今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2019年12月05日 17時22分 公開

スマホをカバンに入れたまま決済 ドコモとソニーがタッチレス決済の実証実験

NTTドコモとソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズは、12月10日に「おサイフケータイのタッチレス対応」の実用化に向けた実証実験を開始。UWBや無線通信規格とFeliCa技術方式を組み合わせ、ポケットやカバンにスマホを入れたまま決済を可能とする。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモとソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズは、12月10日に「おサイフケータイのタッチレス対応」の実用化に向けた実証実験を開始する。期間は2020年1月末までの予定。

キャッシュレス決済での使用例 キャッシュレス決済での使用例

 現在のおサイフケータイでは近距離無線通信規格「NFC」を利用し、スマートフォンを読み取り機にかざすFeliCa技術方式のサービスが利用可能だ。本実験では新たに高精度な測距技術「UWB」やBluetoothなどの無線通信とFeliCa技術を組み合わせ、ポケットやかばんにスマートフォンを入れたまま決済できるサービスを目指す。

 利用者を特定するため、スマートフォンと読み取り機器との距離や角度を測定し解析する技術を利用。スマートフォン側のシステムはドコモ、読み取り機器側はソニーが構築し、構築UWB導入には半導体メーカーのNXP Semiconductorsの技術協力を得ている。

「おサイフケータイのタッチレス対応」実証実験のシステムイメージ システムイメージ

 本実験は2020年1月23日〜24日の期間、東京ビッグサイトでNTTドコモが開催するイベント「DOCOMO Open House 2020」で一般公開する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう