ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ソニックウォール」最新記事一覧

Interop Tokyo 2016ピックアップ(1):
2016年のInterop Tokyoに登場する、SD-WANとセキュリティのユニークな製品たち
2016年6月8〜10日に、千葉・幕張メッセで「Interop Tokyo 2016」。ネットワークおよびセキュリティで、数々の先端的な製品やサービスが登場する。ここではSD-WANとセキュリティで注目の製品を簡潔に紹介する。(2016/6/7)

デル・ソフト、未知のマルウェア対策に参入 後発優位とアピール
UTMで利用可能なマルウェア対策サービスを提供する。他社サービスと同様ながら後発だとして、3段階のサンドボックス解析を採用するなど差別化を図ったという。(2016/5/18)

シスコ×ゾーホー エキスパート対談:
PR:Cisco NetFlowが、ネットワーク運用の武器として再び注目される理由
シスコが推進してきたフロー可視化技術のNetFlowが、この2、3年新たな注目を浴びるようになってきたという。それはなぜなのか。シスコシステムズとゾーホーのエンジニアたちが、NetFlowの真髄を語る。(2016/1/25)

デル・ソフトウェア株式会社主催セミナー
"3つの盲点"から見直す企業セキュリティセミナー
日時:2016年1月28日(木)14:00〜16:45会場:TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター ホール2A(2016/1/13)

セキュリティ対策の遅れをプラスに転換する:
PR:マイナンバー対応とWindowsサポート終了、“負担は小さく、効果は大きい”解決策を探る
企業のIT部門が対策を急ぐマイナンバー制度とWindows Server 2003のサポート終了。コストと手間が心配されるが、ビジネス拡大のためのIT基盤整備と捉えることもできる。コストを掛けずに最大の効果を得るための解決策とは。(2016/1/15)

Computer Weekly:
「事業を売却することはない」──マイケル・デル氏に聞くDellとEMCの今後
DellによるEMCの買収は業界に驚きをもたらした。この買収がDellとEMCの事業に及ぼす影響とは? デル氏に同社の今後をインタビューした。(2016/1/6)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(38):
Windows 10から消えたVPNクライアントを探せ!
Windows 10では多くの新機能が追加されていますが、一方で削除された機能もいくつかあります。今回は、Windows 8.1でOSにビルトインされていたサードパーティのVPNクライアントのサポートについてです。Windows 10では削除されたように見えますが、実は別の方法で引き続き提供されていました。(2015/8/10)

無線LAN攻撃を防ぐAP、デル・ソフトが発売
IEEE 802.11acなどに対応したアクセスポイント3モデルを発表した。(2015/6/24)

これからのモバイル基盤:
ユーザーの利便性と企業データの保護を両立するモバイルデバイスの管理とは?
企業としてのガバナンスが適用された環境でモバイルデバイスやアプリケーションからの安全なデータアクセスを実現する場合、どのような管理が必要になるのだろうか。今回はMicrosoft Intuneを例に、モバイルデバイス管理(MDM)とモバイルアプリケーション管理(MAM)について解説する。(2015/2/26)

アップルのPer-App VPNに対応:
アプリ単位でリモートアクセス、デル・ソニックウォールがSSL-VPNに新機能
個人データのプライバシー保護しつつ、安全にBYODを実現する——デル・ソニックウォールのSSL-VPN製品に新たな機能を追加したOSがリリースされた。(2014/10/9)

枯れてコモディティ化した市場にあえて参入する理由:
デル・ソニックウォール、電子メールセキュリティに本格参入
デル・ソニックウォールは2014年7月8日、今後の戦略説明会を開催し、電子メールセキュリティ製品の新バージョン「SonicWALL Email Security 8.0」の販売を強化する方針を明らかにした。(2014/7/9)

@ITセキュリティセミナーレポート:
標的型攻撃、不正ログイン……巧妙化する脅威から身を守る術は
6月6日に都内で開催された@IT主催セミナー「標的型攻撃、不正ログイン……巧妙化する脅威から身を守る術は」では、最近のセキュリティインシデントを振り返りながら、必要な戦略や対策を考察、提案する講演が行われた。(2014/6/27)

「次世代」とはすなわち「速さ」:
PR:ソニックウォール製品が「セキュリティをオン」にしても遅くならない理由
標的型攻撃やゼロデイ攻撃など、企業を狙うサイバー攻撃はますます高度化し、一方でリッチなWebアプリケーションや動画によって、ネットワークに掛かる負荷は増大し続けている。そんな中、企業の「盾」となる次世代ファイアウォールには、トラフィックの内容を確実にチェックしながら、ネットワークパフォーマンスに影響を与えないことが求められている。そんな矛盾する要件を両立させる、デルソニックウォールの次世代ファイアウォールの特徴を紹介する。(2014/3/17)

SonicWALLに資産管理やマネージドサービスもワンストップで:
ネットワークだけじゃない、トータルセキュリティを――デルが戦略説明会
デルは2014年1月24日、UTM製品「SonicWALL」とマネージドサービス「SecureWorks」を中心としたセキュリティ事業戦略について説明会を開催した。(2014/1/24)

デルのセキュリティ事業戦略、「ソフト+サービス」を推進へ
デルの法人向けセキュリティ事業の新戦略ではネットワークセキュリティ製品と運用・監視サービスを連携したソリューションの販路拡大に注力するという。(2014/1/23)

1分で分かる デルのビジネス戦略
(2013/12/10)

Windows 8.1は選択肢になり得るか? マイクロソフトが推す法人向けの新機能
Microsoftが間もなくリリースする「Windows 8.1」では法人ユーザーに焦点を当てた新機能が多数盛り込まれるという。XPのサポート終了も迫るだけに、Windows 8.1は移行先候補の1つに挙がるだろうか。(2013/10/14)

デル、中規模オフィス向け次世代ファイアウォールのニューモデル
ハードウェアを刷新した「Dell SonicWALL NSAシリーズ」を発表した。高速ネットワークへの対応やスループットの向上を実現している。(2013/8/30)

@IT セキュリティセミナーレポート:
いま、企業が情報を守るために必要な防御策とは
ここ数カ月を振り返ると、セキュリティ脅威の動向が活発化している。Web改ざんや不正アクセス、いまだ収まらない標的型攻撃……企業はこうした行為にどう対処すべきか。6月28日に開催されたセミナー「サイバー戦争勃発!? いま、企業が情報を守るために必要な防御策とは」の講演から、そのヒントを探る。(2013/7/30)

ファイバチャネルを統合する新スイッチ「S5000」も:
デル、データセンター向けファブリック構想を発表
デルの発表した新スイッチ「Dell Networking S5000」は、同社が新たに打ち出した、OpenFlow対応のネットワークファブリック「Dell Active Fabric」を構成する要素の1つともなる製品だ。(2013/6/13)

アプリ識別機能可能な次世代ファイアウォール:
「キャリア向けのセキュリティを企業にも」、デルソニックウォールが新モデル
デルは5月16日、企業向けファイアウォールアプライアンスの新モデル「Dell SonicWALL SuperMassive 9000シリーズ」を発表した。(2013/5/17)

デル、次世代ファイアウォールの新モデルを発表
「Dell SonicWALL」ブランドで提供するセキュリティアプライアンスの新製品「SuperMassive 9000シリーズ」を発表。企業向けながら通信事業者やデータセンター事業者向けモデルと同等の機能を有する。(2013/5/16)

デル、ソフトウェア事業を強化 新パートナー制度も発足
KACEやSonicWALLなどのソフトウェア製品をデル・ソフトウェアに統合、「PartnerDirect プログラム」へソフトウェアに特化した制度を追加した。(2013/5/16)

