ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「動物園」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「動物園」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

早かったでしょー カピバラのスイカ早食い対決「カピリンピック」がかつてない接戦に
5つの動物園で開催されました。(2018/8/8)

司書メイドの同人誌レビューノート:
子どものころに読んだ学習マンガのわくわく感 プロが描く同人誌『すごいぞ!!ハイイロゲンゴロウ』
夏休みの自由研究にも良さそう。(2018/8/5)

ぺたーん 地面に全身を投げ出したシロフクロウの子どもがいろいろ心配になるレベルの脱力感
寝ているだけでした。(2018/8/4)

ハッピーバースデー! サンディエゴ動物園のパンダ君の6歳のお誕生日風景がほほえましい
おめでとう!(2018/8/4)

スイカ食べるよー カピバラのスイカ早食い対決「カピリンピック」 5つの動物園でコラボ開催
暑い夏に熱い戦い。(2018/8/2)

怖い? かわいい? 妖怪と狂歌でつづる百人一首「百怪一首」が生まれた理由
クリエイターに「百怪一首」ができるまでを聞いた。(2018/8/3)

うー、かわいい! 誕生したばかりの7匹の赤ちゃんチーター モフモフ元気に成長中
元気にすくすく育ってね!(2018/7/30)

思っていたよりすばしっこい 泳ぎの練習をする遊ぶカバの赤ちゃんがクルクルすいすい楽しそう
泳ぐの上手になったでしょー。(2018/7/29)

光技術:
サンゴを育てるLED照明、京セラが紫色LEDと独自の蛍光体調合技術で商品化
京セラは2018年7月26日、新たに独自の紫色励起のLED照明技術「CERAPHIC(セラフィック)」のブランド強化を推進する他、同照明の特徴を生かし、2018年8月中旬からホビー向けアクアリウムLED照明市場に参入することを発表した。(2018/7/27)

「パンダはふたごをうんでも1匹しか育てない」 動物のせつない生態を描いた図鑑が興味深い
赤ちゃんもお母さんも大変だ。(2018/7/25)

子犬じゃなくてオオカミだよ 鹿児島の動物園にいるシンリンオオカミの親子がかわいい
大きくなるから待っててね。(2018/7/18)

「会話や写真が韓国の会社に見られる」などLINEの「トークルーム情報」についての誤解広まる
不用意な拡散に注意。(2018/7/17)

子猫サイズのころころちんまり赤ちゃん タロンガ動物園で生まれたチーターたちがキュート
チーターで6匹の赤ちゃんが生まれるのは珍しいケースだそうです。(2018/7/14)

一生懸命でちょっとドジなぼくたちをいっぱい見て! へんてこレッサーパンダたちの写真集が登場
へんてこかわいい!(2018/7/13)

ケープペンギンやホワイトタイガーがコップのフチですやすや 水族館の動物たちがカプセルトイになって登場!
ホワイトタイガーやオシャレハナダイに混じって館長さんもフィギュア化。(2018/7/12)

豪雨災害「デマに注意」 広島県警が呼び掛け
広島県警察本部が、西日本の豪雨災害に関するデマ情報に注意するようTwitterの公式アカウントで呼び掛けている。(2018/7/9)

「そのような事実は把握していない」:
豪雨被災地で「レスキュー隊装った窃盗団出現」などデマ拡散 広島県警が注意喚起
西日本豪雨の発生を受け、「レスキュー隊のような服を着た窃盗グループが被災地に入った」などのデマが拡散。広島県警は「そんな事実は把握していない」とうわさを否定し、注意を喚起した。(2018/7/9)

かわいらしい姿に胸キュン 2本足立ちレッサーパンダ、風太くんの子どもが札幌の動物園で暮らしていた
父親ゆずりの脚力を見せてくれます。(2018/7/5)

パンダがだる〜ん、長野自衛隊の「ゆる」ポスターに絶賛の声 担当者に制作意図を聞いた
自衛隊長野地方協力本部に意図などを聞きました。(2018/7/4)

親に「子どもに就かせたい仕事」も聞いた:
子どもが「将来就きたい仕事」、エンジニアや看護師が人気 1位は……?
小学校を卒業した子どもが、将来就きたいと考えている仕事は?――クラレ調べ。(2018/7/2)

日本一客が来ない動物園「東筑波ユートピア」がクラウドファンディング イノシシ牧場のため4000万円目指す
6日連続で来園者数がゼロだったこともあるという東筑波ユートピア。(2018/6/30)

「東京」なのに北海道に生息ってどういうことだよ! 世界最小のほ乳類「トウキョウトガリネズミ」がかわいいけど謎過ぎる
どうしてこうなった。(2018/7/2)

冷やしレッサーパンダやヨダレを垂らす姿がへんてこかわいい! おちゃめなレッサーパンダのいろんな表情
ドジっ子なところもかわいい。(2018/6/29)

ピンクの鼻がとってもキュート! オセロットの子どもがロサンゼルス動物園でもうすぐ公開
猫じゃらしのように揺れる葉っぱへじゃれついています。(2018/7/1)

ギネス世界記録「世界最高齢のスマトラオランウータン」のプアンが62歳で天国へ
多くの子孫を残してくれました。(2018/6/25)

21年ぶりに「カッパバッジ」が復活 バッジ提示で上野動物園などの都立施設入園料等が無料に
東京150年記念の新作デザインが登場。(2018/6/26)

