させようとしている。提携、買収といった一連の流れが意味するものとは何か。(2018/12/21)

Arm最新動向報告(1):
加速するArmのプロセッサロードマップ、ソフトバンクによる買収が契機に
2018年後半に入って急激に動きを活発化させているArm。本連載では同社の最新動向について報告する。第1回のテーマはプロセッサロードマップだ。(2018/12/20)

Red Hatは消えるのか
IBMによるRed Hat買収が不安でたまらない人たちの言い分
IBMによるRed Hat買収がさまざまな臆測を呼んでいる。楽観論もあれば悲観論もある。悲観的な人々は、一体何を恐れているのだろうか。(2018/12/20)

CADニュース:
まだ形状のない設計初期で、設計要件と製造性を考慮した形状を自動生成する技術をCreoで
PTCジャパンは2018年12月14日、ジェネレーティブデザイン技術を開発するフラスタムの買収と、CAEベンダーのアンシスとの協業について記者説明会を実施した。(2018/12/17)

Vine共同創業者のコリン・クロル氏、34歳で急逝
Twitterが買収し、終了したVineの共同創業者で、クイズアプリ「HQ Trivia」の共同創業者でCEOのコリン・クロル氏が急逝した。34歳だった。(2018/12/17)

まずは「外部の支援ありき」の統合から
WorkdayがAdaptive Insights買収で実現を目指す「人事と財務のデータ統合」
WorkdayがAdaptive Insightsを買収した。これにより、人事と財務のデータを1つのモデルに組み合わせることができる。この統合には今のところ外部の支援が必要かもしれない。だが、いずれはその点も改善されるだろう。(2018/12/17)

DMMが1円で買収、クイズ買い取りサイト 創業メンバー取り込む
DMM.comが、ベンチャー企業のレイヴンから、クイズ買い取りサイト「AQUIZ」の事業を1円で買収。AQUIZ創業メンバー3人がDMM.comに加わる。(2018/12/13)

Apple、買収した睡眠トラッカー新製品を発売
Appleは、睡眠トラッカー「Beddit Sleep Monitor Model 3.5」を発売した。(2018/12/11)

映像ジャーナリスト数土直志が問う:
アジア攻めるNetflix、日本作品は生き残れるか 首脳部に直撃
映像配信の帝王、Netflixのアジア戦略に密着。シンガポールのイベントでは日本コンテンツの微妙な立ち位置が浮き彫りに。幹部は日本の出版社買収にも関心抱く。(2018/12/10)

パイオニアが投資ファンドに身売り、上場廃止へ
パイオニアが投資ファンドのプライベート・エクイティ・アジア(BPEA)の支援を受け、子会社になると発表した。パイオニアは上場廃止となる見通し。(2018/12/7)

「Office 365×仮想デスクトップ」の操作性を改善
「Windows Virtual Desktop」導入が加速? Office 365連携技術をMicrosoftが買収
MicrosoftがFSLogixの買収を発表した。これは仮想デスクトップ環境における「Office 365」の操作性やパフォーマンスを改善する糸口になる。「Windows Virtual Desktop」の改善はすぐにみられるだろう。(2018/12/1)

Creoとの統合時期は?:
PTCがジェネレーティブデザイン技術のFrustumを買収、Creoのポートフォリオを強化
PTCがジェネレーティブデザイン技術を保有するFrustum(フラスタム)を約7000万ドルで買収した。今後、AIを用いたFrustumの同技術が「Creo」のポートフォリオに追加されることとなる。なお、Frustumの創業者はAutodesk Research出身で、エアバスの2050年コンセプト旅客機の最適化にも携わった人物でもあるという。(2018/11/29)

ベルギー高級チョコ:
「ゴディバ」好調な日本事業売却のワケとは 三菱商事など買収に名乗り
トルコの大手食品会社ユルドゥズ・ホールディングが、傘下のベルギーの高級チョコレート会社ゴディバの日本事業などの売却手続きに入ったことが分かった。このほど1次入札を実施し、三菱商事グループや投資ファンドなど10社近くが名乗りを上げたもようだ。売却額は1千億円超となる可能性もある。国内のチョコレート市場は成長が続いているだけに、優良ブランドの争奪戦は熱を帯びそうだ。(上原すみ子)(2018/11/29)

ダイキン、欧州の冷蔵機大手を買収か
ダイキン工業が欧州の冷蔵機メーカー、AHT Cooling Systemsを約1000億円で買収するという一部報道に対し、ダイキン工業が「検討を行っていることは事実」とコメント。(2018/11/26)

