ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「DIGNO DUAL WX04K」最新記事一覧

ソフトバンク、2017年度以降にLTEサービスを拡大 3Gサービスを一部縮小・終了へ
ソフトバンクは、1.5GHz帯でのLTEサービスを開始する。また、1.7GHz帯においてLTEサービスを拡大する。これらの周波数帯では、3Gサービスの提供を終了する。(2015/12/11)

ただし500Mバイト/500円ずつ:
Y!mobile、MNP乗り換えでデータ容量を2倍にするキャンペーン
料金プランに合わせて、1Gバイト/3Gバイト/7Gバイト分の追加チャージを無料に。ただし500Mバイト/500円ずつで。(2015/8/31)

まだまだ間に合う!:
iPhoneやAndroidをもっとおトクに! ドコモ・au・ソフトバンク・Y!mobileの締切間際なキャンペーン情報をチェック!(2015年8月編)
あと10日で8月も終わりです。8月31日に締め切りを迎えるドコモ・au・ソフトバンク・Y!mobileのキャンペーンをまとめてみました。(2015/8/22)

gooスマホ部:
容量が嵩んでいるのはなぜ?
6.8Gバイトほど容量をくっているのですが、何が原因なのでしょう。(2015/5/1)

データ通信は1Gバイトから、月額1000円で通話定額――ワイモバイルが新料金プランを発表
ワイモバイルが、Y!mobileスマートフォン向けの新料金プランを発表。データ定額は月1Gバイト、3Gバイト、7Gバイトまで使えるプランを用意し、月額1000円で通話が完全定額となる「スーパーだれとでも定額」も提供する。(2014/7/17)

2台持ちがさらにはかどる?:
ウィルコム以外のAndroidスマホでも“だれ定”が使える「WX12K」とは
一見、普通の折りたたみケータイに見える京セラの「WX12K」。ウィルコム端末として“だれ定”が利用できるだけでなく、他キャリアのAndroidスマホでも定額通話が利用できる唯一の存在だ。(2014/2/25)

年末・年始特別企画:
【お知らせ】2013年に買ったスマホ・ケータイの「良い点」「悪い点」を教えてください
ITmedia Mobileでは、2013年にスマートフォン・ケータイを購入した方を対象に、端末に関するアンケートを実施しています。使っていて感じた「良い点」「悪い点」をお聞かせください。(2013/12/27)

誰でも簡単! LTE対応スマホ初心者の料金節約術:
第6回 機種変更や解約、番号ポータビリティ利用時の節約術
LTEスマホに機種変更してから毎月の支払料金が上がった――。こんな悩みを持つ人向けに開始した本連載。最終回は、節約を考えたスマホ新機種への移行法を紹介します。(2013/11/15)

ウィルコム、「DIGNO DUAL 2 WX10K」のソフトウェアアップデート
ウィルコムは、京セラ製スマートフォン「DIGNO DUAL 2 WX10K」のソフトウェア更新を開始した。(2013/10/17)

最新スマートフォン徹底比較(2013年夏モデル編):
ベンチマークスコアの高い機種は?――Quadrant、AnTuTu、Basemark X、Browsermarkでテスト
スマートフォンの性能を図るうえで、ベンチマークアプリのスコアも1つの判断材料になる。今回はAndroidスマホ23機種で、「Quadrant Professional Edition」「AnTuTu Benchmark」「Basemark X」「Browsermark」のスコアを比較した。また、電源を入れた後の起動速度も比べた。(2013/10/9)

「DIGNO DUAL 2」用ポーチなど高級レザーケース5種を発売――ミヤビックス
ミヤビックスが、京セラ製のウィルコム向け「DIGNO DUAL 2」用高級レザーケースを発売した。インナーケースにもなるポーチタイプや、収納したまま利用できる縦開き/横開きタイプの5種類。(2013/10/9)

最新スマートフォン徹底比較(2013年夏モデル編):
バッテリーが持つ機種は?――Androidスマホ23機種でYouTube/待受テスト+AQUOS PHONE比較も
スマートフォンで特に気になる性能がバッテリーの持ちだが、実際にどれだけ持つかはスペックからは分からない。そこで、Androidスマートフォン23機種でYouTube連続再生時間と24時間放置後のバッテリー残量を調べた。また、AQUOS PHONE 3機種で“ディスプレイ”に着目したテストも行った。(2013/10/8)

「DIGNO DUAL 2 WX10K」で動作の安定性を向上するアップデート
ウィルコムは9月12日、京セラ製スマートフォン「DIGNO DUAL 2 WX10K」の動作安定性を向上させるソフトウェア更新を開始した。(2013/9/12)