アンケート回答でAmazonギフト券が当たる!:
PR:サーバ管理の”困った”を解消!――かゆいところに手が届くDellのソリューションとは
新年度、突然サーバ管理の仕事を振られた総務スタッフのマコトくん。初めての業務に戸惑うものの、相談できる人もいなくて困った! マコトくんのピンチを助けてくれたのは? Amazonギフト券3000円相当が当たるアンケート、実施中!(2013/4/22)

Maker's Voice:
「3つの領域へ投資を続ける」――米Dellのソフトウェア事業責任者
Dellのソフトウェア戦略について、事業全体を統括するジョン・スウェインソン氏に聞いた。(2013/4/11)

デル、プライベート型IaaSを1年以内に国内提供へ
デルは3月6日、同社にとっての新会計年度(FY 2014)に関する事業戦略説明のなかで、米デルが提供している企業向けのプライベート型クラウドサービス「Dell Cloud Dedicated」を、国内でも今年度中に提供開始すると宣言した。(2013/3/8)

2013年新春特集「負けない力」:
顧客との直接対話が最大の価値をもたらす デル・郡社長
ソリューションプロバイダーとしての地位確立を目指すデル。日本法人社長に国内での取り組みなどを聞いた。(2013/1/31)

PR:インテル® Atom™ プロセッサー搭載のDell Latitude 10デルが勧めるWindows 8 Enterprise次世代ワークスタイルと安心を最短ルートで実現するWindows 8 タブレット
生産性向上などを目的にスマートデバイス活用を検討する企業が増えている。だが、端末管理や既存環境との連携という壁が立ちはだかり、セキュリティ問題も発生しかねない。この問題の解決策として注目を集めるのが、新世代OSのWindows 8とタッチデバイスであるデルのタブレットPC「Latitude 10」だ。(2013/2/5)

“もうITコンポーネントベンダではない”:
100億ドルの投資を基に、「明日のHP」を目指すデル
デルが米テキサス州オースティンで開催中のカンファレンス「Dell World」の基調講演で、同社会長兼CEOのマイケル・デル氏は、企業向けIT総合ベンダとして自社を確立するために全力で取り組んできたことを強調した。(2012/12/13)

GSX、次世代ファイアウォールの監視サービスを発表
グローバルセキュリティエキスパートは、デル(ソニックウォール)のセキュリティアプライアンスを利用したセキュリティ監視を支援するサービスを開始する(2012/11/20)

中小規模オフィスにも高度な監視を:
標的型攻撃に対応したファイアウォール監視サービス「EAGLE TEAM SERVICE for Dell SonicWALL」
簡単には防御できない標的型攻撃の増加を受け、セキュリティアプライアンス製品に特化した監視サービスが登場。製品側の機能と連携した監視が特徴だ。(2012/11/20)

トップインタビュー:
「Dellは変化の真っただ中にいる」――プレジデント兼最高商務責任者のフェリス氏に聞く
PCメーカーからソリューションプロバイダーとしての立場を固めつつあるDell。同社プレジデント兼最高商務責任者のスティーブ・フェリス氏とデル社長の郡信一郎氏に法人ビジネスへの取り組みを聞いた。(2012/9/3)

デル、サーバ同士とToRをつなぐ40GbE対応ブレードスイッチ発売
ブレードサーバ「Dell PowerEdge 1000」向けの10/40ギガビット対応スイッチとなる。(2012/7/26)

デルソニックウォール、中小オフィス向けに多機能セキュリティアプライアンス発売
アプリケーション制御など大規模オフィス向け機能などを搭載した新製品3機種を発売した。(2012/6/11)

Dell、Wyse Technologyを買収 クラウド事業強化へ
Dellが、シンクライアントやデスクトップ仮想化ソリューションを提供するWyse Technologyを買収すると発表した。(2012/4/3)

Dell、ネットワークセキュリティのSonicWALLを買収へ
UTMを始めとするネットワークセキュリティ製品をポートフォリオに加えるのが狙いだという。(2012/3/14)

