ニュース
» 2004年08月25日 16時31分 UPDATE

ケイ・オプティコム、PHS音声サービス終了

アステルグループ54万契約のうち、24万契約を抱える関西地区のケイ・オプティコムがPHS音声サービスを9月いっぱいで終了する。データ通信サービス「eo64エア」はサービスを継続する。

[斎藤健二,ITmedia]

 関西地区でアステルPHSサービスを提供するケイ・オプティコムは8月25日、9月30日をもってPHSの音声サービスを終了すると発表した。他社のアステルPHSも関西地域で利用できなくなる。

 同社の音声ユーザーは約7万人。うち、解約に同意したユーザーが5万9000、テレメトリング用途などが2300、他社への移行に同意したユーザーが8000を数える。他社への移行については、ケイ・オプティコムが端末代金などのイニシャルコストを負担する。

 なお約16万ユーザーが利用するデータ通信カードを使ったインターネット接続サービス「eo64エア」については、従来通りサービスを提供する。

 アステルPHSサービスは、全国で54万契約を抱えるが、各地域で撤退が始まっている。既に北海道九州地方北陸でサービスが終了。中部、中国、四国でも、サービス廃止を前提として新規受付を停止している。

 ケイ・オプティコムは24万契約を抱え、アステルグループ最多の契約者を抱える。

 なおアステル沖縄と鷹山(東京地区)はDDIポケットとのローミングを行うことで、全国での利用を維持する計画となっている(7月26日の記事参照、8月17日の記事参照)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.