ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ビデオコーデック」最新記事一覧

関連キーワード

Enterprise IT Kaleidoscope:
Windows 10のEdgeブラウザ、Anniversary Updateでどう変わる?
Windows 10の標準ブラウザとなる「Edge」は、当初こそ荒削りだったが、Anniversary Updateで大きな進化を見せるようだ。その姿とまだ不十分なところとは?(2016/6/14)

「Firefox 47」安定版リリース 同期タブ表示のサイドバー追加や13項目の脆弱性修正
MozillaがWebブラウザ「Firefox」をバージョン47に更新した。複数端末で開いているタブを一覧できるサイドバーの追加やVP9のサポート、「最高」2項目を含む13項目の脆弱性修正などが行われた。(2016/6/8)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Atomに見切りを付けたIntel 安価なWindowsタブレットは存続の危機か?
Intelはスマートフォン/タブレット向けの次期Atomプロセッサをキャンセルすると発表。同社の戦略変更は、Windowsデバイス市場にも大きな影響を与えそうだ。(2016/5/11)

SkypeのWebアプリ(プレビュー)、Edgeでプラグインなしで動画通話可能
Microsoftが、Windows 10のEdgeブラウザでSkype.comにアクセスするだけでグループ動画通話もできる「Skype for Web」(プレビュー版)を発表した。(2016/4/18)

RZファミリや、R-IN+人工知能も:
「Synergy」の開発事例を展示――ルネサス
ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は、2015年12月10日開催したプライベート展「Renesas DevCon Japan 2015」で、同社の「Synergyプラットフォーム」を活用したソリューションや、ゆがみ補正エンジンを搭載した画像認識など、多数のデモを展示した。(2015/12/15)

SYSTEM DESIGN JOURNAL:
サブシステムIPがチップの境界を越える
サブシステム規模のIP(サブシステムIP)はSoCはもちろん、FPGAにまでも影響を与えています。素晴らしい取り組みですが、さまざまな注意点も存在します。スムーズな実装を行うための4つの注意点について述べます。(2015/12/14)

「自動運転レベル2、3を超えることができる」:
ルネサス 自動運転車の頭脳となる次世代SoC発表
ルネサス エレクトロニクスは2015年12月2日、車載情報システム向けSoC「R-Carシリーズ」の第3世代品を発表した。2018年以降に市販される自動車への搭載を見込んだ製品群。第1弾製品として同日、サンプル出荷を開始した「R-Car H3」は“自動運転時代のSoC”と位置付けたハイエンド品で、最先端となるTSMCの16nm世代FinFET+プロセスを採用し、高性能な処理能力を盛り込んだ。(2015/12/2)

ドローンや車載用カメラの撮影も高画質に:
4K動画にも対応、ソシオネクストの画像処理LSI
ソシオネクストは、4K動画などに対応するイメージングプロセッサ「M-8Mシリーズ(MB86S27)」の量産出荷を始めた。ドローンやドライブレコーダ用カメラなどの用途に向ける。(2015/10/26)

両社のCEOは兄弟:
中国VeriSiliconが米Vivanteを買収へ
中国のIPプロバイダーでカスタム半導体の設計サービスも手掛けるVeriSiliconは2015年10月12日、米GPU IPベンダーVivanteを買収すると発表した。買収を通じ、自動車市場でのビジネス強化などを図る方針。(2015/10/15)

Enterprise IT Kaleidoscope:
Windows 10のアップグレード、企業向けのLTSBとは?
OSのアップグレードに関する仕組みがWindows 10から大きく変わった。頻繁な更新を望まない企業ユーザー向けに用意される「Long Term Servicing Branch」とはどのようなものだろうか。(2015/9/29)

HEVCに先制攻撃?:
Googleら7社が動画フォーマットの開発で団結
GoogleやIntel、Microsoftなど7社が、次世代動画フォーマットの開発を目指すべく、「Alliance for Open Media」を設立した。MPEG LAが規格化しているHEVCに真っ向から勝負を仕掛けることになるのだろうか。(2015/9/4)

組み込み開発ニュース:
イーソルの機能安全対応「eT-Kernel Platform」、ルネサス「RZ/Gシリーズ」をサポート
イーソルの機能安全対応TRONベースソフトウェアプラットフォーム「eT-Kernel Platform」がルネサス エレクトロニクスのHMI向けASSP「RZ/Gシリーズ」をサポートした。(2015/4/30)