Mostly Harmless:
Red HatがIBMを乗っ取る!?
巨大企業IBMがRed Hatを買収したわけですが、実は助けを必要としているのはIBMのほう……?(2018/11/22)

“いま”が分かるビジネス塾:
ロボット開発の覇権、Googleにとって代わるのはソフトバンクか?
米Googleの持ち株会社であるAlphabetが二足歩行ロボットの開発を中止することが明らかに。一方で、ソフトバンクグループは、Googleからロボット会社を複数買収するなどロボット開発のリーダーとなりつつある。(2018/11/22)

Apple、AIベンチャー「Silk Labs」を買収
深層学習により様々な検出を行う技術を持つベンチャーをAppleが買収したようだ。(2018/11/21)

Microsoft、仮想デスクトップ強化で「Office 365 Container」のFSLogixを買収
Microsoftが「Microsoft Azure」のクラウド上の仮想デスクトップ環境「Windows Virtual Desktop」(WVD)強化を目的に、仮想化を手掛けるFSLogixを買収すると発表した。(2018/11/20)

CAEニュース:
VR空間で夜間ドライブも忠実再現して体験、自動運転システムの開発支援に
アンシス・ジャパンは2018年11月16日、同社傘下の光学シミュレーションソフトウェアを開発するOPTISに関する記者説明会を発表した。2018年5月にアンシス本社はOPTISを買収。(2018/11/19)

1億3900万米ドルで:
Infineon、ウエハー分割技術持つ新興企業を買収
Infineon Technologiesは、ドイツの新興企業であるSiltectraを買収した。1枚のウエハーで従来の2倍のチップを形成できるという、SiC(炭化ケイ素)ウエハーの分割技術「Cold Split」の獲得が狙い。Siltectraの買収価格は、1億2400万ユーロ(約139百万米ドル)。(2018/11/19)

Mostly Harmless:
なぜ“デスクトップLinux”は普及しなかったのか?
IBMのRed Hat買収のニュースを期に、「Linux」の歴史を振り返ってみたところ、UI/UXの栄枯盛衰が見えてきました。優れたUI/UXとはどのように生まれるのでしょうか?(2018/11/19)

Red Hat CEOの発言から探る:
IBMのRed Hat買収と(デジタル)トランスフォーメーションの関係
来日したRed Hat CEOのジム・ホワイトハースト氏は、一般企業のデジタルトランスフォーメーションについて語った。これはIBMによるRed Hat買収にも関係してくる。(2018/11/19)

PR:帝愛グループが「釣り★スタ」を買収!? トネガワが探し求める「悪魔的美味な魚」を食べてみた
僥倖っ……! なんという僥倖……!(2018/11/16)

「Niciraという前例がある」:
Heptioをなぜ買収したか、その力をどう生かすか。VMwareのCEOとCOOに聞いた
2018年11月中旬に来日したVMware CEOのパット・ゲルシンガー氏をつかまえて、同社が前週に発表したHeptioの買収について聞くと、「KubernetesおよびCNCFにおけるリーダーになる」と答えた。(2018/11/15)

買収後に背負う負担の大きさを危惧
IBMのRed Hat買収がオープンソースのコンテナ管理に及ぼす影響
IBMのRed Hat買収ではIT管理ツールなどの幅広い分野が影響を受ける。中でもオープンソースのコンテナ管理技術コミュニティーへの影響は大きく広がりそうだ。(2018/11/14)

DMMが終活サービスに参入 終活情報サイト「終活ねっと」買収で
DMMが終活情報サイト「終活ねっと」を運営するスタートアップ企業を買収。終活サービスに参入する(2018/11/12)

Weekly Memo:
なぜ今、IBMの傘下に入るのか――Red HatのCEOが語った買収劇の背景
業界関係者に大きな衝撃をもたらしたIBMのRed Hat買収。先週、その両CEOが相次いで来日し、自社イベントでの講演や記者会見に臨んだ。今回の動きについて、両CEOは何を語ったのか。(2018/11/12)

Twitterが終了した「Vine」を「Byte」として復活すると創業者がツイート
Twitterが買収し、2016年にサービスを終了した6秒ループ動画アプリの「Vine」の創業者の1人が、2019年春に新しいループ動画アプリを「Byte」という名称で立ち上げるとツイートした。(2018/11/9)

「オープンソースをより大規模に」――IBMによる買収意図をRed Hatトップ語る
Red Hat Forum Tokyo 2018に登壇したRed Hat Linuxジム・ホワイトハーストCEOが買収について語った。(2018/11/8)

