ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「東急」最新記事一覧

東京急行電鉄

関連キーワード

東急・伊豆急が新観光列車「THE ROYAL EXPRESS」 伊豆観光の盛り上げ役に
伊豆急行と東急は、2017年夏に運行を開始する観光列車の名称「THE ROYAL EXPRESS」と車両デザインを発表。JR横浜駅と伊豆急下田駅をつなぐ豪華列車で、伊豆観光の活性化を目指す。(2016/11/17)

車内の化粧「みっともない」 賛否両論の東急“マナー動画”、なぜ激しく踊っている?
東急電鉄が9月に始めたマナー向上キャンペーンが乗客以外からも注目を集め、熱い賛否両論を呼んでいる。(2016/11/9)

車内の化粧「みっともない」動画、踊りまくる“謎ヒロイン”の正体は?
東急電鉄のPR動画「わたしの東急線通学日記」シリーズが話題になっている。車内の液晶モニターと特設サイトで動画を流し、駅貼りポスターも展開している。(2016/11/7)

電車で女性が化粧をするのは「みっともない」? 東急電鉄のマナー広告が物議を醸す
「迷惑」ならまだ分かるとしつつも、「みっともない」という主観的な表現が使われていることに対し、意見が割れています。(2016/10/26)

ITmedia エンタープライズ ソリューションセミナー レポート:
便利と安全の両立にどう挑む? 東急リバブルやDeNAが語るモバイル活用とセキュリティ対策の最新事情
企業・組織のスマートデバイス導入では、メールチェックなどから業務システムを使う高度活用ニーズが高まる一方、同時に高まるセキュリティリスクへの対策が大きな課題だ。モバイル活用の先進企業における取り組みや課題解決の最新動向が紹介された。(2016/10/12)

JR東日本・東京メトロ・東急電鉄がアプリで連携 列車走行位置と時刻表の確認がスムーズに
アプリの乗り換えもスムーズに。(2016/10/7)

伊豆急行、東京急行電鉄が国内最大級の観光列車を2017年夏から運行 アルファ・リゾート21を改造
設計、デザインは「ななつ星in九州」「富士山ビュー特急」を手掛けた水戸岡鋭治氏が担当。(2016/10/7)

横浜〜伊豆を結ぶ国内最大級の観光列車が運行へ 伊豆急と東急
伊豆急行と東京急行電鉄はJR横浜駅〜伊豆急下田駅を結ぶ新たな観光列車を運行する。(2016/10/6)

JR東、東京メトロ、東急の公式スマホアプリが連携 走行位置など相互リンク
JR東日本、東京メトロ、東急の公式スマホアプリが連携。3社で協力して利用促進を図る。(2016/10/6)

東急ハンズの手作り作品通販サイトに不正アクセス 個人情報流出の可能性
「ハンズ・ギャラリー マーケット」で861件の個人情報が流出した恐れがあります。(2016/9/30)

東急ハンズの通販サイトに不正アクセス、861人の個人情報流出の恐れ クレカ情報も
東急ハンズの通販サイトが不正アクセスを受け、個人情報861件が流出した恐れがあると判明。一部はクレジットカード情報も含まれるという。(2016/9/30)

ニトリ、都心出店を加速 東急百貨店東横店、上野マルイに新店オープン
ニトリが東急百貨店東横店、上野マルイに相次いで新店舗。(2016/9/23)

FM:
IoTで空室管理を効率化、内覧時に電子錠を遠隔解除
東急グループの3社が自社で所有する賃貸住宅を活用し、IoTを活用した賃貸住宅の空室管理システムの実証試験を開始する。内覧希望があった際に管理会社が遠隔から電子錠を解錠し、立ち会いなく内覧できるようにするなど、空室管理業務の効率化を図る。(2016/9/20)

東急電鉄、駅構内の様子をネット配信するサービス開始 混雑状況をリアルタイムで確認できる
構内の様子を画像で、1分置きに更新。プライバシー保護のため来場者はアイコンに置換される。(2016/9/16)

今、駅は混んでる? 構内の写真、スマホで確認 東急「駅視-vision」正式スタート
駅構内を撮影した写真を画像加工した上でスマートフォンなどに配信する「駅視-vision」(エキシビジョン)が東急線で正式スタートする。(2016/9/16)

東急、スマホで駅の混雑状況が分かる「駅構内カメラ画像配信サービス」を開始
東急電鉄は、日立の画像データ加工技術を活用した駅構内カメラ画像配信サービス「駅視-vision(エキシビジョン)」を10月上旬から東急線の60駅で正式に開始する。利用者は、スマホアプリなどで駅の混雑状況などを視覚的かつタイムリーに把握できるようになる。(2016/9/16)