プロセッサ/マイコン:
UIの表現力向上で機器の新たな価値を創造、ルネサスのHMI用ASSP
ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は、高度な画像処理性能によりUIの表現力を向上させるためのHMI用ASSP(特定用途向け標準IC)「RZ/Gシリーズ」を発表した。フルHD映像や3Dグラフィックスの表示はもとより、複数の動画処理や顔認証機能なども実現することができる。(2015/4/30)

組み込み開発ニュース:
3Dや複数動画処理に対応「RZ/Gシリーズ」、ルネサスがサンプル出荷
ルネサス エレクトロニクスがHMI(Human Machine Interface)アプリケーションに向けてグラフィックスやマルチメディア関連機能を強化したASSP「RZ/Gシリーズ」をサンプル出荷する。(2015/4/28)

FPGA:
「大切なのはロジックセルの数ではない」、ザイリンクスが16nmプロセスFPGAの詳細を発表
ザイリンクスが16nmプロセスFPGA「UltraScale+」の提供を開始する。ハイエンド「Virtex UltraScale+ FPGA」とミッドレンジ「Kintex UltraScale+ FPGA」、FPGA SoC「Zynq UltraScale+MPSoC」を用意し、ワット当たりのパフォーマンス向上を狙う。(2015/2/24)

YouTube、メイン再生プレーヤーをFlashからHTML5にようやく移行
YouTubeが、2010年からテストしていたHTML5ベースの動画プレーヤーをFlash Playerに換えてデフォルトプレーヤーにしたと発表した。(2015/1/28)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
2014年最後の「Windows 10 Technical Preview」アップデート(Build 9879)はどこが進化したか?
Windows 10の開発早期β版「Windows 10 Technical Preview」が2度目のアップデートを行った。その改善点と問題点をまとめてチェックしていこう。(2014/12/2)

Intelとパナソニックの14nmプロセス製造契約の行方は?:
富士通とパナソニックのシステムLSI事業統合に関する“6つの疑問”
富士通とパナソニックは、2014年内に両社のシステムLSI事業を統合して新会社を設立する。ただ、この新会社は、どのようなシステムLSIをどのように製造し、どうやって利益を上げていくか、あまり明らかにされていない。そこで両社に“6つの疑問”を投げかけた。(2014/8/8)

Synology、フルHD動画のハードウェア変換が可能な4ベイNAS「DiskStation DS415play」
アスクはSynology製の4ベイNAS「DiskStation DS415play」を8月中旬に発売する。フルHD動画をハードウェアで変換し、デバイスが対応する形式で再生可能だ。(2014/7/25)

サンコー、フルHD動画対応のカメラ付き水中ゴーグルを発売
HD画質で撮影できるカメラ付きの水中メガネをサンコーが発売した。(2014/7/7)

DRM、ストリーミング、ネイティブ/HTML5の高い技術力が必要:
PR:オープンストリームがChromecast対応iOS/Androidアプリ開発技術を確立できた理由
(2014/6/20)

iVDR EXPO 2014:
iVDR規格が”4K“と“ハイレゾ”をサポート、高付加価値パッケージ販売に意欲
iVDRコンソーシアムは、iVDR規格がパッケージビデオ販売を想定した4K記録に対応したことを明らかにした。音声は最大192kHz/24bitのリニアPCM(最大7.1ch)まで利用できるため、ハイレゾ音源の流通手段としても活用できそうだ。(2014/5/30)

ニコ動がH.265に対応 圧縮率2倍でトラフィック緩和期待
ニコニコ動画で今夏ごろから新動画コーデック「H.265/HEVC」による配信が始まる。圧縮率が2倍に高まっており、トラフィックの緩和が期待できるという。(2014/5/21)

ESEC2014 速報:
8K対応H.265ソフトデコーダのデモを公開――テクノマセマティカル
テクノマセマティカルは、「第17回 組込みシステム開発技術展(ESEC2014)」(会期:2014年5月14〜16日)で、最新ビデオコーデック規格「H.265/HEVC」で圧縮された8K(7680×4320画素)ビデオのソフトウェアデコードのデモを行った。(2014/5/15)

