ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  U

  • 関連の記事

「UWB」最新記事一覧

UWB測位システムでピッキングカートの動線を可視化:
NICTと富士ロジテック、物流倉庫の作業を効率化
情報通信研究機構(NICT)と富士ロジテックは、物流倉庫に超広帯域無線(UWB:Ultra Wide Band)測位システムを導入し、作業効率を大幅に高めるための実証実験を共同で行った。ピッキングカートの動線を可視化し、カートの経路を最適化することで作業効率を大幅に改善することを可能とした。(2015/8/12)

FAニュース:
まさに“倉庫のカーナビ”、UWBで倉庫内をガイドする支援システムを開発
サトーとシーイーシーは、仮想3Dマップや屋内位置測位システム、バーコード技術を組み合わせた倉庫内物流ナビソリューションを共同開発した。(2015/8/6)

WTP2014 / ワイヤレスジャパン2014:
心拍も検知できるUWBレーダー、離床センサーなどに応用
日本ジー・アイ・ティーは、パルス幅がナノ秒オーダーの短いパルスを使うImpulse Radio型UWB(Ultra Wide Band)レーダーセンサーを展示した。心拍を検知できるほどの高い分解能を持っているので、病院の離床センサーや、運転手の異常を検知する車内モニタリングシステムなどの用途を想定している。(2014/6/12)

WTP2014 / ワイヤレスジャパン2014:
がれき下の生存者を見つけ出す、富士通のUWBレーダー
富士通は、がれきの下の生存者を検知するUWBレーダーを「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2014」(WTP2014)で披露した。UWB信号により、わずか数秒で生存者を検知できるという。(2014/5/30)

実証実験も開始:
30cm以内の精度で測位可能なUWBによる屋内測位システムを開発
情報通信研究機構は、UWB(Ultra Wide Band)を活用した高精度の屋内測位システムを開発したと発表した。GPSなど衛星測位システムが使用できない屋内でも、リアルタイムに30cm程度の小さな誤差で位置測定が行えるという。(2014/5/28)

自由な超音波検査を実現 医療機器ニュース:
UWBでケーブルなくした「世界初」超音波診断装置、シーメンス「ACUSON Freestyle」
シーメンス・ジャパンが、超音波プローブ部と本体との接続ケーブルをなくした超音波画像診断装置「ACUSON Freestyle(アキュソン フリースタイル)」を発表。「ケーブルレスの超音波画像診断装置は世界初」(同社)。無線通信にはUWBを採用した。(2014/4/2)

グリーンハウス、1080p対応のワイヤレスディスプレイアダプタ「GH-WD-HDMI」
グリーンハウスは、UWB方式による高速通信を用いたワイヤレスディスプレイアダプタ「GH-WD-HDMI」を発売する。(2013/5/9)

無線通信技術 UWB:
「スマホ」と「パルス電波」で視覚障がい者の歩行支援、富士通などが開発
情報通信研究機構と富士通が開発した「視覚障がい者歩行支援システム」は、屋内や地下であっても位置情報を取得し、目的地までの方向や距離をナビゲーションできる。「Impulse Radio型UWB」と呼ぶ無線技術を使って実現した。(2012/7/3)

エレクトロニクスで創る安心・安全の社会システム:
第5回 ロシア発ベンチャーが挑む防災/救助支援、UWB技術を最大限生かす
現在、日本国内の複数の企業が人体探索レーダーを製品化しており、その内の1社がロシア発のベンチャー企業「ライフセンサー」である。UWB(Ultra Wide Band)技術を生かし、人の動きや呼吸の状態、レーダーからの距離を測定できる製品を開発した。(2011/6/27)

電子ブックレット:
家庭向け無線映像アダプタを分解、UWBか無線LANか
無線映像技術が出現して、家庭からまた1本ケーブルが減った。スライドショーやゲーム、ビデオ映像など大画面のテレビ受像機が役立つ機会は増えている。現在、市場には性格がまったく異なる無線映像アダプタが存在する。一方は(現在のところ)対応機器が少ないが、簡単に使えるもの。もう一方は、ほとんどのPCで使えるが、使うための準備が面倒なものだ。(2011/2/15)

ウィザージャパン、実売約1万円のワイヤレスオーディオアダプタ
ウィザージャパンは、UWB無線接続を採用したワイヤレスオーディオアダプタ「EZR601PCA」を発売する。(2010/11/15)

