ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AtermWM3800R」最新記事一覧

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
ドコモが下り最大225MbpsのLTE-Advancedを2015年3月に開始/相次ぐ格安SIMの増量キャンペーン
ドコモが約1年ぶりとなるモバイルWi-Fiルーターの新機種を発表。LTE-Advanced対応で下り通信速度を225Mbpsまで高速化した。2015年以降に発売の予定だ。また競争の激しいMVNO関連では、料金据置のまま、データ通信量の増量を各社が発表した。(2014/10/14)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」の登場で思うこと/進むSIMロック解除とSIMロックフリー端末投入
NECアクセステクニカ(現NECプラットフォームズ)製のWiMAX 2+対応モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11」が登場。総務省はSIMロック解除を義務付ける方針だが、一方でメーカー主導でSIMフリー端末販売の流れも加速している。(2014/7/16)

注目WiMAX 2+ルータ詳細レビュー:
WiMAX 2+対応モバイルルータ「NAD11」の新機能を試す
WiMAX 2+対応モバイルルータとして“待望の”2製品目となるNAD11は、IEEE 802.11acとWiMAXハイパワーをサポートする。その効果について検証した。(2014/7/10)

注目WiMAX 2+ルータ速攻レビュー:
待望のWiMAX 2+対応モバイルルータ「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11」の使い勝手をチェック
みんなが待っていたNECアクセステクニカのWiMAX 2+ルータ。名機「Aterm WM3500R」「Aterm WM3800R」を超えることはできるか?(2014/6/20)

WiMAX 2+とWiMAXのみで、かえって使いやすいかも:
UQ、NECアクセステクニカ製「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11」発表
長らく「HWD14」のみだったWiMAX 2+対応モバイルルータに待望のNECアクセステクニカ製新モデルが登場した。(2014/6/12)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
WiMAX 2+の「Try WiMAX」と、通信サービスの「2年長期契約」に思うこと
2014年1月〜2014年2月初旬のモバイル通信&ルータ事情で注目したい項目をピックアップ。モバイラー好みの機能と特長を多く備えたクアッドバンドLTE対応ルータの登場、2年契約と“お試し”について紹介する。(2014/2/20)

LTE/WiMAX 2+で高速化、長時間、高機能化……:
2013年にグッときたポータブルWi-Fiルータ“ベスト3”
2013年に発売されたモバイルWi-Fiルータの「ベスト3」を紹介しつつ、この1年間のポータブルルータ事情を振り返る。(2013/12/30)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
「SIMフリー時代」は……本格的に来てますか?
2013年8月〜9月初旬のモバイル通信&ルータ事情で注目したい項目をピックアップ。後編は「新型Nexus 7&Nexus 4について」「SIMフリー時代の本格的な到来」などを取り上げる。(2013/10/2)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
こっそり開始されていた、KDDIの「最大150Mbps」サービス
2013年8月〜9月初旬のモバイル通信&ルータ事情で注目したい項目をピックアップ。前編は下り最大150Mbps対応LTEサービスをKDDIもこっそり提供開始。割安データ通信サービスを提供するMVNOもサービス内容を強化などを取り上げる。(2013/9/25)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
2013年後半に相次いで開始予定の「100Mbps超」新サービスをおさらい
2013年7月〜8月上旬のモバイル通信&ルータ事情で注目したい項目をピックアップ。今回は「2.5GHz帯追加割当」「ドコモの150Mbpsサービス」「ソフトバンク+イー・モバイルのハイブリッド機器」などを解説する。(2013/8/23)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
そういえば「本来あり得ない理由」って何だったのだろう
今回は、「本来あり得ない理由で」のフレーズが話題となったb-mobile4G WiFiや、イー・アクセスの帯域割り当ての変更に伴う通信速度の変更、WiMAX端末のファームウェア更新の新機能や端末の値下げについて紹介する。(2013/7/18)

年間契約+Nexus 7セットで1円から:
「ハローキティ」コラボのWiMAXルータ登場、@nifty WiMAXから
@nifty WiMAX専用の「ハローキティ」デザインWiMAXルータが登場。WiMAXサービスの年間契約で、キティルータ+Nexus 7のセットを1円で入手できる。(2013/7/11)

