ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「Windows 9」最新記事一覧

「Windows 9」と噂されていたものの、実際の名称は「Windows 10」に決定

質問!Windows→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でWindows関連の質問をチェック

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の年末大型アップデート「RS2」は新Surfaceに合わせて延期か?
少し気が早いが、2016年の年末公開と予想されていた次々回のWindows 10大型アップデート「RS2」が、翌年の春までずれ込むのではないか、というウワサを紹介しよう。(2016/3/13)

ニンテンドー3DSでWindows 95を動かす猛者、現る
なぜそこに全力を注いだ。(2016/1/6)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
少し未来のWindows 10をプレビュー版「Build 10532」で体験する――日本語版「Cortana」は何ができる?
「Windows 10 Insider Preview」では、正式版より“少し未来のWindows”をいち早く試せる。新ビルドで追加された日本語版「Cortana」を使ってみると、悩ましい日本語処理の問題も出てきた。(2015/9/16)

2014年 検索キーワードランキング(スマートモバイル編)
「iPad」か「Surface」か? 2014年、読者が最も検索したモバイルキーワードは
読者の関心を最も集めたのは、米Appleの「iPad」か、それとも米Microsoftの「Surface」か。2014年のスマートデバイス関連の検索キーワードランキングを紹介します。(2014/12/25)

Windows 8 デバイスドライバ開発入門(3):
「Windowsハードウェア認定」があなたの製品の価値を上げる(前編)
Windows 8対応のデバイスドライバを開発する際に、“知っておくと便利なポイント”を実践的な観点から紹介する連載「Windows 8 デバイスドライバ開発入門」。今回は、「Windowsハードウェア認定」について、実践的な観点から説明していきます。(2014/11/14)

データのリアルタイム転送が武器
ネットワーク帯域の拡大で即応力を強化したレッドブルレーシング
F1チームのレッドブルはAT&Tとのパートナーシップを強化し、ネットワーク帯域を拡大。世界各地のサーキットと工場間でデータをリアルタイムにやりとりし、レース戦略やトラブル対応に活用している。(2014/10/21)

Computer Weekly製品導入ガイド
ワークロード自動化のためのベストプラクティス
あらゆる場面で、人間の介在なしに、ユーザーの要求に応じてワークロードが実行されることが求められている。こうしたワークロード自動化の要件と検討事項を解説する。(2014/10/17)

代表的なビジネス向け機能を紹介
Apple対抗で無料説も、「Windows 10」は“仕事に役立つ”は本当か
米Microsoftが公開した「Windows 10」のテクニカルプレビュー版には、企業向けの管理機能が数多く搭載されていることが判明した。だが、IT部門がWindows 10への移行を決断するにはまだ情報が不十分だ。(2014/10/16)

展開から管理まで
Macを活用するためのツール大全
かつて企業内ではニッチな存在だったMacが導入されるケースも増え、Windows前提の企業システムやIT部門は変化を迫られている。本稿では、企業におけるMac利用に寄与するツールを多数紹介する。(2014/10/14)

パーキンソン病の治療に向けて
ウェアラブルとビッグデータで医療を変えるマイケル・J・フォックス財団とIntel
パーキンソン病患者でもあるマイケル・J・フォックスが立ち上げた財団とIntelが、パーキンソン病の共同研究を行っている。ウェアラブルデバイスとビッグデータ解析が、研究者に貴重なデータを提供している。(2014/10/10)

Microsoftが「10」にこだわった理由とは
「Windows 10」は“誰からも好かれるOS”に、操作性調査で高まる期待
タッチインタフェースに振り切ったWindows 8/8.1とは打って変わり、マウス&キーボードによるデスクトップの操作性が向上したWindows 10。スタートボタンとModern UIの融合も注目される。(2014/10/9)

