ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「親戚」最新記事一覧

「徹子の部屋」で重大発表!? 引退説も飛び出す中、まさかの告知に視聴者ずっこける
引退じゃなくてよかった。(2016/5/26)

間もなく6分の1の採用解禁:
手応えを感じた面接が失敗する理由
就活シーズンもまっさかり。すでに面接を受けている人も多数いるでしょう。今回は、新卒だけでなく転職時の面接でもよくある「感触が良かったのに落ちる」ことにスポットを当てて、その中身を探ります。(2016/5/26)

DAIGO姉の漫画家・影木栄貴、弟夫婦の挙式写真を公開 「レアなスリーショット」も
祖父母もきっと天から見てたはず。(2016/5/25)

ニッチェ江上、出雲大社で神前挙式 親族のみのはずが相方・近藤も「私も身内やろがい」とブチギレ参加
江上さんは平謝りしたそう。(2016/5/24)

「タックスヘイブンはもう古い」と金融のプロは笑った 租税回避とマネーロンダリングの主流はいま
「悪事を隠す方法はいくらでもある」――金融のプロは、パナマ文書以上に深い闇を語り始めた。(2016/5/18)

名状しがたきおねショタのようなもの Web漫画「姉なるもの」がクトゥルフのウ=ス異本の新書を生み出しそう
また罪深きクトゥルフの書が世に放たれる。(2016/5/17)

ジブリ作品手がけたアニメーター、二木真希子さん死去
「風の谷のナウシカ」などに携わっていた。(2016/5/16)

マネーの達人:
新社会人の皆さんへ FPの立場から生命保険のアドバイス
新社会人の皆さんに生命保険についてのアドバイス。本稿では、生保についての大切な知識と考え方をしっかり身に着けてもらえればと思います。(2016/5/16)

「金スマ」でベッキーが中居に明かした本音 涙声で語った「記者会見のウソ」【書き起こし】
番組内でベッキーが語った内容を書き起こしました。(2016/5/13)

山口英氏が死去 初代内閣官房セキュリティ補佐官 JPCERT/CC設立に尽力
奈良先端大教授で、内閣官房の初代情報セキュリティ補佐官を務めたセキュリティ専門家の山口英氏が5月9日に死去した。52歳だった。(2016/5/13)

シンセサイザーの巨匠・冨田勲さん死去
シンセサイザー音楽の第一人者として世界的に知られる作曲家の冨田勲さんが死去した。84歳だった。(2016/5/9)

作曲家・編曲家の冨田勲さん亡くなる 84歳
初音ミクとのコラボが話題になっていました。(2016/5/8)

常に考えているのは「いかに気持ちよく悔しがらせるか」―― 打越鋼太郎×加藤隆生「脱出ゲーム」極限対談【PR】
「ZERO ESCAPE 刻のジレンマ」発売記念、打越鋼太郎 × 加藤隆生 極限対談 「脱出×リアル脱出」編。(2016/5/19)

高井尚之が探るヒットの裏側:
身につけて疲労回復 新たな市場を開拓する「リカバリーウェア」とは?
ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、人気企業・人気商品の裏側を解説する連載。今回は身につけて疲労を回復する「リカバリーウェア」の人気を読み解く。(2016/4/27)

紙の魔術師!? ぜーんぶ紙でできたニット帽と服のクオリティが半端ないぞ!
読子・リードマンの親戚さん?(2016/4/26)

消費トレンドから見る企業戦略の読み解き方:
国内住宅の40%が空き家になる? それでも「空き家ビジネス」が難しい理由
“民泊”を筆頭に盛り上がりを見せつつある「空き家ビジネス」。今後数十年で多くの国内住宅が空き家になると見込まれる一方、日本ならではの課題もある。そのポイントを分析してみたい。(2016/4/25)

「アナウンサーが子どもを無理にどかせた事実なかったと判断」熊本県民テレビ、「ミヤネ屋」取材への批判受けコメント
子どもはインタビューが始まったので自発的に退いたと説明しています。(2016/4/22)

2020年売上高150億円を目指す:
ルネサス、ヘルスケア領域へ本格参入
ルネサス エレクトロニクスは2020年にヘルスケア/医療機器市場で売上高150億円を達成すべく、2016年4月に専門部署を立ち上げ、同市場に対し高付加価値のシステム提案を強化する方針だ。(2016/4/19)