Nexus 7+WiMAXルータセット、1円から──「@nifty WiMAX」の7月期新規入会キャンペーン
「@nifty WiMAX」が7月期の新規入会キャンペーンを開始。特定プランの新規加入により、Nexus 7+AtermWM3800Rクレードルセット、あるいはURoad-Aeroクレードルセットを1円とする特典を設けた。(2013/7/1)

動作時間「10時間」に長時間化──「AtermWM3800R」新ファームウェア公開
小型ボディが魅力のWiMAXルータ「AtermWM3800R」に新ファームウェアが公開された。省電力化により、連続動作時間が「10時間」に延長された点が主なトピックだ。(2013/6/17)

NEC、モバイルルータ「AtermWM3800R」購入でドレスアップ用ステッカーがもらえるキャンペーンを開始
NECとNECアクセステクニカは、同社製のWi-Fiモバイルルータ「AtermWM3800R」購入者を対象としたプレゼントキャンペーンを開始する。(2013/6/17)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
ソフトバンクの「もう1つのダブルLTE」対応ルータとは
スマホもPCもタブレットも、何より快適快速なモバイルデータ通信環境が必須!──そんな人に向けたポータブルルータの「今」を解説する。第1回目のテーマは「もう1つのダブルLTE」と「LTEのMVNOが活発化」。(2013/6/13)

MVNOのLTEサービス向けに提供:
NEC、リモート起動対応のLTEルータ「AtermMR02LN」──3バンドLTE+Wi-Fi最大300Mbps通信に対応
NECアクセステクニカのLTEサービス向け新ルータ「AtermMR02LN」が登場。800MHz帯を含む3バンド対応で、無線LANも最大300Mbpsに強化。MVNOのLTEデータサービス用端末として展開する。(2013/5/30)

au版とUQ版のどちらがオトク?:
大容量バッテリー搭載の新モデル:WiMAX+au 3Gで使える安心の1台──ハイブリッドルータ「Wi-Fi WALKER WiMAX」実力チェック(後編)
WiMAX+3Gの両方を使える“ハイブリッド”ルータ「Wi-Fi WALKER WiMAX」は買いか。後編では、ライバル機種と比べた実通信速度・性能をチェックする。(2013/5/30)

大容量バッテリー搭載の新モデル:
WiMAX+au 3Gで使える安心の1台──ハイブリッドルータ「Wi-Fi WALKER WiMAX」実力チェック(前編)
WiMAX+au 3Gエリア、高速と広エリアを両立するポータブルルータ「Wi-Fi WALKER WiMAX」が登場。“ハイブリッド”具合はどうか、サイズ感や実バッテリー動作時間はどうか、早速実機をチェックしてみよう。(2013/5/15)

PC USER 週間ベスト10:
何だかんだで「Surface RT」は気になる存在(2013年3月18日〜3月24日)
先週のアクセスランキングでは、「Surface RT」をはじめとするタブレットの新モデルや、アキバで人気を博したPCパーツショップの変遷に注目が集まりました。(2013/3/25)

“WiMAX Speed Wi-Fi”レビュー:
ガジェット好きにグッと来る「AtermWM3800Rの隠れ機能」セレクト10(後編)
「さらにじわじわ、“よさ”がにじみ出てきますよ」──AtermWM3800Rは、初期設定でオフになっている隠れ機能がいくつかある。後編では7〜10個目+オマケを紹介しよう。(2013/3/19)

PC USER 週間ベスト10:
アキバを彩った名店、覚えていますか?(2013年3月11日〜3月17日)
先週のアクセスランキングでは、アキバを彩ったPCパーツショップの変遷、Surface RT、注目製品のレビュー、iOSの地図アップデート、東芝の新しいUltrabookなどがトップ10に入りました。(2013/3/18)

“WiMAX Speed Wi-Fi”レビュー:
ガジェット好きにグッと来る「AtermWM3800Rの隠れ機能」セレクト10(前編)
前モデル比で約70%に小型化した、“ミニサイズ+長時間動作”が特長のWiMAXルータ「AtermWM3800R」。機能の多さはAtermシリーズらしく、WM3800Rは標準では無効となっている“便利機能”が実はかなり存在する。まずは1〜6個目まで。(2013/3/12)