忌避される複雑なライセンス体系
Oracleによる告訴リスクで加速する「企業のOracle離れ」
Oracleがサポートサービス業者Rimini Streetを知的財産の侵害で告訴した事例は、さまざまな法的リスクの存在を示している。ライセンスの複雑さを嫌う企業は、Oracleら大手プロバイダーの利用を見直し始めている。(2014/10/9)

Windows 10の法人戦略とその背景:
なぜ「Windows 10」なのか Microsoftが“先出し公開”した理由
PC向けOS──Windowsはどこに向かうのか。次期Windowsが、なぜか“9”を飛ばして「Windows 10」になるようだが、オフィスPCシーンにどんな影響があるだろうか。Microsoftが示した法人需要の戦略をその背景とともに読み解こう。(2014/10/8)

PC USER 週間ベスト10:
「Windows 10」がランキングを席巻(2014年9月29日〜10月5日)
今回のアクセスランキングは、米Microsoftが9月30日(現地時間)に正式発表した次期Windows OS「Windows 10」の記事が半数を占めました。(2014/10/6)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
なぜ“9”ではなく“10”なのか?――Windows 10の謎に迫る
Windows 9、Windows TH、Windows One……、さまざまな予想がネットで飛び交った次期Windows OSの名称は、意外にも「Windows 10」だった。米Microsoftの発表内容に関するいくつかの疑問を整理し、考察する。(2014/10/5)

山市良のうぃんどうず日記(16:特別編):
Windows 10と次期Windows ServerのTechnical Preview、現わる
マイクロソフトは10月1日、開発コード名“Windows Threshold”、製品名は“Windows 9”や“Windows TH”になるのではとウワサされていた次期Windowsのプレビュー版「Windows 10 Technical Preview」を公開しました。正式リリースは2015年後半だそうで。(2014/10/3)

製品版リリースは2015年末か
次期OS「Windows 10」は“帰ってきたWindows 7”ではない 注目の新機能とは?
米Microsoftが発表した次期OS「Windows 10」は、現行の「Windows 8.1」に寄せられた不満を解消しようとしている。製品版のリリースは2015年末ごろとなる見通しだ。(2014/10/2)

Windowsの次のバージョンは「Windows 9」でなく「Windows 10」
スタートメニューが復活。(2014/10/1)

スタートメニューが帰ってきた:
デスクトップ復権! 「Windows 10」の新機能をチェック
次期Windows OSとなる「Windows 10」がついに発表された。Windows 8での失敗を取り戻すべく、デスクトップをより使いやすくする新機能が複数追加されている。(2014/10/1)

Microsoftの次期OSは「Windows 10」 「テクニカルプレビュー」を10月1日にリリース
「Windows 9(仮)」とうわさされていた次期Windowsの名称は「Windows 10」になり、10月1日に誰でもダウンロードできる「テクニカルプレビュー」が公開される。タイルが統合されたスタートメニューとタスクバーが復活した。(2014/10/1)

テクニカルプレビューは10月1日公開、発売は2015年後半:
Microsoftの次期OSは「Windows 10」
Windows 8/8.1の後継となる次期OSは、うわさされたWindows 9ではなく、「Windows 10」となる。テクニカルプレビューは10月1日公開(米国時間)、製品版は2015年後半の発売予定だ。【追記あり】(2014/10/1)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
「Windows 9(仮称)」が今夜明らかに?――Microsoftイベントの見どころ
日本時間の2014年10月1日深夜2時、米サンフランシスコで行われるWindows関連イベント。一体何が発表されるのか? 見どころをまとめた。(2014/9/30)

PC USER 週間ベスト10:
終わらない「iPhone 6」祭り(2014年9月22日〜9月28日)
今回のアクセスランキングは、iPhone 6/6 Plus、ATOK for iOS、GeForce GTX 980/970、Windows 9(仮称)に搭載されそうな新機能、Windowsタブレット新モデルなどが上位でした。(2014/9/29)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
Windows 9(仮称)に搭載されそうな「Siri」対抗の機能とは?
AppleがiOSにSiriを導入してから、音声によるパーソナルアシスタント機能は一般にも定着しつつある。MicrosoftはすでにWindows Phone 8.1でSiri対抗機能の「Cortana」を搭載しているが、次期OSのWindows 9(仮称)でもこれが利用可能になるかもしれない。(2014/9/26)

週間記事ランキング
「iPhone」を危険にさらす“まさかの手法”
キーボードのキー操作を記録するキーロガーソフトウェアのモバイル版が登場した。有効な対策とは? 直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/9/26)

グループポリシーで設定可能
実は厄介者? 「Windows ストア」を“閉店”させるには
「Windows 8」ではユーザーは「Windows ストア」を使ってアプリをダウンロードすることができる。だが、IT部門はWindows ストアを使用禁止にすることを望んでいる。なぜか?(2014/9/26)

Computer Weekly製品導入ガイド
ビジネスプロセス自動化がもたらす新しい世界
ビジネスプロセス自動化は、可能な限りの場面で人の存在を排除することにより、市場における変化のペースに対応する。(2014/9/26)

Enterprise IT Kaleidoscope:
Windows 9(仮)はこうなる? 発表前予想の総まとめ
Microsoftが9月30日に「Windowsの今後」と題する発表を行い、次世代OSのWindows 9(仮)がお披露目されるとみられる。新OSはどのようなものになるのだろうか。(2014/9/25)

対抗馬のAndroidにも弱点あり
企業のiPad導入をめぐる賛否両論
iPadの企業導入が進んでいるが、Androidタブレットに比べてiPadは高価だ。一方でAndroidにも弱点はあり、タブレット市場は混沌としている。今、iPadを取り巻く市場トレンドとは?(2014/9/25)

延長サポートは2020年1月14日まで
実は終了間近の「Windows 7」のメインストリームサポート、今からできることは?
「Windows 7」のメインストリームサポートが2015年1月13日に終了する。IT担当者は、Windows 7の利用を継続すべきだろうか、それとも新たなOSに移行すべきだろうか。その答えは「どのWindows OSを最も信頼しているか」によって異なる。(2014/9/24)

Amazonは強くなり過ぎた?
AmazonがMicrosoft化している5つの兆候
Microsoftはかつて、独占企業として競合企業の敵意を集めていた。今、かつてのMicrosoftのように市場を独占して警戒される存在になりつつあるのがAmazonだ。(2014/9/24)

PC USER 週間ベスト10:
iPhone 6/6 Plusが強さを見せつける(2014年9月15日〜9月21日)
今回のアクセスランキングは、やはり「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の話題が中心となりました。(2014/9/22)

Power Systemsを売り込むIBMだが……
ARMやPOWERがx86アーキテクチャに代わる日は来るのか?
x86アーキテクチャに代わる選択肢として、ARM64やPOWER8が盛んに攻勢をかけているが、今のところx86の牙城は揺るがないようだ。では、将来はどうか?(2014/9/22)

週間記事ランキング
「Surface Pro 3」の価格に納得しない人々
「iPad Air」と比較して高額な買い物になる「Surface Pro 3」を見直すポイントとは? 直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/9/19)

「杞憂」か否か
「5年以内にインターネットが全面停止」に備えた事業継続計画
近いうちにインターネットで大規模障害が発生すると予測するボナー氏。問題は、インターネットの全面停止を前提としたBCPを立案している企業がほとんどないことだという。(2014/9/19)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
Windows 9(仮称)のプレビューは9月30日に公開か?――見えてきた次期OSの姿
米Microsoftは9月30日(現地時間)、次期Windowsについての発表イベントを開催する。賛否両論だったWindows 8世代の次は、どのような進化を遂げるのだろうか? 徐々にその姿が見えてきた次期Windowsの情報を整理する。(2014/9/18)

「どこでもVFX作成」が実現
GPU+DaaSで仮想デスクトップが映像製作業界に進出
英国の映像製作会社がGPUとDaaSを組み合わせた映像製作インフラを構築。不向きとされていたグラフィックス分野での仮想デスクトップ活用が始まった。(2014/9/18)

