ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「南アフリカ」最新記事一覧

来週話題になるハナシ:
世界中で“悪者”に! 炭酸飲料の衰退が止まらない
米国で、炭酸飲料の消費量が減少し続けている。米国のカルチャー的アイコンとして君臨してきた「コカコーラ」や「ペプシ」などが、存続の危機に瀕しているという。いったい、どうなっているのか!?(2016/5/27)

間もなく6分の1の採用解禁:
手応えを感じた面接が失敗する理由
就活シーズンもまっさかり。すでに面接を受けている人も多数いるでしょう。今回は、新卒だけでなく転職時の面接でもよくある「感触が良かったのに落ちる」ことにスポットを当てて、その中身を探ります。(2016/5/26)

「バイオハザード」のリアルすぎるPR画像が中国の人肉輸出を疑う騒動に発展 政府機関が捜査へ乗り出す展開に
「中国がアフリカのスーパーマーケットへ人肉の缶詰を輸出している」というSNS投稿が話題になりましたが、使われていた画像は以前カプコンが「バイオハザード」のPR用に作成した偽の人肉画像でした。(2016/5/24)

山形豪・自然写真撮影紀:
南部アフリカでヒョウを撮る
アフリカに生息する数多の動物たちの中で、もっとも気に入っているのはヒョウだ。個体数が多く、分布域も広いため、決して珍しい動物ではないが、警戒心が強く、あまり姿を見せてくれない。(2016/5/24)

「もっとミルクくれよおお!」 サイの赤ちゃんの鳴き声がかわいくてちょっと切ない
サイってきゅうきゅうきゅうって鳴くのか。(2016/5/21)

「五郎丸ポーズ何の意味もない」女性博士が語る開発秘話……「験担ぎではありません」
「五郎丸ポーズ」を五郎丸選手とともに作り上げたのが、日本代表のメンタルコーチを約3年半務めた荒木香織教授だ。荒木氏に開発秘話を聞いた。(2016/5/6)

推定75億円以上!? テニスボールくらいのでっかいダイヤがオークションに
大きさ約66.4×55×42センチ。過去100年で見つかった中で最大とされています。(2016/5/5)

山形豪・自然写真撮影紀:
アフリカゾウに迫る危機
アフリカを象徴するとも言える被写体であるアフリカゾウ。近年そのアフリカゾウの生息数が大きく減少している。その主たる原因は象牙をターゲットとした密猟だ。(2016/5/2)

愛知県の「リトルワールド」に高さ1メートルの超巨大タワーサンドイッチが登場!
ボリュームは約30人前! イベント「世界のサンドイッチフェア」の限定商品です。(2016/4/24)

「全力疾走」という病:
漫画が売れたら終わりではない 敏腕編集者・佐渡島氏が描く『宇宙兄弟』の次
講談社時代、漫画『ドラゴン桜』や『宇宙兄弟』など数々のヒットを飛ばした編集者、佐渡島庸平氏。大手出版社勤務というキャリアを捨てて彼が選んだのは、作家エージェントとしての起業だった。彼を駆り立てるものは一体何だったのだろうか――。(2016/4/20)

ミレニアル世代の52%、2020年末までに会社を辞める
1982年以降に生まれた「ミレニアル世代」は、一般的に会社に対する帰属意識が低く、多くが近い将来の離職を考えていると言われるが、実際のところどうなのか。(2016/4/18)

Hyper-Vはそもそも対象外
VMwareは複雑で高すぎる──あるSaaSプロバイダーが選んだ仮想環境とは?
データアナリティクスサービスを提供するSaaSプロバイダーのPiは、システムの全面入れ替えを決断。その際、定番のVMware vSphereはコストと複雑性を理由に導入しなかったという。同社が選んだ製品とは?(2016/3/24)

R25スマホ情報局:
LINEは7位!? 海外のメッセージアプリ事情
日本ではすっかり定着しているメッセージングアプリ「LINE」だが、世界で最もユーザー数の多いメッセージングアプリは「WhatsApp」。手軽さから「Facebook Messenger」も、日本を含め世界で人気だ。(2016/3/15)

22年間で487倍に! 「安さ」だけではない、チリワイン輸入量急増のわけ
長らく首位を守り続けてきたフランスの牙城がついに崩れた。2015年のスティルワイン年間輸入数量でチリがフランスを抜きトップに躍り出たのだ。その急成長の理由とは――。(2016/3/10)

速っ!!! 自転車を追いかけて爆走するダチョウから逃げ切れそうにない
デカい、速い、怖い。(2016/3/8)

MWC 2016で発表相次ぐ:
欧米で急拡大するIoTネットワーク
IngenuとLoRa Alliance、Sigfoxは、「Mobile World Congress(MWC)2016」(2月22〜25日、スペイン バルセロナ)において、競争が激しい「LPWA(Low Power Wide Area)ネットワーク」の分野でそれぞれパートナー契約を締結したと発表した。携帯電話通信業界では現在、競合するIoT規格の争いを終わらせるための取り組みが加速しているところだが、こうした中、LPWAネットワークの分野では、IoT接続をめぐって競争が繰り広げられている。(2016/2/29)