「Firefox 28」の安定版リリース 「最高」レベルを含む18の脆弱性に対処
Firefoxの最新版は、任意のコードを実行される恐れがある「最高」レベルの4件を含む18件の脆弱性に対処した他、VP9やOpusのサポート、Mac版では「通知センター」のサポートなどが追加された。(2014/3/19)

2014 International CES:
規格を超える4K画質へ、新生「ドルビービジョン」とは?
米Dolby Laboratoriesが「DolbyVision」(ドルビービジョン)を発表した。画質面で放送を大きくしのぎ、標準規格の枠にもとらわれない高画質の動画配信サービスが登場するかもしれない。(2014/1/14)

ワンプッシュで簡単録画の「HDMIフルHDビデオキャプチャーボックス」、サンコーから
サンコーは、HDMIとアナログの入力を持つビデオキャプチャーボックスを発売した。映像を流しながら「REC」ボタンを押すだけの簡単操作が特長。(2013/11/26)

EE Times Japan Weekly Top10:
決算期のルネサスに注目集まる
EE Times Japanで先週(2013年10月26日〜11月1日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2013/11/5)

CiscoとMozilla、H.264のオープンソース化とFirefoxでのサポートを発表
Ciscoが、ビデオコーデック「H.264」の実装をオープンソース化し、モジュールを無償で提供すると発表した。MPEG-LAへのライセンス料はCiscoが負担する。(2013/10/31)

ビジネスニュース 企業動向:
ルネサス、ライセンスビジネスを強化――HEVC/H.265ビデオコーデックIPを発売
ルネサス エレクトロニクスは、IP(Intellectual Property)技術を提供するライセンスビジネスを強化する事業方針を明らかにするとともに、同方針に基づき最新の動画像符号化方式HEVC/H.265に対応したビデオコーデックIPを2013年11月から発売すると発表した。(2013/10/29)

【短期集中連載】ドングルPCが実現するスマート社会(4):
ドングルPC活用の留意点と究極の姿
スティックタイプの小型コンピュータ(ドングルPC)の効果的な使い方や課題などを紹介する連載「ドングルPCが実現するスマート社会」。これまで、ドングルPCの最新動向を中心に“良い面”をお届けしてきた。最終回となる今回は、活用の際に留意すべき点と“究極的なドングルPC”の方向性について解説する。(2013/10/29)

本田雅一流 NAS導入のススメ(後編):
注目すべきはハードよりソフト――自宅兼オフィスのNASを一新した効果は?
2台続けてNASに不具合が発生したことを機に、中小規模事業者向けNASの購入を決定。実際にしばらく使い続けてみて、その選択は正しかったのか……。(2013/9/3)

広田稔のMacでノマド(20):
新しいMacBook Airは、スタバで何時間ドヤれるのか? VAIO Proとの比較も
Haswell世代に移行してバッテリー駆動時間を大幅に伸ばした新型MacBook Air。出先のカフェで仕事をするノマドワーカーのドヤ顔っぷりもはかどるぞ!(2013/8/14)

離散コサイン変換に代わりLapped Transformを採用:
次々世代ビデオコーデック「Daala」で初めてストリーム配信
新しい汎用ビデオコーデック「Daala」について解説したWebサイトが開設された。VP9やHEVCといったコーデックの、さらに次の世代を目標とする。FOSSライセンスに基づき、無償での提供を目指している。(2013/6/24)

ChromeやYouTubeでもデフォルトで有効になる予定:
次世代ビデオ圧縮技術「VP9」、Chromiumがデフォルトで有効に
オープンソースのWebブラウザ「Chromium」の最新版では、次世代ビデオコーデック技術「VP9」への対応機能がデフォルトで有効になる。VP9は「H.264」の代替技術として、Googleが主導する「WebM」プロジェクトが規格策定作業を進めていた。(2013/6/21)

月額9.99ドルの音楽サービスや新メッセージングサービス──Google I/Oで発表されたこと
Googleの開発者会議「Google I/O 2013」の最初の基調講演では、サブスクリプション制の音楽サービスや統合メッセージングサービス「ハングアウト」、PC向けハンズフリー検索機能などが発表された。(2013/5/16)

WebMの次期圧縮技術「VP9」、6月17日にコードフリーズ YouTubeもサポートへ
Google主導のオープンソースビデオフォーマット「WebM」の次期ビデオコーデック技術「VP9」が6月17日にコードフリーズする。これによりChromeでデフォルトに利用できるようになり、YouTubeもVP8から移行する計画だ。(2013/5/13)