「敗軍の将語らず」 バンク独立のDMM、70億円で買収→5億円で手放す
DMM.comは昨年10月末、バンクを70億円で買収したが、1年余りで、バンクの創業者がMBO(経営陣買収)を実施し5億円で買い戻すことになった。(2018/11/7)

70億円で買収から1年:
買い取りアプリ「CASH」運営のバンク、DMMから独立 創業者が5億円で全株式取得
バンクがDMM.comから独立。創業者の光本勇介CEOがMBOを実施し、5億円で全株式を取得した。17年11月末に買収されたばかりだが、経営判断を迅速化するため、約1年での独立を決めたとしている。(2018/11/7)

「The Marketing Nation Summit 2018」開催:
Marketoはこれからどこに向かうのか? Adobeによる買収後初の年次イベントで示されたこと
Adobe Systemsによる電撃的な買収で注目されるMarketoの年次イベントが日本で開催された。本稿ではそこで語られたMarketoの今後の戦略を、製品アップデートを軸に紹介する。(2018/11/5)

モバイルアプリ広告事業を強化し、新たな産業分野へサービスを拡大:
Criteo、アプリインストール広告のManageを買収
Criteoは、モバイルアプリマーケティングサービスを提供するManageを買収したと発表した。(2018/11/5)

写真共有のFlickr、無料版は1TBから1000点に縮小、超過分は2019年2月5日に削除へ
4月に同業のSmugMugに買収された写真共有のFlickrが、プロ向けサービスにシフトし、無料版で保存できる点数を1000点に縮小すると発表した。放置しておくと来年2月5日に超過分を古い方から削除される。(2018/11/2)

RHELユーザーはクラウド移行に前向き:
Red Hat買収はIBMのクラウドシェア拡大に寄与するか、ノークリサーチが分析
ノークリサーチは、IBMによるRed Hatの買収が、中堅中小企業に与える影響について分析結果をまとめた。Red Hat Enterprise Linuxのユーザー企業にはクラウドに移行しようとする意向が高く、支援体制によってはIBMのクラウド市場でのシェアが増える可能性があるとしている。(2018/11/1)

店舗数拡大でシナジー:
やまやとチムニー、居酒屋「つぼ八」買収
やまやとチムニーがつぼ八を買収。やまやが53.8%、チムニーが34.0%の株式を取得する。店舗数を拡大するとともに、物流面や商品開発などのシナジー効果を狙う。(2018/10/29)

総額は340億ドル:
ソフトウェア業界最大、IBMがRed Hatの買収で目指すものとは
IBMとRed Hatは2018年10月28日(米国時間)、IBMがRed Hatを買収することで、2社が確定的な合意に達したと発表した。今後、Red Hatの株主と規制当局の承認を経て、2019年後半に買収プロセスが完了の見通しとしている。(2018/10/29)

IBMがLinuxのRed Hatを340億ドルで買収へ ハイブリッドクラウド強化
IBMがLinuxディストリビューター大手のRed Hatを約340億ドルで買収すると発表した。買収完了後もオープンソースにコミットし、IBMはハイブリッドクラウドのトッププロバイダーを目指す。取引は2019年下半期に完了の見込みだ。(2018/10/29)

Microsoft、GitHubの買収を完了 Xamarinのフリードマン氏がCEOに
Microsoftが6月に発表した75億ドルでのGitHubの買収を完了した。クリス・ワンストラスCEOは退任してテクニカルフェローになり、Xamarin創業者のナット・フリードマン氏が新CEOに就任した。(2018/10/27)

上場廃止へ:
化粧品「ドクターシーラボ」、ジョンソン・エンド・ジョンソンが買収
ドクターシーラボが、米Johnson&Johnsonが実施するTOBに賛同。約52%の株式を取得する予定で、上場廃止(東証1部)になる見通し。今後は顧客管理データベースなどを共有し、海外事業やネット通販を強化する。(2018/10/23)

Facebook、大手セキュリティ企業を買収か──The Information報道
Faceookが複数のセキュリティ企業に買収を持ち掛けていると、The Informationが報じた。同社は9月、脆弱性を突かれて約5000万人のアカウント情報に影響があったと発表している。(2018/10/22)

「正しい判断」:
Xerox買収差し止め、富士フイルムが米控訴判決で勝訴
富士フイルムによるXerox買収を巡り、ニューヨーク州の裁判所が富士フイルムの主張を支持する判決を下した。(2018/10/17)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。