ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スポーツカー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スポーツカー」に関する情報が集まったページです。

本格的な石窯がそこに! ピザ好き仏アーティスト、スポーツワゴンを「ピザ窯」に魔改造する暴挙に出る
もはや暴挙ってレベルじゃねーぞ!(2018/6/15)

285万は高い? いや、これは楽しそう! 軽オープンスポーツ「S660」にコンプリートモデル「Modulo X」登場
最初からかなりかっこいい。価格は285万120円から。(写真42点)(2018/5/25)

人とくるまのテクノロジー展2018:
キャパシター並みの入出力密度を持つリチウムイオン電池、トヨタ紡織が開発
トヨタ紡織は、「人とくるまのテクノロジー展2018」において、新たに開発したラミネート型リチウムイオン電池を展示した。従来のハイブリッド車向けリチウムイオン電池と同程度のエネルギー密度でキャパシター並みの入出力密度を持つ。ハイパワーが求められるスーパースポーツカーやプレミアムカー向けに提案していく方針だ。(2018/5/25)

コンプリートモデル:
ホンダ、軽オープンスポーツに磨きをかけた「S660 Modulo X」発売
ホンダは、軽オープンスポーツ「S660」の走行性能とデザインに磨きをかけたコンプリートモデル「S660 Modulo X」を7月6日に発売する。(2018/5/24)

車載情報機器:
カメラやディスプレイ技術を実車で体験、京セラがEVスポーツカーで
京セラと電気自動車(EV)ベンチャーのGLMは「人とくるまのテクノロジー展2018」に共同でコンセプトカーを出展する。(2018/5/23)

衝撃事件の核心:
ポルシェであおり運転→バイク転倒……命を救うはずの医師だったのになぜ
排気音を響かせ、300馬力のスポーツカーは1台のバイクを執拗(しつよう)に追い回した−。神奈川県伊勢原市の路上でバイクに幅寄せして転倒させ、運転していた男性を負傷させたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)などの疑いで25歳の無職の男が神奈川県警に逮捕、起訴された。(2018/5/17)

関西の議論:
倒木直撃「トヨタ2000GT」、今も保管するオーナーの無念…訴訟和解も2億円の修理は断念
平成26年6月、富山県南砺(なんと)市の国道156号を走行中のスポーツカー「トヨタ2000GT」に予期せぬ災難が降りかかった。不運にも倒れてきたブナの大木に直撃され、一瞬にして大破したのだ。(2018/4/17)

「ストラトス」「2000GT」!! マクドナルドのハッピーセットが渋すぎるトミカチョイス GWのオトーサン狙い撃ち♪
ストラトスと2000GTだとぉ。「ハッピーセット トミカ」スポーツカーシリーズは4月27日から。(2018/4/12)

超絶にカッコいい…… BMW、PHVスポーツカー「i8」に初のオープンモデル、価格は2231万円
マイナーチェンジ版「i8」はクーペとオープンの2モデルで展開。(画像38枚)(2018/4/10)

シザードア:
BMW、PHVスポーツ「i8」の新型発売 「ロードスター」登場
BMWはPHVスポーツカー「i8」のクーペモデルの新型「i8クーペ」と、オープンモデル「i8ロードスター」を発売した。(2018/4/9)

おぉぉ想像以上にかっこいい ヒュンダイがEVスポーツカー「Essentia Concept」を初公開
ガラス張りで開放感がすごそうです。(画像18枚)(2018/4/4)

往年のカラーデザインをリメイク:
フェアレディZにレーシングストライプの特別仕様車
日産自動車は、スポーツカー「フェアレディZ」の特別仕様車「Heritage edition」を5月11日に発売する。(2018/3/22)

「63 S」は639馬力:
メルセデス「AMG GT」に4ドアクーペ登場
メルセデスAMGが4ドアスポーツカー「AMG GTクーペ」を発表。(2018/3/7)