HTML5対応の全ブラウザに対応:
OTOYとMozilla、プラグイン不要のJavaScriptライブラリ「ORBX.js」発表
米OTOYとMozillaは5月3日、ネイティブアプリや動画などのコンテンツを、HTML5対応のブラウザでシームレスに実行できるようにしたJavaScriptライブラリ「ORBX.js」を発表した。(2013/5/7)

車載半導体:
「自動車分野は中核事業」、ルネサスが9コア搭載の車載情報機器向けSoCを発表
ルネサス エレクトロニクスの車載情報機器向けSoC(System on Chip)「R-Car H2」は、合計9つのCPUコアを搭載するなど、車載情報機器向けSoCとして「世界最高性能」(同社)を実現している。「PowerVR G6400」による画像処理能力の高さを示すデモンストレーションも行った。(2013/3/26)

GoogleとMPEG LA、VP8で和解 パテントプール形成は終了
2010年から続いていたGoogleとMPEG LAのH.264とVP8をめぐる反目が、GoogleがMPEG LAからライセンスを受けることで決着した。Googleはサードパーティーに無料でサブライセンスする権利を獲得した。(2013/3/8)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
中国メーカーの躍進と日本メーカーの本気、4Kテレビ最新事情――CES総括(1)
米ラスベガスで開催された「2013 International CES」。ソニーやパナソニックが4K対応の大型有機ELテレビで存在感を示したが、もっとも大きな4Kテレビを作ったのは中国メーカーだった。(2013/1/31)

モバイラーが選んだ「dynabook R632」:
第6回 自宅でのデュアルディスプレイとR632/W1の動画再生能力を改めて検証
dynabook R632は、“アレがもっと高ければカンペキだ……”という声がある。ただ実運用すると分かるが、実はさほど困っていない。外付けディスプレイと動画再生能力、自宅での利用シーンを改めて考える。(2012/10/10)

IDF 2012:
Haswellのココが大事です──「SOixステート」「選べるグラフィックスコア」
IDF 2012では、2013年後半に登場するだろう「Haswell」に関する情報を公開した。依然として断片的だが、ポイントとなる事項をまとめておこう。(2012/9/13)

Google、Chrome OSアップデートでOfficeをサポート
Googleの“Web OS”、「Chrome OS」がアップデートされた。Google Driveの統合でMicrosoft Office文書などさまざまなファイルを扱えるようになり、スピードも3倍速くなった。(2012/5/30)

二眼式3Dカメラも:
パナソニック、「2012 NABショー」の展示概要を発表
パナソニックは、「2012 NABショー」でオリンピック撮影に使用する二眼式3Dカメラレコーダーなどを展示する。(2012/4/16)

Intel、RealNetworksからの特許およびビデオコーデックソフト買収を完了
Intelはこの買収により、Ultrabookやスマートフォンのデジタルメディア処理能力の強化を狙う。(2012/4/9)

ハンファ、無線LAN対応の小型メディアプレーヤーキット
ハンファ・ジャパンは、2.5インチHDDを内蔵可能なネットワークメディアプレーヤーキット「Xtreamer Sidewinder2」を発売した。(2012/1/27)

汎用性と独自性のはざまで:
“2画面”アプリは実用に足るか?――「Sony Tablet P」徹底検証(後編)
タブレット端末はハードウェアとソフトウェア、ネットワークサービスの融合が重要だ。「Sony Tablet P」ならではの2画面タブレットに最適化したアプリ群を試してみた。(2011/12/31)

発売記念・特大レビュー:
ソニーらしさはAndroidタブレットでも健在か?――「Sony Tablet S」徹底検証
鳴り物入りで登場した「Sony Tablet」はAndroidタブレットの決定打になるのか? いよいよ本日発売の「S」シリーズ32Gバイト/Wi-Fiモデルをじっくり使ってみた。(2011/9/17)

夜もキレイ、スリムな10倍ズーム「COOLPIX S6200」
ニコンはコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX」の新製品として「COOLPIX S6200」を発売する。10倍ズームレンズを搭載しながら薄型鏡胴などの採用で厚みを押さえた。(2011/8/24)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。