ニュース
» 2004年02月06日 19時22分 UPDATE

携帯電話契約数が8000万突破〜1月契約者数速報

携帯電話単体の契約数が8000万台を突破した。月間契約者数のトップはau。ドコモは10万を割り込み、3位に転落した。auはBREW端末が200万を突破、カメラ付き端末も1000万台を超えた。

[後藤祥子,ITmedia]

 電気通信事業者協会(TCA)は2月6日、ブラウザフォンサービス契約数を含めた携帯電話/PHSなどの2004年1月の契約数を発表した。携帯電話契約数は34万1600増えて、8012万8800。

グループ名 2004年1月純増数 累計
ドコモ 6万3700 4542万9600
au(KDDI) 23万2000 1620万9300
ツーカー -1万8300 365万1800
ボーダフォン 6万4100 1483万8100
累計 34万1600 8012万8800
tca2.gif 各キャリアの単月の純増数の推移

 KDDIの契約者数は変わらず好調で、1月も他社を引き離した。ドコモとボーダフォンは10万契約を割り込み、ドコモはボーダフォンに次ぐ3位に転落した。

 ただしドコモは3Gへの移行期に入っており、2月上旬から順次発売される900iシリーズでの巻き返しが期待される。ボーダフォンは、6万4100の純増のうち5万3000をPDCが占めるなど、3Gへの移行では出遅れている。

単月シェア 累計シェア
NTTドコモ 18.6% 56.7%
au 67.9% 20.2%
ツーカー -5.3% 4.6%
ボーダフォン 18.8% 18.5%
tca1.gif 各キャリアの単月シェアの推移

900iで3Gを軌道に載せたいドコモ

 FOMAは先に報道されたとおり、200万契約を突破(1月29日の記事参照)。年度末の契約目標も240万に上方修正するなど好調だ。2月6日には、PDCを上回る機能のFOMA、900iシリーズの第一弾「F900i」が登場、以降順次4モデルが投入される。900iに市場がどのように反応するかが見所になるだろう。

 ボーダフォンはフルで3Gのサービスを利用できる端末が1モデルのみ。そのためか、3Gの伸びは厳しい状況だ。4月上旬にリリース予定の「V801SH」で数字がどう動くかが注目される

tca3.gif ドコモのPDCとFOMAの純増数の推移
グループ名 2004年1月純増数(3G) 累計(3G)
ドコモ 13万2600 201万3700
ボーダフォン 1万1100 12万2800
au(KDDI) 50万100 1226万4200

BREW200万台突破

 auのBREW搭載端末は、1月末で200万を突破。au端末のラインアップではローエンドモデルにもBREWが搭載されているため、急速に普及した模様だ。またauはカメラ付き端末も1000万を突破し、ボーダフォンを急速に追い上げている。

キャリア カメラ ムービー アプリ GPS 着うた Web
ドコモ 2279万7000 2204万 4046万3200
au(KDDI) 1034万 805万 229万(BREW) 752万 775万 1313万7800
ボーダフォン 1153万2700 283万2500 768万1900 1282万2000
 ムービーは撮影した動画をメールで送信できる端末を指す。ドコモのカメラ対応端末数はFOMAを除く。Webはボーダフォンは対応機種台数、ドコモとauは契約数。それぞれ各社広報部の提供データ

純減が続くPHS

 PHSは各社とも低調で、いずれも純減。そんな中DDIポケットは、2月中に新たに37都市でサービスを開始(2月5日の記事参照)、新規加入者向けキャンペーンを実施するなど拡販策を展開中だ。

グループ名 2004年1月純増数 累計
DDIポケット -1万6000 289万8100
ドコモ -1万6300 161万800
アステルグループ -8800 67万4400
累計 -4万1100 518万3300

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.