トヨタ「スープラ」復活、16年ぶり 「GR Supra Racing Concept」世界初披露
トヨタが2002年に生産中止したスポーツカー「スープラ」が、レーシングカーのコンセプトモデルとして復活した。(2018/3/6)

フラッグシップスポーツカー:
トヨタ「スープラ」16年ぶり復活 レーシングカーコンセプト初披露
トヨタが往年のスポーツカー「スープラ」を名乗るレーシングカーコンセプト「GR Supra Racing Concept」を世界初公開した。(2018/3/6)

何かスゴい予感 「オロチ」「卑弥呼」の光岡自動車が新型スポーツカー投入を予告 ティーザーサイトでチラ見せ
2月22日発表。丸目4灯のフロントマスク、ロードスターベースっぽい。【追記:2月22日正式発表、写真27枚追加】(2018/2/14)

トヨタ、ジュネーブモーターショーで「アイコン的スポーツカー」を復活 次期スープラか
シルエットをチラ見せ。(2018/2/13)

「「トヨタのアイコン的スポーツカー」:
ついに“あのスポーツカー”復活か トヨタ、コンセプトカー披露へ
トヨタは、新しいレーシングコンセプトモデルをジュネーブ国際国際モーターショー(3月8〜18日)に出展すると発表した。(2018/2/13)

東京オートサロン2018:
“ほぼそのまま”レーシングカー トヨタ、市販想定の次世代スポーツカー「GRスーパースポーツコンセプト」を発表
すごい迫力です!(2018/1/13)

880台が並ぶ:
本格スポーツカーから楽しいクルマまで 東京オートサロン開幕迫る
カスタムカーの祭典「東京オートサロン2018」が1月12〜14日に開催される。今年も最新車種のカスタマイズモデルやモータースポーツ車両などが会場を彩る。(2018/1/9)

ゼロからのモノづくり:
EVスポーツカーに挑むエンジニアが追い求める“失敗”
EVスポーツカーの開発で注目されるGLM。ベンチャーでありながら量産車開発を実現した同社の技術力の要が、技術本部長の藤墳裕次さんだ。藤墳さんのモノづくりへの思いと“失敗”を重ねた開発について聞いた。(2017/12/25)

最高時速400キロ超!? “超速”に進化したEVスポーツカー「第2世代Tesla Roadster」が登場、お値段は?
4人乗りだから家族で乗れますよ(写真17点)。(2017/11/20)

Tesla、“世界最速”謳う4駆電気スポーツカー、新「Roadster」披露
Teslaが電動トラック「Semi」発表イベントで、新スポーツカー「Roadster」も披露した。0-60mph加速1.9秒で世界最速を謳う。2020年発売予定で、価格は約2200万円から。(2017/11/18)

うぉぉぉ 2000万円スポーツカー「メルセデスAMG GT S」がニッポンレンタカーに 6時間6万円から
F1セーフティカーでおなじみの、あの「メルセデスAMG GT S」がニッポンレンタカーで借りられるように。(2017/11/13)

新色、リアサスなど:
マツダ「ロードスター」改良 特別仕様車「RED TOP」も
マツダはオープンスポーツカー「ロードスター」「ロードスターRF」を改良した。(2017/11/10)

新仕様「レッドトップ」がシブくていい感じ 「マツダ ロードスター」が刷新、累計100万台のオープンスポーツカー
4代目として初の改良版。ダークチェリー色のソフトトップを採用した特別仕様車も。(2017/11/10)

これはよさげな新色 人気スポーツバイク「YZF-R25」「YZF-R3」に2018年モデル
ヤマハの人気スポーツバイク「YZF-R25/R3」の2018年モデルが登場。1月20日発売。(2017/11/9)

東京モーターショー 2017:
電動化に舵を切るホンダは“らしさ”を発揮できるのか
ホンダは「第45回東京モーターショー 2017」において、次世代のコンパクトスポーツカーを目指した電気自動車「Honda Sports EV Concept」を世界初披露した。ロー&ワイドなスタイルを持ち、人とクルマが1つとなったような操る喜びを提供するという。(2017/10/27)

