ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「お寺」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「お寺」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ここが変だよ、日本の「働き方改革」:
“ワクワク”働けない日本の働き方改革に欠落している「QoW」とは?
モノもサービスも、実際に欲しい、買いたいと思ってもらえるようにするためには提供する側の高いモチベーションが欠かせないということだ。では、そのモチベーションはどこから来るのかというと……。(2018/12/18)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 【最終話】第14話:新生(前編)
「ひまわり海洋エネルギー」にサイバー攻撃を仕掛けた犯人の逮捕劇が終わり、CSIRTを取り巻く状況は変わり始める。メンバーの成長や別れを前にしたチームは、新たな一歩を踏み出す時を迎えた。(2018/12/14)

PR:地方でのテレワークはメリットしかない! ブイキューブの本部長が語る活用の心得とは?
「働き方改革」の掛け声の下、近年になりテレワークが脚光を浴びている。そのためのWeb会議システムにおいて11年連続で国内シェアトップを走るブイキューブは、現場を統括する管理職の地方でのテレワークも積極的に推進している。岐阜県郡上市でテレワークを体験したブイキューブ マーケティング本部本部長の佐藤岳氏に、「ITmedia ビジネスオンライン」の副編集長で、働き方改革などをテーマにした新メディアブランド「#SHIFT」を立ち上げた伏見学が、地方での実体験に基づくテレワークへの本音を聞いた。(2018/12/5)

ヘソ天寝落ちが無防備かわいい! ハイキングをはりきりすぎて寝落ちしたワンコに癒やされる
全開のヘソ天寝落ち。(2018/11/25)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第12話:安全な製品(後編)
インシデント対応をいっとき離れ、温泉に繰り出したCSIRT。湯船で気分がほぐれたのか、コワモテに見えたメンバーたちが、普段は見せない仕事の本音や弱音を打ち明け始める。その中身とは一体……?(2018/11/16)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第12話:安全な製品(前編)
白熱する捜査を一瞬離れ、温泉に繰り出すことになった「ひまわり海洋エネルギー」のCSIRT一行。温泉街を探検するうち、ふとした話から明らかになったメンバーの意外な過去、そしてあるメンバーの語る「お寺のDX」とは一体……?(2018/11/9)

相撲女子を首ったけに:
「諦めなければ夢はかなう」 豊ノ島との友情が生んだ相撲雑誌
相撲雑誌「TSUNA」が人気だ。編集長は友人の豊ノ島の雄姿に突き動かされ創刊を決めた。独学で「相撲トリビア」を詰め込んだ入門誌を発行し続けた。(2018/11/5)

晴海再開発の名称「HARUMI FLAG」に決定:
五輪選手村跡地の再開発全容、東京の“どまんなか”に5632戸・人口1.2万人の街が誕生
東京・晴海五丁目西地区で、東京オリンピック・パラリンピック大会の選手村跡地を活用する再開発計画の事業名称が「HARUMI FLAG(ハルミ・フラッグ)」に決定した。東京湾に面した都心中央部の広大な敷地13ha(ヘクタール)に、5632戸の分譲・賃貸住宅と商業施設の計24棟を建設し、計画人口1万2000人の新たな街が誕生する。(2018/11/2)

ガチャを引いてお悩み供養!? IT住職がプロジェクションマッピングで煩悩を払う法要が開催
町屋光明寺で、ユニークで幻想的な法要が開催されます。(2018/11/2)

PR:手塚治虫の全400冊が3日間限定で無料読み放題! 全部読み切れるわけがないのでオススメ作品を選んでみた
人間が72時間で400冊読み切ろうなんておこがましいとは思わんかね……。(2018/11/2)

お寺の掲示板がハロウィーンチックに!? 住職「違います“HAPPY HOWRIN(法輪)”です。仏の教えです」
10月31日に住職へ「ハッピー法輪」と言うとお菓子がもらえ……う〜ん、偶然にもハロウィーンと似た催しが(ぼうよみ)。(2018/10/29)

悩める人に寄り添う仏教目指す:
「火渡修行」にビジネス街での瞑想会 シリコンバレーのエリート社員が仏門に転じた理由
順調だった外資系会計事務所の職を捨て仏門に転じた人がいる。ビジネス街での瞑想イベントや子ども向けの“寺子屋”活動などに精力的に取り組んでいる。(2018/10/29)

お坊さんの電力会社「テラエナジー」設立 寺院や檀家に供給 京都
浄土真宗本願寺派などの僧侶が、電力の小売りを行う会社を設立し、来年4月に事業を始めると発表した。人口減少や過疎化で檀家が減り寺の経営が厳しくなるなか、寺と地域住民とのつながりを強化するとともに新たな収入源の確保を目指す。(2018/10/26)

盗撮の意味、知っていますか? 『アサヒカメラ』、スナップ写真の撮影・公開における法的な注意点を徹底解説
肖像権や著作権、プライバシー権など、トラブルを招きやすいポイントを弁護士が解説。(2018/10/21)