誰でも簡単! LTE対応スマホ初心者の料金節約術:
第4回 ケータイ、スマホの2台持ちでどこまで節約できるか
LTEスマホを使いたい、しかしケータイ(フィーチャーフォン)もまだ使いたい……。そんなときに誰もが思い浮かべるのが「2台持ち」です。ちょうどウィルコムが新しい料金プランを発表したばかりなので、今回は通話とネットを2台で使い分けるさまざまなパターンを考えてみましょう。(2013/9/10)

ウィルコム、セキュリティやリモートロックなどのスマホ向けオプションサービスを提供
ウィルコムは9月3日、セキュリティサービスやリモートロックなどができる「スマートフォン基本パック(W)」と、有害サイトのフィルタリングを行う「スマホ安心サービス」の提供を開始した。(2013/9/3)

「だれスマ」の本気度とは:
4G対応と格安料金 生まれ変わったウィルコムの新スマホ戦略
“だれ定”など音声通話がサービスの中心だったウィルコム。再建後の夏モデルでは、低価格路線を軸にした本格的なスマホ再参入を打ち出した。同社の端末と料金の担当者に勝算を聞いた。(2013/8/31)

最新スマートフォン徹底比較(2013年夏モデル編):
第6回 内蔵ストレージとメモリ容量が大きな機種は?
最新スマートフォンを横並びで比較するコーナーの第6回では、夏モデルを中心に内蔵ストレージやメモリ容量のスペック値とをまとめた。(2013/8/30)

最新スマートフォン徹底比較(2013年夏モデル編):
第5回 持ちやすい/片手で操作しやすいスマートフォンは?――23機種を採点
スマートフォンは毎日使うものだからこそ、持ちやすさも重要だ。今回は23機種の丸さ、細さ、薄さ、軽さ、片手での操作性を採点した。あわせて、ディスプレイ下のキーや、片手操作に配慮したUIについても調べた。(2013/8/30)

最新スマートフォン徹底比較(2013年夏モデル編):
第4回 大容量バッテリー搭載、Micro USB端子が防水キャップレスのモデルは?
スマートフォンを使う上で気になるのがバッテリー。夏モデルを横並びで比較するコーナーの第4回では、バッテリー容量、連続待受時間、卓上ホルダ対応・同梱の有無、バッテリーパック交換の有無などを調べた。(2013/8/29)

最新スマートフォン徹底比較(2013年夏モデル編):
第3回 ディスプレイ、基本スペック、通信サービスをチェック――Android 23機種
2013年夏モデルを含む23機種を横並びで比較するコーナーの第3回では、ディスプレイ、基本スペック、通信サービスについてまとめた。大きくて高精細なディスプレイを備えていて、機能が充実しているモデルは?(2013/8/28)

Mobile Weekly Top10:
分解写真であの2画面スマホを振り返ろう
ドコモが4月に発売した2画面スマホ「MEDIAS W」。スマホからの撤退を決めたNECカシオが開発した超個性モデルを、分解写真で振り返ろう。(2013/8/19)

開発陣に聞く「DIGNO DUAL 2 WX10K」:
“通話料を下げたい”に応えるPHS+4G対応モデル――だれスマ第1弾「DIGNO DUAL 2」はこう作られた
京セラの「DIGNO DUAL 2 WX10K」は、スマートフォンとして初めて4G通信とPHS通話の両方に対応した“デュアル”モデルだ。その開発背景や4G対応で苦労した点について京セラに聞いた。(2013/8/15)

最新スマートフォン徹底比較(2013年夏モデル編):
第2回 Android 23機種のプロセッサーまとめ――「Snapdragon」は何種類?
夏モデルが搭載するスマートフォンのプロセッサーは、すべてがQualcomm製で、同社の存在感が高まっていることが、あらためて浮き彫りになった。今回はどのスマートフォンにどのプロセッサーに採用されているのかをまとめた。(2013/8/15)

最新スマートフォン徹底比較(2013年夏モデル編):
第1回 小型で軽い機種は? Androidスマホ23機種を比較
2013年夏モデルとして発表されたスマートフォンは、4キャリア合わせて計21機種。これにドコモの2機種を加えた23機種を横並びでレビューしていく。第1回ではサイズと重さについて比較した。(2013/8/13)

ウィルコムプラザ限定:
スマホの速度比較で“酢”と“マヨネーズ”をプレゼント ウィルコムの「だれ酢マキャンペーン」
ウィルコムは、スマホユーザーならだれでも“酢”と“マヨネーズ”がもらえる「だれ酢マキャンペーン」を全国のウィルコムプラザで実施する。(2013/8/9)

