ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「自動販売機」最新記事一覧

スマホ充電器、街中の“自販機”でシェアサービス 48時間200円で日本上陸
持ち運び可能なスマートフォン充電器シェアリングサービス「ChargeSPOT」が日本に上陸。まず渋谷区を中心に、4月中に120カ所で展開する。利用料金は1時間100円から。(2018/4/19)

東京駅の自販機で「売り切れ」続々発生も「頑張れ!」「もっとやれ」の声 背景にサントリーグループの残業代未払い問題
ブラック企業ユニオンや、順法闘争に参加しているジャパンビバレッジの社員にも話を聞きました。(2018/4/19)

懐かしのカードダスを回し放題 1988年に登場した「カードダス20自販機」を再現したミニチュア版がプレミアムバンダイで発売
「カリカリ」なハンドル音も再現されています。(2018/4/1)

HI-Cやサンキストの自販機を朽ち果てたように再現 精密なミニチュアが忘れかけた思い出を呼び覚ます
日常の中であまり気にとめられない物をミニチュア化。(2018/3/16)

自動販売機の「硬貨を何回入れても戻ってくる」現象ってどうして起こるんですか? メーカーに聞いてみた
本物のお金なのに、なぜ使えん……。(2018/3/15)

その場で作ってプレゼント:
自販機で結婚指輪が買える 設置の狙いは「24時間対応」
24時間いつでも結婚指輪を購入できる自動販売機を設置した店が、3月10日にオープンする。アクセサリーブランドを展開するJAM HOME MADEの新店舗だ。自販機で指輪を販売するのはなぜか。(2018/3/10)

アメリカで人気沸騰のエナジードリンク「キックスタート」が4月10日発売へ 自動販売機限定
味はグレープ果汁味。(2018/3/9)

駐車場の自販機でWi-Fi提供 三井のリパーク
訪日観光客などが使える無料Wi-Fiを提供する自動販売機が、東京都豊島区の「三井のリパーク」駐車場に登場。観光客の利便性向上、災害支援に役立てる。(2018/3/2)

ボタンを押したらモッフモフのキツネ霊が!? 客を暖かく癒やす自販機の漫画に「それどこ欲しい」の声
「つめた〜い」「あったか〜い」「こや〜ん」(キツネの鳴き声)(2018/3/3)

自販機の普及台数、年間500万台を割り込む 販売効率重視で
2016年の自動販売機の普及台数が500万台を割り込んだ。飲料メーカーが台数増よりも1台当たりの販売効率を重視したため。一方、販売効率を向上させる“ネットにつながる”自販機が増えている。(2018/1/31)

市民の声「救急隊が自販機の飲み物をゴクゴク。これってアリ?」がネット上で物議 大阪市「今回はアリな状況」
似た事例では「消防車はうどん屋に立ち寄っていいのか」と賛否両論になったことも。(2018/1/9)

「自販機のサンプルが動き回っていたので調査したら頭がおかしくなりそうになった」 自販機の怪現象を全力調査したブログが話題に
気になりすぎる。(2017/12/26)

竹達彩奈のボイス付き自販機が登場! “ヤンデレあやち”が本当の冬を運んできそう
ひえっ……。(2017/12/13)

帰宅時間の「癒やし」に焦点:
なぜケーキを飲み物に?「飲むショートケーキ」を飲んでみた
ダイドードリンコは11月28日から、JR東日本の自販機向け新商品「コクGrand time ふって飲む甘美なショートケーキ」を販売する。ビジネスパーソンが帰宅時間に求める「癒やし」需要を狙う。(2017/11/21)

飲むショートケーキだと? 「ショートケーキ」を再現したドリンク、JR東日本のエキナカ自販機に登場
疲れた時に飲みたい。(2017/11/12)

「世にも奇妙な物語」の自販機が渋谷センター街に突如出現 指示通り穴に手を入れると……?
てけれれれってけれれれれーてけれれれっれっれてけれれれー……。(2017/9/29)

セブン-イレブンが自販機事業参入 2017年度中に100台まで拡大
おにぎり、サンドイッチ、パンなどを中心にした店頭と同じオリジナル商品を販売。(2017/9/20)

17年度中に全国100台目指す:
セブンの食品が買える自販機が登場 学校・企業に導入
セブン―イレブン・ジャパンが、「セブン―イレブン」で取り扱っている食品類を販売する自動販売機「セブン自販機」のテスト設置を始めると発表。(2017/9/19)