「ケンタウロス」の数え方って知ってる? 意外と知らないモノの数え方
ケンタウロスは馬扱いなのか、人扱いなのか……。(2018/10/18)

さっちゃんスマイル! 小林幸子、デビュー当時(10歳)に撮られた美人マネとの2ショットを公開
マネジャーさんとはいまも仲良しなんだとか。(2018/10/16)

詳細は10月25日に公表:
京都の僧侶が立ち上げた企業、電力小売りに参入 檀家減少を事業でカバー
僧侶が設立したベンチャーTERA Energy(京都市)が電力小売り事業に参入することが判明。商材は再生可能エネルギーを中心で、中国地方で展開する。過疎化による檀家の減少をビジネスでカバーする狙いがあるという。(2018/10/15)

夏の思い出 「写真投稿からみる、夏のフォトジェニック観光スポット」はどこ? 
上位10位のうち、神社仏閣が半分を占めており、荘厳な境内や神秘的な空気に包まれた景色に人気が集まったようです。(2018/10/14)

ナムい(南無い)お坊さんに会いに行こう! 浄土宗総本山知恩院がライトアップをノリノリで実施
EDMバリバリのPVも公開と、めっちゃ攻めてる。(2018/10/9)

八ッ場ダム建設で消えゆく長野原町の景色、動画やフリー素材としてネットに残す取り組み
ジモフルとぱくたそと、同町の役場が協力。(2018/10/9)

国上寺がネット上の「炎上」を供養するサイトをオープン 火渡り大祭でお焚き上げして欲しい炎上も募集中
炎上を供養する時代です。(2018/10/3)

1階はキッチン、2階に座席:
バス×食事の「レストランバス」はいかが? 東京でも出発進行
「移動中に食事ができる」と聞くだけで、なんだかワクワクしてしまうが、バスの中で本格的な料理を楽しむことができるサービスがスタートしている。高速バスなどを運営しているWILLERが2年前から始めていて……。(2018/9/23)

京急鉄道が泉岳寺以外の全駅で駅名変更案を公募 見慣れた駅名がごっそり変わる可能性?
小中学生のアイデアで駅名が決まります。(2018/9/19)

新たな「観光名所」:
建設ラッシュの京都の至る所に「仮囲い」……景観との調和難しい中、“秘策”あり
ホテル建設をはじめ、京都市内はあちこちで工事が行われ、現場を囲うおなじみの真っ白な仮囲いも至る所で見受けられる。こうした仮囲いは京都の景観との調和が難しい半面、市の景観条例には違反しない。そんな中、改修工事中の歴史的な建物が、現状に一石を投じる手を打ち出した。(南里咲)(2018/9/18)

延暦寺、平野神社など寺社にも大きな台風被害 参拝中止続くところも
倒木などで被害が出ています。(2018/9/5)

スピン経済の歩き方:
騒動がなくても阿波踊りの観光客は減少した、根深くて単純な理由
徳島の「阿波おどり」をめぐるバトルが世間の注目を集めた。総踊りなどつつがなく行われたが、終わってみれば来場者数は昨年より減少した。「徳島市と踊り手の対立が観光客の足が遠のかせたのでは?」といった指摘が出ているが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。どういうことかというと……。(2018/8/21)

タビジョのスマホ街ある記(韓国 釜山編):全インスタグラマーにおすすめしたい!「HUAWEI P20 Pro」
インスタ映えのポイントは色と構図。そのどちらもかなえるカメラでお勧めしたいのが「HUAWEI P20 Pro」。韓国の釜山で試してきた。(2018/8/16)

スマートスピーカーでお坊さんも呼べる 「Clova」で「お坊さん便」手配可能に
LINEのスマートスピーカー「Clova」に、お坊さん便を呼べる「僧侶手配」スキル登場。「ねぇClova、僧侶手配を開いて」と話しかけると起動する。(2018/8/8)

【マンガ】使い方を考えると分かる「鉛筆が六角形で、色鉛筆が丸い理由」
どちらの形状にもちゃんと理由がある。(2018/8/1)

岩手県ではお盆になるとお墓に昆布を乗せる? 珍しい風習も現地民は「当たり前だと思っていた」
なぜ墓石に昆布なのか。(2018/7/25)

PR:AIを使って早く帰ろう――竹中工務店が建設現場へのディープラーニング導入で目指すもの
(2018/7/23)

全国の“神様分布”地図で一目瞭然 「神さまマップ」ホトカミが公開
天照大神やスサノオノミコトなど、神社が祭っている神様が、全国のどの地域に多いかを地図で確認できる「神さまマップ」が登場。天台宗や真言宗など寺院の宗派がどのエリアに多いか分かる「寺院宗派マップ」も。(2018/7/18)

「この世は地獄」だからプロジェクションマッピング法要 これこそ本来のお寺の姿?
CG映像をお堂の空間いっぱいに映し出し、仏の世界観を伝える寺がある。厳かさとは一線を画す異彩の法要だが、実は最新を取り入れることこそ、お寺本来のあり方に近いのだとか。なぜか。(2018/7/18)