「DIGNO DUAL WX04K」にHTMLメール関連の不具合 ソフト更新で改善
ウィルコムは京セラ製のPHS対応スマホ「DIGNO DUAL WX04K」のソフト更新を開始した。HTMLメール関連の不具合を改善する。(2013/8/7)

ウィルコム、PHS通話+4G通信対応の「DIGNO DUAL 2 WX10K」を7月18日に発売
ウィルコムは、京セラ製のAndroidスマートフォン「DIGNO DUAL 2 WX10K」を7月18日に発売する。PHS通話とSoftBank 4Gに対応し、防水/防塵性能やおサイフケータイなども備えた。(2013/7/18)

石川温のスマホ業界新聞:
「この2年半で市場は変わった。 学生からシニアにシフト」――ウィルコム・宮内謙社長の囲みにツッコミ
7月4日のウィルコム記者会見のあと、宮内謙社長の囲みが行われた。宮内社長が、公の場に出て、記者の質問に答えることはほとんどなく、とても貴重な場面と言える。10分程度の短い囲だったが、すべてを起こしつつ、突っ込んでいきたい。(2013/7/12)

Mobile Weekly Top10:
ちょっと気になるウィルコムの「だれ定パス」
ウィルコムの新モデルでスマホ以上に注目を集めている「だれとでも定額パス」。他社スマホでもPHSの定額通話が可能な製品だが、使い勝手など気になる点も多い。(2013/7/9)

石野純也のMobile Eye(6月24日〜7月5日):
“LCC”で攻めるウィルコム/「Xperia Z Ultra」の新しい価値/Windows Phone 8の日本発売は?
6月末に開催されたMobile Asia Expoで大きな話題を集めていたいのが、ソニーモバイルの新機種「Xperia Z Ultra」だ。7月4日にはウィルコムの新機種と新料金プランも発表された。これら2つに加え、日本マイクロソフトの経営方針説明会も取り上げる。(2013/7/5)

写真で解説する「DIGNO DUAL 2 WX10K」(外観編)
PHS+4Gに対応した京セラ製の「DIGNO DUAL 2」は、4.7インチHDディスプレイとスマートソニックレシーバーの搭載、おサイフのサポートなど、スペックや機能も充実させた。(2013/7/5)

「だれスマ」は月々1980円から:
「LCCとして、大きなニッチを狙う」――ウィルコムのスマホ・PHS戦略
ウィルコムが7月4日、新商品/サービス発表会を行った。7月1日に更正手続を完了し、ソフトバンク子会社となったウィルコム代表取締役社長の宮内謙氏は、「LCC(ローコストキャリア)として、これからも大きなニッチを狙っていく」と宣言した。(2013/7/4)

「ウィルコムは通信業界のLCC」 低価格で差別化、2980円のパケット定額など投入
「ソフトバンクがブランド製品なら、ウィルコムはLCCだ」――ウィルコムが更生手続終結後初めての新製品発表会を開催。低価格で攻勢をかけていく。(2013/7/4)

データ通信は月額1980円から:
ウィルコム、スマートフォン新機種向けの料金プランを提供
ウィルコムが、スマートフォン新機種向けの料金プランとして、「ウィルコムプランLite」と「ウィルコムプランD+」の2つを7月18日から提供する。基本料金は月額980円で、キャンペーン期間中のパケット定額料は、Liteが月額1980円、D+が月額5460円となる。(2013/7/4)

4.7インチHD液晶搭載:
ウィルコム、PHS通話+4Gの高速通信に対応した「DIGNO DUAL 2 WX10K」を発表
ウィルコムは、京セラ製のAndroidスマートフォン「DIGNO DUAL 2 WX10K」を7月18日に発売する。PHS通話のほか、SoftBank 4Gに対応して下り最大76Mbpsの高速通信が利用できる。おサイフなどの便利機能も搭載した。(2013/7/4)

2013年夏モデル:
ウィルコム、PHS+4G対応スマホや他社Androidでも“だれ定”が使えるBT端末などを発表
ウィルコムが2013年夏モデルを発表。PHSと4Gに対応した「DIGNO DUAL 2」、シャープ製のPHSスマホ「AQUOS PHONE es」に加え、他キャリアのAndroidでも“だれ定”が利用できるBluetoothアダプターなどをラインアップした。(2013/7/4)