デジモノ家電を読み解くキーワード:
「次世代Bluetooth」――UWB見送りでどうなる?
ハンズフリー通話や情報家電間での通信に利用される「Bluetooth」。最大24MbpsのBluetooth 3.0の先、次世代規格の策定に向け数年前からUWBの採用が計画されていたが、60GHz帯への変更が取りざたされている。その周辺事情を解説してみよう。(2009/12/14)

無線通信技術 Bluetooth:
60GHz帯で高速化狙うBluetooth、UWB技術の未来は閉ざされたか
Bluetooth規格の標準化団体である「Bluetooth Special Interest Group(Bluetooth SIG)」は、WiMedia Allianceから取得したUWB(Ultra Wide Band)の技術仕様を利用する計画を見送った。(2009/11/11)

UWB反射波で屋内の人や物を測位 日立が新技術
日立は、UWB電波の反射波の変化を利用して屋内で人や物の位置を測定する技術を開発し、原理の実証に成功した。(2009/2/4)

Mobile World Congress 2008:
クアルコム、LTE+EV-DO Rev.B+UWB対応チップセット「MDM9000」シリーズ発表
クアルコムは次世代通信規格をサポートするチップセット「MDM9000」シリーズを発表。2009年第2四半期の出荷を予定する。(2008/2/11)

レイアウトフリー:
日立、厚さ35ミリの超薄型液晶テレビ“Wooo”「UTシリーズ」を発表
日立製作所は、厚さ35ミリという超薄型液晶テレビ“Wooo”「UTシリーズ」を12月中旬から順次発売する。チューナーとモニターを分離した2ユニット構成。またUWB伝送や壁掛けユニットといったオプションを用意し、テレビの新しい視聴スタイルを提案する。(2007/10/23)

Alereon、UWBチップセット「AL5000」を開発
今月内にαサンプルの出荷を開始するという。(2007/6/19)

見えてきた「ワイヤレスHDMI」の姿
テレビやプロジェクターを接続するとき、HDMIケーブルの長さが足りなくて困ったことはないだろうか。そんな不満を解消するのが、UWBを利用した“ワイヤレスHDMI”。ワイヤレスHDMIの製品化を進めている米Tzero Technologiesのラジブ・クリシュナモーシーCTOに現状と見通しを聞いた。(2007/2/2)

2007 International CES:
Philips、ワイヤレスHDMIアダプタを発売
PhilipsがUWBを用いてHDMIをワイヤレスするアダプタ「Wireless HDMI」を発表。秋にも販売開始されるが、日本の販売は未定。(2007/1/11)

初のUSBワイヤレスハブ、ワイ・イーが発売
USBのワイヤレス化が本格的に進みそうだ。UWBを使ったワイヤレスハブをワイ・イー・データが発売し、今後はPC内蔵型アダプタなども開発していく。(2006/11/1)

ワイヤレスHDMI、登場間近
米Tzero Technologiesとアナログ・デバイセズが、共同でワイヤレスHDMIのデモンストレーションを公開した。UWBを使い、10メートルの距離なら3本のHDストリームを伝送できるというものだ。(2006/9/11)

UWB対応でワイヤレス1394が実現へ
USBと同じように、IEEE 1394もUWBを使ったワイヤレス化が進められている。(2006/8/5)

UWBが国内解禁 Wireless USB登場間近に
10メートル以内の近距離で高速に通信可能なワイヤレス技術「UWB」が解禁される。USBの無線規格「Wireless USB」に対応した周辺機器などが登場しそうだ。(2006/7/13)

Tzero、壁越しのハイビジョン映像伝送を可能にするUWBチップセット
Tzero Technologiesは、ハイビジョン映像の無線伝送を可能にするUWBチップセットを7月より出荷開始する。接続信頼性が高く、パケットエラーにも強い構造。同社ではDVDレコーダーやテレビなどへの搭載を狙う。(2006/6/26)

BluetoothにWiMedia AllianceのUWB規格を統合
WiMedia AllianceのUWB規格「MB-OFDM」がBluetoothに統合されることになった。高品質の映像など大容量データの伝送ニーズに対応する。(2006/3/29)

CSRが目指す「ケーブルのいらない世界」
英Cambridge Silicon Radio(CSR)は、UWBの技術を用いてBluetoothを高速化する次世代チップの開発を発表した。来年後半の接続性テストを目標に開発を進めている。(2006/3/21)