水曜インタビュー劇場(小腹空いた公演):
ファミマの「自販機コンビニ」がどんどん増えている理由
「自販機コンビニ」が増えている。ファミリーマートが運営しているモノで、オフィスなどを中心に設置している。自販機でパンやおむすびなどを購入することができるが、どういった商品が売れているのか。担当者に聞いた。(2017/9/13)

ビジネスの成功の基盤
「仮想化の自動販売機」としてのハイパーコンバージドシステム
複雑なIT運用を簡素化して豊富なデータ管理サービスを提供するハイパーコンバージドシステムは、企業のデジタル改革を支え、ビジネスの成功を支える確かな基盤となる。(2017/8/23)

ホットペッパーとコラボ、ゲーム配信:
ダイドー、スマホ連動型自販機に注力 若者呼び込み
ダイドードリンコが、スマホと連動する自動販売機「Smile STAND」を活用した情報配信サービス「Smile Town Portal」を始める。若年層を中心に普及が進むスマホと連動したキャンペーンを展開し、伸び悩んでいる若手顧客を獲得する狙いがある。(2017/8/17)

ドリンク購入で情報発信 ダイドードリンコの「未来型自販機」とは
ダイドードリンコは9月4日から、飲料を購入したユーザーのスマートフォンに情報発信するサービス「Smile Town Portal」を始める。(2017/8/17)

ダイドー、自販機と連動する「ザ キング オブ ファイターズ」アプリを開発 ガチャ演出まで自販機だあ!
飲み物の購入時にもらえるポイントをゲーム内のコインに交換し、アイテムやキャラクターを入手可能。(2017/8/10)

同じ自販機を毎日のように観察する謎ブログ、13周年目前で更新終了を発表 自販機が撤去されたため
運営意図がまったく分からないブログとして知られていました。(2017/8/10)

喉が渇いたのかな? 自販機にペタッと張り付きカルピスを眺めるカエルさんが猛暑を伝える
夏の思い出に欠かせない飲み物。(2017/8/10)

“自販機連動”スマホ格ゲー登場 「KOF」とダイドーがコラボ、飲料買ってキャラ育成
KOFのキャラが登場するスマホ格ゲーがダイドーから登場。自動販売機で飲料を買って手に入れたポイントでキャラを育成できる。(2017/8/10)

半径300メートルのIT:
これは便利! 海外旅行で見つけた“意外なモノ”の自動販売機
久々の海外旅行で、ちょっと面白い自動販売機を見かけました。購入したモバイルバッテリーで充電が終わり、空になったら、この自動販売機に入れることでまた満充電のバッテリーが手に入るのです。また、帰国後に余った外貨を電子マネーに変えてくれる自動販売機も初めて体験しました。(2017/7/25)

伊藤園の「ピカチュウ自販機」動画が公開 やたら陽気な歌とぴょこぴょこダンスで中毒性がすごい
たくさん集まって踊ってかわいいピカチュウ!(2017/7/16)

冷却シート代わりにいかが? USB充電で何度も使える「どこでも冷却スティック」がほてった体に気持ちよさそう
24℃の室内で使うと、自販機の缶ジュースくらいの温度に。(2017/6/20)

あのころお世話になった「エロ本自販機」のトークイベントが大阪で 数年がかりで全国調査したルポの発売記念
あれって、誰が何のために管理してたんだろう……。(2017/6/9)

「忘れ物の傘」無料貸し出し 自販機に備え付け ダイドーが東京などで
ダイドードリンコが、忘れ物の傘をリサイクルし、自販機などに備え付けて無料で貸し出すサービスを、関東エリアと愛知県で始める。(2017/6/8)

組み込み開発ニュース:
IoT対応「見守り自販機」が地域情報をリアルタイムに“つぶやく”
情報通信研究機構は、アサヒ飲料と共同でIoT対応の「見守り自販機」の実証実験を2017年6月から順次実施する。見守り自販機は、リアルタイムな地域情報を“つぶやく”ことができる。(2017/6/8)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
仮想化が目指すのは「自動販売機」、数クリックで仮想マシンを生成・管理
アプリケーションが急増し、IT部門の負担が高まる中、企業には仮想化環境の効率的な導入・運用が求められている。単に構築が容易なだけでなく、仮想マシンを自動販売機のように生成・管理するクラウドレベルの効率化が必要だ。(2017/5/26)

