ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「親戚」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「親戚」に関する情報が集まったページです。

衝撃事件の核心:
新幹線殺傷 親子の軋轢で孤立、仕事で挫折し引きこもり…… 親族証言やメモから浮かぶ男の「暴力性」
神奈川県内を走行中の東海道新幹線内で乗客の男女3人が刃物で襲われ殺傷された事件で、小島一朗容疑者(22)は県警の調べに「むしゃくしゃしてやった。誰でも良かった」と供述し、社会への恨みにも言及している。(2018/6/21)

衝撃事件の核心:
「タートルショック」カメ1匹40万円、カワウソ100万円……密輸絶えない希少野生動物
タートルショック−。関係者の間ではそう呼ばれることもあるらしい。直訳すれば「カメの衝撃」だが、意味合いとしては、世界的規模の金融危機「リーマンショック」の使われ方に近い。(2018/6/21)

音声・テキストで安否確認:
大阪府北部で震度6弱の地震 NTT東西と携帯キャリアが「伝言板」開設
近畿地方で地震が発生。これを受け、NTT東西と携帯キャリア3社が「伝言サービス」を開設。音声やテキストで安否を確認できる。(2018/6/18)

これはもう芸術作品! 花が咲き、光り輝くアートなケーキが息をのむ美しさ
食べようにももったいなくて。(2018/6/17)

「男女逆なら良かった」大人の何気ない一言が子どもの心に傷 かばってくれたおばあちゃんの漫画に共感集まる
すてきなおばあちゃんがいてよかった。(2018/6/13)

活動休止から1年:
俳優・小出恵介の個人事務所「夕顔」が特別清算 アミューズに債務1000万円支払い
俳優・小出恵介さんの個人事務所「夕顔」が東京地裁から特別清算の協定案認可を受けた。かつての所属事務所アミューズに1000万円を支払うことで、残債権の支払いが免除されるという。夕顔は過去に小出さん本人が代表取締役を務めていた。(2018/6/12)

東大に入るために「最も重要なもの」を答えなさい――地頭、努力、経済力 受験漫画のブレーンが語る「東大生を作ったもの」
「二月の勝者」(スピリッツ)×「ドラゴン桜2」(モーニング)。東大生ブレーン5人に話を聞いた。(2018/6/12)

葬儀のコンパクト化:
火葬してから告別式 イオンの「夕刻一日葬」は今の暮らしに合う?
イオンライフは、火葬後の夕刻に告別式を行う「夕刻一日葬」のサービスを開始。日中に時間が取れない人も参列しやすくなる。葬儀のニーズはどう変化しているのか。同社に聞いた。(2018/6/11)

「彼女がいないこの世界はよりよい場所」 米地方紙に掲載された辛らつな死亡記事が物議
(2018/6/8)

衝撃事件の核心:
歓楽街のど真ん中に白骨遺体、誰にも気づかれなかった男性の孤独死
都会のど真ん中で人知れず息絶え、しかも2年間も野ざらしにされていた。昼夜を問わず人の往来が絶えない大阪・ミナミ。目抜き通りの御堂筋と交差し、1日数万台が行き交う千日前通りの中央分離帯で5月、白骨遺体が見つかった。(2018/6/5)

「離婚届」や「トイレットペーパーの芯」も メルカリに出品されている意外なモノ
スマートフォンで流行しているサービスや使い方を、イマドキ女子の「美咲」が上司の課長に分かりやすく解説する連載。今回は「メルカリ」の番外編として、に出品されている意外なモノと、その理由をレクチャーします。(2018/6/2)

漫画家・土山しげる氏が逝去、68歳 『喰いしん坊!』『喧嘩ラーメン』『極道めし』などグルメ漫画生み出す
葬儀は家族の意向により親族のみで執り行ったとのこと。(2018/6/1)

3年間で20倍:
沖縄から台湾へ、大学進学者が急増 なぜ?
台湾の大学に進学する沖縄の高校生が急増。学費や生活費の割安感や距離の近さなどが台湾進学を後押しするが、十分な語学力を備えずに入学し、授業についていけず退学する事例も出ている。(2018/5/31)

8年連続顧客満足1位のワケ:
ヨドバシの接客力を支える「すごい教育」
社員の接客レベルや商品知識の深さが評判のヨドバシカメラ。高い接客力を支えているのは社内の教育体制にあった。いったい、どんなことをしているのか?(2018/5/31)

登山家・栗城史多氏の死因は「滑落」 事務所が訂正
21日にエベレストで死去した登山家の栗城史多氏の死因を事務所が訂正。滑落による頭や全身の強打が死因という。(2018/5/28)