編集部主催セミナーのお知らせ:
「便利 VS 安全」に答えは? モバイル活用の“先輩企業”が語ります!
業務効率化を進めたいが、やっぱり不安……。日本企業のモバイル利用はまだ序の口、本格活用を妨げるセキュリティの課題をどう乗り越えればいいのでしょうか。東急リバブルとDeNAでの取り組みをご紹介します。(2016/9/8)

東急田園都市線が信号不具合により本数を5割に減らし運行 帰宅ラッシュに大きな影響
原因は究明中。(2016/8/16)

東急電鉄各駅におそ松さんスタンプが登場! 限定グッズがもらえる「おそ急さんスタンプラリー2016夏」開催
「おそ急ワンデーオープンチケット」も発売。(2016/8/2)

変わる銀座 ソニービル消え、東芝ビル跡地には三菱電機が“復活”
電機各社の東京・銀座のランドマークが「世代交代」の転換点を迎えている。ソニービルが建て替え。東芝ビル跡地に月開業した「東急プラザ銀座」では、三菱電機のイベント場が入居した。(2016/7/11)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR九州上場から、鉄道の「副業」が強い理由を考える
JR九州が東京証券取引所に上場を申請した。鉄道部門は赤字のまま。しかし副業のマンションやホテル、飲食店が好調だ。阪急電鉄や東急電鉄の成功以来、鉄道会社は副業とセットで成長してきた。しかしその形態は変化している。小林一三モデルではない、新たな相乗効果を模索する時代になった。(2016/7/8)

勇者気分で出発進行! ドラクエ代表曲「序曲」、期間限定で東急東横線の発車メロディに
「ドラゴンクエストミュージアム」開催を記念して。(2016/7/1)

東急東横線の渋谷駅、あのドラクエ曲が発車メロディーに
東急東横線渋谷駅の発車メロディーとして、ドラクエの「序曲」が期間限定で流れる。(2016/6/30)

西武、東急、東京メトロが有料の座席指定列車 2017年春から
西武鉄道の新型通勤車両「40000系」のロング・クロスシート転換車両を使用。(2016/6/16)

西武や東急、17年春に座席指定列車導入 埼玉〜横浜を結ぶ直通運転
西武と東京メトロ、東急、横浜高速鉄道が2017年春に有料の座席指定列車を導入。埼玉と横浜を結ぶ直通運転を行う。(2016/6/16)

「kintone hive vol.3」レポート【前編】
東急電鉄がシェアオフィス事業でkintone活用、増加する“業務部門主導IT”とは?
業務アプリケーション開発用PaaS「kintone」。東急電鉄がシェアオフィス事業で、ANA成田エアポートサービスが塩漬けのまま更新し続けてきた業務システムの刷新でkintoneを導入した事例をお届けする。(2016/6/9)

伝説の六つ子が東急電鉄に就職!? おそ急(電鉄)さん、出発進行!
エイプリルフールじゃない……だと?(2016/4/3)

日本をテーマにした良品を提供:
ECサイト「藤巻百貨店」が初のリアル店舗を銀座に出店
caramoは、同社が運営するECサイト「藤巻百貨店」の初のリアル店舗を2016年3月31日、東急プラザ銀座にオープンする。(2016/3/29)

お茶の間で駅の混雑状況をリアルタイムに確認!イッツコムが東急線情報を拡充
イッツコムは東急電鉄が提供するアプリ「駅視-vision(エキシビジョン)」の画像を利用し、家のテレビで駅の混雑状況をリアルタイムで確認できるなどサービスを拡充した。(2016/3/24)

東急が駅混雑の様子を配信、個人特定できない処理を施し
東急電鉄が駅構内や改札の様子を映像で配信するサービスの実験を開始する。混雑の様子が確認できながらも、個人を特定できない処理を施す。(2016/2/29)

東急、駅構内カメラ画像の配信実験 画像処理でプライバシー保護
東急は、駅構内の画像をスマートフォンに配信する実証実験を始める。(2016/2/29)

熊本電鉄「青ガエル」最後の1両が引退へ 東急で活躍、50年の歴史に幕
熊本電鉄で運行していた「青ガエル」こと5101A号車が引退する。(2016/1/8)

電気料金の新プラン検証シリーズ(4):
鉄道グループが家庭に供給する電力、月間300kWh超で5%引き
首都圏で鉄道を運行する東急グループが1月1日から家庭や商店を対象に電力の販売を受付開始した。東京電力の現在の電気料金と比べて基本料金・電力量料金ともに安いプランで攻勢をかける。家庭向けは月間使用量が300kWhを超えると5%安くなる。鉄道の定期券とセット割引も計画中だ。(2016/1/7)

ホワイトペーパー:
東急建設が仮想化導入時のインフラ刷新に“指名買い”した10Gbpsイーサネット対応ファブリックスイッチとは?
東急建設は、仮想化・統合ストレージ環境導入に伴い、ネットワーク環境も大幅に強化。10Gbpsイーサネット・ファブリックを指名採用した。シンプルな運用管理と信頼性の向上を実現した同社のインフラ刷新プロジェクトを追う。(2015/10/2)