マネーの達人:
友達までできる?! 今どきの代行サービスがスゴイ 
「代行サービス」というのをご存じでしょうか? 現在では家事代行、運転代行、買い物代行などがよく知られています。今回は、バリエーション豊かになった現在の代行サービスについて紹介します。(2016/4/18)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
『天地人』では見せなかった直江兼続のホントの素顔
上杉家の直江兼続といえば、当主の上杉景勝を支えた股肱の臣として活躍しましたが、実はかなりの皮肉キャラだったようです。(2016/4/16)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
善意が裏目に出た「LINEの10分無料通話」 震災時の安否確認はどうすべきか
熊本県で4月14日夜に発生した最大震度7の地震を受け、携帯電話と固定電話あてに電話をかけられる「LINE Out」が1回あたり10分まで無料となり、他社もこの動きに追従した。しかし、回線の混雑を助長するこうした施策は「善意が裏目に出た」と言えるものだ。(2016/4/15)

ドコモ、au、ソフトバンクの主要3キャリアが災害用安否確認サービスの提供を開始 熊本の地震に合わせ
「災害用伝言板」と「災害用音声お届けサービス」が利用できます。(2016/4/14)

英語教科書の「エレン先生」人気は出版元も想定外 なぜあのイラストが採用されたのか、そして初の試みとは
英語教科書「NEW HORIZON」の制作現場に聞いてみた。(2016/4/8)

VRライブプラットフォームも登場:
今、IBMが注目するIoTスタートアップ企業とは?
IBMのスタートアップ支援プログラム「BlueHub」の第2期が終了。IoTなどで事業拡大を目指す5つの企業がサービスの概要を説明した。ヘルスケアやオートバイ、農業などさまざまなアイデアがビジネスになろうとしている。(2016/4/8)

“売れ残り”のレッテルに立ち向かう 中国の独身女性を応援するSK-IIのキャンペーン動画
「周りからの重圧に支配されない人生を」というメッセージ。(2016/4/7)

春の新ドラマ「OUR HOUSE」で芦田愛菜がセーラー服姿を初披露 その成長ぶりに驚く声のほか、なぜか残念がる人も
「おっきくなったな〜」と頭ポンポンしたい(親戚のオジサン的な意味で)。(2016/3/21)

有田みかんのブランド偽装横行? 「食べたらまずかった」……不正利用される段ボール箱、JAは対策に苦慮
有田みかんの偽装販売が懸念されている。「有田みかん」と記された段ボール箱を不正利用したり、生産地がはっきりしないミカンを「有田みかん」としてネットで格安販売したり……JA関係者は対策に頭を悩ませている。(2016/3/17)

ネットワークから漁業まで――ドコモ東北支社の震災復興への取り組み
東日本大震災で東北地方は甚大な被害を受けた。復興は着実に進んでいるものの、震災の風化が懸念されつつある。NTTドコモ東北支社は10日、「ドコモ 東北復興支援の会」を開催し、同社が取り組んでいる復興支援活動を紹介した。(2016/3/11)

SamsungイベントにFacebookのザッカーバーグCEOが登壇 VRの未来を語る
Samsungがバルセロナで開催したGalaxy製品発表イベントにFacebookのマーク・ザッカーバーグCEOが登壇し、「(Facebook傘下のOculus VRの技術を採用する)Gear VRは最高のモバイルVR体験を提供する製品だ」と語った。(2016/2/22)

もうやめて私のライフはゼロよ:
iPhone 6s×iPad Proで結婚式の余興ビデオを制作してみた
28歳筆者の周囲はただいま結婚のピーク。幸せのおすそ分けどころか祝うたびに私のHPが削られている気がします。(2016/2/10)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2016年1月版:
「LINE」に「Webカメラ」、のぞき見られた1月
世間では「不倫騒動」でも、セキュリティクラスタにとっては「情報漏えい事件」なのでした。そして突然再燃した「Webカメラのぞき見問題」に、連続する「アノニマスのDDoS攻撃」。年明けから騒がしかった2016年1月のセキュリティクラスタを振り返ります。(2016/2/10)

歯科矯正、レーシック、禁煙治療――これって医療費控除の対象? Q&A25選
サラリーマンでもしっかり確定申告し、活用したい医療費控除。対象になるもの、ならないものをQ&A形式で解説します。(2016/2/9)

SNSの「子ども写真」、賛否分かれる結果に
(2016/2/9)

旅の初心者にオススメ! 刺激的な旅行体験イベント「旅サミット」へ行ってみた
各国の料理を食べられるのがうれしい。(2016/2/4)

トクする申告書の書き方:
会社員でサイドビジネスがある人は――20万円までなら申告不要
会社員で、サイドビジネスの所得が20万円以下なら申告は不要です。(2016/2/2)

新連載・内田恭子の「いつもそばに本があった」:
真っすぐな“子ども心”を失った大人になっていませんか?
キャスターの内田恭子さんにとって「本」は人生の大切な一部だそうです。本から学んだこと、影響を受けたことは数知れず。この連載ではその中で出会った本たちをエピソードとともに紹介します。(2016/1/29)