残像かな? ハリセンボンうり二つの分身(ダブル)登場にファン「目が動揺」
お前もハリセンボンにしてやろうか!(2018/5/16)

漫画家・黒岩よしひろが逝去、55歳 代表作『鬼神童子ZENKI』など
5月8日に心筋梗塞のため。(2018/5/16)

ビジネスの裏側:
ワコールが「世襲」しなかった理由 31年ぶりトップ交代
ワコールホールディングス(HD)は次期社長に安原弘展副社長(66)が昇格する人事を発表した。創業家以外からは初の起用で、31年前に父親からトップを引き継いだ塚本能交(よしかた)社長(70)は代表権のある会長となる。(2018/5/15)

工場もフル稼働:
出荷量が4年で7倍 ピーチの「龍角散」人気の秘密
青いラベルでおなじみの「龍角散」を飲みやすくした「龍角散ダイレクトスティック ピーチ」がバカ売れしている。従来の龍角散は微粉末の状態で缶に入ったものだが、同商品は顆粒にしてスティックに入れてある。人気の秘密は飲みやすさ以外にもあった。(2018/5/11)

「ハゲタカ」汚名返上!? 後継者難の中小企業が「投資ファンド」に注目
後継者難によって黒字でも廃業を余儀なくされる中小企業が増え、事業承継を円滑に進めることが課題となっている。こうした中、着実に実績を残しているのが投資ファンドの活用による事業承継だ。(2018/5/11)

百貨店、廃れ行く「習慣」にはもう頼れない:
「インスタ映え」はお中元の救世主となるか
大丸松坂屋百貨店が「インスタ映え」を意識した今年のお中元向け商品を発表した。贈答品の習慣が薄れて市場が縮小しているためで、若い女性層を取り込む。(2018/5/9)

絵本作家、かこさとしさん死去 代表作に『からすのパンやさん』『だるまちゃん』シリーズなど
心よりご冥福をお祈り申し上げます。(2018/5/7)

「に、似てる」「美人姉妹だ!」 平祐奈、城田優の妹・LINAと自他共に認める“姉妹”ショット
親戚も認める姉妹感。(2018/5/6)

欧米人のミドルネームはどうやって付けている?
日本にはない風習。(2018/4/27)

根強い男女の役割分担意識:
男女間の所得格差、最大約365万円 「無策なら解消は100年後」
無策なら日本で男女間の所得格差が解消されるまでに100年かかる――アクセンチュアは4月26日、男女のキャリア平等や所得格差についての調査結果を発表した。(2018/4/26)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
鉄人・衣笠祥雄氏は、なぜカープの監督になれなかったのか
元広島東洋カープの衣笠祥雄氏が死去した。71歳だった。2215試合連続出場記録の金字塔を打ち立てた名選手だったのに、なぜカープの監督になることができなかったのか。複雑な人間模様と舞台裏のドラマが激しく交錯していて……。(2018/4/25)

「+メッセージ」を使わない理由、使う理由
SMSを拡張した「+メッセージ」を3キャリアが発表しました。しかし、世の中にはさまざまなメッセージサービスが存在します。+メッセージはどんなシーンで使われるのでしょうか。(2018/4/19)

Googleさん:
Googleのストリートビューで表札をぼかしてもらいました
Googleマップのストリートビュー、人の顔と車のナンバープレートは機械学習の自動ぼかしアルゴリズムでぼかされていますが、表札は意外とそのままです。Googleさんにお願いして、叔母の家の表札をぼかしてもらいました。(2018/4/13)

「お父さん、コスパの『パ』ってなに?」 女子高生から見たIT業界
娘「なんでバランスボールに座ってるの?」(2018/4/7)

いまだにガラケーからスマホに移行できない人たち その理由は?
周囲には、いまだにキャリアメールで連絡しなければならない人がいます。その理由は簡単で、相手がまだ「フィーチャーフォン(ガラケー)」を使っているからです。彼らはなぜスマホに移行できないのでしょうか?(2018/4/3)

開幕戦こいほー! “カープ女子”菜乃花、2018シーズンも「勝利のグラビア」で球団の女神になる
カープ100勝頼んだ。(2018/3/31)

娘の友だちの「くにおくん」はメカデザイン界のレジェンド・大河原邦男だった ガチモデラーの娘と6年間交友
「機動戦士ガンダム」のメカデザインなどで知られる大御所中の大御所。(2018/3/28)

