ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「Sophos」最新記事一覧

セキュリティ意識皆無のモバイルアプリ
モバイルアプリのあまりにもお粗末な開発レベルに研究者がくぜん
セキュリティの研究者がモバイルアプリを分析した結果、セキュリティを考慮していないコードが多すぎることが明らかになった。こうしたアプリが大規模な情報漏えいを引き起こすと警鐘を鳴らす。(2016/4/8)

PR:あなたの会社は“新たな脅威”に対処できる?――旧機種との比較で分かる「次世代ファイアウォール」とは
セキュリティ対策は重要と分かっていても、コスト負担を考えると新規導入やリプレースは後回しという企業も少なくないはず。しかし数年前と比べると、企業を取り巻くセキュリティ脅威も変わりつつあるのだ。(2016/3/22)

「下町ロケット」の舞台も守る:
ソフォス、UTMとエンドポイントの連携でセキュリティ運用を自動化
ソフォスは2015年12月9日、UTM(Unified Threat Management)アプライアンス製品「Sophos XG Firewall」の機能を強化し、エンドポイント向けセキュリティ製品と連携して被害の最小化を図る「Sophos Security Heartbeat」を実装した。(2015/12/10)

特集:セキュリティリポート裏話(1):
読んでおきたいセキュリティリポート・調査結果まとめ
自社に今、そしてこれから必要なセキュリティ対策を検討する前に確認したいのが、「敵」の手口です。セキュリティ関連組織やベンダーでは、そうした時に役立つさまざまな観測結果やリポート、調査結果を公開しています。ぜひ一次ソースに当たってみてください。(2015/12/1)

Windows 10 The Latest:
アップグレードは大丈夫!? 各社のWindows 10対応状況まとめ
期間限定で無償アップグレードが提供されているWindows 10。だが無償だからといって飛びついていいのだろうか? アップグレードの成否を左右するハードウェア/ソフトウェア/サービスのWindows 10対応状況を取りまとめてみた。(2016/3/25)

セキュリティ対策の自動化を推進、ソフォスが事業戦略
IT担当者が少ない中堅・中小企業でのセキュリティ対策を支援していく。(2015/5/21)

Weekly Memo:
「IoT時代のセキュリティ対策」はどうすべきか
あらゆるモノがインターネットにつながる「IoT」への関心の高まりとともに、そのセキュリティへの懸念も強まっている。IoT時代のセキュリティ対策は、もはや「対症療法」では追いつかない。これを私たちは肝に銘じておくべきだ。(2015/2/16)

ソフォス、攻撃者サーバとの通信を遮断するエンドポイント向け対策を発表
ソフォス、攻撃者サーバとの通信を遮断するエンドポイント向け対策を発表(2015/2/9)

Windows 8.1に未修正の脆弱性、Googleの情報開示に疑問も
パッチが公開されていないものの、GoogleはMicrosoftへの報告から90日が経過したとして情報を開示した。(2015/1/5)

ウイルス対策ソフト、製品の自衛策は万全?
AV-TESTはコンシューマー向けウイルス対策ソフト24製品と、企業向け8製品について、セキュリティ機能のASLRとDEP(データ実行防止)の利用状況を調べた。(2014/11/26)

セキュリティ対策をつなげて迅速防御、複雑な脅威にソフォスが一手
法人向け事業が中心のソフォスは、標的型サイバー攻撃のような高度なセキュリティの脅威へ効果的に対処できるようにしていくという施策を明らかにした。(2014/11/11)

スパム送信国ワースト12の最新版、日本が3四半期連続でランクイン
Sophosが発表した2014年7〜9月期の「スパム送信国ワースト12」では日本がランクインする状態が続く。(2014/11/5)

AWS Tips:
Amazon VPCを利用し、システムを冗長化する
Amazon VPCを利用することで、Amazon Web Services(AWS)上に仮想プライベートネットワークを構築する事ができます。VPC上に社内システムなどを構築し、既存の拠点とAWSを利用した冗長化構成を組むことが可能です。(2014/10/27)

韓国で2700万人の個人情報が流出、容疑者16人を逮捕
24歳の容疑者はオンラインゲームで知り合った中国人ハッカーから情報を入手して他人のゲームアカウントへの不正侵入を繰り返していたとされる。(2014/8/27)

インシデント発生を前提に考えるサイボウズのセキュリティ対策とは?
完璧なセキュリティなどあり得ない――サイボウズが自社製品における脆弱性対策やインシデント(事故や事件など)における対応などについて語った。(2014/7/15)

W杯日本戦会場警備のWi-Fiパスワード、写真に写っちゃった……
新聞に掲載されたセキュリティセンターの写真には、Wi-FiのSSIDとパスワードが写り込んでいた。(2014/6/26)