「妻の暴力が怖い……」増える男性のDV被害 プライド邪魔して相談できず
DV被害者は女性というイメージがあるが、男性が被害を受けているケースが増えている。「男らしさ」というプライドから周囲に相談できず、1人で抱え込んでしまうことも。(2016/1/28)

DDoS攻撃クロニクル(1):
インターネット以前から存在した「DDoS的なもの」――DDoS攻撃の本質と対策を考える
インターネット黎明期から存在しながら、衰えるどころか近年ますます頻発化している「DoS/DDoS攻撃」。単純であるが故に対策が難しいともいわれるこの攻撃には、どうすれば対処できるのでしょうか。DDos攻撃にフォーカスを当て、手法の変遷や実際に発生した事件などの「歴史」を振り返ることを通じてその本質に迫り、有効な対策について考える連載をスタートします。(2016/2/8)

まいんちゃんやはり天使だったもよう 福原遥さんの制服姿がかわいすぎると話題に
かわいさ、極まる。(2016/1/26)

トクする申告書の書き方:
FX取引でもうけたら――確定申告が必要です
FX取引の損益に対する課税は、他の所得とは分離して課税されます。年末調整を受けた会社員で、給与以外の所得がFX取引によるものだけという場合には、年間20万円以下の利益であれば所得税の申告義務はありません。(2016/1/26)

老後は「1人暮らし」が幸せ 家族同居より生活満足
「高齢者のお1人さま生活は、実は幸せなのでは」――1人暮らしの高齢者は家族と同居している高齢者よりも生活の満足度が高く、悩みが少ないという調査結果が明らかになった。(2016/1/22)

トクする申告書の書き方:
年収2000万円超のサラリーマンは確定申告の義務がある
サラリーマンでも年収が2000万円を超えたり、2カ所以上から給与をもらっている場合は、確定申告をしなければなりません。税務署では教えてくれない、確定申告で“トクする”ためのポイントを解説します。(2016/1/19)

税理士目線で提案する「中小企業のマイナンバー対策」:
マイナンバー収集「先送り」「様子見」のワナ
通知カードの配達遅れを受けて、一部で「様子見」傾向が出てきているというマイナンバー対策。収集や管理について「ここで気を緩めてはいけない理由」を確認しよう。(2016/1/13)

ねとらぼレビュー:
隠れた宮崎名物「なんじゃこら大福」は本当に「なんじゃこら!?」だった
地元の人に愛される宮崎名物「なんじゃこら大福」は、食べると思わず「なんじゃこらー」と言ってしまうお菓子だった。(2016/1/12)

先進企業のマイナンバー対応:
PR:攻めのITを目指すソレキアが導入を決めた「リスクも負担も低減」できるソリューションとは?
お客様の期待と信頼に応えるICTサービスインテグレータのソレキアは、クラウドを活用し、重要な個人情報である従業員のマイナンバーを社内に「持たない」選択をした。さらにマイナンバーを取り扱う業務においてクラウドへの入口となる”PC”のセキュリティ強化を図るために選択したのが、富士通マーケティングの「AZBOX マイナンバー業務システム連携PC」だ。(2016/1/14)

「ウルトラマンゼロとセーラーマーズが結婚」 北川景子・DAIGO結婚に特撮ファンも反応
最強カップルかもしれない。(2016/1/11)

SYSTEM DESIGN JOURNAL:
FinFET革命がコンピュータアーキテクチャを変える
FinFETの登場により、ムーアの法則はまだ継続される見通しです。ですが、それで全てが解決するわけではありません。FinFETの登場が、大きなSoCを自律的な機能ブロックに分割するという方向に導く結果となるでしょう。(2016/1/5)

真っ白な「鏡餅」は、新年が宿る場所♪ いまから飾ってもOKなんです
なぜ家の中にあの平たい雪だるま型のおもちを飾るのでしょう?(2015/12/29)

”ニンジャ”と命名された上に「艦これ」の「駆逐ロ級」そっくり 新種のサメがネタの宝石箱やー
アイエエエ!? ロ級!? ロ級ナンデ!?(2015/12/25)

PR:ケータイユーザーの70代義父が「らくらくスマートフォン」でゲームに挑戦した結果……
富士通の「らくらくスマートフォン」では、ユーザー同士が交流したりゲームを楽しんだりできる「らくらくコミュニティ」を利用できる。今回注目したのが「ゲーム」。スマホを使ったことがない70代の義父にらくらくスマートフォンを渡して使ってもらった。(2015/12/25)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。