判決後男は驚きの行動:
高温車内に1歳男児を放置、死亡させた男女の不可思議な関係
「何度も車に放置して大丈夫だったので、危険とは思わなかった」。被告の男は法廷でこう強弁した。(2018/3/23)

『からくりサーカス』、初のテレビアニメ化決定 才賀勝役はプロアマ不問のオーディションで
完結から11年の時をへて、人形傀儡ファンタジーがアニメになる!(2018/3/14)

オタクは日頃から片付けをしておこう! オタク仲間のお葬式での教訓を描いたちょっと切ない漫画
推しグッズも、エロマンガも、一緒に火葬。(2018/3/9)

「白色担当ピロ子」 森口博子、ももクロメンバーとZポーズで20代のテンションに
負けてらんないのよぉ!(2018/2/25)

亡くなったおばあちゃんへのステキな贈り物  氷川きよしさんの温かい心遣いを描いた漫画が感動的
なかなかできることじゃない……。(2018/2/23)

ゴボウとご飯がてんこ盛り! 300年以上続く福井の奇祭「ごぼう講」に行ってきた
超大盛りのゴボウ料理とご飯をみんなでパクリ。(2018/2/22)

「小遣いを稼がせてやろうと思った」:
2回の事故で6000万円 家族ぐるみで保険詐欺、14人が画策した悪知恵とは
一家が目指したマネーの総額は1億円近く。家族は団結し、同じ目標に向かって車を走らせた。(2018/2/22)

クローン有田量産計画かな? とろサーモン久保田が投稿した“3つ子の有田”写真が完全にドッペルゲンガー
世の中は広いな。(2018/2/19)

超・営業力:
コンシェルジュはどこで仕事をしているのか ホテルの中だけでなく
ホテルのコンシェルジュといえば、お客さんのリクエストに応える――といったイメージが強いが、実際はどのような仕事をしているのだろうか。新宿ワシントンホテルで活躍している平野敏美さんに、コンシェルジュに必要なスキルなどを聞いた。(2018/2/13)

「恋愛関係でもあります」 事務所独立の小泉今日子、“人間としてのけじめ”と豊原功補との関係について言及
豊原さんもサイト上で説明。(2018/2/1)

ITりてらしぃのすゝめ:
「個人情報」の意味、知ってますか? Tカード、Suica、マイナンバーで考える「個人情報の危うさ」
「個人情報なんて公開されても別に影響がない」「住所や名前がなければ個人情報じゃないでしょ」――そうした考えは危険かもしれない。マイナンバーやTカード会員情報などを題材に、「個人情報の危うさ」について考えていきたい。(2018/1/31)

2018年のお年玉事情は? もらった額は小中学生平均で約2万4000円、使い道は「貯金」が37.7%でトップに
なお、全額を自由に使える子は35.2%、1円も使えない子が13%。お金の管理に厳しい親が多い?(2018/1/31)

スピン経済の歩き方:
なぜ女子中高生は「韓国カルチャー」にハマったのか
「10代の若い女性を中心に『韓流ブーム』が起きつつある」というニュースが話題になっている。「本当なの?」「自分の周りにそんな人はいない」と思われたかもしれないが、なぜ日本の女子中高生は韓国カルチャーにハマったのか。その裏には……。(2018/1/23)

凄惨な室内を公費で清掃:
「パパのためにも住みたい」父殺害された遺族、現場の自宅に
犯罪被害者支援の一環として、殺人など凶悪事件の現場となった自宅など住環境を元通りにするため、ハウスクリーニングを行う費用を、公費から支出する動きが全国の警察で広がっている。(2018/1/22)

AWSとクラウドの将来
AWSのジャシーCEOが語った、大企業がマルチクラウドに取り組まない理由
AWS社のCEO、アンディ・ジャシー氏が、ブロックチェーンやAI、マルチクラウドといった話題のテクノロジーについてAWSの取り組みと今後の展望を語った。(2018/1/22)

とうとう5回目! 「このマンガがすごい!」にランクインしなかったけどすごい!2018
虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ! 第88回は、毎年恒例の特別企画。2017年の発表作からUK大おすすめのマンガベスト10を紹介。(2018/1/21)

【マンガ】緊急地震速報に、「ゴジラ」映画音楽が使われる可能性があった
確かに緊急事態っぽさはある。(2018/1/16)

あの会社のこの商品:
47都道府県のポテチが売れている、開発の狙いは?
カルビーは各都道府県ならではの味を再現したポテトチップスを発売した。観光客向けのお土産ではなく、地元の住民に向けてつくったという味は、普段ポテトチップス売場に足を運ばない人たちが買っているという。誕生の裏側に迫ってみた。(2018/1/5)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。