ソフォス、中規模システム向けにUTM6機種投入
ハードウェアを刷新し、ファイアウォールスループットの性能を最大で約4倍に高めたという「Sophos SG シリーズ」を発表した。(2014/6/19)

汎用技術で高速化:
ソフォス、中堅企業向けUTMアプライアンス「Sophos SGシリーズ」を発表
ソフォスは従来の製品からさらに高速化を実現したUTMアプライアンス「Sophos SGシリーズ」を発表した。汎用技術を使い、低価格、高性能なUTMアプライアンスを、中堅企業のIT管理者に向けアピールする。(2014/6/19)

スパム送信国ワースト12で日本が初のランクイン
Sophosが四半期ごとに発表している「スパム送信国ワースト12」のランキングで、調査開始から初めて日本とフランスが上位に食い込んだ。(2014/4/21)

OpenSSLの「Heartbleed」脆弱性に便乗攻撃、陰謀説や政府機関利用説も
パスワードの変更を促すリンク付きの詐欺メールが出回るなど、騒ぎに便乗する動きが浮上。各国の政府機関が利用していたのではないかといった憶測も飛び交っている。(2014/4/11)

オールインワンのUTMを本格展開:
パートナープログラム拡充を目指す、ソフォス2015年度事業戦略発表
ソフォスは2015年度の日本市場戦略を発表。運用負荷のないシンプルなセキュリティを中小規模の企業に提供するため、パートナープログラムを拡充し、UTMアプライアンス/クラウドセキュリティ製品を展開する(2014/4/3)

統合セキュリティと中小企業向けを強みに、ソフォスが“攻め”の戦略展開
ソフォスが事業戦略を発表。3月に新社長に就任した纐纈昌嗣氏は年30%成長を掲げ、販路の大規模拡大に着手すると表明した。(2014/4/3)

Windows XPユーザーが4月9日にやるべきこと
XPのサポート終了まであと1週間。移行が間に合わないユーザーは、この日に何をすべきか――。(2014/4/2)

Windows XP向け主要ウイルス対策ソフト、少なくとも1年はサポート継続
Windows XP向けのセキュリティ製品を提供しているメーカーは、短いところでもMicrosoftのサポート終了後1年以上、XP向けの製品のサポートを続ける方針だ。(2014/1/17)

企業のMacの82%は旧バージョン、セキュリティ問題も修正されず
Sophosが調べた結果、最新版の「OS X Mavericks 10.9」を使っている企業はわずか18%だった。(2014/1/10)

Oracle、Java定例アップデートで認証強化へ アプレットなどに影響
2014年1月に予定されるJavaの定例アップデートでは、署名や権限設定の無いJavaアプレットやWeb Startがブロックされてしまう。(2013/12/24)

ウイルス対策ソフト4社の見解:
Android狙いは当たり前 iOSも油断ならず――2013年のスマホ脅威と未来予測
いまだ人気の衰えないスマートフォンは、サイバー攻撃者に格好の餌になっている。ウイルス対策ソフトベンダー4社が、2013年にみられたスマートフォンの脅威と2014年の予想を紹介してくれた。(2013/12/10)

一太郎の脆弱性を突くマルウェア、人事情報装うメールで日本に「着弾」
攻撃には「11/26及び11/30人事情報」という件名のメールが使われ、一太郎の拡張子「.jtd」が付いたファイルが添付されていた。(2013/12/6)

第1弾として「Sophos Cloud Endpoint」を提供:
ソフォス、クラウドベースのセキュリティを本格展開
ソフォスは2013年12月4日、同社のセキュリティ製品をクラウド経由で提供していく新戦略「Sophos Cloud」を発表した。その第1弾として「Sophos Cloud Endpoint」を2014年1月6日から販売する。(2013/12/5)

ソフォス、エンドポイントセキュリティのクラウドサービスを開始
2014年から提供する「Sophos Cloud Endpoint」ではアンチウイルスや未知のマルウェアチェック、デバイス制御などの機能を順次提供する。(2013/12/4)

Maker's Voice:
中堅・中小企業のセキュリティ対策に自信あり――ソフォスのヘイゲルマンCEO
英Sophosの新CEOに就任したクリス・ヘイゲルマン氏は、中堅・中小企業と多拠点型大企業の顧客獲得に向けた新戦略を展開していくという。(2013/11/28)

ソフォス、vShield Endpoint対応のサーバ向けウイルス対策製品を発売
統合セキュリティ対策製品「Sophos Anti-Virus for Server License」に、VMwareのvShield Endpoint対応機能を追加し、新たに提供開始した。(2013/9/12)