Wi-SUNを活用したメッシュネットワーク:
アサヒとNICT、自販機100台をIoT化する実証実験 見守りサービスへの応用探る
NICTとアサヒ飲料が東京都墨田区で、街中の自動販売機を活用した地域IoT無線ネットワークの実証実験を行う。Wi-SUNを活用し、見守りサービスなどへの応用可能性を探る。(2017/5/25)

「この先注意!」 交通安全情報などを自販機がつぶやくIoT対応「見守り自販機」
国立研究開発法人情報通信研究機構とアサヒ飲料が共同で、IoT対応「見守り自販機」の実証実験を発表した。(2017/5/23)

自販機から子どもや高齢者の位置特定「IoT見守り」、渋谷区で実証実験
高齢者や子どもにビーコン(発信器)を持たせ、近くの受信器で位置情報を把握する「IoT見守りサービス」の実証実験が、渋谷区で始まる。(2017/5/17)

ミニカーではありません! 自動車の自販機がシンガポールに登場
世界一高価な自販機かも。(2017/5/16)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
きっぷをカプセルトイで売ってはいけない、なぜ?
JR北海道の新十津川駅で、地元有志が鉄道ファン向けにきっぷを販売した。JR北海道から正式に購入し、「ガチャガチャ」などと呼ばれるカプセルトイの自販機できっぷを販売するというユニークな手法で話題になったが、JR北海道から中止を求められた。これは観光ビジネスにとって教訓になりそうな事例だ。(2017/5/12)

稼働すること17年 山梨にある「あんこの自動販売機」に驚きの声、設置したお店に話を聞いた
意外な需要と意外な供給方法により成り立つ一風変わった自動販売機。(2017/4/26)

キリン×LINEの「Tappiness」:
「LINEとつながる」キリンの自販機 狙いは?
キリンビバレッジバリューベンダーとLINEが手を組んだ新自販機サービス「Tappiness(タピネス)」がスタート。首都圏と近畿圏から順次展開し、1年後には2万台を見込む。両社の狙いとは?(2017/4/14)

手作り折り紙を10円〜50円で販売 田舎の商店にある「折り紙自販機」はこんないい人が折っていた
なんか、憧れる。(2017/4/10)

暑い夏場にうれしい従来より4℃低い強冷自動販売機がアサヒ飲料から登場
年内5500台の設置を目指す。(2017/4/8)

炭酸飲料が爽快に:
めちゃ冷え自販機、アサヒ飲料が設置 従来比4度低く
庫内温度を従来から4度下げ、約1度の「強冷」で飲料を提供できる自動販売機をアサヒ飲料が設置する。(2017/4/7)

CeBIT 2017:
サムズアップでドリンクゲット! 富士電機の最新自販機はインタラクティブ
富士電機は、「CeBIT 2017」において、デジタルサイネージを搭載する最新型自動販売機のコンセプトモデルを展示した。ステレオカメラを用いた画像認識システムで、顧客の表情や視線、体の動き、年齢、性別などを認識できる。(2017/3/27)

プレゼント機能も:
自販機がこれからも進化する理由
スマートフォンアプリで飲み物を買ったり、プレゼントしたりできる自販機が東京駅に設置された。飲料の売り場として、昔から変わらない役割を担い続ける自販機。なぜ変わろうとしているのか。(2017/3/15)

シュークリームは飲み物 永谷園から「ビアードパパの飲むシュークリーム」発売
3月21日にエキナカ自販機acureで先行発売。(2017/3/14)

現金投入口なし、スマホアプリで買う自販機 JR東WBが投入 「伸び悩む市場への試金石」
現金投入口がなく、スマホアプリでドリンクを事前購入する「イノベーション自販機」をJR東日本WBが開発。東京駅を皮切りに、首都圏の駅構内に約20台を設置する。(2017/3/14)

Snap、動画撮影メガネ「Spectacles」を米国でオンライン販売開始
若者に人気のSNS「Snapchat」を手掛けるSnapが、これまで神出鬼没の自販機でしか購入できなかった10秒動画撮影メガネ「Spectacles」(129.99ドル)のオンライン販売を米国で開始した。(2017/2/21)

出張ついでにガシャポンやっちゃう? 世界最大級のガシャポンショップ 3月1日東京駅にオープン
カプセル自販機約100台を設置予定。(2017/2/21)

あの「だしの自販機」の実力を徹底検証! だし料理を作って、食べて、食べて、食べまくる!
想像以上においしかった。(2017/2/15)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。