アップデートしてみた:
「DIGNO DUAL」をAndroid 4.1にバージョンアップ 操作感はどう変わる?
ウィルコムのPHS対応スマホ「DIGNO DUAL」(京セラ製)にOSをAndroid 4.1にするメジャーアップデートが提供された。バージョンアップでどんな変化があるのか検証した。(2013/4/22)

京セラ、「DIGNO DUAL」のAndroid 4.1アップデートを開始
搭載OSをAndroid 2.3からAndroid 4.1にアップデート。ロック画面ホーム画面のUIや一部のプリセットアプリが変更される。(2013/4/11)

ウィルコム、機種変更で「だれとでも定額」を半額にする大感謝キャンペーン
もう1台無料キャンペーンの副回線(2〜3台目)を機種変更する場合は手数料を無料にする。(2013/4/5)

京セラ「DIGNO DUAL」向けにAndroid 4.1アップデートを提供
京セラが、PHSと3Gの両方に対応したAndroidスマートフォン「DIGNO DUAL WX04K」のOSアップデートを発表した。Android 2.3からAndroid 4.1へのアップデートを4月中旬に提供する。(2013/3/7)

ウィルコム、スマホ向けメールアプリのアップデートを再開
ウィルコムは、スマートフォン向けのメール(MMS)アプリのアップデートを再開した。Wi-Fi環境でもMMSの送受信が可能になる。(2013/1/28)

ウィルコム、スマホ向けメールアプリのアップデートを一時中断
ウィルコムはAndroid端末向けMMSアプリのアップデートを一時停止した。Wi-Fi接続時でもメールを受信できるようになる内容だったが、不具合が発覚したため。(2013/1/17)

ウィルコム、だれとでも定額が1年間490円になる「だれとでも定額半額キャンペーン」
ウィルコムが、月額980円で10分以内の国内通話が月500回まで無料になる「だれとでも定額」の基本料金を1年間490円にする「だれとでも定額半額キャンペーン」を開始した。(2013/1/16)

1月15日まで:
ウィルコム、スマホの基本料金が最大3年無料になる「新春初売フェア2013」を実施中
ウィルコムは、新ウィルコム定額プランS/GSの割り引きや「DIGNO DUAL」の基本料金を最大3年間無料にする「ウィルコム新春初売フェア2013」を実施している。(2013/1/7)

開発陣に聞く「DIGNO S KYL21」:
スマホユーザーの不満を解消せよ 「DIGNO」に授けられた3つの“S”
2500mAh以上の大容量バッテリーが注目を集める京セラの4G LTE対応スマートフォン「DIGNO S KYL21」。処理速度の速さが自慢の「すぐごえ」など、独自の便利機能も盛り込まれている。(2012/11/28)

ソフトバンクとウィルコムのスマホに、緊急地震速報の警告音が短くなる不具合
ソフトバンクとウィルコムのスマートフォンに、緊急地震速報の警告音が短くなるなどの不具合が見つかった。改善アプリの提供はこれからだが、操作方法によっては事象を回避できる。(2012/11/15)

石野純也のMobile Eye(10月20日〜11月2日):
市場拡大に期待の「iPad mini」/IGZOで勝負に出るシャープ/スマホに寄り添うウィルコム
冬モデルが発売され始めた中、7インチクラスのタブレットも続々と登場している。11月2日に発売されたばかりの「iPad mini」は、タブレット市場拡大の起爆剤になるか、注目を集めている。今回はほかに、シャープとウィルコムの冬商戦における戦略を取り上げる。(2012/11/2)

月額基本使用料などを割り引く「ウィルコムのスマホ祭」開始
ウィルコムが、スマートフォンの月額基本使用料などを割り引くキャンペーン「ウィルコムのスマホ祭」を開始する。期間は12月31日まで。(2012/11/1)

最新スマートフォン徹底比較(2012年夏モデル編):
第8回 ベンチマークスコアが高い/起動が速いAndroidスマホは?
スマートフォンのCPUやグラフィックなどの性能を客観的に測れるツールとしてベンチマークアプリが提供されている。そこで今回は「Quadrant Professional Edition」と「Vellamo」アプリを使い、スコアを比較してみた。あわせて起動時間も調べた。(2012/10/8)

最新スマートフォン徹底比較(2012年夏モデル編):
第7回 Android 26機種の通信速度を計測――高速な機種はどれ?
LTEやWiMAXなどの次世代通信サービスに対応するスマートフォンが続々と登場しており、夏モデルでは特にドコモのXiに対応する機種が増えた。実際の通信速度はどれくらいか? 9月上旬に都内で26機種を検証した。(2012/9/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。