「今年はWireless USB元年に」
USBをワイヤレス化する「Wireless USB」の製品化が年内には始まりそうだ。無線方式としてUWBを採用しているが、国内でも周波数帯の規制緩和にめどがつく見通し。(2006/2/28)

Bluetooth、無線規格同士で協力推進
Bluetooth Special Interest Groupは、競合する無線通信規格のWi-Fi、NFC、UWBと協力して、それぞれの機能やユーザーインタフェースを組み合わせた無線ソリューションを提供する。(2005/12/13)

サイレックス、初のmini-PCI対応UWBモジュール
サイレックス・テクノロジーが、国内初となるmini-PCI対応UWBモジュールを開発した。(2005/9/7)

フリースケールに聞く、“DS-UWB”離陸間近
広帯域を使う近距離高速通信方式UWBの開発が加速している。DS-UWB方式のチップを出荷しているFreescaleに話を聞いた。(2005/7/21)

ワイヤレスジャパン2005:
フリースケール、UWB搭載携帯とZigBeeのデモ
UWB携帯のデモが日本上陸。ZigBeeを使ったマルチホップ転送のデモも行われている。(2005/7/15)

BluetoothがUWBに歩み寄る理由
Bluetooth SIGがゴールデンウィーク中に発表した“UWBとの統合”について説明した。内容は、UWB技術を開発する企業と協力し、将来的に単一のPAN用高速無線を提供するというもの。しかし、現状では大きな課題が残されている。(2005/5/27)

UWB無線規格の標準化作業、時間切れの恐れ
MS、Intel、ソニーなどのWiMedia Allianceと、FreescaleやMotorolaによるUWB Forumという2つの陣営のUMB標準化をめぐる対立が深刻化している。(IDG)(2005/5/17)

BluetoothとUWBの融合目指し開発組織が協力
Bluetoothの開発組織が新たなデータ高速転送技術実現のためUWBの開発者と協力するという。(2005/5/5)

UWB技術の普及を促進〜UWB Forum日本事務局がオープン
UWB Forumが、日本事務局を開設。米UWB Forumが支持するDS-UWB方式に基づいた製品化活動を支援する。(2005/3/29)

UWBは国境を越えられるか?
米国では他国に先駆け、条件付きでUWB製品の販売を許可している。だがこれを世界のほかの地域に輸出する上では、UWBに反対する欧州の通信事業者が大きな障害となりそうだ。(IDG)(2005/3/22)

CeBIT 2005:
地デジ携帯、UWB端末にRF ID携帯も〜Samsungブース
「CeBIT 2005」で、気合が入っていたのが韓Samsungブース。地上デジタル放送携帯やUWB対応端末など、目をひく展示が目白押しだ。(2005/3/14)

2005 International CES:
Freescale、UWB携帯をデモ カメラ画像を瞬時に転送
世界初のUWB携帯がCESに登場した。SDIO型UWBチップを新開発して搭載。携帯のカメラ機能で撮影した画像を瞬時にPCに転送できる。(2005/1/8)

車内ネットワークからUWBまで〜フリースケール ラボを公開
元Motorolaの半導体部門であるフリースケール。自動車向けから無線技術、半導体まで、東京ラボの研究内容を公開した。(2004/12/2)

Motorola端末はFOMA Ready――元半導体部門のフリースケール、UWBやMRAMもデモ
Motorolaから独立した半導体企業のフリースケールは、同社製チップ搭載端末が日本でも動作する様子をデモしてみせた。(2004/9/3)

UWBチップセットに初のFCC認可
米Motorolaの半導体子会社Freescale Semiconductorが、FCCから初のUWB製品認可を受けた。同社の顧客は、米国内での免許不要帯域での利用に向けて、UWBを家電機器に組み込むことができるとしている。(2004/8/10)

見えてきたUWB 〜480Mbpsの「マルチバンドOFDM」チップが描く未来
超高速をうたう“UWB”の具体像が見えてきた。4月8日のIDF Japanでは、「マルチバンドOFDM」のトランシーバチップが実際に披露され、来場者の注目を集めた。夢の技術が、現実のものとなりつつある。(2004/4/8)

TI、インテルなど50社、UWB標準を狙いSIGを旗揚げ
TIやインテル、フィリップスなどが参画する「MultiBand OFDM Alliance」(MBOA)は1月27日、UWB標準化に向けてSpecial Interest Group(SIG)を設立をすると日本で発表した。IEEEのUWB作業部会における標準化競争を優位に進めることが狙い。(2004/1/27)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。