もふもふで甘えん坊な猛禽類? 時々溶けちゃうフクロウの“ガルー”さん 初の写真集が登場!
お散歩に出たガルーさんの姿も収録。(2018/7/16)

地面から突き出た手が「トラウマレベル」 タイの絶景寺院から一瞬で“地獄”に突き落とされた人のツイートが話題
「本当に白くてきれいなお寺だこと!」→「うわあああああああああああああああああ」(2018/7/15)

【マンガ】「古代エジプトには“世界初の自動販売機”があった」って知ってた?
2000年以上前に考案、設置されていたとか。(2018/7/11)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第2話:縄張り(後編)
一般社会で重要性が認識されつつある一方で、その具体的な役割があまり知られていない組織内インシデント対応チーム「CSIRT」。その活動実態を、小説の形で紹介します。読み進めていくうちに、セキュリティの知識も身につきます。(2018/7/6)

落書き、嵐山の竹林など京都の名所で深刻……SNS目的か、立ち入り禁止区域に侵入、問われるマナー
京都の観光客のマナー違反が深刻だ。最近、嵯峨嵐山の竹林で落書きされた100本以上の竹が見つかったが、寺社などでは立ち入りや写真撮影が禁止されている区域へ入り、撮影したりする行為も後を絶たない。(2018/7/5)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第2話:縄張り(前編)
一般社会で重要性が認識されつつある一方で、その具体的な役割があまり知られていない組織内インシデント対応チーム「CSIRT」。その活動実態を、小説の形で紹介します。読み進めていくうちに、セキュリティの知識も身につきます。(2018/6/29)

築地本願寺が立ち向かう“寺離れ”:
ビジネスマン僧侶が挑む お寺が「コンシェルジュ」になろうとする理由
築地本願寺は「開かれたお寺」を目指すプロジェクトを立ち上げた。仕掛け人は、ビジネスマンとしての顔も持つ、代表役員 宗務長の安永雄玄さん。“寺離れ”が進む現状に立ち向かうためにはどうすればいいのか。取り組みとその背景を探った。(2018/6/27)

出版社における電子化の課題、1位は「権利処理の手間」 日本電子出版協会がアンケート結果を発表
電子化を反対する著者には「電子書籍では頭に入らない」といった意見も。(2018/6/21)

“学生花火師”から独学で飴細工職人へ 伝統の世界に革新をもたらした「アメシン」代表が目指すもの
「アメシン」代表の手塚新理さんにいろいろ聞いてみました!(2018/6/20)

月刊乗り鉄話題(2018年6月版):
盛り上がってきました「品川新駅大喜利」 そもそも駅名ってどんな言葉が選ばれる?
新品川、南田町、港南、品田、芝浜……。落語由来の駅名があってもいいじゃない。(2018/6/19)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
人生の岐路での選択肢は右か左かではない――諦めずに一生懸命やるかやらないか
ITはあくまでもツールであり、目的は業務を改革すること。小林製薬では、IT部門とSSCを統合した業務改革センターを中心に、「攻めのIT」の具現化を目指している。(2018/6/18)

自分にだけ見える犬の正体は……? 夏の訪れを感じる漫画「茶色い犬」にゾワッ
「似たような経験をしたことがある」というリプライも。(2018/5/4)

どんな良い人間でも、きちんとがんばっていれば…… 『猫のお寺の知恩さん』のあるセリフが「含蓄ある」と大反響、収録話を無料公開に
セリフのコマが「なんだこの含蓄ある言葉。天才か」とツイートされたところ、5万回近くRTされる事態に。(2018/5/2)

【絶景写真66枚+α】青もみじが美しい初夏の京都で御朱印巡り JR東海「そうだ 京都、行こう。」旅行記
夏の京都も情緒あふれる魅力がいっぱい……!(2018/5/1)

Google、古代遺跡をバーチャル探検できる「Open Heritage」サイト開設
Googleが、世界の古代遺跡の3Dデータを後世に遺すプロジェクトに取り組む非営利団体CyArkと協力し、ミャンマーやダマスカスの寺院などの遺跡のバーチャルツアーを体験できるWebサイト「Open Heritage」を開設した。(2018/4/17)

イーロン・マスク氏のトンネル企業、火炎放射器の次は「レゴのようなブロック」販売へ
イーロン・マスク氏が、Boring Companyの「火炎放射器」の次の製品として、トンネル掘削で掘り出した岩で作った「レゴのようなブロック」を検討中とツイートした。(2018/3/27)

Googleさん:
あの日見た花の名前をGoogle Lensはもう知ってる
GoogleのAI採用画像検索技術「Google Lens」が、私のiPhoneの「Googleフォト」でも使えるようになりました。花の名前やランドマークを当てるのは得意ですが、ワインのラベルを読むのは苦手みたいです。(2018/3/22)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。