Mobile World Congress 2016:
見た目はまるでタブレット?――ZTE、薄く高精細になったAndroid搭載プロジェクター「Spro Plus」を発表
ZTEが、Android OSを採用し、LTE通信に対応したポータブルプロジェクター、Sproシリーズの最新モデル「Spro Plus」を発表した。モバイルWi-Fiルーターやモバイルバッテリーとしても使える。ミッドレンジのSIMフリースマホ2機種も発表した。(2016/2/23)

これが各国の“パーフェクトボディ”だ! 1人の男性モデルをレタッチして判明した19カ国の理想の外見
マッスルなアメリカやエジプト、スリムな中国やイギリス。しかし見た目よりも健康が第一ですよ!(2016/2/20)

世界を読み解くニュース・サロン:
「最恐の殺人地域」を救うことができるのか 武器は日本の意外な“文化”
「中南米は危険」といった話を聞いたことがあると思うが、私たちが想像している以上に“危険”であるようだ。「世界で最も暴力的な都市2015年」を見ると、上位に中南米の都市がランクイン。こうした状況に対して、日本のある文化が期待されている。それは……。(2016/2/4)

Tech Basics/Keyword:
IBM Watson(ワトソン)
Watsonは、IBMが開発した人工知能システム。自然言語の質問に対して、大量のデータから最も最適となる解答を提示してくれるという。すでに医療分野や法律、顧客サポートなどで活用されている。(2016/2/3)

自然エネルギー:
再生可能エネルギーで世界のGDPを0.6%押し上げ、日本は+2.3%でトップ
全世界を対象に再生可能エネルギーの導入を推進する国際機関が経済効果を初めて試算した。世界のエネルギー消費量に占める再生可能エネルギーの比率を2倍に拡大させると、GDPが0.6%上昇する結果になった。2030年には再生可能エネルギー分野の雇用者数が2000万人を突破する。(2016/1/20)

水曜インタビュー劇場(天候編):
新ビジネスの“成功確率”は? 「スポーツ+天気」がやって来そう
気象予報会社のウェザーニューズがスポーツチームの支援にチカラを入れている。ラグビー日本代表チームのほかに、さまざまなスポーツを支援しているが、次にどんなビジネスを企画しているのか。担当者に話を聞いた。(2016/1/13)

「下町ロケット」撮影支えた開発現場 ものづくり振興へ熱い思い
国産ロケットエンジンや心臓人工弁の開発をめぐる攻防を描き、高い視聴率を記録したTBSのドラマ「下町ロケット」。阿部寛さんが演じた主人公の佃航平をはじめとして、ものづくりに対する熱い思いを込めたせりふが共感を呼んだが、ドラマに迫真性をもたらした最大の“立役者”は、撮影に協力した企業の匠の技や最先端技術、それを支える開発現場だ。(2016/1/7)

水曜インタビュー劇場(天候編):
ウェザーニューズの「気象情報」に、ラグビー日本代表が喝采
気象予報会社のウェザーニューズがスポーツチームの支援にチカラを入れていることをご存じだろうか。2015年秋に開催されたラグビーW杯で南アフリカに歴史的な勝利を果たした日本代表チームもサポートしていたという。どのような形で支援していたかというと……。(2016/1/6)

山形豪・自然写真撮影紀:
リカオンを汚い犬と呼ばないで
非常に優秀なハンターであり、魅力的な被写体でもあるリカオン。しかし、縄張りを持たず、常に移動しながら獲物を求めて暮らす彼らは、狭い保護区内に野生動物が閉じ込められてしまう状況では生存が難しく、今や絶滅の危険性も指摘されている。(2015/12/28)

高視聴率:
“匠”が作ったホンモノ ドラマ「下町ロケット」を支えた日本企業の開発現場
ものづくりに対する熱い思いを込めたせりふが共感を呼んだドラマ「下町ロケット」。迫真性をもたらした最大の“立役者”は、撮影に協力した企業の匠の技や最先端技術、それを支える開発現場だった。(2015/12/28)

R25スマホ情報局:
例のドレス、ドラゲナイ…Twitter事件簿2015
2015年もあとわずか。なんだかんだでいろいろあった1年をTwitterを騒がせたトピックの数々で振り返ってみましょう。皆さんはどれくらい覚えていますか?(2015/12/17)

ハイテクと匠の技が融合 ラグビー日本代表支えた「ジャージー」の秘密
ラグビーW杯で日本代表の勝利を支えた陰の殊勲者は、ゴールドウインが開発した赤白のジャージだー。ハイテクと“匠の技”が融合し、快進撃の原動力となった。(2015/12/11)

1111カラットのダイヤ原石が発見される! 史上2番目の大きさ 
見つけた会社の株価は急騰。(2015/11/20)