東京モーターショー 2017:
WEC仕込みのハイブリッドFRスポーツカー、次世代TNGAのクロスオーバー車も初披露
トヨタ自動車は、「第45回東京モーターショー 2017」において、ハイブリッドスポーツカーや、バンとSUVのクロスオーバー車を世界初公開する。(2017/10/10)

東京モーターショー:
トヨタ、スポーツカー「GR HV SPORTS concept」公開へ
トヨタはスポーツカーのコンセプトモデル「GR HV SPORTS concept」を東京モーターショーに出展する。(2017/10/6)

東京モーターショー 2017:
ホンダのEV専用プラットフォーム、2台目はコンパクトスポーツカーに
ホンダは「第45回東京モーターショー 2017」において、次世代のスポーツカーを目指した電気自動車「Honda Sports EV Concept」を世界初披露する。直近の海外の展示会で披露したコンセプトカーもジャパンプレミアとなる。(2017/10/2)

モータースポーツ:
電動化やIT化が進もうと、トヨタは「自分で運転したい魅力的なクルマを作る」
トヨタ自動車はスポーツカーシリーズ「GR」を投入すると発表した。「ヴィッツ」「プリウス PHV」などの既存車種をベースに、モータースポーツ活動から得た知見やノウハウを盛り込む。これまでのスポーツコンバージョン車「G Sports(G's)」を引き継いだシリーズとなる。(2017/9/20)

210PS「ヴィッツGRMN」も登場:
トヨタ、スポーツカーシリーズ「GR」投入 ラインアップ充実へ
トヨタがスポーツカーシリーズを「GR」に一新。(2017/9/19)

「Limited・Black Package」新設定:
トヨタ、「86」を一部改良 ハンドリングのダイレクト感向上
トヨタがFRスポーツカー「86」を一部改良。(2017/9/4)

360度見渡せるモニターも搭載:
マツダ「アクセラ」改良 安全技術強化で事故リスク軽減
マツダがスポーツコンパクト「アクセラ」を改良。安全技術を強化した。(2017/8/24)

カイエンのディーゼルモデルは継続:
独ポルシェ、ディーゼルエンジン撤退も視野
VW傘下のスポーツカーブランド「Porsche(ポルシェ)」のブルーメCEOは、ディーゼルエンジン打ち切りの是非を2010年代の終わりまでに決めると述べた。(2017/7/19)

サーバOSの運用管理を効率的に
Windows、Ubuntu、Red Hatへのパッチ適用 “運用疲れ”を防ぐ快適ツールはこれ
OSのパッチ適用は車の整備士の仕事に似ている。ブランドやモデルごとに異なるツールが必要だ。「SCCM」や「Satellite」「Landscape」が、ITにおけるスポーツカーやSUVの維持に役立つ。(2017/7/7)

新カラーも:
日産、「フェアレディZ」を一部改良 新クラッチ採用
日産が2シータ-スポーツカー「フェアレディZ」を一部改良し、発売した。(2017/7/6)

AMG GT3の技術活用:
2300万円のスーパースポーツ「メルセデスAMG GT R」発売
メルセデス・ベンツ日本は、スポーツカー「メルセデスAMG GT R」を国内発売した。(2017/6/27)

材料技術:
ランボルギーニの「ニュル最速」を支えるCFRP、軽量化だけでなく空力改善にも貢献
ランボルギーニ・ジャパンは、スーパースポーツカー「ウラカン ペルフォルマンテ」を日本初公開した。ニュルブルクリンク(北コース)で史上最速のラップタイムを記録している。ポルシェ「918スパイダー」の記録を超える6分52秒01をマーク。その高性能を支える先進技術の1つがCFRP(炭素繊維強化プラスチック)だ。(2017/6/12)