ナデラ氏の対応は?
Microsoftを追い詰めるApple−IBM連合の脅威
IBMはAppleと提携することで、業界に特化した統合アプリケーションを「iOS」向けに開発するとみられている。この無視できない事態に、Microsoftは対応を迫られている。(2014/9/17)

Microsoft、9月30日に“Windowsの今後”に関するイベントを開催へ
Microsoftが「Windows 9(仮)」を発表するとみられるイベントの招待状を米メディア各社に送った。日本時間の10月1日午前2時からサンフランシスコで開催する。(2014/9/16)

Computer Weekly製品導入ガイド
従来型テストではアジャイル開発に勝てない理由
従来のような方式のテストでは、大規模なテストを集中化して最適化することが可能だ。だがアジャイル開発のような速いペースの配信に対応するのは難しい。(2014/9/16)

週間記事ランキング
「iPhone 6」の予約に走る前に考えたいこと
今後社員の業務への持ち込みが必至の「iPhone 6」。しかしIT管理者にとっての急務は「iOS 8」への対応。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/9/12)

「Windows 8」「Windows Vista」の二の舞は絶対に避けたい
大論争に発展 うわさが絶えない「Windows 9」の本命機能とは?
米Microsoftが開発を進めているとされる次期OS「Windows 9」(仮称)では、ユニバーサルアプリやクラウドについての対応強化が期待できそうだ。PCユーザーの心を再び引き付けることはできるのだろうか。(2014/9/12)

メリット/デメリット、製品動向まで
単なるRAMディスクではない、インメモリデータベース基礎の基礎
メモリにデータを配置して処理するインメモリデータベース。とはいえ、単なるRAMディスクとは全く異なる。インメモリデータベースの活用には、その技術的特性を理解しておく必要がある。(2014/9/11)

Apple製品導入の課題
企業導入が進むApple製品だが、「AppleはITサポートの提供を恐れている」
コンシューマライゼーションの高まりを背景に、Apple製品の企業導入が進んでいる。だがAppleは企業ITのサポートに消極的であり、課題も多い。(2014/9/10)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 :Windows 9は必要なのか?
Windows 9の開発に注力するMicrosoftの戦略転換と、Windows 9を取り巻く市場動向を分析。また、有力な生体認証方式として期待される「音声」の現状と可能性をリポート。他に、ケータハムF1チームの仮想化によるコスト削減事例などをお届けする。(2014/9/8)

週間記事ランキング
せっかちさんのための「Windows 9」案内
2015年春にもいよいよ登場するかといわれる「Windows 9」の気になる機能は? 直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/9/5)

スマートデバイス対応だけでは不十分
レスポンシブサイト導入で見えた、モバイル/デスクトップの役割分担
総合旅行予約サイトの英Alpharoomsは、モバイルサイトからのアクセスによる購入を増やすため、レスポンシブWebサイトを導入した。だが、サイト利用者の新たな傾向が浮き彫りとなった。(2014/9/5)

有名サイトでも過信は禁物
Bitlyの短縮URL悪用事件に見る、正しい短縮URLの使い方
米国のテレビ局MSNBCを標的としたサイバー攻撃は、ニュース放送局やニュースWebサイトに寄せられる一般からの信頼がサイバー犯罪者によって悪用されたことを意味するとWebsense Security Labsは指摘する。(2014/9/4)

Windows XPのOS市場シェア、8月もまだ20%以上
Net Applicationsの8月の世界OS市場調査によると、Microsoftがサポートを終了してから約4カ月、Windows XPのシェアはいまだに2割を超えている。(2014/9/2)

Windows 9に便乗するサイバー詐欺出現、増加予想も
9月公開が噂されている次期Windowsの話題に便乗して不審なソフトをインストールさせようとする。(2014/9/1)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。