英Sophos、Webセキュリティ対策製品の脆弱性を修正
「Sophos Web Protection Appliance」の脆弱性を悪用された場合、リモートから権限昇格攻撃を仕掛けられ、root権限で任意のコマンドを実行される恐れがあるという。(2013/9/10)

OS Xに放置された脆弱性、root権限を取得される恐れ
Unixの「sudo」コマンドの脆弱性がOS Xでは修正されないままになっている。Metasploitはこの脆弱性を突くコードを追加したことを明らかにした。(2013/9/2)

ソフォス、Android向けセキュリティアプリの最新版を公開 個人利用は無償
Sophos Mobile Security 3.0では新たにアプリケーション保護機能やWebセキュリティ機能が追加された。(2013/8/13)

Ubuntu Forumsの攻撃者? 「心配は無用」と主張
攻撃に関与したと思われる人物は、「私に真の悪意はない。データベースを入手してメッセージを残すだけだ」と主張している。(2013/7/24)

スパム送信国ワースト12、ベラルーシが急浮上
ソフォスが四半期ごとに発表している「スパム送信国ワースト12」の最新版では3カ国が新たにランクインした。(2013/7/18)

ウイルス対策ソフトでの検出は可能:
Operaに不正アクセス、コードサイニング証明書悪用でマルウェア配布の恐れ
ノルウェーのOpera Softwareが標的型攻撃を受けた。攻撃者がコードサイニング証明書を手に入れ、Webブラウザ「Opera」の自動更新機能を悪用して悪意あるソフトウェアを配布した恐れがある。(2013/6/27)

相次ぐTwitter乗っ取り、今度は英紙Financial Timesが被害に
英BBCや米APに続き、英経済紙Financial TimesもTwitterアカウントが乗っ取られ、不正な投稿を掲載される被害に遭った。(2013/5/20)

ブロック機能を追加:
Android向けの無料アンチウイルスアプリ最新版「Sophos Mobile Security 2.5」
ソフォスが、Android搭載デバイス向けの無料アンチウイルスアプリ最新版「Sophos Mobile Security 2.5」をリリース。新たにテキストメッセージや通話に関するスパムフィルタ機能を採用した。(2013/4/26)

Sophos、Webアプライアンスの脆弱性に対処
SophosはWeb Applianceソフトウェアの更新版をリリースし、3件の脆弱性に対処した。(2013/4/5)

ソフォス、ユーザー単位で利用するセキュリティ新製品を発売
従来のデバイス単位のライセンスではなく、ユーザー単位のライセンスとすることで、ライセンス管理を簡素化できるとしている。(2013/4/1)

iPhoneのパスコードロック回避の問題、再び発覚
iOS最新版の6.1.3をインストールしたiPhoneでパスコードロックが回避できてしまう問題が報告された。(2013/3/22)

韓国のテレビ局と銀行システムが一斉ダウン、サイバーテロか
同時にニュースサイトの改ざんやマルウェア感染などの被害が発生したとの情報も。「現時点で北朝鮮の関与をうかがわせる確証はない」とセキュリティ各社は指摘する。(2013/3/21)

MacとAndroidを両方使うのは“変わり者”?
Macユーザーの多くはiPhoneかiPadを携帯し、Androidデバイスを持ち歩くのは少数派──という調査結果。(2013/3/19)

調査リポート:
Windows派のスマホはAndroid、Mac派はiPhone――SophosがPCとスマホの関係を調査
モバイル端末を複数台持ち歩く人が増える中、SophosがPCとスマホの関係を調査。Macユーザーの多くがiOSを選んでいるが、Androidへの“浮気”も見られるようだ。(2013/3/18)

ユーザーが持ち歩くモバイルデバイスは平均2.9台、Sophos調べ
Apple共同創設者のウォズニアック氏が、あまりに多くのデバイスを旅行に持っていくことがきっかけに、この調査を実施したという。(2013/3/15)

Google Playで広告遮断アプリが相次ぎ削除、セキュリティ企業は「懸念」
迷惑な広告を遮断できるアプリに対して、Googleが規約違反を理由に相次いで削除を通告しているという。(2013/3/15)

芸能人や政治家の個人情報がネットに掲載、信用調査機関から流出か
米国の有名人の社会保障番号や住所、クレジットカード番号などを含む信用報告書の情報が、ハッカー集団のWebサイトに掲載された。(2013/3/14)

ファイア・アイ、標的型サイバー攻撃の検出と情報共有基盤を刷新
未知のマルウェアや複数の経路を使った攻撃の発見と、その情報をユーザーやセキュリティベンダー間で共有する仕組みを強化した。(2013/3/5)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。