ソニックウォール、次世代ファイアウォールなど3製品を発売
中小規模オフィス向け次世代ファイアウォールの「NSA220W」「NSA250M」およびWAN高速化の「WXAシリーズ」を発売した。(2012/2/2)

ソニックウォール、2万同時接続が可能なSSL VPNアプライアンスを発売
Windows PCやMac、モバイル端末などからのリモートアクセスが可能になる。(2011/12/7)

ソニックウォール、中小企業の事業継続を支援するデータ保護製品を発売
海外で9月15日に発売した「SonicWALL CDPシリーズ」を国内でも提供する。(2011/10/3)

ホワイトペーパー:
2011 年 ネットワークセキュリティについてのアンケート調査結果
@IT 読者の調査を通して分かったUTM、リモートアクセスの重要性(提供:SonicWALL)(2011/9/30)

ホワイトペーパー:
10 のベストプラクティス: スマートフォンから企業ネットワークへのアクセスの制御
ソニックウォールのリモートアクセスソリューションは、モバイル機器やリモートPCであれば、実装が容易な上に操作も簡単で、管理もし易く、何よりも導入コストをズバ抜けて抑えられる(2011/9/12)

2011年上半期ホワイトペーパーランキング
2011年上半期、最も読まれたセキュリティ関連のホワイトペーパーは?
2011年上半期は、スマートフォンやタブレット端末向けのセキュリティ対策を記したホワイトペーパーが人気を集めた。ダウンロードランキングトップ10から、ユーザー企業の関心事項を探る。(2011/8/8)

在宅勤務を実現するリモート・アクセスVPN構築術:
第1回 リモート・アクセスVPNの概要
電力不足のため、これからは在宅勤務が流行か。リモート・アクセスVPN環境があれば、自宅でもどこでもすぐにオフィスに。(2011/7/28)

Interop Tokyo 2011リポート【前編】
Interopで見た、次世代ファイアウォールの可能性
Best of Show Awardの受賞製品を中心に、Interop Tokyo 2011に展示されていたネットワークセキュリティ製品を紹介する。(2011/6/13)

NEWS
ソニックウォール、在宅勤務支援でSSL VPNアプライアンスを無償提供
3月18日から4月28日までの期間で受け付け。対象エリアは関東近郊とし、無償提供の台数は25台(同時接続ユーザーライセンスは25ユーザー)。(2011/3/22)

震災復興のためのリンク集
被災者および被災支援者・企業・団体向けのベンダー支援
東北地方太平洋沖地震とそれに続く一連の地震や津波被害で多くの方々が被災された。それに対してITの面から支援を名乗り出たベンダー各社の情報を集約した。(2011/3/17)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
不正・事故を防ぐスマートフォン活用法
ノートPCやスマートフォン、タブレット端末などを利用する際にリスクと感じる不正利用や情報漏えい事故への対策として、ベンダー各社が有効な製品・サービスを提案する。(2011/3/11)

まる分かりIT基礎解説「ファイアウォール」
何が違う? ファイアウォールと次世代ファイアウォール
Webアプリケーションの普及により、企業ネットワークは従来と異なるトラフィック制御が求められる。本稿では、従来のファイアウォールが持つ機能を復習しながら、今求められるファイアウォールの機能を紹介する。(2010/10/22)

エンタープライズセキュリティ市場を狙うSonicWall――CEOに戦略を聞く
米SonicWallは次世代ファイアウォールや高性能UTMなどの投入を計画している。日本市場での今後の戦略をマット・マデイロスCEOと、日本法人のマイク小池社長に聞いた。(2010/10/19)

マルウェア検知とアプリ制御が可能なファイアウォール――ソニックウォールが発表
パケット解析からアプリケーションの種類とユーザーを特定すると同時に、通信内容にマルウェアが含まれていないかを検査できるという。(2010/10/15)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。