アイツーの「トラベルSIM」がVer2.0へアップデート――モバイルルーターに対応
アイツーのデータ通信向け「トラベルSIM データ」がVer2.0へアップデート。SIMロックフリーのモバイルルーターで利用可能となる。(2015/11/13)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
なぜ日本ラグビー界は、五郎丸の海外移籍を“歓迎”するのか
ラグビー日本代表の五郎丸歩選手が、世界最高峰リーグ「スーパーラグビー」で活躍することが決まった。久々にスポットライトを浴びるスターが現れたのに、日本ラグビー界は選手の海外移籍を歓迎している。その理由は……。(2015/11/12)

ラグビー日本代表、W杯南アフリカ戦の歴史的勝利が「最高の瞬間」部門受賞
今でも手に汗握る瞬間。(2015/11/2)

自然エネルギー:
ベルギー沖の北海海域に165MWの洋上風力発電所を建設
住友商事は、ベルギー沖45kmに165MWの洋上風力発電所を建設する。大型の3.3MWの風力タービンを50基設置する。(2015/10/30)

指先ひとつでトライさ! 「北斗の拳」のキャラたちがラグビーで戦う公式動画が激しすぎて死人出そう
タフボーイすぎる。(2015/10/24)

週刊「調査のチカラ」:
「Apple Music」「LINE MUSIC」などサブスクリプション型サービス、認知率7割でも利用率はわずか8%という調査結果
最も多い名字から日本人のスポーツ動向、IT用語の印象、電子レンジの使用方法まで、今週も色とりどりの調査が満載。(2015/10/17)

『Number』創刊35年で初の発売前増刷 ラグビーワールドカップ特集
文藝春秋は10月16日、ラグビーワールドカップにおける日本代表の快挙を特集した『Sports Graphic Number』緊急増刊号を発売する。(2015/10/14)

ラグビーW杯日本代表、アメリカを下して有終の美 1次リーグで敗退するも自国開催にはずみつける
注目度もぐっとアップ。(2015/10/12)

将来有望にも程がある 三歳児がオーディション番組で見せたDJプレイが世界中で話題に
みんなノリノリ。(2015/10/12)

電力供給サービス:
最悪の発電コスト、日本に未来はあるのか
IEA(国際エネルギー機関)とNEA(原子力機関)は、各種の技術を利用した発電所の建設コストや発電コストを試算、報告書の販売を開始した。調査対象となった22カ国全てで、原子力が最も低コストになった。それでも太陽光を中心とした再生可能エネルギーは5年前と比較して、火力発電を追い越すところまで低コスト化している。ただし、日本はこの恩恵をあまり受けていないようだ。(2015/9/30)

ラグビーのルールやポジションをインコで解説したイラストが分かりやすいと話題に
かわええ。(2015/9/25)

山形豪・自然写真撮影紀:
マラマラ動物保護区でライオンの狩りを撮る
迫力のある、狩りの瞬間を写真に収めるには、入念な下準備が必要だ。さらに、どれだけ準備を整えても、理想的な条件がすべてそろうことは極めてまれだ。それ故にチャレンジのしがいもある。(2015/9/24)

「桐谷美玲が吉田沙保里に勝つくらいのすごさ」 大金星を上げたラグビー日本代表にネット上で賞賛の嵐
まさにジャイアント・キリング。(2015/9/20)

最薄部2.65ミリ:
Huawei、“Force Touch”搭載のフラッグシップ「Mate S」発表 日本でも発売
感圧タッチ操作対応の5.5型有機ELを搭載。指紋センサーとナックルセンスも進化した。(2015/9/3)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
日本でも視聴できる!――映画の街で見つけた最新4Kコンテンツの感動ポイント
仏カンヌで開催された「miptv」で、麻倉怜士氏は感動的な4Kコンテンツをいくつも発見した。欧州の最新4K事情とともに、日本でも視聴できる4Kコンテンツを紹介してもらった。(2015/8/27)

ローラ、映画「バイオハザード」最新作でハリウッドデビュー決定 自身のSNSで報告
かっこいい女性役?(2015/8/21)

海中のオリの中からサメを見る遊び「シャーク・ケージ・ダイビング」の動画が怖すぎる
映画なら死亡フラグ。(2015/8/16)

あの国の美の基準は? 1人のモデルをレタッチして18カ国の理想を表現
中国やイタリアでは細身の体型が魅力的とされ、スペインやルーマニアなどではふっくら体型が好まれるようです。(2015/8/15)

ヒッチハイクかな? サイの背中に乗る猫が撮影される
快適な乗り物……ではないようです。(2015/8/15)

怒ったゾウ? それとも遊ぶゾウ? アフリカで子ゾウがツバメの群れを追いかけ回す事案が発生
長い鼻や大きな耳を振り乱しながら走りまわる姿がとてもかわいらしいです。(2015/8/5)

写真展:
写真歴史博物館企画写真展 グラフジャーナリズムの開拓者「マーガレット・バーク=ホワイト作品展」
(2015/7/27)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。