WiMAXサービス400万契約、WiMAX PC・最新WiMAXルータなどが当たるキャンペーン
WiMAXが400万契約突破記念プレゼントキャンペーンを開始。WiMAX内蔵PCやWiMAXルータ、10万円分旅行券などが当たる。実施は2013年4月8日まで。(2013/3/4)

「So-net モバイル WiMAX」、au 3Gエリアとのハイブリッドサービスを提供
ソネットの高速モバイル通信サービスに「So-net モバイル WiMAX+au」が登場。全国のWiMAXエリアとau 3Gエリアが利用可能となるほか、新たな対応機器「URoad-Aero」も販売する。(2013/3/4)

厚さ8.2ミリ/67グラム:
国内Wi-Fiルータで最薄・最軽量、さらに12時間動作のWiMAXルータ「Mobile Slim」
WiMAX対応の“さらに”薄型/軽量ルータ「Mobile Slim」が登場。厚さ8.2ミリ、重量は約67グラム。国内モバイルルータで最薄・最軽量とし、連続12時間の長時間動作も実現する。(2013/2/28)

ICT総研調べ:
LTEモバイルルーターの全国速度調査、下りはソフトバンク、上りはauに軍配
ICT総研が、全国でモバイルルーターの速度調査を実施。下り速度はソフトバンクが最速だった。auは下りでソフトバンクに肉薄しつつ、上りで他を一回りリード。ドコモは苦戦したが、下り最大100Mbpsエリアでは良好な結果に。(2013/2/22)

“WiMAX Speed Wi-Fi”レビュー:
超極薄ボディで12時間動作! しかも“フルスペック”──WiMAXルータ「URoad-Aero」は“買い”か?
これは“買い”か──。薄型、軽量、長時間動作、クレードル対応、公衆無線LAN対応、電池交換可能……ポータブルルータの“ほしい仕様”をほぼすべて満たすWiMAXルータの新モデルがシンセイコーポレーションから登場。「URoad-Aero」の実力をチェックする。(2013/2/22)

バッテリー着脱+公衆無線LAN対応も:
“超極薄”ボディで12時間動作、WiMAXルータ新モデル「URoad-Aero」登場
シンセイ製WiMAXルータ“URoad”シリーズの新モデルが登場。モバイルルータ世界最薄とする8.4ミリ/74グラムの超極薄+軽量ボディに、連続12時間の長時間バッテリー動作時間を実現する。(2013/2/6)

Mobile Weekly Top10:
1月に最も読まれた記事は?
早いもので2013年ももう2月。「Xperia Z」が発表されたCES 2013やドコモの春モデル発表、auの新型INFOBAR発表など、1月のニュースをランキングで振り返ってみた。(2013/2/4)

「So-net モバイル WiMAX」に対応した最新ルーター「Aterm WM3800R」
ソネットエンタテインメント(So-net)が、高速モバイル通信サービス「So-net モバイル WiMAX」に対応したモバイルルータ「Aterm WM3800R」を販売開始。クレードルセットもラインアップしている。(2013/1/31)

ニフティ、“@nifty WiMAX”で「AtermWM3800R」の取り扱いを開始
ニフティは、同社提供の「@nifty WiMAX」にて、NECアクセステクニカ製の最新Wi-Fiモバイルルータ「AtermWM3800R」の取り扱いを開始する。(2013/1/30)

“WiMAX Speed Wi-Fi”レビュー:
かなり小型軽量化+スマホ連携も強化──WiMAXルータ新モデル「AtermWM3800R」を“買い換え目線”で速攻チェック
うぉ! 小さい! WiMAXルータの人気モデル AtermWM3600Rの登場から約1年、新しくなった「AtermWM3800R」はどこが進化したのか。旧モデルユーザーが“買い換え”目線でチェックする。(2013/1/30)

1年ぶりの新機種、70%に小型化:
カードサイズに小型化+USBバッテリー機能付き──WiMAXルータ新モデル「AtermWM3800R」登場
NEC製のWiMAXルータに1年ぶりの新モデルが登場。多機能+長時間・省電力動作の特長を引き継ぎつつ、前モデル比70%の小型軽量化を果たした。新たにUSBバッテリー機能やスマホと連携した便利機能なども用意する。(2013/1/30)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。