GLM G4:
従業員22人が送り出す4000万円のEVスーパーカー、視線の先はTeslaではなくUber
EVスポーツカー「トミーカイラZZ」を送り出したGLMが新型車の生産計画を発表した。従業員22人の小さな自動車メーカーが送り出す新車は4000万円の国産EVスーパーカー。その先には新たな自動車ビジネスの創出を見据える。(2017/4/24)

PR:Instagramの最新手法「シネスタグラム」がかっこいい 日産公式アカウントに秀逸な投稿多数
1投稿でスポーツカーのスピード感を演出。(2017/4/12)

モノづくり×ベンチャー インタビュー:
GLM設立秘話(後編):部品メーカーと思いを共有、そしてパリから世界進出
京都発の電気自動車(EV)ベンチャー・GLMが、EVスポーツカーとしてよみがえらせた「トミーカイラZZ」。一般公開されると予約注文が殺到したが、発売への道のりは厳しいものだった。(2017/3/22)

モノづくり×ベンチャー インタビュー:
GLM設立秘話(前編):「和製テスラ」になれるか、京都発EVベンチャーの苦闘
京都発の電気自動車(EV)ベンチャー・GLM。その創業から、EVスポーツカー「トミーカイラZZ」開発の苦闘、そして「パリモーターショー2016」でのスーパーカーコンセプト「GLM G4」の発表に至るまでの秘話を前後編でお送りする。(2017/3/1)

アークオンラインサービス事例:
PR:メイドインジャパンの“カッコいいクルマ”実現を支える、モノづくり技術の進化
「東京モーターショー 2013」で自動車ベンチャーのイケヤフォーミュラが発表した真っ赤な国産スポーツカー「IF-02RDS」。そのデザイン・開発に携わるアッシュインスティテュート代表の大津秀夫氏は、自分たちの考える“カッコいい”を具現化したスポーツカーを「ナンバーを取って公道を走れるように」2017年中の販売開始を目指して日々奮闘している。その部品製作において、“オンラインとオフラインのいいとこ取り”の試作サービス「アークオンラインサービス(AOS)」を選択した理由について尋ねた。(2017/1/10)

専用装備を充実:
日産、ノートe-POWERに「NISMO」追加
日産自動車は、小型車「ノートe-POWER」にスポーツ仕様の「NISMO」モデルを追加すると発表。12月12日に発売する。(2016/12/8)

トヨタ「86」にオレンジの特別仕様車 Bremboブレーキ採用パッケージも
トヨタのスポーツカー「86」にオレンジカラーの特別仕様車。Bremboブレーキ採用のパッケージも設定される。(2016/11/14)

マツダ、ハードトップ「ロードスターRF」北米・欧州向け生産スタート 国内は年内発売
マツダがスポーツカー「ロードスター」のハードトップモデル「ロードスターRF」の北米・欧州向け生産を始めた。(2016/10/5)

電気自動車:
安川電機がEVスポーツカーのパワートレーン開発に挑む、GLMと資本業務提携
安川電機と電気自動車(EV)ベンチャーのGLMは、資本業務提携を結んだ。両社で次世代EVスポーツカー「GLM G4」のパワートレーンを共同開発する。GLMは安川電機を引受先として第三者割当増資を実施し、調達資金を次世代EVスポーツカーの開発に充てる。安川電機は、スポーツカーの開発に取り組むことで、電動パワートレーンの技術力向上につなげる。(2016/9/16)

パリモーターショー2016:
「トミーカイラZZ」に次ぐ次世代EVスポーツ、初参加のパリモーターショーで公開
電気自動車(EV)ベンチャーのGLMは、「パリモーターショー2016」において、次世代EVスポーツカーのコンセプトモデル「GLM G4」を発披露する。同モデルはオランダのデザイン会社、Savage Rivale(サヴェージ・リヴァーレ)と共同開発した。同ショーに出展するのはGLMとして初めて。(2016/9/14)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。