トップ10
» 2004年10月21日 20時20分 UPDATE

Mobile Weekly Top10:「WINのデザイン携帯はスゴい」〜小牟田氏語録

WPC EXPO 2004のパネルディスカッションに登場したのがau design projectを率いる小牟田啓博氏。2時間にわたるディスカッションの中では、こんな発言も飛び出した。

[後藤祥子,ITmedia]

 INFOBAR、W11Kに続き、talbyの発表と、勢いづく「au design project」。このプロジェクトを率いるのが、KDDIプロダクト統括部プロダクトデザインディレクターの小牟田啓博氏だ。

 WPC EXPO 2004の「auデザインプロジェクトと携帯端末の未来形」と題された2時間にわたるビジネスソリューショントラックでは、1時間はau design projectの歴史に触れ、1時間はイワサキデザインスタジオの岩崎一郎氏と対談するなど、このプロジェクトにかける思いを語り尽くした(10月21日の記事参照)

 この2時間の中では、記事では触れられなかった“こんな”トピックにも言及した。

  • WINのau design project端末はスゴい

 現状au design project端末は、CDMA 1Xと初代WIN対応のみで、“本気のWIN”は登場していない。「WINのau design project端末は出るのか」と問われた小牟田氏は、詳細は明かさなかったものの「スゴいのを用意しています」と期待を持たせた。「C409CA」(2月20日の記事参照)のようなタフネスケータイについても、「検討している」と話すが、時期については「ビジネスはタイミングが大事」というに留めた。

  • 「携帯に興味はない」

 「携帯をデザインする上で参考にするものは」と問われると「携帯には興味ない」と大胆発言。アイデアや発想は「空手をやったり娘と遊んだりするときに」出てくるものだと、生活者の視点でものを見ることにこだわった。

  • talbyの着うたにはこんな人も参加

 コンセプトの時点から量産を意識していたというtalby。内蔵コンテンツにも、普通なら“ふざけすぎてNG”になるようなユーモアを盛り込んだと胸を張る。内蔵着うたは、端末をデザインしたマーク・ニューソン氏の友人であるニック・ウッド氏が担当。この着うたには、同氏の娘の歌声や愛犬ギネスの鳴き声が入っているという。「みんなで楽しもうという姿勢。でも質は一流」(小牟田氏)

  • 「はじめはうさんくさいから断った」

 KDDIに請われてカシオ計算機から移ってきた小牟田氏。オファーを受けたとき「はじめは、うさんくさいから断った」と話す。しかし「好きなことをやっていいから」と言われて移籍を決意した。外部デザイナーとのコラボを企画した際、バジェットを聞かれて「通信設備に投資するほどのお金はかからない」といったら通ったという話も披露。

  • 使っているのはA5405SA

 「国内外の端末で“先を越された”と思ったものはあるか」と聞かれ、「ありません」と即答した小牟田氏が使っている端末は「A5405SA」。デザインはもとより、薄くて軽いのが気に入っているという。世界を股にかけて活躍する岩崎氏はグローバルパスポート端末「A5505SA」を使っているそうだ。ただし「すごく気に入っているのはW11K」(岩崎氏)

  • 「INFOBARくんは、自分で運を拾ってきた」

 au design projectが活気づくきっかけとも言えるINFOBAR。この端末は、自分で運を拾ってきてくれたと小牟田氏。「発表会で仲間由紀恵さんが、NISHIKIGOIをとても気に入ってくれた。これは何にも替えがたい広告効果」と、製品自体の魅力が周りを惹きつけ、巻き込んでいったことを喜んだ。「talbyが、誰を連れてくるのか楽しみ」(小牟田氏)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.