電力供給サービス:
電力小売りに東急が参入、電力とケーブルテレビのセット販売も
東急は2015年10月1日に東急パワーサプライを設立し、2016年4月から一般家庭に向けた電力サービスの提供を開始する。(2015/9/30)

PR:iPhone 6s/6s Plusケース都内最大級の品ぞろえ! 「原宿のUNiCASE」ならこんなアイテムとも出会えるぞ
ついに発売された「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」。UNiCASE東急プラザ表参道原宿なら、都内最大級の品ぞろえで、自分だけのスマホをコーディネイトできる。(2015/9/25)

客と店のできることが融合? 東急ハンズのiPod touch導入記
ITシステムの内製化などに取り組む東急ハンズが、約2300台のiPod touchによる店舗スタッフ向けシステムを導入した。そこでも同社ならではユニークな発想が込められている。(2015/9/18)

UNiCASEの東急プラザ表参道原宿がリニューアルオープン、iPhone 6s/6s Plus対応アイテムも発売
UNiCASE 東急プラザ表参道原宿が、9月12日にリニューアルオープンした。(2015/9/14)

Pepper:
Pepperが“呼び込んで”“勧誘”、二子玉川でカードを案内
東京急行電鉄は東急田園都市線 二子玉川駅にてロボット「Pepper」による、「TOKYU CARD」の案内業務を開始した。“呼び込んで勧誘”と人間に近い業務をこなす。(2015/9/9)

押し放題!「東急バス降車ボタンキット」8月22日発売
ボイスレコーダーも。(2015/8/6)

雨の日の電車利用でポイント付与 東急が期間限定で 共通ポイントカードも発行開始
東急が「TOKYUポイント」の普及に向けて共通ポイントカードの発行を開始。雨の日に電車を利用するとポイントがもらえる日本初のキャンペーンも行う。(2015/7/22)

ブランジスタ、自社発行の電子雑誌約100冊を無料読み放題アプリで提供
山手線、東急線など7路線の各1編成では中吊り広告をジャックするプロモーションも実施。(2015/6/2)

ロボット開発ニュース:
二子玉川駅でセグウェイツアー、民間主体で初
東急電鉄とセグウェイジャパンは二子玉川駅周辺で、「セグウェイ」を利用したガイドツアーを実施する。「民間が主体となって受ける規制緩和としては全国初の事例」(両社)だ。(2015/4/28)

ドコモ、東急スポーツオアシス会員向け健康サポートサービス「OASIS LINK」提供開始
NTTドコモと東急スポーツオアシスは、フィットネス事業者向け顧客管理サービス「Fit-Link」の機能を利用した会員向け健康サポートサービス「OASIS LINK」を提供開始。(2015/4/23)

ただし18歳以上に限る:
東急がHMDを用いたリアルな運転シミュレーターを開発、GWにたまプラーザで体験できるぞ
東急テクノシステムが鉄道業界初のヘッドマウントディスプレイを使った運転シミュレーターを開発。「たまプラーザ トレインパーク」で体験できる。(2015/4/10)

3カ年経営計画:
「再開発で世界からもっと注目される“SHIBUYA”に」――東急電鉄・野本社長
2020年の東京五輪、2022年の創立100周年に向けて、東急電鉄が事業拡大を加速している。その取り組みを具体的に示す新たな中期3カ年経営計画が発表された。(2015/3/27)

組み込み開発ニュース:
「国内最大級」4Kデジタルサイネージ、パナソニックが納入
パナソニックが「国内最大級」(同社)となる、4K対応 98インチの大画面デジタルサイネージを東急田園都市線 渋谷駅に納入した。(2015/3/24)

女性が活躍&業績のいい企業:
東レ、KDDIなど40社――経産省、「なでしこ銘柄」2015を発表
経産省は女性の登用が進み、かつ業績の良い企業「なでしこ銘柄」40社を発表した。東レ、住友金属鉱山、日産自動車、ニコン、東京急行電鉄、KDDIの6社は3年連続選出となる。(2015/3/19)

ライブやイベントも:
東急とイッツコム、「二子玉川ライズ」に4K対応のスタジオ&多目的ホールをオープン
「二子玉川ライズ」内に4K対応のカメラやプロジェクター、放送設備を有した貸しスタジオ・多目的ホールがオープンする。(2015/3/5)

スマホのスタンプラリーで若い顧客を取り込め――東急百貨店の挑戦
東京・渋谷駅近辺に3店舗を構える東急百貨店。バレンタインシーズンを目前に、スマホを使った店舗間の回遊施策を実施する。同社のオムニチャネル戦略を聞いた。(2015/2/6)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。