上野の“駅舎”と池袋の“歩道”:
東京に残る90年前の建造物 再生の共通点は“アート”
東京で約90年前に造られた建造物が生まれ変わろうとしている。池袋駅の東西をつなぐ薄暗い通路と、上野に残るかつての駅舎だ。古い建造物の価値を高めるための共通点は「アート」だ。(2018/6/23)

上野の「旧博物館動物園駅舎」を改修、日比野克彦氏がデザイン
京成電鉄は、上野公園内の今は廃駅となっている「旧博物館動物園駅舎」の改修工事に2018年7月から着手する。工事では、東京藝術大学・美術学部長の日比野克彦氏がデザインした出入り口扉を新設するという。(2018/6/21)

ぬいぐるみと遊んだり転がったり マレーシア国立動物園の赤ちゃんパンダに会ってきた
目の保養以外のなにものでもない存在。(2018/6/21)

衝撃事件の核心:
「タートルショック」カメ1匹40万円、カワウソ100万円……密輸絶えない希少野生動物
タートルショック−。関係者の間ではそう呼ばれることもあるらしい。直訳すれば「カメの衝撃」だが、意味合いとしては、世界的規模の金融危機「リーマンショック」の使われ方に近い。(2018/6/21)

「未確認の情報むやみに拡散しないで」大阪府が地震デマに注意喚起 「シマウマ脱走」など悪ふざけも
明らかに悪意を持って拡散していると思われるデマも。(2018/6/18)

熊本地震では「ライオン脱走」で逮捕者:
大阪の地震で「シマウマ脱走」などデマ拡散、大阪府が注意喚起「事実と異なる」
大阪府での地震発生を受け、Twitter上ではさまざまな情報が飛び交っている。具体例は「シマウマが逃げた」「『京セラドーム大阪』の屋根に亀裂が入った」など。だが、大阪府はこうした情報は事実ではないとし、公式Webサイト上で注意を呼び掛けている。(2018/6/18)

大阪地震の影響で「京セラドーム」の屋根にヒビ? 事実誤認のツイート拡散に注意
拡散する前に事実確認を。(2018/6/18)

「一緒にジャンプしよう!」ピョンピョン 男の子のマネをしてジャンプするクマさんがとっても楽しそう
世界中に動画が拡散中です。(2018/6/17)

人工保育で育ったレッサーパンダの赤ちゃん 周りの人たちに愛され、愛嬌たっぷり成長中!
もうすぐ1th Birthday!(2018/6/13)

こんなに大きくなったよー 上野動物園のジャイアントパンダの子ども・シャンシャンが1歳に
お誕生日おめでとう!(2018/6/11)

じゃれたり登ったり 絶滅危惧種のアムールヒョウの子ども2頭が元気に遊ぶ様子がいとおしい
太いあんよがたまりません。(2018/6/11)

初めてのプールはちょっと怖かった? ペンギンの赤ちゃんの初スイミングがかわいい&お上手
すぐにスイスイ泳げるようになりそうです!(2018/6/10)

来場者12万人から40万人へ「V字回復」:
お金なし、知名度なし、人気生物なし 三重苦の弱小水族館に大行列ができるワケ
休日には入場待ちの行列ができ、入館者数の前年比増を毎月達成している水族館が、人口8万人ほどの愛知県蒲郡市にある。その秘密に迫った。(2018/6/8)

ディルバート(557):
カッコいい死に様
企業向けに“ネット炎上保険”が登場するなど、リスク管理や危機管理の関心が高まる中、ボスも“風評対策”が気になるようですが……。(2018/6/7)

パンダ・コアラ・カピバラ 動物園の人気者を集めた特殊切手「動物シリーズ 第1集」7月に発行
カラーもデザインもかわいいです。(2018/6/4)

「好物は生肉」「鳴き声大きめ」 “with B”コージ、ヒト科代表で動物園に展示されてしまう
スーツは着たまま。(2018/5/30)

リンゴっておいしいねー 上野動物園のジャイアントパンダ・シャンシャン リンゴの味を体験する
上手に持って食べています。(2018/5/23)

パンダの指は実は7本ある
竹をつかむための進化。(2018/5/20)

世界最小クラスのお猿さん「ピグミーマーモセット」 食事風景がかわいくてたまらない
ブドウを食べる姿すらいとおしい。(2018/5/19)

モフモフな姿がかわいすぎる ビントロングの三つ子ちゃんが神戸どうぶつ王国で誕生
クマっぽいけどジャコウネコの仲間。(2018/5/15)

LenovoのWebサイトも標的に:
脆弱性放置のDrupalサイト、相次ぎ仮想通貨採掘攻撃の被害に
世界各国の政府機関や教育機関などのWebサイト、さらにはLenovoのWebサイトなどで、「クリプトジャッキング攻撃」の被害が確認された。(2018/5/8)

元気にすくすく成長中! チーターの子どもたちが全力でじゃれ合って遊んでいるよ!
ケンカじゃないよ〜。(2018/5/3)

こんなこともできちゃうよー 上野動物園のパンダ・シャンシャン アクロバティックな技を披露する
一緒にやるー?(2018/5/1)

サファリパークの新しい仲間だよ! 誕生したワラビーの赤ちゃんが胸キュン級のかわいさ
何をしていても、かわいい……!(2018/4/28)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。